2010年09月26日

べジ・カマンベールチーズの味見

今日、「べジ・カマンベールチーズ」の味見をしました、と言うか、全部食べちゃった・・・モバQ

IMG_6845.jpg
それとなく近い感じだけれど、なんとなく違うどんっ(衝撃)

中のトロリとした感じはかなりいい出来でした。

しかし、「皮」の部分がちょっと薄過ぎたらーっ(汗)たらーっ(汗)
もうちょっと「コシ」があるといいのだけれど。
しかし、何もそっくりな必要はありません。
おいしければそれでよしです。
・・・
と言うか、こちらの方がおいしいと思います。
(ベジタリアンのエコひいきかもしれませんが・・・モバQ

おいしくできて、うれしいな〜〜〜わーい(嬉しい顔)
posted by 料理長 at 20:57| Comment(3) | TrackBack(0) | タンボ・ロッジの加工品

2010年09月25日

山栗のモンブラン

いよいよ、遅れていた「山栗」の季節が始まりました。
昨日は今シーズン初めての「山栗のモンブラン」がタンボ・ロッジに登場。ぴかぴか(新しい)

IMG_6850.jpg
お〜〜〜どんっ(衝撃)
久しぶりの濃厚な山栗の味どんっ(衝撃)
今年はどれくらい山栗がとれるでしょうか?
それにより、たくさん出せるかが決まります。
楽しみだな〜〜〜るんるんるんるん
posted by 料理長 at 22:41| Comment(0) | TrackBack(0) | マクロなスイーツ

2010年09月21日

べジ・カマンベールチーズ

ふとした思いつきで、なんとなく「べジ・カマンベールチーズ」を作ってみました。
でも、結果はまだ判りませんけれど・・・・モバQ

カマンベールチーズって、皮(?)の部分と言うか、表面はなんとなく少し硬いけれど、中はすごく柔らかくて、とろ〜〜りたらーっ(汗)としている感じですよね、たしか。(だいぶ長い間食べてないから少し忘れてしまった猫

そんな感じを出したいと思い、ちょっと実験をしてみました。

IMG_6832.jpg
豆腐は重しを載せて良〜〜〜く水切りします。
そして真ん中横半分に薄めに切ります。
それを、フライパンでほんのり焼き色が付くくらいに焼いてみました。

IMG_6835.jpg
さらしの布に包んで、「手前味噌」に漬けこみます。
ただし、exclamation×2新しい味噌を使うと、塩辛すぎると思ったので、一度「豆腐の溝付け」に使ったみそを、もう一度再利用してみました。
そうすると、だいぶ塩気が抑えられるんです。わーい(嬉しい顔)
しかし、保存性に欠けるので、なるべく早く食べないといけないかもしれませんね。犬

IMG_6836.jpg
2層に分けて、タッパーに漬けこみます。
さて、数日後には結果が出ますよ。
どうなることか、わくわくと待ちましょう。るんるん
posted by 料理長 at 17:42| Comment(2) | TrackBack(0) | タンボ・ロッジの加工品

2010年09月20日

初!山栗

タンボ・ロッジの庭にある山栗の木。
最近は毎年たくさんの実をつけてくれます。
今年は春先の低温がたたったのか、それとも暑かった夏が影響したのか、いつもの年よりも遅れています。

IMG_6841.jpg
枝の先には、今にも熟して落ちてきそうな実が、たわわになっています。
期待が膨らみます。
(かなり皮算用している自分が恥ずかしい・・・モバQ

IMG_6838.jpg
そして今日、落ちている実を発見exclamation×2

今日の収穫は、たったの3個でしたが、これからに期待しちゃいましょう。ぴかぴか(新しい)
posted by 料理長 at 17:32| Comment(0) | TrackBack(0) | タンボ・ロッジの日記帳

2010年09月18日

ローフード

先日、タンボ・ロッジに「ローフード」の先生をやっている方が泊まりに来られました。
「ローフード」は、加熱しないベジタリアンの食事法ですが、その方法で作った「べジ・ハンバーグ」と、ソバの実から作った「パン」をいただきました。

IMG_6830.jpg
こちらがその「パン」です。
パンと言うよりも、「クラッカー」に近い感じです。

なお、そのハンバーグは、写真を撮る前に、しっかり食べてしまいました。モバQ
もうすでに私の胃袋の中〜〜猫


味は、「これが加熱していないのかがく〜(落胆した顔)」と驚くばかりのおいしい味どんっ(衝撃)
私の「ローフード」に対する認識が覆された瞬間でした。

確かに、マクロビオティックはほとんどすべてを加熱します。
生野菜や果物、穀物にはそれぞれ、「酵素」が含まれていますが、酵素は熱に弱いため、加熱すると失われてしまいます。
そこがマクロビオティックの欠点と言うか、足りない部分だと思います。
だから、タンボ・ロッジでは酵素を含んだ「生野菜」や漬物などを出しているんですが、こういうレシピを知った以上、
使いたくなるじゃん猫

かくして、ローフードのおいしそうなレシピを研究してみたくなりました。わーい(嬉しい顔)
おいしいものができるといいな〜〜〜ぴかぴか(新しい)
posted by 料理長 at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | タンボ・ロッジの日記帳

2010年09月15日

ドライトマトに挑戦!

トマトのサンマルツァーノが大量にあるものだから、今回は初めて「ドライトマト」もケチャップやピューレと一緒に作ってみました。

IMG_6817.jpg
まず、縦半分にトマトを切り、「果汁」が多い種の部分をこそぎ落します。

IMG_6821.jpg
そしてざるに、まずは伏せて半日干します。
こうすると、果汁が少しでも滴り落ちるので、乾きが早くなるようです。たらーっ(汗)たらーっ(汗)たらーっ(汗)

IMG_6822.jpg
午後からは、ひっくり返し、なるべく太陽に当てます。晴れ

IMG_6827.jpg
一日干し終わりました。
こんな状態です。
もう一日乾かし、最後はオーブンなどで低温で乾かします。

おいしくできて欲しいな〜〜〜猫
posted by 料理長 at 10:52| Comment(2) | TrackBack(0) | タンボ・ロッジの加工品

2010年09月13日

トマトピューレとケチャップ

先日、福島県の自然農法の「なないろの空」さんから、加熱用のトマト「サンマルツァーノ」を、なんと20KgもGETどんっ(衝撃)どんっ(衝撃)

もうそろそろトマトの季節はおしまいです。
タンボ・ロッジでも、トマトの加工は今日で最後。
やっと終わりが見えてきましたが、最後になんと20Kgもあるなんて・・・もうやだ〜(悲しい顔)
超大変だ〜〜〜ふらふら

で、これを仕分けし、トマトケチャップと、トマトピューレを作ることにしました。

IMG_6818.jpg
いずれにしろ、まずは「トマトピューレ」を作ります。
ケチャップは、このピューレに「自家製米飴」、「ハーブ梅酢」、「自然塩」を加えて作ります。

IMG_6825.jpg
朝から始め、夜になってやっとすべての作業が終わりました。
こんなにたくさん出来ちゃったもんね。猫
トマトケチャップ小瓶9本に、トマトピューレが中瓶7本に小瓶8本。

これで来年の夏までは十分に使えることでしょう。(今まで8月に少しずつ作った分も合わせて)
やれやれ〜〜〜わーい(嬉しい顔)
今日は枕を高くして眠れるぞ〜〜〜三日月
posted by 料理長 at 19:54| Comment(2) | TrackBack(0) | タンボ・ロッジの加工品

2010年09月10日

15周年記念

今年はなんとexclamation×2タンボロッジ開業15周年に当たる年なんです。
正式には12月20日が開業の日なんですが、ちょっと気が早いけれどモバQ今週の火曜日に、日ごろからタンボ・ロッジがお世話になっているマクロビオティックのレストランや農家の方たちを呼んで、「15周年記念、持ち寄りパーティー」を開きました。わーい(嬉しい顔)
集まった料理はすべてマクロ、と言うか、べジの料理ばかり。
安心して食べられるな〜〜るんるんるんるん

IMG_6760.jpg IMG_6762.jpg
さすがに遠くて参加できないであろう、九州は福岡の「ミノリ・アン」さんには、参加した皆様へのタンボ・ロッジからのささやかなお土産として、マクロのスイーツ詰め合わせをお願いしました。
写真左が中身で、右はラッピングです。
「15」と型抜きしたクッキーが心憎いです。
中身は「小豆のパウンドケーキ」、「ココアパウンドケーキ」、「レモンフィナンシェ」、「15の糠ビスケット」、「オニオンハーブクラッカー」、「バニラキャラメル」、「チョコキャラメル」
など、たくさんの種類に感動もうやだ〜(悲しい顔)
おいしかったですよ〜〜〜
ミノリ・アンの「みのりシェフ」、心を込めたマクロ・スイーツ、ありがとうございます。

さて、どんな料理が集まったのか〜〜なんて、気になる方のために、紹介しちゃおうかな〜〜!!るんるん

IMG_6765.jpg IMG_6769.jpg
写真左は、宇都宮のマクロビオティック・レストラン「キッチンカンナ」さんの餃子です。
そして右は、福島県の相馬市の「なぴあはうす」さんのキッシュです。

IMG_6771.jpg
こちらはおいしいオリーブ油「オルチョサンニータ」の朝倉さんのパスタのグラタン。

IMG_6773.jpg IMG_6776.jpg
須賀川市の銀河のほとり の「ともちん」さんは、玄米蒸しパンと雑穀のシチューを作ってきてくださいました。

IMG_6774.jpg IMG_6777.jpg
写真左は宇都宮のNさんの「キノコたっぷりのべジハンバーグ」
そして右は、宇都宮で土曜日のみ営業しているマクロビオティック・カフエ「クゥ ヌゥさん」の生春巻2種類。

IMG_6782.jpg IMG_6770.jpg
べジカレーとサモサ。
これは「ワッハッハベジタリアン教室」の木澤さん作。

IMG_6783.jpg IMG_6796.jpg
写真左は鏡石町で天然酵母のパンを焼いている「イルカ」さんのパン
左は、那須の穀物菜食レストラン「こと葉」さんの「サモサ」

IMG_6789.jpg IMG_6793.jpg
お酒もたくさんいただきました。
参加できなかった方たちが送ってくれたのです。
本当にうれしいもうやだ〜(悲しい顔)もうやだ〜(悲しい顔)
ありがとうございます。
そして右は、飯舘村の農家レストラン「なないろの空」さんの天然酵母の石がまパン、「カンパーニュ」

IMG_6786.jpg
みなさんに料理の説明をしていただきました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

さて、15周年、ビール乾杯〜〜〜ビール

みんなとてもおいしく、幸せなひと時です。

IMG_6801.jpg IMG_6804.jpg
最後を飾るのは、「キッチンカンナ」のマクロ・スイーツ
しかも、15周年デコレーションつきです。
こりゃあおいしいexclamation×2わーい(嬉しい顔)

IMG_6809.jpg
さて、お腹いっぱいになったところで、お世話になった皆様に、タンボ・ロッジからのささやかな贈り物を「ビンゴ」で配りましょう。猫
ビンゴの機械を支配人が回します。

ところで、このビンゴ、1番目の賞品が、なんとどんっ(衝撃)
「一番しょうもないもの」なんです。
なんだと思いますか??
実は・・・「料理長の太っているときの写真」(額付き)です。
「いらね〜〜〜」という圧倒的な非難の声たらーっ(汗)たらーっ(汗)
でも、皆様、正直に申告しましょうね。
このビンゴで1等になった人は、みんなに感謝されることでしょう。「よくやってくれた」って・・・ね。

IMG_6811.jpg
一等が出ました。
がっかりするのは矢印の一番奥の人。
なぴあはうすの酒井さんです。
みんなの不幸を一人でしょって、きっといいことあるよ〜〜
爆笑する参加者たち。わーい(嬉しい顔)

この調子で、夜が更けるまで、笑い声があふれるタンボ・ロッジでした。


今回はわざわざ、しかも平日にもかかわらず、大勢の方たちに集まっていただき、ただただ感謝です。
色々な人にタンボ・ロッジは支えられているんだな〜〜、これはすごいことだ・・・と思いました。
本当に皆様、ありがとうございます。

参加された方、出来なかった方、そして今までタンボ・ロッジを支えてくださったたくさんの方たち、本当にありがとうございました。
そして、これからも末長く、よろしくお願いいたします。もうやだ〜(悲しい顔)
posted by 料理長 at 23:38| Comment(7) | TrackBack(0) | タンボ・ロッジの日記帳

2010年09月06日

スイーツ用米粉

先週の火曜日に、群馬県太田市にある自然農法の農家「たむら農園」さんに出かけました。
今回は無農薬野菜の仕入れだけではなく、ちょっと他の目的もあったからなんです。

それは、タンボ・ロッジの必需品、粗挽きの「スイーツ用米粉」のためなんです。

で、まずはその行きがけに、宇都宮のマクロビオティック・レストラン「キッチンカンナ」でランチをいただきました。
IMG_6736.jpg
稗と蓮根の蒲焼丼がメインディッシュです。
もうこれはウナギのかば焼きにそっくりです。
「板麩」(庄内麩)を使い、あの鰻の皮のちょっと粘っこい感じがとてもよく出ています。
とてもおいしかったですよ〜〜〜るんるんるんるん

さて、いよいよ真夏の晴れ暑い暑い群馬県太田市へと出発どんっ(衝撃)

太田市は、暑さで有名な熊谷や前橋と近く、相当なものを覚悟して向かいました。ちっ(怒った顔)

IMG_6738.jpg
やってきました「たむら農園」。
やはりかなり暑いたらーっ(汗)たらーっ(汗)
クーラー入れてないから余計ですよ。たらーっ(汗)たらーっ(汗)

さて、この写真が米粉を挽く機械です。
これで精米したコメを挽き、粒状性を調整します。

IMG_6742.jpg
スイーツ用の粗さ(40メッシュ)にするべく、篩を使い、何度も何度も米を挽き、調整します。猫

しばらくすると、理想の粗さの米粉が出来上がりました。わーい(嬉しい顔)

IMG_6746.jpg
さっそく、豆乳を泡立てて、うす焼き生地を作り、ロールケーキを試作猫
ちょっと中の豆乳ホイップクリームが軟らかすぎた(あわてたからモバQ)ため、クリームがはみ出てしまいましたけれど、とてもおいしくできました。
ばっちりですね。手(グー)

試作ケーキを奪い合う田村さんの子供たちと私たち大人。どんっ(衝撃)
それだけ完成度が高い米粉が出来上がりました。


この「粗挽き米粉」は、間もなくたむら農園さんから発売になる予定です。
これでまた一つ、米粉のマクロ・スイーツが身近になりました。るんるんるんるん

これからどんどん普及させたいです。手(チョキ)

なお、発売されましたら、またこのブログで紹介したいと思います。

暑い中、米粉開発を快く受けてくださった田村さん、本当にありがとうございました。
これで年中「スイーツ用米粉」が確保できるというわけで、とてもうれしいです。わーい(嬉しい顔)
posted by 料理長 at 20:32| Comment(2) | TrackBack(1) | 米粉のスイーツ&パン

2010年09月05日

蓮の実餡のロールケーキ

IMG_6757.jpg

蓮の実で餡(クリーム)を作り、ベーキングパウダーを使わない米粉の生地でロールケーキにしてみました。

中のクリームが緑色なのは、「桑の葉茶」のパウダーを入れたからです。
実は、「蓮の実」の色は「クリーム色」。そのままだと、生地と同じ色になってしまい、「ロールケーキ」なのかどうかわからないスイーツになってしまうところでした。
生地のクリームを塗るときにそれに気づいた私・・・exclamation×2
急いで「桑の葉茶」のパウダーを入れて緑色にしちゃいました。猫
はあはあモバQ

でも、なかなかおいしいロールケーキになりましたよ。るんるん
蓮の実って、「甘」「から」両刀使いができるので、最近気に入っています。揺れるハート
蓮って、花はきれいだし、根っこは「レンコン」として食べられるし、「実」までおいしくいただけるし・・・・
すばらしいひらめき
さらに、「咳止め」と言う薬効を持っていますから・・・
さすがに「極楽浄土」に咲く花ですね。ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)
posted by 料理長 at 21:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 米粉のスイーツ&パン