2010年10月04日

萬和楼

横浜の中華街に、「素食」(台湾のベジタリアン料理)のお店があるそうです。
実はこの日(9月28日)、翌日の横浜での料理教室を控えて、その料理教室のスタッフに連れられて、事前の打ち上げにと、素食料理を食べに行くことに・・・・

なぜ事前の打ち上げ科と言うと、翌日はこのお店が「定休日」なんだって。
だから前倒しと言うわけ。モバQ
前倒しでもなんでも、ベジタリアンのおいしい料理は大歓迎です。猫

IMG_6907.jpg
お店の名前は「萬和楼」(ばんわろう)。
横浜の中華街の真ん中辺の「関帝廟」のすぐわきにありました。
でも、なんだかちょっと汚めのお店で、とても庶民的な雰囲気のお店です。

とにかく、台湾のベジタリアン料理を心行くまで味わいましょう。

IMG_6892.jpg IMG_6893.jpg
べジ餃子とべジ春巻。
見た目では中身がわかりませんね・・・モバQ
両方とも味が付いていて、そのまま食べられるそうです。

では「いただきま〜〜す。わーい(嬉しい顔)

!!相当美味しい!!exclamation×2
こりゃあこのあとが楽しみです。

IMG_6895.jpg IMG_6896.jpg
べジ腸詰と、べジ練り物の盛り合わせです。
見た目も味わいも食感も、「こりゃあだまされた」と思う味。
腸詰の中にまるで「脂身」みたいなものが入っていますが、これは何と「蒟蒻」で作ったもの。
ここまでやるか〜〜〜の世界です。

IMG_6898.jpg IMG_6901.jpg
煙がもうもうと上がり、派手な登場し方で出てきたのは・・・
「豚肉もどきの角煮」
これなんかも、「脂身」がこんにゃくで出来ていて、そっくり。
赤身の部分の大豆たんぱくと、本当に上手にくっついていて、どうやってここまで・・・exclamation×2の世界です。
そして、味はとてもおいしいですよ。るんるん

IMG_6902.jpg IMG_6905.jpg
麺類2種類。
左は腰のある面に、甘からのたれがかかっています。
そう、この「素食」で唯一難点なのが「砂糖」を使うこと。
まあ「砂糖」もベジタリアンですけれど・・・・

その隣は「ビーフン」です。

IMG_6906.jpg
いや〜〜〜〜
喰った食った。どんっ(衝撃)
写真にないけれど、このほかにも「べジ・チャーハン」もあったし。
大人数で食べる中華は楽しいですね。
たくさん食べられて。

ちゃっかりお店のおじさんも写真に写っています。
このおじさん、とても面白いキャラクターです。
また行きたくなるお店ですよ、ここは。

連れて行って下さった横浜の料理スタッフの方たち、どうもありがとうございました。

では明日の料理教室、頑張りましょうね。手(グー)