2011年02月06日

ペルーの香辛料(1)

今回は、ペルー独特の香辛料を紹介しましょう。

アンデス料理はなかなか日本ではなじみが少ないです。
でも、とってもおいしいので、タンボ・ロッジではそれを基本に、独自にマクロビオティックにアレンジしてお出ししています。
その中でも、絶対に省けない、なおかつ日本にはない香辛料がいくつかあるんです。
今はグローバルな世の中、ペルーからもそのようなものが輸入され、ネットでも買える時代です。便利になったもんだな〜〜と本当に思います。(昔は苦労していたから・・・もうやだ〜(悲しい顔)

今日はその中でも、タンボ・ロッジで一番使用頻度が高い「アヒ・パンカ」と言う香辛料を紹介しましょう。

80.jpg
この写真の、手前の「乾燥した唐辛子」が「アヒ・パンカ」です。(クスコの市場にて)

どういうものかと言うと、
(1)・・ほとんど辛くありません。(鈍い辛さ)ひらめき
(2)・・日なた臭い独特の香りがあります。晴れ
(3)・・現地では、香り付けと色付けに使います。レストラン
(4)・・塩水に漬けた後、ペーストにして使います。レストラン
先日紹介した料理「カラプルクラ」には欠かすことができません。どんっ(衝撃)

ネットでは、(こちら)などで売っています。

ではでは皆様、楽しいペルー料理を楽しんでくださいませ。るんるん
posted by 料理長 at 17:51| Comment(0) | TrackBack(0) | アンデス・マクロ料理