2011年08月29日

パッションフルーツ

千葉県の「アケミガルデン」からは、無農薬の「パッションフルーツが届きました。

IMG_8726.jpg
おいしく熟しています。ぴかぴか(新しい)
中の種も、まるでお煎餅の「柿の種」のような食感で、バリバリとかじって食べられます。

これを使って、いろいろな料理もできるので、これから工夫して作ろうかな〜〜〜わーい(嬉しい顔)
posted by 料理長 at 19:49| Comment(0) | TrackBack(0) | タンボ・ロッジの日記帳

2011年08月27日

葡萄のジャム

今盛りなのが「ブドウ」。
熟した葡萄はとてもおいしいですからね。ぴかぴか(新しい)
しかし、「無農薬・無化学肥料」のものはなかなかありません。たらーっ(汗)
しかしどんっ(衝撃)
GETしましたからね。猫
新潟県の農家で、なんと「無農薬・無化学肥料」で育てている方がいたんです。

IMG_8771.jpg
で、さっそく送ってもらっちゃいました。
とてもおいしそうな「巨峰」どんっ(衝撃)

生食用の1級品と、ジャム用のB級品。
その「B級品」のジャムを作りました。

IMG_8775.jpg
房から実を外し、良く洗った後に鍋に入れ、コトコト煮ます。
そのあと、巨峰は皮が堅いので、その「皮」と「種」を取り除くために、裏ごし機「ムーラン」にかけます。
そして少し煮詰めてから、ちょっとさらさらだったので、ペクチンの代わりに「葛粉」を入れてとろみをつけて完成。わーい(嬉しい顔)

IMG_8777.jpg
脱気殺菌して瓶に詰めました。
今回はわずか6瓶しかできなかった・・・・もうやだ〜(悲しい顔)
手間の割には量が少ないけれど、煮詰めたおかげで、かなり甘くておいしい「葡萄のジャム」が出来ちゃったもんね。猫
もう一度送っていただいて、あと1回は作りたいです。手(グー)
posted by 料理長 at 14:51| Comment(0) | TrackBack(0) | タンボ・ロッジの加工品

2011年08月25日

祝!穀物茶房「こと葉」移転開業

那須にあった「穀物茶房、こと葉」。
移転のため、今年の1月いっぱいでお店を閉めました。もうやだ〜(悲しい顔)
そして、5月を目途に、新たな移転先での開業を目指していたのですが、あの「東北関東大震災」の影響で、延び延びになっていましたが、ようやくこのほど、新たな移転先で開業しました。わーい(嬉しい顔)

移転開業は8月10日だったのですが、タンボ・ロッジはそのころから忙しくなり、やっと今日行ってきました。手(チョキ)

IMG_8763.jpg
ここが新しく移転開業した穀物茶房「こと葉」か・・・・猫
何やらおいしそうなにおいが・・・・猫

IMG_8764.jpg
こうやって入り口で待っていると、何かくれるんじゃないかな〜〜〜猫
猫にゃーんちゃってモバQ

さてさて、そのこと葉の移転先は、黒磯の近くです。
でも、住宅街の中にあるので、ちょっとわかりずらい場所なんですが、住所と連絡先は、最後に書いておきますから、行かれる方は参考になさってくださいね。

IMG_8761.jpg
あ〜〜〜、お腹すいたな〜〜〜。
ねえ、森さん、笑ってないで早く早くってば〜〜〜
(笑っている森さんは、「こと葉」の「オーナーシェフ」なんですよ。)どんっ(衝撃)

IMG_8749.jpg
さて、わたくし仕様の「大盛り」の、「本日のプレート」です。
内容は、
いんげんとアスパラのバジル炒め、
枝豆団子の胡瓜と生姜のすり汁かけ、
人参とミニトマトのぬか漬け、
じゃが芋のサモサ、
空芯菜とキヌアとひじきのナムル、
もちキビと夏野菜のトマト煮。

この6種類のおかずと、玄米ご飯と味噌汁がセットになっています。

どれもおいしく、いろいろな味を楽しめて、とてもうれしいで〜〜す。るんるんるんるん

IMG_8755.jpg
マクロ・スイーツにも手を出すわたくし。
だって、移転後初めてなんだもん。モバQ
で、支配人と別々のものを頼んで、分けて食べようとしたら、森さんが初めから分けてくれました。
(これで「どちらが多い」なんていう争いにならないから、良かった・・・・)モバQ

IMG_8758.jpg
光が差し込んで、明るくさわやかな店内です。
お腹いっぱいでくつろぐ支配人。
来て良かったですね〜〜〜。わーい(嬉しい顔)

IMG_8765.jpg
最初なので、オーナーシェフの森さんと記念撮影です。

やっと移転開業した「こと葉」。
これで私たちの行くところが増えました。
良かったよかった・・・・・わーい(嬉しい顔)


穀物茶房「こと葉」データー。

住所・・・栃木県那須塩原市上厚崎608-33
電話・・・0287-64-0559

営業時間・・・11:30〜18:00(ラストオーダー17:00)
定休日・・・毎週「月」「火」

Yahoo地図はこちらをクリックどんっ(衝撃)
拡大、縮小などの操作をして見てね。


なお、たまに貸し切りなどがあるかもしれないので、遠くから行く方は事前に電話で問い合わせをした方がいいと思います。

2011年08月24日

ミカンムースのロールケーキ

晴れ夏は暑いので、なんだか「焼き菓子」系はあまり食べたくないものですね。バッド(下向き矢印)
だから、ひらめきちょっと工夫して、こんなものを作ってみました。

IMG_8745.jpg
「みかんムースのロールケーキ」。
ロールの生地は、タンボ・ロッジオリジナルの「ベーキングパウダー」を使わない米粉のスポンジケーキです。
そして、中のクリームは、通常のクリームの代わりに、ミカンジュースをベースに、米粉でとろみをつけて作った「ムース」を塗り、巻いてみました。
さわやかで、なかなかおいしいですよ、これが。猫
posted by 料理長 at 20:13| Comment(6) | TrackBack(0) | 米粉のスイーツ&パン

2011年08月19日

じゃが芋そのもの

アンデス料理に「パパ・ポスティージャ」という名前の料理があります。
日本語に訳すと、「じゃが芋そのもの」ということになるんです。
見た目はただのじゃが芋、しかし立派な料理なんです、これが・・・・。がく〜(落胆した顔)

IMG_8737.jpg
ほら、なんだかメークインか男爵か・・・・
ただのじゃが芋がお皿に乗っている・・・・だけじゃん・・・
という感じですね。
しかしどんっ(衝撃)「じゃが芋」は「ただ」ではありませんよ。買ったんだもん・・なんちゃってモバQ

さて、どんな味かと言えば・・・・

じゃが芋は茹でてマッシュします。
そこへ、ペルーでは「チーズ」を入れるのですが、タンボ・ロッジでは、「梅酢」と「味噌」と「レモン果汁」を入れ、チーズの風味を出しています。
それに塩とオリーブ油、片栗粉、または米粉を入れて練り、じゃが芋っぽい形に成型して、オーブンで焼くんです。

ねっ、立派な料理でしょ。
おいしいんだから・・・。猫
posted by 料理長 at 10:34| Comment(2) | TrackBack(0) | アンデス・マクロ料理

2011年08月18日

ペルー風そぼろ丼

「ペルー風そぼろ丼」というものを作ってみました。

ペルーには「丼ぶり」という食器がありません。がく〜(落胆した顔)
だけれど、丼ぶりとはこれいかに・・・・・exclamation&question

IMG_8739.jpg
こう言う盛り方をします。
「具」を真ん中にはさむんですね。ひらめき

この料理はペルー名で「アロース・タパード」と言います。
中身は「挽き肉」にレーズンを入れた、少し甘めの「そぼろ」なんですが、タンボ・ロッジでは中身を「豆腐」と「人参のみじん切り」、「麻の実ナッツ」などで作ります。
これは本当に、「そぼろ」感覚ですよ。手(グー)
posted by 料理長 at 10:40| Comment(1) | TrackBack(0) | アンデス・マクロ料理

2011年08月17日

甘さの感覚

しばらく前のことですが、ちょっと出かけた時に、食事をする時間にベジタリアンのレストランに行くことができずに、仕方がなく妥協して、「いなりずし」を買って食べました。もうやだ〜(悲しい顔)
まあ「いなりずし」ならば、砂糖は使っているけれど、かなり「べジ」に近いと思ったからなんです。

ところが、食べてみると・・・
どんっ(衝撃)どんっ(衝撃)激甘!!どんっ(衝撃)ふらふら
めちゃくちゃ甘いじゃありませんかたらーっ(汗)たらーっ(汗)
こりゃあ「食事」ではなく、「スイーツ」の世界ですよ。ちっ(怒った顔)
もうびっくりしました。

なんで世間のものは、こんなに甘くなってしまったのか・・・・バッド(下向き矢印)

でも、これは私の「甘さの感覚」がマクロビオティックをやるようになってから、変わったのかもしれないと、ふっと思いました。
それは昔昔のことを思い出したから・・・・


その昔のことというのは、実は私がまだ小学生だった頃、私のおじいさんが良く話していたことがあります。
「田舎に行ったときに、「あけび」を食べた。それはそれは甘くておいしくて、“ほっぺたが落ちる”ほどのおいしさだったよ。」

そうか、「あけび」というものを、一度は食べてみたいな〜〜〜、なんて、子供心に思ったものなんです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・
そして時は流れ、タンボ・ロッジを自分たちで建てているときに、この村の人に「あけび」をいただいたんです。

お〜〜〜exclamation×2これがあの「ほっぺたが落ちるほど甘い」あの、例の「あけび」か〜〜〜るんるん
さっそく食べちゃおっと猫・・・・・・・・
ところが、
なんだ、ほんのり甘いだけで、そんな「ほっぺたが落ちる」というものではないぞ、これは・・・・
というのが最初の感覚でした。
「さてはお爺さん、うそをついたな」どんっ(衝撃)と、この時は思ったものだけれど、さらにもう一つの出来事が・・・・・


それは、南米はペルーを旅した時のこと。
ペルーとボリビアの国境にまたがる大きな湖、「チチカカ湖」は、インディオの「ウーロス族」が「浮島」を、その湖の浅瀬に生える「葦」を集めて作り、そこで生活しているというのは有名ですね。
そこを訪ねた時に、「葦」で作った「トトラ」と呼ばれる小さな船で案内してくれた「船頭」さんが、浅瀬の葦を引き抜いて、「この根っこの部分の白いところは甘くておいしいので、自分が子供の頃、よくおやつに食べたんだよ。」と話してくれました。
その時、「どれくらい甘いの?」と私が聞くと、
「それはそれは、とっても甘くておいしいんだ。」と船頭さん。
まるで私のお爺さんの「ほっぺたが落ちるくらいに甘い」と言わんばかりの表現だったんです。
「じゃあ、ちょっと食べさせて」と私。
ところがらべてみると、「ほんのり甘い」だけなんです。
こりゃあ船頭もうそついたどんっ(衝撃)と、一瞬思ったけれど、良く考えるとそんなことはなさそう・・・・

そうです、この時にピンと来るものが・・・・・

私の「甘さの感覚」が、砂糖を食べるあまりにマヒしてしまっていたんだ〜〜〜もうやだ〜(悲しい顔)
と思いました。

「砂糖」というのは、摂れば摂るほど、甘くないと満足できないようになってしまうようです。
だから、最近の世間の甘さが前にもまして甘くなり、そして砂糖から遠ざかっている私の感覚が昔に戻り・・・・
それでこんなに開きが出てしまったんでしょね。

それにしても、世間の「いなりずし」は、タンボ・ロッジのスイーツよりも甘いっどんっ(衝撃)
こうなったら、いなりずしも自分で作らないといけませんね。

IMG_8502.jpg
ではでは、自分で作った「ちょうど良い甘さ」のいなりずしを、「いただきま〜〜〜す。」わーい(嬉しい顔)
はふはふ!犬
こりゃあおいしいるんるんるんるん
posted by 料理長 at 11:05| Comment(3) | TrackBack(0) | マクロビオティック料理

2011年08月15日

茄子の油炒め

夏野菜の「なす」。
今が旬で食べごろですね。
暑い夏にはこの「陰性」のナスがおいしいんです。
ところが、「油炒め」にすると、驚くほど「油」を吸ってしまう・・・・がく〜(落胆した顔)
だから、「茄子の油炒め」を作るときに、いつも「こんなにたくさん油を食べてしまう」という罪の意識に悩んでしまうのです。ちっ(怒った顔)
だけれど、それがまたおいしいから困るんです。
「茄子の油炒め」は食べたいけれど、「油」はあまりとりたくないどんっ(衝撃)
こんな悩みを解決する画期的な方法が実はあったんです。がく〜(落胆した顔)

今日はそんな画期的な方法のレシピを記事にしましょうね。猫

レストラン油をあまり吸わない「茄子の油炒め」 レシピ

(1)茄子を洗い、ヘタを落として厚めにスライスする、または縦長にスライスする。
(2)茄子の切り口(両面)に、たっぷりの塩を振りかけ、こすりつけるようにしてしばらく置く。
(3)茄子の水分が出てくるので、それをさっと水洗いして、タオルで拭き取る。
(4)3を油を少し多めに入れたフライパンで焼く。

たったこれだけのことですが、この炒め方をすると、油をそれほど吸いません。わーい(嬉しい顔)
だから、高級なオリーブ油などでも出来ちゃうんですよ、これが。手(グー)

IMG_8730.jpg
さて、オーガニックのおいしいオリーブ油「オルチョサンニータ」を使った「高級茄子の油炒め」を、サラダにして、いただきま〜〜〜す。わーい(嬉しい顔)

めちゃおいしいです。猫
posted by 料理長 at 12:02| Comment(2) | TrackBack(0) | マクロ料理レシピ集

2011年08月14日

タクタク、アラメのデミグラスソースかけ

昨日は「タクタク」というペルー料理をべジで作り、「アラメのデミグラスソース」をかけていただきました。

IMG_8725.jpg
これがその「タクタク」です。

「タクタク」とはなんぞや・・・・・??exclamation&question
ペルー人ならばみんな知っているおいしい料理です。

実はこの料理、「残りもの」を使ったところから始まった料理らしい・・・・・

金時豆、またはレンズ豆の煮物(トマト煮)と、ご飯を混ぜてもう一度煮込み、固い「リゾット(おじや)」にしてからフライパンで焼いた、言ってみれば「焼きリゾット」なんです。
残り物料理としては、かなりおいしい・・・・どんっ(衝撃)

そこに、「アラメ」ベースの「デミグラスソース」をかけていただきました。
このソース、色は真黒ですが、シーフードっぽくてとてもおいしいです。わーい(嬉しい顔)
posted by 料理長 at 22:59| Comment(0) | TrackBack(0) | アンデス・マクロ料理

2011年08月13日

今週も、あらかい健康市場

今週も来てしまいました「うつくしまロハスセンター・あらかい健康市場」。
だって、タンボ・ロッジから近いんだもん。(車(セダン)車で約10分です。)

IMG_8720.jpg
お店には、色々とオーガニックの製品が並んでいます。
もちろんマクロビオティック対応のものもたくさんあり、うれしいな〜〜〜。

さて、今日の「ワンコイン(¥500)」のお昼のメニューは・・・・

IMG_8719.jpg
カボチャのカレー。

IMG_8723.jpg
日替わり定食。
メインはお盆に乗り切らない「ズッキーニのカツ」です。
おいしかったな〜〜〜。
わーい(嬉しい顔)

また来週も、きっと行くことでしょう。モバQ