2011年12月28日

今年最後の「外食」

なんだか九州の記事でブログがいっぱいになっているうちに、年も押し迫ってきました。
もう後残りまるまる3日で今年も終わりですね。

今日は比較的天気も穏やかで、雪片づけも一段落。手(グー)

と言うことで、今年の打ち上げと言っては大げさだけど、今年最後の「外食」に、黒磯にある穀物菜食のレストラン「こと葉」に、今年の食べ収めに出かけました。るんるんるんるん

IMG_9922.jpg
今日のプレートのメニューです。
おいしそう〜〜〜〜どんっ(衝撃)

IMG_9925.jpg
ホント、おいしいんですよ、ここの食べ物は。
見てくださいね、6種類ものおかずとご飯とみそ汁。

では、今年最後の外での「いただきま〜〜〜す」。わーい(嬉しい顔)

IMG_9926.jpg
今年最後と言うことで、マクロ・スイーツも、いっちょう行ってみましょうかどんっ(衝撃)
と言うことで、支配人はこの「リンゴとくるみのケーキ」わーい(嬉しい顔)

IMG_9929.jpg
私はこちら、「抹茶の和タルト」。ぴかぴか(新しい)

今年最後とか何とか、なんだかんだと言い訳を付けて、ただただ食い意地が張っているだけのような感じですねえ、これでは・・・・モバQ
でも、とてもおいしかったで〜〜〜す。
また来年も来ますからね〜〜〜。

と言うことで、あ〜〜〜、おいしかった。猫

幣立神宮

「べじたりあん亭」を後にした私たちは、実家の宮崎県日向市に向かう前に、熊本県と宮崎県の県境付近にある2つの神社に寄っていくことにしました。

IMG_9811.jpg
まず最初は、「高千穂神社」です。
「高千穂」と言えば、天孫降臨の神話が残る、日本でも古代からの歴史があるところです。
まずそこの「高千穂神社」にお参りしました。

そして向かったのは、高千穂から車で30分ほどの熊本県側にある「幣立神宮」です。

幣立神宮と高千穂神社に参拝するには、順番があるそうです。
まずは高千穂神社にお参りし、そのあと幣立神宮に行くのが良いそうです。
と言うのは、天孫降臨の伝説によれば、神様はまず高千穂の地に降りてこられ、そのあと幣立に向かったそうです。
そのことから、こういう順番がいいということだそうです。

IMG_9812.jpg
やってきました「幣立神宮」。
なんだかおごそかなたたずまいです。
ここはやはり神話が伝えられているというところなんですが、なぜかあまり知られていません。
しかし、最近は「パワースポット」と言うブームに乗って、ずいぶん知られるようになってきたようです。

私たちは4〜5年前から里帰りの度に、ここを訪れているのですが、いつも心地よい気分にしてくれる不思議な場所なんです。るんるん

IMG_9814.jpg
石段を上って、上に本殿が見えてきました。

今回は初めて、本殿に上がり、正式に参拝をさせていただきました。
宮司様ともいろいろとお話ができて、とても楽しい時間になりました。

この日はいきなり行ったのですが、宮司さんのお話によれば、「あと30分遅く来たら、私は用事で出かけていたところだった」そうです。
なんとラッキーなことでしょうかわーい(嬉しい顔)

福島から来た事を伝えると、「遠くから参拝を、ありがとうございます」と、丁寧にに何度もおっしゃられていて、なんだかこちらが恐縮してしまうほどでした。

IMG_9815.jpg
参拝の後、本殿の後ろ手にある、聖なる水が湧き出るという「東御手洗」(ひがしみたらい)に行きました。

IMG_9816.jpg
おいしい水が、こんこんとわき出ています。
その水を沢山飲んで、パワーをもらって帰りましょうか・・・・・わーい(嬉しい顔)
posted by 料理長 at 22:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 九州