2010年02月26日

銀河のほとりで夕食を

粗挽き米粉開発物語(2)の続きです。

米粉開発が無事終了して、石巻を後にした私たち。
途中温泉なんかに寄ったりして、のんびりと帰り道。

なぜそんなにのんびりしたかと言うと、帰りに須賀川にある自然食レストラン「銀河のほとり」で夕食を食べる手はずになっていたからなんです。

さあ、おなかもぺこぺこ、到着した銀河のほとり。
オーナーのかっちゃんや、スタッフの方たちが出迎えてくれました。

さて、今日はどんなものが食べられるのかな〜〜〜るんるん
実は私たち、今年初めての銀河のほとりなんですよ、これが。

銀河の夕食スペシャル、「穀物菜食コース¥2000」の始まり〜〜どんっ(衝撃)
IMG_5279.jpg
では、まず前菜から。
ばあちゃん作ったのお焼き(左)とちょっとおしゃれに盛った前菜たち。
小皿に入った金柑の煮物、おいしいわーい(嬉しい顔)
こんにゃくもよく味が染みています。

IMG_5281.jpg
玉ねぎのスープです。
少しとろみがついて、さっぱり味るんるん

IMG_5283.jpg
いよいよ銀河のほとりの本領発揮exclamation×2
テンコ盛りのサラダ。
銀河はやはりこれでなくっちゃ。
銀河の「田舎盛り」、私大好きです。

IMG_5286.jpg
メインディッシュは大豆ハンバーグに黒米と梅のソース。
酸味があってなかなか合いますよ。
この黒米、自家製で、田植えから刈り取り、脱穀、乾燥、モミすりまで、すべて手作業でやったんだって。がく〜(落胆した顔)
すごいですよ、今どき。
こんな貴重なもの、食べるのもったいないくらい・・・・

IMG_5287.jpg
さらに、雑穀コロッケと、車麩のカツまで付いています。
もうこりゃあ「超おなかいっぱい」どんっ(衝撃)
御飯もおかわりしたいけれど、とても無理です。

まるで、田舎に里帰りして、ご馳走たくさん作ってみんなが待っていて、さあこれも食え、あれも食え・・・ともてなされている気分です。
なんだかとても懐かしいイメージです。
うれしいですね〜〜〜るんるんるんるん

IMG_5291.jpg
さて、お楽しみのマクロビ・スイーツ。
おからを使った「ティラミス風」と、アップルパイのようなアーモンドの入ったタルトです。

もうここまで来ると、「苦しゅうない」じゃなくて、お腹「苦しゅうある」の世界です。
はちきれそう。

でも、とても幸せです〜〜〜。

夜遅くまで付き合って下さった銀河のほとりのメンバーさんたち。
どうもありがとうございます。
私たちはおかげさまで、幸せな気持ちで、帰路につきました。猫