2011年03月31日

会津若松へ

今日は、会津若松へ仕入れも兼ねて出かけました。
最近やっとガソリンが普通に手に入るようになり、こうして出かけられるんです。
今まで普通だったことがとてもありがたく感じられますね。るんるん

IMG_8077.jpg
明日から4月だというのに、峠は「猛吹雪」。
今年の春は本当に寒いです。もうやだ〜(悲しい顔)

IMG_8082.jpg
まずは会津若松の「平出油屋さん」に行き、菜種油とゴマ油を仕入れてきました。
平出さんはとても元気でした。
ホッとしました。わーい(嬉しい顔)
油を絞る工場も、煙突が壊れたそうですが、すぐに修理して、4月の2週目くらいから、油を絞るのを再開するそうです。
原料の国産菜種も、今年の分は結構確保してあるので大丈夫だそうですよ。ぴかぴか(新しい)

IMG_8084.jpg
次に訪ねたのが、おいしいオリーブ油の「オルチョサンニータ」の朝倉さんの所。
こちらも、朝倉さんは元気でした。
被害はたった「オリーブ油」1本が割れただけだったそうです。
すごいっどんっ(衝撃)
やはり普段の行いがいいからかな〜〜〜〜。
ちょうど地震のあった日に、入荷予定だった新物の「オルチョサンニータ」。
急遽大阪に入港したそうです。
で、これからは大阪から発送することになるそうで、今その手続きにてんやわんやの大忙しですって。

これからも本物のおいしい食材を作っている人たちを、タンボ・ロッジでも応援していきたいと思っています。
それにしても、みんな無事で良かった〜〜〜〜わーい(嬉しい顔)わーい(嬉しい顔)
posted by 料理長 at 20:27| Comment(2) | TrackBack(0) | タンボ・ロッジの日記帳

2011年03月30日

自家採取の「ふのり」

最近「放射能」を分解するということで注目されているのが「味噌」と「海藻」です。
今回の地震の後、このブログでも紹介しましたけれど、やはり毎日「海藻入りの味噌汁」は飲みたいものです。

P2283515-2.jpg
ところで、そんな「海藻」の「ふのり」が、タンボ・ロッジではたくさんストックしています。
しかもこれは「自家採取」どんっ(衝撃)
すごいでしょう・・・と自慢しちゃうもんね。猫

実はこれ、支配人の実家のお父さんがとってくれたものなんです。
実家は宮崎県日向市の、比較的海に近いところにあるんです。
「釣り」が趣味のお父さん、このあたりの地形に詳しく、どこに何があるか良く知っているんです。
すごいな〜〜〜犬

DSCN7734-2.jpg
岩場をしばらく行くと、ふのりがとれる場所があります。

DSCN7754-2.jpg
ほらほら、波打ち際のこんなところにびっしりとついています。
実はこの写真を撮った時は、私たちは「間抜け」で、「満潮」の時だったんです。
「干潮」の時に行けば、もっとたくさん「ふのり」が取れるんですけれど・・・・モバQ

だけど、放射能を分解するために「ふのり」が必要だなんて、こんな時が来るとは思わなかった・・・・もうやだ〜(悲しい顔)
早く原発の放射能漏れが治まってほしいと、心から願っています。たらーっ(汗)
posted by 料理長 at 15:23| Comment(0) | TrackBack(0) | タンボ・ロッジの加工品

2011年03月28日

散歩

今日は久しぶりの晴れ晴れ快晴晴れ晴れ

籠城生活が続いているので、こんな日には「散歩」に出かけてみたくなるものです。

IMG_8073.jpg
タンボ・ロッジのすぐ近くの橋の上から川を見下ろすと、雪解けが進んでいる様子。
南斜面の右側の雪解けが早いですね。

IMG_8075.jpg
分水嶺の山も良く見渡せます。
この「分水嶺」の山をはさんで、こちら側(タンボ・ロッジのある側)が日本海側で、山の向こう側が太平洋側になるんです。
会津高原は、日本海側だから、豪雪地帯なんですね。
でも、春はもうそこまで来ています。ぴかぴか(新しい)
posted by 料理長 at 15:20| Comment(0) | TrackBack(0) | タンボ・ロッジの日記帳

2011年03月26日

春は何処へ

やっと蕗の薹が出始め、雪解けが進み、春を感じ始めた会津高原。
ところが今朝起きてみると、外は・・・・雪
まるで、夢かまことか幻か・・・・・
の世界になっていました。

IMG_8071.jpg
朝から吹雪いています。
季節が逆戻り。
地震の被災地も、雪が降ったりしているとのこと。
寒さに震える被災者の方たちを思うと、本当に悲しくなってきます。
晴れおてんとうさま、どうか早く春を届けてくださいませ。
posted by 料理長 at 20:26| Comment(2) | TrackBack(0) | タンボ・ロッジの日記帳

2011年03月25日

東京へ行く

3月22日から運行を再開した「会津鬼怒川線」。
「陸の孤島」と化していた会津高原も、やっとそれを脱する時がやってきました。
実は先週、私はどうしても東京へ行かなければいけない用事があり、でも、「陸の孤島」だったので、先延ばしにしていましたが、これで出かけることができるようになり、昨日の午後から今日にかけて、出かけてきました。

IMG_8058.jpg
久しぶりに乗る電車の車窓からは、雪解けの景色が見え、心を和ませてくれます。
しかも、昨日の記事ではないですが、そこにも「毛皮1枚」で何も持たずに立派に冬を越していた野生動物が・・・・・
「サル」です。
でも、「サル」は人間の畑のものを盗んだりするので「イタチ」よりは「尊敬」の度合いが低いかな〜〜〜なんちゃってモバQ

IMG_8067.jpg
東京では、節電のため、エスカレーターがあちこちで止まっています。
そんな場所では「階段」を利用するしかありませんね。
これが本当の「オツカレーター」・・・なんちゃって〜〜モバQ

IMG_8060.jpg
夜は「べジ餃子」を食べに行きました。
この日の用事は池袋近くだったので、夕食は池袋にある「線條手打餃子専門店」と言うお店に行きました。
狭い店の中は、2人用の机がたった3つしかありません。
つまり、6人で満席になってしまう狭いお店です。・・・が・・・
メニューはいっぱいあるのに驚きます。

IMG_8065.jpg
数あるメニューの中で、「ベジタリアン」対応のものを選びました。
「ベジタリアン餃子」に「ベジタリアン・チャーハン」。それに「大根のスープ」。
チャーハンの中身は、お店のおばちゃんと相談し、決めることができます。
ベジタリアンには助かるお店ですね。

そして翌日(今日)は、午前中に用事を終わらせ、早めに帰ってきました。
だって早めにしないと、いつ電車が止まるかわからないんだもん。・・・
posted by 料理長 at 21:27| Comment(0) | TrackBack(0) | タンボ・ロッジの日記帳

2011年03月24日

イタチ

今朝、ふと窓の外を見ると、「イタチ」が走っていくのが見えました。猫

IMG_8054.jpg
足跡です。
まだまだ雪が残るタンボ・ロッジの周りの風景です。

私はいつも、これらの野生動物を見ると、「偉いな〜〜」と尊敬してしまいます。
だって、あいつらは、何も持たずに、何も蓄えずに、毛皮1枚でこの寒い冬を乗り切り、たくましく生きているではありませんか・・・・

それに引き換え、私たち人間は(私のことですがモバQ)・・・・・
ぬくぬくとストーブの前でゴロゴロ過ごし、食糧をたくさん蓄え、服をいっぱいに着込んでも、外に出ると「寒い」たらーっ(汗)などと文句を言い・・・・・
こんな「震災」の時にも、物資がなくて不便な思いをしていますから…ね。
「イタチ」には、震災なんて関係がないでしょうね。
だってなにも持っていないんだもの。
「偉い」どんっ(衝撃)
本当に尊敬しています。
posted by 料理長 at 09:07| Comment(5) | TrackBack(0) | タンボ・ロッジの日記帳

2011年03月23日

待ちに待った「ふきのとう」

タンボ・ロッジの南側の晴れ日当たりのよいところに、いよいよ春の訪れを告げる「ふきのとう」が出始めました。

IMG_8042.jpg

やった〜〜〜どんっ(衝撃)
と、思わず小躍りしてしまいます。るんるん
それもそのはず、今回の地震の影響で、今新鮮な野菜が手に入りづらいんです。
ふきのとうの後は、しばらくするといろいろな山菜が出てきます。
これを食べながら、冬にたくさん食べた「根菜類」の毒消しをしつつ、暖かい春を迎えたいと思います。ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)
さしずめ今日は、まずは「天婦羅」かな?レストラン
やっほ〜〜〜わーい(嬉しい顔)
posted by 料理長 at 15:10| Comment(2) | TrackBack(0) | タンボ・ロッジの日記帳

2011年03月22日

ガソリン求めて

タンボ・ロッジのある会津高原は、「田舎」です。
田舎の必需品と言うと、やはり「自家用車」でしょうか。
だって、バスはこのところの燃料不足で、しばらく間1日1往復しかありません。
そうなると、駅に行くこともなかなか大変です。
そこへ来て、「ガソリン不足」。
どうにもこうにも、おとなしくしているしかないじゃありませんかどんっ(衝撃)

今日、たまたまガソリンの事情を聞こうと、いつも入れている約30Km先のガソリンスタンドに電話してみました。
「あの〜〜〜、ガソリンって、どうなっていますか?」
「今入りましたよ。今なら売っています。」
どんっ(衝撃)どんっ(衝撃)
こりゃあ、急いで出かけなくっちゃ。
何しろ30Km先ですから、30分近くかかります。
売り切れる前に何とか確保したいですからね。

IMG_8030.jpg
着いて見ると、長蛇の列どんっ(衝撃)
買えるのかな〜〜〜と一瞬不安がよぎりますが・・・・

IMG_8031.jpg
待つことおよそ30分、先頭に来ました。
あともう少しったらーっ(汗)たらーっ(汗)
売切れちゃだめよ・・・・

・・・・・と言うことで、1台頭¥2000までの制限付きではあるけれど、やっとGETわーい(嬉しい顔)

タンボ・ロッジの車は、軽自動車で、ターボなしだし、5速マニュアル車です。
だから、リッター20Kmも走ってくれます。
満タン近くになったから、これで約500Kmは走りますからね。
一安心ぴかぴか(新しい)

IMG_8039.jpg
町に出てきたついでに、郵便の振り込みをして、帰りに「会津高原尾瀬口駅」近くにある「夢の湯」と言う温泉に入りました。

タンボ・ロッジは「暖房」は薪ストーブですが、お湯はボイラーを使っていて、こちらの燃料は「灯油」です。
今は「灯油」も不足がちですから、お風呂も3日に一度しか入っていません。
しかし、今日は本当にのんびりと、たっぷりとお湯につかって、私たちはご機嫌です。るんるんるんるん
あ〜〜〜極楽極楽。いい気分(温泉)

IMG_8041.jpg
しかし、こんなところまで「燃料不足」のしわ寄せが・・・・・
早く流通が回復してほしいです。
posted by 料理長 at 21:56| Comment(5) | TrackBack(0) | タンボ・ロッジの日記帳

2011年03月21日

もやしは育つ

今、私たちにとっての力強い味方手(グー)は「もやし」。
ざるで栽培し、およそ7日前後で食べられるようになります。
宅配便が滞る中、新鮮な野菜のこの「もやし」はとってもありがたい存在です。ぴかぴか(新しい)

IMG_8025.jpg
もやしを切らさないように、3日起き位の間隔で、育てています。
左側のものは、もう食べごろの「アルファルファ」、
右側の方はそろそろ発芽してきた「ブロッコリー」。
そして今日は「レッドクローバー」の種を水につけ、育て始めます。

本当にこんな時に、新鮮な生野菜は大助かりですね。
もやしちゃん、ありがとうございま〜〜す。わーい(嬉しい顔)
posted by 料理長 at 17:08| Comment(5) | TrackBack(0) | タンボ・ロッジの日記帳

2011年03月19日

お彼岸

早くも地震から1週間が過ぎようとしています。
もうすぐ「お彼岸」ですね。
今日はそのお彼岸のために、マクロ仕様の「おはぎ」を作り、神棚にお供えしました。

IMG_8021.jpg
福島の原発がこれ以上悪化しませんように。
そして絶対に爆発しませんように。
さらに、この地震で被災された方たちが、少しでも早く復興されますように。
posted by 料理長 at 16:51| Comment(4) | TrackBack(0) | マクロなスイーツ