2011年12月19日

マクロビダイニング宙(そら)

九州の記事の続きです。
夜行バスで博多に着き、「花ふさ」さんでお昼を食べた私たち。
このまま宮崎まで向かおうと思えば、ちょっときついけれどできない話ではありませんが、何しろそんなに若くはありません。もうやだ〜(悲しい顔)
そこで、この日は博多に泊まることにしていました。
ビジネスホテルで早めにチェックインをして、少しお昼寝眠い(睡眠)

それから、夜の博多に繰り出しました。

向かった先は、「マクロビダイニング宙(そら)」。
こちらで、ディナーのコースを予約してあったんです。実は・・・・猫
計画的な食い倒れ〜〜〜〜犬

IMG_9625.jpg
まずは前菜です。
豆腐を使ったキッシュです。
京都の「庵」さんやお昼の「花ふさ」さんのような和食を決行食べたので、久しぶりの洋食系のマクロビオティックです。
うれしいな〜〜〜るんるんるんるん

IMG_9627.jpg
オードブル2つ目は、グラタンです。
これで2人分です。
結構量が多くて、大食いの私たちにとっては、すごくうれしいです。わーい(嬉しい顔)

IMG_9629.jpg
生野菜のサラダ。

IMG_9633.jpg
そして、メインディッシュは大豆蛋白を使った「べジ・酢豚」。
いや〜〜〜、なかなかおいしいです。

IMG_9635.jpg
そして、ご飯は・・・
急に和食っぽくなりましたが、漬けものと味噌汁と玄米ご飯です。
和洋中華の折衷のようなコースで、いろいろな味が楽しめました。わーい(嬉しい顔)

IMG_9637.jpg
お楽しみのスイーツです。
玄米を使った焼きプディング。
上には甜菜糖で作ったパリパリのキャラメル。
なかなかおいしかったです。



ところで、ここで悲しいお知らせが・・・・

この「マクロビダイニング宙(そら)」さん、なんと来年の3月頃に閉店してしまうそうなんです。
なんでも、お一人でやっているので、さすがに大変だとか・・・・
店を手伝っていた娘さんが、お店によく来るお客さんと結婚されたそうなんです。
「娘をお客さんに取られちゃったから〜〜」と、オーナーのお母さん。
いや〜〜〜。参りましたねえ。
でも、またいつか充電して、もう少し小さな場所でいいから、復活してくれるとうれしいです。

今日は本当にご馳走様でした。
おいしくいただきました。わーい(嬉しい顔)
posted by 料理長 at 10:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 九州

晩秋の龍王峡

九州旅行の記事ばかりが続いていますので、ここらで一つ、最近の記事を一つ入れましょう。
最近と言っても、1週間前になってしまいましたが、まだ雪が本格的に降る前に、タンボ・ロッジから車で1時間くらいの所にある「龍王峡」に散策に出かけました。
龍王峡は、鬼怒川温泉のちょっと先にある名勝地で、鬼怒川の流れが削り出した自然の美しさで知られています。
実は今まで、一度も行ったことがなかったんです。モバQ

IMG_9856.jpg
野岩鉄道の龍王峡の駅から、遊歩道が始まります。
遊歩道を鬼怒川に向かって下っていくと、こんなにきれいな滝が・・・・・

IMG_9860.jpg
遊歩道の橋を渡り、下の方から滝を見ると、こんな感じです。
近くに神社もあり、なんだか中国の山水画を見ているような風景ですね。
すごくきれいです。ぴかぴか(新しい)

IMG_9859.jpg
まるで「龍」の形をした川の表情です。
「龍王峡」の名前は、この風景から付けられたそうですよ。

IMG_9861.jpg
すっかり木の葉も落ち、晩秋の光景です。
眺めがよくて、木漏れ日が気持ちいいです。るんるん

IMG_9863.jpg
さらに上流の鬼怒川の表情です。
良くまあ、これだけ岩を削って流れているものだな〜〜〜なんて、感心してしまいました。

さてさて、およそ2時間の散歩で、お腹がすきました。
そこで、ここから車で1時間くらいの所にあるマクロビオティックのレストラン「キッチンカンナ」へと向かう私たち。車(セダン)

IMG_9866.jpg
本日の定食です。
蓮根のハンバーグがおいしいどんっ(衝撃)
もちろん玄米「大盛り」で〜〜〜す。モバQ
posted by 料理長 at 10:16| Comment(0) | TrackBack(0) | タンボ・ロッジの日記帳

2011年12月18日

花ふさ

IMG_9606.jpg
2階建ての2列シートの豪華な夜行バスで博多に着いた私たち。
さあ、今日も「食べるぞ〜〜〜」。猫

この日のお昼は、「大濠公園」の近くにあるマクロビオティックの精進料理のお店、「花ふさ」さんで食べました
花房さんは、今年の4月に私の「マクロビオティックスイーツ教室」を主宰してくださって、すごくお世話になったんです。
それに、ここの料理はいつもおいしいから、博多に来た折には必ず訪ねているんですよ。
IMG_9608.jpg
いつものように、まずは「前菜」です。
季節により、少しずつパターンが違うので、いつもおいしくいただいています。
お皿の左にある「ごぼうの煮物」がおいしかったです。
なんでも、昆布とごぼうと梅を重ね煮にしてあるとか・・・・
ほんの少しのものにも、手間をかけているんですね。すご〜〜いがく〜(落胆した顔)

IMG_9609.jpg
カブと玉ねぎとラディッシュのスープです。
もちろん昆布だし。
こちらの昆布だしは、天下一品のおいしいだしですからね。わーい(嬉しい顔)

IMG_9611.jpg
言わずと知れた「胡麻豆腐」です。

IMG_9613.jpg
野菜のグリルです。
右のお皿の「マスタード味噌」に付けて食べるんですが、このマスタード味噌がおいしいんです。
もちろん野菜もおいしいですよっ手(チョキ)

IMG_9615.jpg
蒸し野菜の和えものです。

IMG_9616.jpg
かぶら蒸しのような蒸し物です。
レンコン、つくね芋、里芋などが入っています。

IMG_9620.jpg
最後はご飯と漬物です。
ご飯は、銀杏ご飯です。

IMG_9623.jpg
スイーツは、ミカンと人参のムースの上に、豆乳と大根のクリームが載っています。
豆乳と大根・・・・この意外な組み合わせ、
感覚的には、なんだかおいしくなさそうな気がするんだけれど、結構いけますよ、これは。
ちょっと真似っこしてみちゃおうかな〜〜〜猫


今日もおいしくいただきました。
再びここにお邪魔できて、とてもうれしいです。
花房様、いつもおいしい料理を、ありがとうございます。わーい(嬉しい顔)
posted by 料理長 at 19:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 九州

2011年12月17日

カフェ・プロヴァーブス

鞍馬山で紅葉を楽しんだ私たち。
山にも登ったし、お腹も空いたし、そしてこの日は「夜行バス」だし・・・・
と言うことは、たくさん食べておかなければ・・・・猫

と言うことで、「出町柳駅」の近くにあるベジタリアンのお店、「カフェ・プロヴァーブス フィフティーン・セブンティーン」へと向かいました。

ここのお店は、ビーガン対応で、動物性のものは使わずに、色々なメニューがあるみたいです。

IMG_9593.jpg
じゃじゃ〜〜〜んexclamation×2
私が頼んだのは、「プルコギ」(韓国風焼き肉)のセット。
動物性不使用の焼き肉(大豆たんぱく)、季節野菜のナムル、自家製キムチと玄米ご飯が付いていて、それを野菜に包んで食べるというものです。
薄焼きタイプの大豆蛋白を使い、なかなかおいしいですよ。どんっ(衝撃)

IMG_9586.jpg
支配人は「ヴィーガン豆乳のチゲラーメンセット」。
まずはべジ春巻が付いてきました。

IMG_9596.jpg
チゲラーメンですよ、ヴィーガンの!!。
おいしそうではありませんか・・・・
「韓国風味の豆乳スープにニラ、春菊などの香味野菜、ヴィーガンつくねボールを浮かべたこの冬一押しのラーメン」だそうです。

IMG_9598.jpg
お〜〜本当においしそう。
「ねっねっ、ひと口ちょうだい。」
「だめ〜〜〜」どんっ(衝撃)
「そっ、そんなこと言わずに、お願」もうやだ〜(悲しい顔)
と言うやり取りの後、無事に一口いただきました。るんるん
おいし〜〜〜〜!!猫

IMG_9599.jpg
さらに、スイーツまで手を染めてしまう私・・・・・
だって、今夜は「夜行バス」。モバQ
「ココナッツバナナタルト」です。
キャラメルソースのトッピングで、これまたおいしいです。わーい(嬉しい顔)

IMG_9605.jpg
さあ、やっと九州の博多に向かいます。
今日の夜行バスは、2階建てのバスの1階席なんですが、これは結構贅沢なバスで、1階席はたったの4席しかありません。
普通のバスは通路を挟んで横4列ですね。
時々良いバスだと3列もありますが、このバスは何とexclamation×2横2列です。
だからこんなに広いんですね。
おかげさまで博多まで、結構よく眠ることができました。眠い(睡眠)

さて、明日からいよいよ「九州」シリーズです。
お楽しみに。るんるん

本格的な雪

このところ、里帰り旅行の記事ばかりでしたので、今回はタンボ・ロッジの記事をアップします。

今日、本格的な雪が降りました。雪

IMG_9875.jpg
朝起きてみると、30cmくらい積っています。
外は吹雪台風

IMG_9876.jpg
薪小屋も見るからに寒そう。あせあせ(飛び散る汗)

こんな日は、薪ストーブの前でぬくぬく猫が気持ち良いで〜〜す。いい気分(温泉)
posted by 料理長 at 09:08| Comment(0) | TrackBack(0) | タンボ・ロッジの日記帳

2011年12月15日

紅葉の鞍馬寺

IMG_9568.jpg
「庵」でお腹いっぱい昼食を食べた私たち。
再び「嵐電」に乗り、色々と乗り継いで「出町柳駅」へと向かいました。
電車の旅も楽しいで〜〜す。電車

IMG_9569.jpg
さて、ここは「叡山電車」の出町柳駅。
電車ここから鞍馬山に向かいます。
さすがに紅葉の見ごろと言うだけあって、平日にもかかわらず、結構な人で賑わっています。

IMG_9571.jpg
紅葉の鞍馬寺。
さすがに観光客がたくさんいます。

IMG_9574.jpg
山頂付近では、こんなに紅葉が綺麗です。
今年は南会津の紅葉から始まり、結構長い間紅葉を楽しんだ私たち。るんるん

IMG_9576.jpg
南会津のように、山一面とは言えないけれど、結構きれいです。ぴかぴか(新しい)

IMG_9579.jpg
のんびり散歩していたら、さすがにつるべ落としの秋の空。
もう帰るころは薄暗くなり、灯篭に火がともり始めました。
これもなかなか綺麗でしたよ。ぴかぴか(新しい)

さて、このあとは出町柳の近くで夕食をとり、京都駅へと向かいます。
posted by 料理長 at 19:57| Comment(2) | TrackBack(0) | タンボ・ロッジの日記帳

2011年12月14日

庵(いおり)

11月24日になりました。
この日は、ちょっと京都を旅行して、そしてまたしても「夜行バス」で博多へと向かいます。

IMG_9544.jpg
西宮の支配人の兄の家を出て、武庫川沿いに少し散歩しながら駅へと向かいます。
晴れ今日もいい天気だな〜〜〜。
旅行中の快晴は、本当にうれしいものですからねえ。わーい(嬉しい顔)

IMG_9545.jpg
さて、やってきました、超久しぶりの京都。
四条大宮から「嵐電」に乗り、向う先は・・・・
「宇多野」です。
ここに、「庵」(いおり)と言うマクロビオティックの隠れ家的なレストランがあるんですよ、実は。
タンボ・ロッジに泊まりに来られた方で、京都に行った時にここで食事をして、おいしかったと言う人が数人おられたんです。
「なにっexclamationおいしいだって」
これは行かずにはおられません。猫
・・・と言うわけで、行く前に実は予約してあったんだもんね。手(グー)

IMG_9553.jpg
では、さっそく、いただきま〜〜〜す。わーい(嬉しい顔)

IMG_9552.jpg
前菜です。
なんとどんっ(衝撃)9種類もの料理が乗っています。
一つずつ、手が込んでいるじゃありませんかがく〜(落胆した顔)
どれもおいしかったです。ぴかぴか(新しい)

IMG_9554.jpg
かぶら蒸しです。
椎茸、ユリ根、レンコン、きくらげなどが入っていて、さらに一番下には何とexclamation×2「蒲焼もどき」が入っています。
見えないところに本当に手間をかけていることがわかりますねえ。

IMG_9557.jpg
炊き合わせです。
まこもたけが入っていて、そして、湯葉や揚げに色々と巻いてあるし、これも手がかかっているな〜〜〜。あせあせ(飛び散る汗)
すごいです。
見習わなくっちゃ。モバQ

IMG_9559.jpg
天婦羅です。
でも、ただの天婦羅ではありませんよ。
写真ではよくわからないけれど、彩りがとてもきれいで、そして中に色々と入っていたり、もう本当に「にくい猫
ここまで手が込んでいると、本当に素晴らしいです。
そしておいしいです。

IMG_9562.jpg
最後のメインディッシュです。
ご飯に胡麻和え、白和え、味噌汁、漬物などが付いています。
こんなにたくさん食べたのに、ご飯をおかわりする私たち・・・・・・・・
モバQモバQ

IMG_9563.jpg
最後のデザートです。
デーツとりんご、梅の豆乳かんです。

すごく満足しました。わーい(嬉しい顔)
わざわざ京都まで足を運んだかいがありました。
こりゃあ、また来たくなっちゃうじゃないの〜〜〜たらーっ(汗)たらーっ(汗)
危険ですよ、私たちにとって・・・・

IMG_9566.jpg
「庵」のご主人と記念撮影です。
今日は本当に手が込んだおいしいご馳走を、ありがとうございました。
またぜひぜひ、伺いたいです。

支配人の目が、寝ていますねえ。
何々、お腹いっぱいだもん・・・だって。

そしてこの後は、腹ごなしに私たちは「鞍馬山」の紅葉を見に行きました。

2011年12月13日

ファラフェルガーデン

11月23日です。

IMG_9531.jpg
マクロビオティック対応の旅館、「星出館」の朝食です。
やはり「旅」すると、お腹が減るものですね。
今回もまたご飯おかわりしちゃいました。モバQ
(旅をしなくても、いつもおなか減っているよね、私は・・・モバQ

IMG_9532.jpg
この日は伊勢から大阪に向かいます。
伊勢市の駅からまずは「近鉄特急」に乗って、奈良へと向かいました。
なぜ奈良かと言うと、・・・・・
近鉄奈良の駅の近くに、「ファラフェルガーデン」と言うイスラエル料理のお店があり、「ビーガン」や「ベジタリアン」対応のメニューが色々とあるらしい・・・・と言う情報をキャッチしたからなんです。

IMG_9543.jpg
さっそくやってきました「ファラフェルガーデン」奈良店。

「ファラフェル」と言うのは、中近東の豆のコロッケのことで、イスラエルでは「ひよこ豆」(ガルバンゾー)を水で柔らかく戻し、それをすりつぶしてスパイスを入れ、素揚げにしているそうです。
わたしはこの「ファラフェル」が大好きなんです。
では、さっそくお店に入りましょう。

IMG_9534.jpg
メニューはこんな感じです。
ビーガンやベジタリアンのものには、「ビーガンマーク」が書いてあります。手(グー)

IMG_9535.jpg
これは「フムス」と言い、ひよこ豆のペーストを「ピタパン」にはさんで食べるんです。
マヨネーズみたいなのは、「タヒニ」と言う、独特のごまペースト。
とてもおいしいです。わーい(嬉しい顔)

IMG_9542.jpg
こちらは「ファラフェルサンド」。
ひよこ豆のコロッケが5つも入っています。
とてもおいしい〜〜〜どんっ(衝撃)

私たちは奈良まで来て、どこも観光せずに、この後大阪へ向かいました。
向かう先は大阪と言うか、西宮なんですけれど、実は支配人の兄の家族が住んでいるので、久しぶりに会いに行ったんですよ。
なんだかずいぶんご無沙汰してしまって、本当、子供たちも見ない間にずいぶん大きくなって、びっくりしました。
もう一番上の子は社会人になっているんです。
まあその分自分たちも年をとったということなんでしょうけれど・・・・もうやだ〜(悲しい顔)



ところで、ここで残念なお知らせが・・・・
この「ファラフェルガーデン」奈良店は、この後すぐに「閉店」してしまったようです。
おいしかったのに、とても残念。exclamation×2

なお、本店は京都の出町柳にあるので、今度来た時はそちらに行ってみようと思います。

2011年12月12日

伊勢神宮の内宮参拝

喜心でお腹いっぱい昼食を済ませた私たちは、着替えて、伊勢神宮の内宮へと向かいました。
なんでわざわざ「着替える」かと言うと、これには深いわけがあったんです。

今「伊勢神宮」では、20年に一度の「式年遷宮」の準備が行われています。
その「式年遷宮」に賛同し、「寄付」をすると、そのお礼として、普通の人がお参りするよりも奥まで入り、参拝することができるんです。
ただしどんっ(衝撃)神様の前により近づくのだから、服装もちゃんとしないといけないんです。
と言うわけで、「スーツ」に着替えた私たち・・・・・

IMG_9515.jpg
支配人は、もう20年前くらいに、宮崎の母親から貰ったスーツに着替えました。
なんだか古臭いデザインで、よく見ると「田舎くさい」な〜〜〜ダッシュ(走り出すさま)
でも、スーツはスーツだし、・・・ねえ猫

IMG_9518.jpg
私はごく普通に、黒のスーツです。
しかし、スーツと言うのはあまりなれないので、なんだか緊張するな〜〜〜。たらーっ(汗)たらーっ(汗)

で、無事参拝が終わりました。
一般の人よりも奥に入れたし、そしてなんと、一組ずつお清めし、神職さんに案内してもらうので、すごくおごそかな気分です。
参拝した後がなんとも気持ちがいいのに驚きました。がく〜(落胆した顔)

IMG_9521.jpg
さて、緊張した参拝の後は、心を緩めたいもの。
そこで、伊勢名物の「赤福」を食べちゃった・・・・モバQ

赤福のような普通の和菓子は、砂糖がふんだんに使われているので、マクロビオティック食を実践している私たちはほとんど食べません。
でも、やはり伊勢参りはめったに来れないから、ここでなら食べちゃおっと・・・・猫ということで、
「いただきま〜〜〜す。」

赤福3個で一皿です。
2人で一皿を半分で1個半ずつと言うのもなんだかむなしいので、
「ええいっどんっ(衝撃)一人一皿じゃ〜〜〜」
・・・・・・・
めちゃ甘いあせあせ(飛び散る汗)・・・すごく甘いたらーっ(汗)たらーっ(汗)・・・たいそう甘いっexclamation×2
あ〜〜〜2人で一皿にしておけばよかった・・・・
と二人で後悔・・・・もうやだ〜(悲しい顔)
とほほほほ〜〜〜ふらふら
お茶をたくさん飲んじゃいました。

やはり世間は甘かった・・・・・
甘さについての私たちの感覚は、「こちらのページを見てね」。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
さて、今夜のお泊まりは、伊勢市の駅から歩いて10分くらいにある旅館「星出館」です。
ここは、食事がマクロビオティック対応のものを出してくれる数少ない旅館の一つなんですよ。
随分古い旅館で、中がまるで「迷路」のようになっているので、現代的なスマートな宿を好む方には合わないかもしれませんけれど・・・・

IMG_9528.jpg
これが夕食です。
もちろんご飯はおかわりしちゃいましたけれどモバQ

さあ、夜行バスの疲れと、慣れないスーツを着た参拝で疲れた体を癒しましょうね。
夜はもちろんぐっすりと眠りました。眠い(睡眠)
posted by 料理長 at 21:50| Comment(0) | TrackBack(0) | タンボ・ロッジの日記帳

2011年12月11日

喜心

伊勢神宮の「外宮」に参拝し、そこから歩いて3キロほどの所にある「猿田彦神社」まで午前中に参拝しました。
そろそろお腹がすいたので、宇治山田駅から歩いて少しの所にある、マクロビオティックのレストラン「喜心」へと向かいます。

IMG_9501.jpg
最近すぐ近くからこちらに移転したという「喜心」。
でも、地図を良く見て行ったから、すぐにわかりました。手(グー)

IMG_9504.jpg
この日のメニューです。
なんだかずいぶん色々と食べられそうですね。
わくわく〜〜〜猫

IMG_9505.jpg
すごいたくさんどんっ(衝撃)
おいしそ〜〜〜。どんっ(衝撃)
実は私、「ご飯大盛り」、「おかず大盛り」を頼んじゃったんだもんね。モバQ
だって、外宮〜猿田彦神社まで往復6Km近くも歩いたし、お腹すいたもの・・・・

IMG_9506.jpg
支配人も思わずにっこりわーい(嬉しい顔)
では、いただきま〜〜す。わーい(嬉しい顔)

IMG_9510.jpg
そして、マクロ・スイーツとドリンクも頼みました。
こちらは「甘夏のマーマレードプリン」と「コーヒーケーキとポンせんクリームのパフェ」。

IMG_9514.jpg
「支配人」が頼んだのは、
「コーヒーケーキとポンせんクリームのパフェ」は同じですが、もう一つ別のものは「栗と麻の実の米粉ケーキ」です。
米粉ケーキはさすがにベーキングパウダーが使われていました。

あ〜〜〜、お腹いっぱい。
おいしかった・・・・・・・

さて、午後からは伊勢神宮の「内宮」に参拝しま〜〜〜す。手(チョキ)