2011年11月21日

リフレッシュ休暇のお知らせ

11月21日(月)〜12月 8日(木)まで、支配人の実家の九州は宮崎に里帰りします。
つきましてはタンボ・ロッジは、11月21日(月)から12月 9日(金)までの宿泊はお休みになりますので、どうぞよろしくお願いいたします。
posted by 料理長 at 00:00| Comment(8) | TrackBack(0) | タンボ・ロッジの日記帳

2011年11月20日

結の担い手育成講座

昨日は、私たちが週末によく食べに行っている、タンボ・ロッジにほど近い「うつくしまロハスセンター」で、「結の担い手育成講座」がありました。
今回のテーマは「自然エネルギー」です。
福島原発の事故で、今やがぜん注目される「自然エネルギー」。
いったいどういうものか、そしてその可能性を、「足利工業大学」の先生を招いて、いろいろとお話と、実験を見学するというユニークな講座でした。
その中で、原発のエネルギーの原料の「ウラン」は、今のままで行くとあと80年で尽きてしまうと言うお話を聞きました。
危険な核燃料サイクルの技術が確立されていない今、とてもこれでは「永続可能なエネルギー」と言うことができませんね。
知らなかった・・・・モバQ

先生のお話を聞いているうちに、原発はなくても大丈夫だということ、そして自然エネルギーの将来性がとても明るいことに、一縷の希望を感じることができました。
素晴らしいな〜〜〜わーい(嬉しい顔)

IMG_9472.jpg
おおっどんっ(衝撃)
タンボ・ロッジの支配人がとてもうれしそう。るんるん
それもそのはず、この日の講座は、なんとどんっ(衝撃)ベジタリアンのお弁当付きなんですよ。

IMG_9469.jpg
これがそのお弁当です。
「酵素玄米」と「おはぎ」、おかずは「さつま芋のコロッケ」と「おひたし」などなどです。
うれしいな〜〜〜わーい(嬉しい顔)
こんな講座、大歓迎です。猫

IMG_9477.jpg
お昼の後は、実験の見学です。
これは「天婦羅油」の「廃油」を燃料にした発電機の仕組みを分かってもらうための実験です。
このほかにも、その天ぷら油で走る自動車の紹介や仕組みなどをお聞きしました。

実に有意義な講座でしたよ。
未来を楽しく生きる希望がわいてきました。

この講座を企画してくださった「うつくしまロハスセンター」のスタッフの方、そして講義をしてくださった先生、本当にありがとうございました。
私たちも、単に「原発反対」だけではなく、こういうことを発信していかなければいけないんですね。
私たちや子どもたちの未来のために、頑張らなくっちゃ。手(グー)
食べてばかりじゃいけませんねえ・・・・モバQ
posted by 料理長 at 09:44| Comment(0) | TrackBack(0) | タンボ・ロッジの日記帳

2011年11月18日

豆味噌の仕上げ

今年の4月に仕込んだ豆味噌。
そろそろ仕上げをして、熟成させる時が来ました。猫

IMG_9456.jpg
蓋をあけ、重しを外してみると、こんな感じになっています。
香りももう出来上がっているかのごとく、おいしそうどんっ(衝撃)

IMG_9465.jpg
それを「ミンサー」にかけ、滑らかにします。
つぶす前はまるで納豆のようですね。
一粒食べてみると、塩辛いけれどおいしいです。手(グー)
ご飯にかけてそのまま食べられそうexclamation

IMG_9466.jpg
こうやってつぶしていきます。
そして、元の木の樽に入れて熟成させます。

IMG_9468.jpg
出来上がりました。
色がもっと黒かったら、まるで「八丁味噌」のようです。
これから後2〜3年は寝かせます。
そうすると、色も黒くなり、おいしい八丁味噌になってくれるでしょう。
でも、早く食べたいな〜〜〜モバQ
posted by 料理長 at 18:58| Comment(0) | TrackBack(0) | タンボ・ロッジの加工品

2011年11月17日

黒チューニョのエスカベッチェ

黒チューニョと蓮根、人参、紫玉ねぎを使ったペルー風マリネの「エスカベッチェ」を作りました。

IMG_9304.jpg
かなり陽性の体が温まる料理ですよ、これは。犬
だって、陰性のじゃが芋の毒を抜き、超陽性になるように加工した(凍結脱水乾燥)黒チューニョだけでもかなり陽性なのに、人参と蓮根と言うこれまた陽性な根菜を一緒に使っていますからね。手(グー)
だって、昨日初雪が降ったし、タンボ・ロッジは標高820mの高原にあるから、ずいぶん寒い霧
だからこんな料理を食べたくなるんですね。
とてもおいしかったな〜〜〜。わーい(嬉しい顔)と、自画自賛しちゃいました。モバQ

2011年11月16日

ついに初雪!!

IMG_9453.jpg

このところ少し暖かく、紅葉も長持ちしたけれど、ついに「寒波」が襲来しました。ふらふら
今日朝起きたら、タンボ・ロッジの周りが白いたらーっ(汗)たらーっ(汗)
今シーズンの初雪です。雪
もうじき駆け足で冬がやってくるんですね。台風
でも、雪が降るのも結構楽しいですよ。るんるん
薪ストーブの火を見ながら、外を眺めるのはすごく幸せなひと時ですから・・・・
posted by 料理長 at 21:25| Comment(0) | TrackBack(0) | タンボ・ロッジの日記帳

2011年11月15日

日光へ

昨日は群馬県の太田市の自然農法の農家「たむら農園」さんへ出かけました。
タンボ・ロッジから田村さんの所に行くには、日光を通り、足尾を経て行くのが一番近いんです。
そこで、この日は少し早く出て、日光見物もしちゃったもんね。猫

IMG_9436.jpg
こちらは今紅葉が真っ盛りです。
タンボ・ロッジの辺りはもうすっかり冬枯れですからね。
なんだか季節が戻った見たい・・・・・どんっ(衝撃)

IMG_9437.jpg
さすがは観光地どんっ(衝撃)
平日にもかかわらず、すごい人出です。exclamation×2
久しぶりにたくさんの人を見たな〜〜〜。
普段は山奥に住んでいるからね、私たちは・・・モバQ

IMG_9441.jpg
日光と言えば「野菜カフェ、廻(めぐり)」があります。
当然食いしん坊の私たちは寄らない手はありません。猫
最近はこのお店も人気が高く、予約しないと食べられないことが多いみたいです。
実は、前の日にちゃっかり予約してあったんだもんね。犬

IMG_9444.jpg
本日のランチの「自然の恵みありがとう定食」です。
内容は一つ上の写真の黒板を見てね。

すごくおいしそう・・・・猫
では、いただきま〜〜す。

IMG_9445.jpg
後ろの長細いお皿がよく見えないので、こちらにアップしました。

IMG_9447.jpg
さっそくいただく支配人。
おいしいな〜〜〜どんっ(衝撃)

IMG_9449.jpg
マクロ・スイーツとドリンクのセットもいただきました。
紫芋のパウンドケーキと、焼きりんごの豆腐クリーム添えです。
こりゃあおいしいな〜〜〜。わーい(嬉しい顔)

と言うことで、おいしく食べた後は、たむら農園さんに向かいました。車(セダン)

2011年11月13日

第7回タンボ・ロッジの食の研修会(2)

第7回タンボ・ロッジの食の研修会は翌日も続きます。

まずは朝7時に集合、朝食作りから始まります。

IMG_9369.jpg
玄米を炒めてアルファー化させ、おかゆを作ります。

IMG_9374.jpg
朝食は軽めに、
「玄米のおかゆ」、「味噌汁」と、「漬物と梅干しなど」です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

さて、お昼の研修の始まりです。
IMG_9388.jpg
お昼に作るメニューはこれどんっ(衝撃)
すごいたくさんがく〜(落胆した顔)
研修ですからね、ひたすら作り続けましょう。

IMG_9381.jpg
これ、何をやっているかわかりますか?。
水でよく戻した「どんこ椎茸の軸」を、石の上でトンカチでたたいて、ペッタンコにしているんです。
これは「肉もどき」に使います。
まるで鶏肉のささみの裂いたやつ見たいな感じですよ。
これは面白いです。色々な料理に応用できそうぴかぴか(新しい)

IMG_9385.jpg
ペッタンコにした「椎茸の軸」を、手で裂いて、本当にまるで鶏肉のささみの裂いたやつ見たい〜〜がく〜(落胆した顔)

IMG_9397.jpg
これは、どんこ椎茸を使った「アワビもどき」を作っているところです。
椎茸に切り込みを入れて・・・・
IMG_9399.jpg
裏返すと、なんだか「アワビ」見たいになるから不思議です。猫

IMG_9404.jpg
これは「庄内麩」で巻いた「変わり揚げもの」です。
これに小麦粉の溶いたやつを付けて揚げものにするのですが・・・・
私が揚げたけれども、途中で楊枝が外れて広がってしまったものも・・・・ふらふら
とほほほほ〜〜〜もうやだ〜(悲しい顔)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

IMG_9425.jpg
と言いつつも、出来上がりました。
写真の下から時計周りで
「牛蒡の胡麻和え」
「長ネギの煮付け」
「椎茸の鮑もどき」
先生の手書きメニューにはなかった「野草の天婦羅」
椎茸の軸を使った「肉もどき」
「漬物数種類」
私が揚げて開いてしまった「変わり揚物」
そして中心にあるのは「南瓜茶巾」。

なんとすごいご馳走です。わーい(嬉しい顔)

IMG_9432.jpg
そして汁物は、「もちきびときのこと水菜のお吸い物」。
なんだかもちきびが魚の卵に見えてしまいます。exclamation&question

IMG_9430.jpg
発芽玄米ご飯も入れて、これが全部です。

では、みんなで「いただきま〜〜す。」ぴかぴか(新しい)
うわ〜〜〜、とてもおいしいです。どんっ(衝撃)
大食いの私はすごくうれしいわーい(嬉しい顔)


今回の研修も、ずいぶん実り多い研修になりました。
松本先生には遠くまで足を運んでいただき、そしてこのような研修までしていただき、さぞかしお疲れでしょうね。
だって、ご高齢にもかかわらず、自ら車を運転してきて下さったんですから・・・・・
本当にありがたいです。
そして、参加した方々も、横のつながりも出来たし、研修も受けられるし、おいしく満足するし、楽しいことだらけでした。
これと言うのも、先生の気さくなお人柄の賜物ですね。ぴかぴか(新しい)

楽しいこのお研修会、第8回〜以降も続けて行きたいと思います。手(グー)
松本先生、お疲れ様でした。
そして参加された皆様、楽しかったですよね〜〜〜。
私たちも楽しみましたよ〜〜〜。るんるんるんるんるんるん
posted by 料理長 at 17:41| Comment(0) | TrackBack(0) | タンボ・ロッジの行事

2011年11月11日

第7回タンボ・ロッジの食の研修会(1)

11月9日〜10日にかけては、「第7回タンボ・ロッジの食の研修会」と言う行事をタンボ・ロッジで行いました。
この行事は、リマクッキングスクールの校長先生でもある、マクロビオティックの大家「松本光司先生」をタンボ・ロッジにお呼びして、タンボ・ロッジ周辺のマクロビオティックのレストランやマクロビオティックの先生などを対象に行う研修なんです。

もう7回目となるこの行事。
第1回目は2008年の3月ですから、始めてから間もなく4年になるんですね。
震災を乗り超えて、良く7回も続けられたと思うと、感慨もひとしおです。


さて、今回のメインテーマはひらめき何と「鯉コク」です。
鯉コクは、マクロビオティックの中でも、特に病気などを治す為に「食養」が必要な時に用いる特別な料理です。
しかし、最近は「缶詰」なども売られているのでほとんどの人が作らなくなってしまいました。
でも、マクロビオティックをやるからには、一度は本当の食養に使う「鯉コク」の作り方を習ってみたいという皆様の希望もあり、今回特別に作ることになったんです。

ベジタリアンの宿、タンボ・ロッジに動物性の食材が持ち込まれたのは相当珍しいことです。がく〜(落胆した顔)
では、じっくりとその作り方をみんなで体験してみましょうね。あせあせ(飛び散る汗)あせあせ(飛び散る汗)


IMG_9332.jpg
これぞ本当の「まな板の上のコイ」たらーっ(汗)たらーっ(汗)
さっそく「松本先生」にさばいていただきました。

IMG_9334.jpg
真剣にさばき方を見る参加者たち。
鯉さん、ありがとうございます。もうやだ〜(悲しい顔)

先生は実に手際よくさばいていきました。
これが「にがたま」、これが「浮き袋」と言う具合に、内臓を傷つけることもなく・・・・
こりゃあ真似できないや・・・・モバQ
とはみんなの感想です。
必要な時は「缶詰」にするか・・・という冗談をこっそりと先生に聞こえないように話す参加者たち。猫

IMG_9335.jpg
鯉と同じくらいの量の「ごぼうのささがき」を使います。
そのささがきを胡麻油でいため、そこに水を入れ、さばいて刻んだ「鯉」を入れて、圧力なべでじっくりと煮込みます。
骨まで軟らかくなったところで、麦みそとしょうゆで味付けしました。

IMG_9336.jpg
さて、その他にもいろいろと作ります。
みんなでやると結構早いですね。わーい(嬉しい顔)

IMG_9337.jpg
たくさん手があると本当に早いどんっ(衝撃)

IMG_9359.jpg
さて、すべて出来上がり、盛り付けです。
先生が手際よく見本の盛りつけをしてくださいました。わーい(嬉しい顔)

IMG_9361.jpg
さて、出来上がりました。
いつものように、「みんなでいただきま〜〜す。」わーい(嬉しい顔)

IMG_9366.jpg
蕪の詰めもの。
彩りが綺麗ですね。

IMG_9364.jpg
今日の夕食です。
写真下から時計周りで、
「鯉コク」
「黒豆入り発芽玄米ごはん」
「モッテ菊の春雨和え」
「アマランサス入り子持ち昆布風と蓮根の二見焼き、浅漬け」のお皿
「蕪の詰めもの」(蕪にアスパラ菜、エノキ茸、人参などを詰めています)  です。



あ〜〜〜、おいしくいただきました。
そして私はすごく久しぶりに動物性のものを食べました。
でも、食用に必要な「鯉コク」ですから、今以上に元気になるかも・・・・・手(グー)


そのせいもあってか、この日は夜遅くまで、マクロビオティックの仲間たちや先生と、じっくりと楽しく語り合うことができました。

さて、翌日は朝食と昼食の瓶の「研修」が待っています。
楽しみだな〜〜〜。るんるんるんるん
posted by 料理長 at 20:42| Comment(0) | TrackBack(0) | タンボ・ロッジの行事

2011年11月08日

間もなく落葉です。

IMG_9225.jpg

間もなく落葉し、冬枯れの季節を迎えようとしているタンボ・ロッジです。

で、その次は・・・・豪雪です。雪
雪も結構楽しいですよ。るんるん
posted by 料理長 at 20:36| Comment(0) | TrackBack(0) | タンボ・ロッジの日記帳

2011年11月07日

ベジ・ハムエッグ

最近オーサワで出ている大豆蛋白シリーズに、5種類もあることを発見しました。ひらめき
今頃やっと気付いたんですけれど・・・・モバQ
その中に、「スライスタイプ」と言うのがあって、かなり薄いので、「これはハムみたいにできるひらめき」と直感しました。

さっそく取り寄せて、やってみました。

IMG_8953.jpg
大豆蛋白、スライスタイプをお湯で戻し、出汁と塩と油を入れて、フライパンでした味をしみ込ませます。
水分がなくなり、入れた油でいためるくらいまでやると、とてもおいしいですよ。

そしてそれを簡単な燻製にします。
DSCN8362-2.jpg
使わなくなった大きめの中華鍋の下に、桜のおがくずを入れて、網に炒めた大豆蛋白を乗せます。

DSCN8364-2.jpg
蓋をして、火を付けてしばらく煙をかけると・・・・・
本当にハム見たいどんっ(衝撃)

IMG_9314.jpg
さて、出来上がった「べジ・ハム」を、ベジスクランブルエッグに混ぜて、
「べジハムエッグ」の出来上がりるんるん

これは相当おいしいです。ぴかぴか(新しい)
さっそく「カボチャとビーツのケチャップ」をかけて、
いただきま〜〜〜す。わーい(嬉しい顔)
posted by 料理長 at 11:10| Comment(0) | TrackBack(0) | マクロ料理レシピ集