2010年12月24日

大雪

昨日の夜から降り出した雪は、本格的な降雪になりました。雪

IMG_7588.jpg
朝になっても吹雪いています。台風

IMG_7590.jpg
一晩でおよそ40cmも積もっちゃった〜〜どんっ(衝撃)

IMG_7592.jpg
村の除雪車がやって来ました。
力強い味方ですね。わーい(嬉しい顔)
posted by 料理長 at 11:01| Comment(0) | TrackBack(0) | タンボ・ロッジの日記帳

2010年12月23日

四季のごはん 紘(ひろ)

一つ前の記事からの続きです。

自然農法の農家、岩永さんと一緒に近くにあるマクロビオティックのレストランを訪ねました。
レストランの名前は「四季のごはん 紘(ひろ)」と言います。

本当に真っ平らな田んぼだらけのそんな中に、古民家レストラン「四季のごはん 紘」がありました。
さてどんなメニューが用意されているか、とても楽しみです。

IMG_7384.jpg
最初に出てきたのは、厚揚げの煮物と漬物などです。

IMG_7385.jpg
冬野菜やこんにゃくなどの煮物です。
これ、おいしいですよ。
このレストランは、和食がメインのマクロビオティック的なメニューと言った感じです。

IMG_7386.jpg
こちらはお父さんが打ってくれたという蕎麦です。
コシがあって、とてもおいしいです。猫
わたくしが住んでいるのは、蕎麦どころの会津地方ですが、その「蕎麦どころ」でも、なかなかここまでのそばは食べられないですよ。
すご〜〜〜いがく〜(落胆した顔)

IMG_7387.jpg
徐々にいろいろとそろってきました。
玄米ごはんもおいしいです。

IMG_7388.jpg
お豆腐を使った煮物。
これもおいしいです。ぴかぴか(新しい)

IMG_7390.jpg
さて、岩永さんのレンコンが登場しました。
こんなに近くにあるんだから、うらやましいですね。
岩永さんのレンコンって、水分が少なく、陽性が強い感じがしますが、これを食べてもそんな感じです。

IMG_7392.jpg
おなかいっぱいになった後の最後を飾るスイーツです。
さつま芋の甘味を利用したゼリー寄せ風のものでした。

IMG_7396.jpg
この若いご夫婦がこのレストランをやっています。
お二人で料理をしているとのこと。
それにお父さんがそば打ちで参加されているんですね。
うらやましい環境です。
タンボ・ロッジの近くにも、こういうお店があったらいいな〜〜〜(ないものねだりモバQ

いや〜〜、本当に満足しました。
今回は岩永さんにいろいろと案内していただいて、こんなおいしいマクロビオティックのレストランまで連れて行ってくださって、すごく楽しかったです。
岩永さん、ありがとうございました。

ところで、「四季のごはん 紘(ひろ)」さんのデーターを書いておきましょう。

〒849−1206 
佐賀県杵島郡白石町大字辺田1101
рO954−65−3831
営業時間11:30〜14:30&18:00〜21:00
完全予約制です

自然農法、岩永さんを訪ねる

タンボ・ロッジがお世話になっている「自然農法(無農薬・無施肥)」の農家が佐賀県にあります。
なかなか遠いので、今まで訪ねる機会がありませんでした。
しかしどんっ(衝撃)、今回は結構近くまで来ているので、思い切って行ってみることにしました。手(グー)

干拓地の一面田圃が広がる平野の真っただ中に岩永さんの家があります。
目標物が今一つないので、かなり分かりにくいのですが、何せ今回はレンタカーを借りているので、「カーナビ」が付いています。
おかげで迷わずに、一発でつきました。わーい(嬉しい顔)
さすがですね、カーナビって。

IMG_7373.jpg
タンボ・ロッジで初夏から晩秋までお世話になった「無農薬・無施肥」の玉葱がまだ少し干してありました。

IMG_7374.jpg
そして、初秋から冬の間お世話になるレンコン。
泥だらけですが、とてもおいしいんですよ。

IMG_7381.jpg
レンコン畑です。
もう収穫期なので、「枯れて」いますが、まだレンコンは土の中。
腰まで泥にもぐりながらの収穫は、相当な重労働のようです。たらーっ(汗)たらーっ(汗)
「底なし沼」にはまってしまったように、身動きが取れなくなったことが何回もあるとか・・・・
本当に大変ですね、ご苦労様です。もうやだ〜(悲しい顔)

IMG_7376.jpg
岩永さん夫妻と、恥ずかしがるお孫さんと記念撮影です。
岩永さん、今日はいろいろと案内してくださってありがとうございました。
そしてためになる話もいっぱいお聞きできて、とてもうれしいです。わーい(嬉しい顔)

岩永さんのお家では、食材はすべて自然食。
奥さんは「アルカンシェール」の断食にも行ったことがあるベジタリアン思考の方です。
やはりこういう農家の方が、マクロビオティック実践者の私にとって見ると一番尊敬できます。
素晴らしい方のところから、すばらしい食材を提供いただいている「タンボ・ロッジ」は、本当に恵まれていると思います。ぴかぴか(新しい)

さて、この日は、なんとこんな田んぼだらけの田舎ですが近くに「マクロビオティック」のレストランがあるので、そこで岩永さんと一緒に昼食をいただくことになっています。
楽しみだな〜〜〜るんるんるんるん
posted by 料理長 at 10:12| Comment(0) | TrackBack(0) | タンボ・ロッジの日記帳

2010年12月21日

カボチャのケチャップ

しばらく前にGETした「バターナッツ」と言う名前のカボチャ。
まるでカボチャとは程遠い、しかもちっともベジらしくない名前に惑わされてしまいそうになりますが、これが「ケチャップ」にすると、とてもおいしいんです。
もともと「ホクホク」タイプではないカボチャなので、「煮物」などには不向きで、ペーストにしたり、スープにしたりと言う具合に使うものなんですけれど・・・・猫

IMG_7273.jpg
ちょっと変わった形で、まるで「瓢箪」のようですね。

IMG_7275.jpg
でも、切ってみると、この通り。
種の部分が少なく、果肉の部分が多い・・・・
実に「お得」なカボチャです。るんるん

IMG_7276.jpg
そのかぼちゃの皮を剥き(皮は堅いです)、りんごジュースで煮込みます。
そしてミキサーにかけ、「ハーブ梅酢」と塩を入れて出来上がり。
甘さは「リンゴジュース」の甘さです。
実にマクロビオティック的な「ケチャップではありませんかどんっ(衝撃)

そして、それを瓶に詰め、脱気殺菌します。
こうすると、1年以上は保存でき、楽しめます。わーい(嬉しい顔)

IMG_7279.jpg
出来ましたよ〜〜〜。
色が黄色なので、ちょっと地味ですが、立派なケチャップです。
おいしいですよ。手(グー)
posted by 料理長 at 21:42| Comment(0) | TrackBack(0) | タンボ・ロッジの加工品

2010年12月20日

洋梨のジャム

IMG_7577.jpg
新潟県の高橋さんから、「有機栽培」の洋梨が届きました。
丁寧ん箱詰めされていますが、実はこれ、「袋」をかけ忘れたので表面に傷や染みが付いて見た目が悪いので、「加工用」なんだそうです。
でも中身の味は同じでおいしいもんね。猫

しかし、こんなに一気に食べられないので、「洋梨のジャム」を作ることにしました。

IMG_7581.jpg
まずは、在庫で持っていた会津若松の白井さんの「低農薬」のリンゴ「フジ」をジューサーにかけ、果汁を絞ります。

IMG_7583.jpg
それをとろとろになるまで煮詰めてそこに刻んだ洋梨を加えます。
洋梨だけだと、「酸味」がなく、ジャムにするにはちょっと役不足なので、りんごの力を借りるんです。
そうすると、甘くて超おいしい「洋梨のジャム」になるんですよ。るんるんるんるん

IMG_7586.jpg
さて、洋梨をとろとろまで煮込んで、瓶に詰め、脱気殺菌しました。
これでおいしい「洋梨のジャム」がしばらくは楽しめそうです。
うれしいな〜〜〜わーい(嬉しい顔)
甘いの大好きだもの、こういう加工はやめられません。モバQ

洋梨は、もうこれが最後だそうです。
もっと前に高橋さんを知っていれば、もっとたくさん出来たのに・・・・もうやだ〜(悲しい顔)
来年はもっと頑張ります。手(グー)
posted by 料理長 at 21:11| Comment(2) | TrackBack(0) | タンボ・ロッジの加工品

2010年12月19日

木もれび庵「たゆたゆ」1日目

阿蘇山麓の南小国町、有名な「黒川温泉」の近くに、マクロビオティックの「農家民宿」があります。
「木もれび庵、たゆたゆ」という面白い名前の宿ですが、何しろ限定1日一組みしか宿泊を取らないそうです。
なかなかマクロビオティックの「宿」は少ないので、是非行かなければ、と思い、今回お邪魔してみました。

宿は女性の方がたった一人で取り仕切っていました。
すごいな〜〜〜と感心どんっ(衝撃)
なんでも数年前に、ご主人を亡くされたそうで、でも、農家と宿を一人で・・・なんて、とても私には考えられません。

で、食事はマクロビオティックですから、どんなものが食べられるか、とても楽しみです。

IMG_7354.jpg
じゃ〜〜〜んexclamation前菜です。
内容は、もろみ豆腐・菊花と長芋梅酢・ターサイのエゴマ白和・シソまき・地うりとナスの三五八づけ
です。
真ん中の大きい白いものが、「もろみ豆腐」。これは「豆腐の味噌漬け」ですね。
ホント、チーズの様でおいしいです。

IMG_7357.jpg
ここは標高が高いので、夜はだいぶ冷え込みます。
しかしexclamation薪ストーブが焚かれ、とても暖かいです。
すっかりくつろぐ支配人。

IMG_7358.jpg
じゃがいも・にんじん・たまねぎのハーブ焼き。
サラダ感覚でおいしくいただきました。るんるん

IMG_7360.jpg
がんもどきの南関あげ巻き・さつまいも
「南関あげ」と言うのは、九州の「南関町」名物の、よく水切りした豆腐から作った、保存が利く油揚げのことです。
とてもおいしいものでしたよ。わーい(嬉しい顔)
今回の南関巻きは豆腐と山芋をすりつぶし、いためたシイタケ、人参、レンコン、インゲンをいれくるくる巻いてラップで包み蒸して作ったそうです
手が込んでいるな〜〜猫

IMG_7361.jpg
まこも茸のきんぴらです。

IMG_7363.jpg
塩蒸し里芋・カボチャ・人参葉の揚げもの、それにクレソン・ラデッシュ・赤ピーマンが添えてありました。
蒸し里芋が、まるでじゃが芋を皮ごと煮込んだ「せいだのたまじ」みたいな食感でおいしいです。

IMG_7365.jpg
最後は、「ハリハリ風小鍋」と言うそうです。
車麩・南関あげ・原木シイタケ・えのき・ミズナなどが入ったお鍋で、それに「小豆入り玄米ご飯」、「花山椒佃煮」、「大根漬け」が付いていました。


もうなんだか「食べ過ぎ」どんっ(衝撃)
おなかいっぱいです。たらーっ(汗)たらーっ(汗)


今日は満足の一日でした。
でも、ちょっと胃袋を休めなくっちゃね。モバQ

こちらはもう一泊お世話になる予定です。
楽しみだな〜〜〜ぴかぴか(新しい)
posted by 料理長 at 21:06| Comment(0) | TrackBack(0) | タンボ・ロッジの日記帳

2010年12月18日

紅い櫨の庵(あかいはぜのいおり)

福岡県久留米市の近郊に、「赤い櫨の庵」(あかいはぜのいおり)と言う「古民家レストラン」があります。
メニューはマクロビオティックのイタリアンですってexclamation
洋食好きの私にはこたえられませんねえ、こう言うのって。
で、月曜日ですけれど、ランチに伺うことにしました。

「櫨」の並木道を通り、ひっそりとたたずむ古民家がありました。
さて、パスタコースのランチを予約しておきましたが、どんなものが食べられるでしょうか、とても楽しみ。るんるんるんるん

IMG_7334.jpg
前菜です。
さっそく「いただきま〜〜〜す」どんっ(衝撃)
と、うれしそうな支配人。ぴかぴか(新しい)

IMG_7335.jpg
前菜は、レンコンなどの煮込んだ根菜類をはさんだ、お焼き風。
こりゃあ最初から、おいしいな〜〜〜猫

IMG_7340.jpg
サラダです。
さつま芋チップスが上にあしらってあります。
そして、チーズのようなものは「豆腐の味噌漬け」です。
タンボ・ロッジでもこの「豆腐の味噌漬け」は良くやるのですが、これは本当、チーズのようですよ。

IMG_7342.jpg
自家製天然酵母パンとオリーブ油です。
もっちりとしたパンでおいしかったです。
パンまで自家製とは、恐れ入りました。ちっ(怒った顔)

IMG_7343.jpg
スープは「ラタトゥーユ」です。

IMG_7344.jpg
冬野菜の味噌ソースです。
おいしいですよ、素朴な味ですが。わーい(嬉しい顔)

IMG_7347.jpg IMG_7349.jpg
パスタコースのメインです。
2人いるので2種類頼みました。
写真左が「春菊と豆乳のジェノベーゼ」。
同じく右が「キノコのパスタ」。
どちらもおいしいですよ。

IMG_7352.jpg
そして〆のマクロ・スイーツは、
「ヨモギのアイスクリーム」、「ナッツ入りパウンドケーキ」です。
もうこれで大満足です。
お昼からこんなに食べていいのだろうか・・・・モバQ
と、ちょっと「罪の意識」が芽生えるほど・・・・。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

その後、平日だったこともあり、お店も空いていたので、オーナーさんとお話する時間がありました。
その中で、実は宮崎県の綾町で、「マクロ・スイーツの教室を頼まれちゃった」・・・と話したら、
「あら、うちでもお願」どんっ(衝撃)だって。

ここでも頼まれちゃいました。
これは次回の里帰りは、本当に「リフレッシュ休暇」ではなく、「出稼ぎ里帰り」になってしまいそう・・・・・

九州の方、乞うご期待下さいませ。
ベーキングパウダーを使わないシフォンやロールケーキ、べジ・シュークリームなどをやることになりそうですから・・・・たらーっ(汗)たらーっ(汗)

2010年12月17日

久しぶりにキッチンカンナへ

今日(12月17日)は、すごく久しぶりに宇都宮にあるマクロビオティック・レストラン「キッチンカンナ」へ出かけました。
先日は九州ではいっぱい食べ歩いたけれど、地元は最近あまり行っていなかった・・・猫
ではおいしいランチをいただきましょうか。わーい(嬉しい顔)

IMG_7563.jpg
本日のランチは、「ひよこ豆のコロッケ、カレー風味」に「ひじき蓮根」、「豆腐のキッシュ」のおかずに、漬物とみそ汁、玄米がセットになっていました。
これは支配人がいただきました。
おいしいな〜〜〜わーい(嬉しい顔)・・・ですって。

IMG_7564.jpg
私はと言うと、「中華風うどん」です。
小麦のふすま入りうどんと、根菜を煮込んだ中華風スープの温かいうどんです。
こちらもおいしいわーい(嬉しい顔)

IMG_7570.jpg
食後は「ミニスイーツ」です。
2人なので、2種類頼みました。
「豆乳チャイプリン」と、「ソイカスタードプリン」です。
ソイカスタードの方は、下に「カラメルシロップ」が入っていて、甘いもの好きの私好みの味です。

あ〜〜〜うまかったexclamation×2
ご馳走様でした。わーい(嬉しい顔)
今年はこれでキッチンカンナも食べ収めになりそうです。
なんだかさみしいな〜〜もうやだ〜(悲しい顔)
でも、来年は今年よりももっとたくさん食べに行きたいです。手(グー)

2010年12月16日

幣立神宮

11月29日です。
この日は「パワースポット」として有名な「幣立神宮」(へいたてじんぐう)に参拝して、久留米市へと向かいました。

IMG_7324.jpg
朝の幣立神宮です。

IMG_7325.jpg
神宮の東にある「東の御手洗」へと向かいました。
さすがに阿蘇山麓にあるので、朝は寒く、霜が降りていました。

IMG_7328.jpg
「聖なる水」が湧き出ています。
こちらの水をペットボトルに汲んで、さあ、久留米方面へ出かけましょう。
朝の参拝は気持ちがいいもんですね。ぴかぴか(新しい)
posted by 料理長 at 23:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 登山&温泉&散歩

2010年12月15日

Private Lodge cafe&diner

11月28日は、支配人の実家の日向市を朝出発し、「九州食べ歩き」に出発しました。
うれしいな〜〜〜るんるんるんるん

まずは熊本方面に向かいます。
延岡から山に向かい、高千穂を通り、熊本まで。

IMG_7311.jpg
まずは「パワースポット」で有名な「高千穂神社」に参拝しました。
このあたりは、「天孫降臨」の伝説が色濃く残っている地域でもあり、神話の世界を彷彿とさせる風景が広がります。

そしてお昼は熊本の市内にあるマクロビオティック・レストラン「Private Lodge cafe&diner」さんでいただくことにしました。

IMG_7312.jpg
私が選んだのは「パスタランチ」。
まずは前菜とスープです。

IMG_7313.jpg
パスタランチのメインです。
「春菊のジェノベーゼ」を選びました。
豆乳のクリーミー感とナッツ類のコクがあり、おいしいです。わーい(嬉しい顔)
「大盛り」を頼んじゃった・・・モバQ
だっておなかすいたもん猫

IMG_7315.jpg
支配人が頼んだのは、「スペシャルランチ」です。
これは、日替わり玄米ランチにハーフサイズの日替わりパスタとプチデザートが付いたお得なランチです。
で、まずはそのハーフサイズのパスタは、「高キビのミートソース風」です。
ハーフと言っても、結構量があるような気がしますが・・・・

IMG_7319.jpg
メインの日替わり玄米ランチは、「ひよこ豆と旬菜のポトフ」です。
結構おいしそう。
いかがですか、支配人さん?・・・・
・・・満足です。ぴかぴか(新しい)

IMG_7320.jpg
そしてスペシャルランチのマクロ・スイーツは、「黒ごまのケーキ」です。
おいしそうですねえ・・・
ひと口ちょうだいっexclamation×2・・・だめですか・・・
「だってプチデザートで小さいんだもん」。
とほほほほ〜〜〜もうやだ〜(悲しい顔)


とまあ、こんな具合で、おいしいランチに満足しました。わーい(嬉しい顔)