2010年10月30日

「なないろの空」で料理教室

10月19日になりました。
「松本塾」で寝込んでしまった私は、1日休みの後、こちら、タンボ・ロッジと同じ福島県にある「なないろの空」さんにやってきました。
こちらはマクロビオティックの農家民宿、そして「自然農法」の農業に取り組んでいるという、自給自足に近い理想的な場所です。
そんな理想的なところで、教室をやらせていただくなんて、とてもうれしいです。わーい(嬉しい顔)

IMG_7093.jpg
さて、始まりました。
この日は「アンデス・マクロビオティック」教室の日です。
料理はタンボ・ロッジでお出ししているアンデス・マクロビオティックのものを4種類です。
オードブル2つとスープ、メインディッシュで、スイーツがないだけで立派なコース料理です。手(グー)

IMG_7107.jpg
教室の途中に、なんと「石窯」で焼いた「天然酵母のパン」が出来上がりました。
焼き立てなので、超おいしそうexclamation×2
つまみ食いしたいっどんっ(衝撃)猫
でも、我慢我慢たらーっ(汗)
こちらでは、このパンも販売しているので、買って帰ることにしました。モバQ

IMG_7103.jpg
さあ、出来上がりました。
ペルー風炊き込みご飯(アロース・コン・ポーリョ)です。
緑の野菜を入れて、玄米ご飯が緑色できれいです。
さすがにこちらは「農家レストラン」もやっているので、盛り付けがきれいです。ぴかぴか(新しい)
参考にしなくっちゃ猫

IMG_7104.jpg
オードブル2種類です。
生チューニョを使った「生チューニョのスクランブル」と、カボチャとキヌアのテリーヌ風(パステル・デ・キヌア)です。ぴかぴか(新しい)

IMG_7106.jpg
野菜と昆布でじっくりだしをとった、少し酸味が利いた透明な贅沢なスープ、「チルカーノ」です。
いずれもアンデスを代表する料理のベジタリアン版です。

IMG_7113.jpg
では、みんなで「いただきま〜〜〜す」わーい(嬉しい顔)
右側の人が、はみ出てしまって写っていません。
失礼いたしました。モバQ

この後、私はこちらでゆっくりさせていただきました。
この日はこちらに1泊し、翌日は「スイーツ教室」です。
あと一日、頑張らなくては・・・・たらーっ(汗)
posted by 料理長 at 09:35| Comment(4) | TrackBack(0) | タンボ・ロッジの日記帳

2010年10月29日

松本塾、師範科第3回

小渕沢での料理教室の翌日にわたくしは、河口湖で行われた「松本塾、師範科」の今年3回目に参加しました。
松本塾も今回が最終回です。
師範科の最終回ということは・・・「卒業」と言うことになりますね。
なんだかあっという間でしたが、これでおしまいと思うと、なんだかちょっとさみしいです。もうやだ〜(悲しい顔)

IMG_7044.JPG
と言うことで、マクロビオティックの懐石料理の神髄を、心行くまで学びました。
こちらは22日(金)の夕食メニューです。
色々とあっておいしそうぴかぴか(新しい)

そして、この日の夜に、わたくしにアクシデントが襲いました。
のんびりとぬるめのお風呂に長湯してしまい、湯ざめして、なんとどんっ(衝撃)17年ぶりに風邪をひいてしまった・・・・たらーっ(汗)たらーっ(汗)

夜中に寒気が襲い、咳き込んであまり寝られません。
熱もあって、体がだるいバッド(下向き矢印)

翌日の23日は、なんと部屋で1日寝込んでしまいました。
厨房では授業が繰り広げられています。
超もったいないっexclamation×2
授業に出たいよ〜〜〜もうやだ〜(悲しい顔)

IMG_7045.JPG
こちらがお昼の授業で作ったものです。
部屋でひっそりとおとなしくいただきました。

IMG_7049.JPG
そしてこれが夕食メニュー。
すごくおいしいです。
これが習えなくてとても残念です。

IMG_7053.JPG
やっと翌24日に少し回復した私。
卒業証書を松本先生から受け取りました。
「桜沢流マクロビオティック師範免許皆伝」の証です。
寝込んでしまったこんな私でも、もらえました。
うれしいです。もうやだ〜(悲しい顔)

IMG_7088.JPG
最後の授業のお昼のメニューです。

本当にいろいろと学びました。
なんだかこれでおしまいなんて、ちょっとさみしいけれど、この体験をこれからも生かしていきたいです。
松本先生、色々とありがとうございました。
そしてこちらで広がったマクロビオティックの人間関係が、これからの私の宝です。
皆様、どうぞこれからもよろしくお願いいたします。わーい(嬉しい顔)
posted by 料理長 at 21:40| Comment(0) | TrackBack(0) | タンボ・ロッジの日記帳

2010年10月28日

山梨で料理教室

先週の水曜日から今週の水曜日にかけての丸々1週間、料理教室や「松本塾」の研修などで、タンボ・ロッジを留守にしていました。
おかげで久しぶりのブログの更新です。

その、タンボ・ロッジにいなかった時のお話を、順番を追って紹介したいと思います。


まずは先週の水曜日にタンボ・ロッジを出かけ、山梨県の小渕沢に向かいました。
翌木曜日に、そこで、料理教室があったからです。
場所は、「ラ・コシーナ・デ・ミナカ」さんの山梨教室です。
こちらでタンボ・ロッジオリジナルのマクロ・スイーツ2種類と、アンデスの保存食の凍結乾燥じゃが芋「チューニョ」を使った料理の3種類を作りました。

IMG_6981.jpg
今回はタンボ・ロッジ開発の「ベーキングパウダーを使わない米粉スイーツ」な中でも難度の高い「洋梨のシャルロット」が入っています。
まずは「ビスキュイ・ア・ラ・キュイエール」と言うクッキーっぽいカリッとしたスポンジ生地を作り、それで囲んだ型の中に、洋梨のババロアを入れて作ります。

IMG_6983.jpg
難度が高くても、時間がたてば出来上がっちゃうもんね。猫
で、こんな感じです。
あとは冷蔵庫で「洋梨のババロア」が固まるのを待ちます。

そしてもう一つは「レア・チーズケーキ風」。
こちらは「豆乳のヨーグルト」をかけていただくスイーツです。

IMG_6985.jpg
さて、今度は「チューニョ」料理です。
まずは「凍結」させた後、自然解凍したじゃが芋の水分を絞ります。
八ヶ岳のふもとの小渕沢は、冬は晴天率が高く、気温も低くなりため、アンデスの知恵の結晶のこのチューニョを自然の力で作るのに向いているんじゃないかと思います。
毒が抜けて超陽性食品に「変身」したじゃが芋。
そんな料理がこういう場所で広がるといいな〜〜〜ぴかぴか(新しい)

IMG_6994.jpg
さて、すべて出来上がりました。
スイーツ皿にあるのは、ちょっと時間の関係で冷やしが足りないので固まりきれなかった、やや崩れ気味の「洋梨のシャルロット」モバQ
そして、豆乳ヨーグルトソースに隠れてしまった「レアチーズケーキ風」です。
そして「食事プレート」の方には、「白チューニョのペルー風カルパッチョ」と、「生チューニョのスクランブル」。
そして玄米おムスビ。

IMG_6996.jpg
では、みんなで「いただきま〜〜〜す。」わーい(嬉しい顔)


またまた今回も、先月の東京の教室でお世話になった「ラ・コシーナ・デ・ミナカ」の永井さんのお世話になりました。この場をお借りして、御礼申し上げます。
今回は東京の半分くらいの人数で、しこしスローペースで出来て、楽しめました。
参加してくださった皆様も、本当にありがとうございました。
おかげで楽しい一日になりました。るんるん
posted by 料理長 at 20:24| Comment(0) | TrackBack(0) | タンボ・ロッジの日記帳

2010年10月20日

根菜の季節

季節が進み、秋がだいぶ深まり、そろそろタンボ・ロッジの周りの会津高原でも紅葉が始まりました。
こんな時の食卓は、おのずと「根菜」が増えてきますね。
昨日の前菜は、寒さに負けないように、とても体が温まる晴れオードブルでした。

IMG_6973.jpg
「チューニョのエスカベッチェ」(ペルー風マリネ)です。
「超陽性」に変化した「凍結乾燥じゃが芋」の「黒いチューニョ」を使い、人参、玉ねぎ、レンコンを入れ、レモン果汁で酸味をつけました。
これは本当に体が温まりますよ。どんっ(衝撃)
冷え症の方に特にお勧めです。ぴかぴか(新しい)

2010年10月19日

ペルー風べジ・そぼろ丼

IMG_6972.jpg

べジ仕様のそぼろ丼です。
ベースは「豆腐」から作るんですが、豆腐の水分を徹底的に飛ばさなくてはいけません。
だからかなり地道な仕事・・・・もうやだ〜(悲しい顔)

玉ねぎとニンニクをフライパンで炒めて、火が通ったら、木綿豆腐と少しのトマトピューレ、レーズン、砕いたカボチャの種などを入れ、あとは地道に炒め続けるだけなんです。
くれぐれも焦がさないように・・・・。

でも、かなりお肉のそぼろに近いですよ。
これなら「大豆蛋白の挽き肉タイプ」も使わないで済むし、とてもおいしいです。わーい(嬉しい顔)

ご飯の真ん中にそぼろをサンドする盛り付けが「ペルー風」わーい(嬉しい顔)
あっ、キャベツに隠れていますけれど、下の方はご飯ですから・・・・ね。モバQ
posted by 料理長 at 09:17| Comment(5) | TrackBack(0) | アンデス・マクロ料理

2010年10月15日

今頃「薪作り」

IMG_6968.jpg

なんと!!どんっ(衝撃)
今頃になって「薪作り」に励んでいます。

会津高原はだいぶ涼しく(寒く)なってきたので、焦っています。・・・ふらふら
焦っているとはいえ、実はタンボ・ロッジでは約2年分の薪をストックしているんです。
と言うことは、今シーズンの分はもう確保してあるということなんですね。

実は今年は、
(1)・・あちこち料理教室(スイーツ教室が中心ですが・・・)に出ていたので、薪作りの時間が少なかった。
(2)・・夏が暑かったので、やる気にならなかった・・・モバQ
(3)・・やる時間があるときに限って、雨などに阻まれて出来なかった・・・雨たらーっ(汗)たらーっ(汗)もうやだ〜(悲しい顔)

などの理由から、大幅に遅れてしまっていました。

でも、やっと始まったもんね。わーい(嬉しい顔)
来月中に作るので、頑張ります。手(グー)
posted by 料理長 at 17:38| Comment(2) | TrackBack(0) | タンボ・ロッジの日記帳

2010年10月10日

山栗モンブランができるまで

IMG_6858.jpg
先週の晴れある晴れた日のこと、せっせとタンボ・ロッジの庭で「山栗」を拾う支配人の姿がありました。
山栗って小さいから、数を集めないといけないので、ちょっと根気が要る仕事です。ちっ(怒った顔)

IMG_6949.jpg
そしてその日の夜、拾った山栗を茹でて、包丁で半分に切り、小さじでせっせと中身をほじくり出します。
これって相当根気が要る仕事です。
左のざるには、まだ大量の山栗が・・・

山栗は小さいから、抑える指先が「筋肉痛」に・・・・もうやだ〜(悲しい顔)
でもそれって、おいしいものをみんなに食べていただこうというタンボ・ロッジの「支配人」の温かい気持ちから来るものか、もしかして「自分で」たくさん食べたいから・・・か・・・
さて、どちらでしょうか??
私は前者だと思うのですが・・・・ぴかぴか(新しい)

IMG_6958.jpg
そして今日、おいしい「山栗のモンブラン」がタンボ・ロッジの夕食後のスイーツに登場しました。るんるん
おいしいよ・・・わーい(嬉しい顔)

タンボ・ロッジの庭にある山栗ちゃん、そして支配人さん、ありがとう・・・・
もうやだ〜(悲しい顔)涙が出るほどおいしいで〜〜す。もうやだ〜(悲しい顔)
posted by 料理長 at 22:32| Comment(2) | TrackBack(0) | 米粉のスイーツ&パン

2010年10月08日

秋の味覚「舞茸」

タンボ・ロッジの近所に、マイタケを作っている爺ちゃんがいます。
毎年この季節になると、分けていただいてタンボ・ロッジで「乾燥マイタケ」を作り、みそ汁やスープのだしに使っています。
今年は夏の暑さで例年より遅れていましたが、昨日その「爺ちゃんの舞茸」を分けていただきました。
でも、もう今年はこれでおしまいになっちゃうみたい・・・・もうやだ〜(悲しい顔)
ちょっと遅かったけれど、なんとか間に合いました。

IMG_6951.jpg
今年87歳になる爺ちゃん。
「来年はないかもしれないぞ〜〜」なんて、毎年脅かされていますが、まだまだ元気でマイタケを作り続けてほしいな。揺れるハート
このマイタケは、何でも爺ちゃんの小遣い稼ぎになっているようで、なんとも微笑ましい光景です。わーい(嬉しい顔)

IMG_6954.jpg
さて、ここ数日は天気がいいみたいだし、せっせと干しましょうね。
おいしくなあれexclamation×2exclamation×2
posted by 料理長 at 09:13| Comment(0) | TrackBack(0) | タンボ・ロッジの加工品

2010年10月06日

東京で料理教室

9月30日は、東京の田園調布の「ラ・コシナ・デ・ミナカ」さんの教室で料理教室の日です。

IMG_6932.jpg
この日は参加者が多く、たくさん作らなければいけないので、気合を入れて、一生懸命にやりました。手(グー)
こんなにたくさんの参加者たち。
わざわざ南会津の田舎から出てきた甲斐があるな〜〜〜もうやだ〜(悲しい顔)

でも、皆様、よく見ることができましたか?
何しろ、デモンストレーション形式なので、後ろからでは見づらいですから・・・・・たらーっ(汗)たらーっ(汗)

IMG_6937.jpg
と言っている間に、出来上がってきました。
この日のメニューは、タンボ・ロッジでおなじみの、「米粉のシフォン」と、「べジ・シュークリーム」、そしてアンデスの知恵の「生チューニョのスクランブル」です。
マクロでは嫌われ者のじゃが芋を、原産地のアンデスの人たちはどうやって食べているかを詳しくお話しさせていただきました。
なんだかんだ言っても、マクロやっていても、じゃが芋って結構好きな人が多い・・・・
非常に安心しました。
だって、アンデスから世界に旅立っていった素晴らしい食材ですからね。
アンデス・マクロビオティックを目指す私にとっても、誇りに思えるものですから。手(チョキ)

IMG_6939.jpg IMG_6940.jpg
今日のスイーツ2種類(写真左)と、
その「生チューニョ」(凍結脱水じゃが芋)のスクランブル、そして、ご飯ものがないので予めミナカさんで準備してくださった「玄米おにぎり」です。

IMG_6945.jpg
では、みんなで「いただきま〜〜す。」るんるん
皆様、おいしいですか?

今日はたくさんの方たちに参加していただいて、とても光栄です。
参加された皆様、どうもありがとうございます。
そして、こんなにたくさん集めてくださった「ラ・コシナ・デ・ミナカ」の永井さん、本当にありがとうございます。わーい(嬉しい顔)
そして、お疲れ様でした。
posted by 料理長 at 22:17| Comment(0) | TrackBack(0) | タンボ・ロッジの日記帳

2010年10月05日

横浜で料理教室

前の日に、中華街で思い切りべジ中華を食べた勢い?で、この日は横浜の「プルメリアハウス」さんでの料理教室です。

今日のメニューは、アンデス・マクロビオティック料理が2種類と、るんるんお楽しみデザートのマクロ仕様の「べジ・エクレア」です。

IMG_6917.jpg
さあ、始まりました。
一生懸命作りましょう。手(グー)

IMG_6914.jpg
「キヌアとかぼちゃのテリーヌ風」が焼きあがりました。
なんだかおいしそうどんっ(衝撃)

IMG_6920.jpg
あっという間に時間が過ぎ、出来上がりました。
今日の食事メニュー2種類です。
左は、ペルーの家庭料理の代表格、「鶏肉のクリームカレー風」。
鶏肉と言っても、もちろん「大豆蛋白」を使います。
だってアンデス・マクロビオティック料理ですから・・・
そして真ん中が玄米ごはん。
右が先ほどの「テリーヌ風」。
盛り付けがいまいちですが、モバQおいしく出来上がりました。

IMG_6922.jpg IMG_6923.jpg
では、みんなで「いただきま〜〜す。」わーい(嬉しい顔)
おいしいですか?

IMG_6925.jpg
最後のお楽しみは、マクロ仕様の「べジ・エクレア」。
トッピングは「チョコ」を使わずに、「キャロブチップス」を使っています。
見た目にもリアルひらめき

今回2回目となる横浜料理教室でした。
企画してくださった横浜の鈴木さん、堀川さん、本当にありがとうございました。
少しでも皆様の楽しいマクロビオティック生活が送れる手助けになるとうれしいです。
そして、参加された皆様、場所を提供してくださった「プルメリアハウス」さん、もう本当に感謝感謝です。
どうもありがとうございます。わーい(嬉しい顔)
posted by 料理長 at 21:02| Comment(2) | TrackBack(0) | タンボ・ロッジの日記帳