2012年01月31日

ミルフイユに挑戦 part3

2010年の5月に挑戦して以来遠ざかっていた「マクロ仕様のミルフイユ」。
今年は絶対に成功させるぞ〜〜〜どんっ(衝撃)
と意気込み、これから挑戦してみることにしました。

そして、今日はその第1回目です。
色々と思いつくままに、やってみると・・・・・

IMG_0125-2.jpg
おっひらめき
なんだかちょっとそれらしいではありませんか・・・・猫

でもね、パイ生地の真ん中がくっついてしまって、この部分がなんだか「パン」のようなんですよ、実は・・・・・もうやだ〜(悲しい顔)
今回も失敗してしまった・・・・あせあせ(飛び散る汗)あせあせ(飛び散る汗)

でも、かなり近いところまで来ました。ぴかぴか(新しい)
がんばればうまくいきそうです。
これからがんばります。手(グー)

写真の、パイ生地もどきにはさまれたクリームは、「とら豆と豆乳のクリーム」です。
こちらはおいしいクリームでしたよ。わーい(嬉しい顔)
posted by 料理長 at 15:51| Comment(2) | TrackBack(0) | マクロなスイーツ

2012年01月30日

季節外れのノエルケーキ

ちょっと季節外れですが、米粉でマクロ仕様の「ブッシュ・ド・ノエル」を作りました。
クリスマスだけではなく、いつ食べてもおいしいです〜〜〜。わーい(嬉しい顔)

IMG_0105-2.jpg

おっとっと・・・このまま「薪ストーブ」にくべないように気お付けなければ・・・・猫
と言う風に、薪に似せて作ったつもり・・・・です。たらーっ(汗)
posted by 料理長 at 14:41| Comment(2) | TrackBack(0) | 米粉のスイーツ&パン

2012年01月27日

オーガニックの甜菜糖がやってきた

今までタンボ・ロッジでは、「甜菜糖」は使っていませんでした。
何故かというと、「オーガニック」のものがなかなか手に入らなかったからなんです。
北海道に甜菜糖の原料の「砂糖大根」を見に行った人の話を聞来ました。
それによると、砂糖大根の葉が、遠目に見ると白い色をしていたそうです。
その白い色、実は「農薬」だったそうな・・・・・

そういえば国産の甜菜糖で、はっきり「無農薬」とか「オーガニック」と書いてあるものって、見当たりませんよね。
そんなわけで、今まで使わずにきたのですが・・・・バッド(下向き矢印)

ひらめき最近になって「オーガニックの甜菜糖」を発見しちゃいました。
それは、スイスの「MORGA社」製の甜菜糖なんです。
そして、BIO-SUISSE(スイスオーガニック)の認証を取得しています。

これはぜひ取り寄せてみないと・・・・・
ところが、どこを探しても、小分けしたものが売っていません。失恋
しかし、業務用のお袋は何と「25Kg」入りなんです。
いくらなんでも25Kgは大きすぎるもうやだ〜(悲しい顔)
そこで、「うつくしまロハスセンター、あらかい健康市場」に相談して、半分ずつ分けることになりました。手(チョキ)

IMG_0073.jpg
ついにやってきた大袋の「オーガニック甜菜糖」どんっ(衝撃)

「含蜜糖」ではなく、グラニュー糖になっています。
精製している分、もちろんミネラル分は少なくなっていると思われますが、やはりそこはオーガニックの安心感がありますから、今後少しずつタンボ・ロッジでも使って行きたいと思っています。手(グー)

写真左は、送られてきた25Kg入りの大袋どんっ(衝撃)
右は300gずつに小分けした後の袋です。猫
posted by 料理長 at 16:12| Comment(4) | TrackBack(0) | タンボ・ロッジの日記帳

2012年01月26日

今日はマクロ・ランチの日

今日は、タンボ・ロッジで初めての「マクロ・ランチの日」でした。
タンボ・ロッジはご存じのとおり、「宿」ですので、通常は宿泊しないとアンデス・マクロビオティック料理が食べられないのです。
しかしどんっ(衝撃)
タンボ・ロッジの地元にも、だんだんマクロビオティックに理解のある人が増えてきました。
「うつくしまロハスセンター」も出来たことだし、ここいら辺でタンボ・ロッジも、地元にも目を向けて、近くの方たちにアンデス・マクロビオティックの食事を食べていただけるように、月に一度くらいの感じで「マクロ・ランチの日」と言うのをやろうと考えました。
ただし猫
本業が「宿」なので、ランチは平日にすることになり、実は今日がその初めての日・・・・
と言うわけなんです。

何しろ初めてのことだから、なんだか緊張するな〜〜〜。あせあせ(飛び散る汗)
それに、いつもは「夕食」の時間に間に合うように料理を作ればいいのだけれど、今日は「お昼」に間に合わせなければいけませんからね。
ねぼ助の私たちは、ちょっと緊張モバQ

今日は早起きして、仕込みを始めました。

IMG_0094.jpg
まずはスープから。
これは、「ソパ・デ・セモーラ」と言う名前のペルー料理です。
「セモーラ」と言うのは、つまり「セモリナ麦」のこと。
「セモリナ麦」はパスタの原料ですからね。
だから、細かく挽き割りした「クスクス」と言うパスタが入ったカボチャベースのスープなんです。

IMG_0088.jpg
さてさて、メインのプレートです。
写真左下から時計周りで
「ペルー風炊き込みご飯、アラメのドゥミグラスソースかけ」
「自家製もやし(ラディッシュ)」
「べジ・スクランブルハムエッグ、自家製カボチャのケチャップかけ」
「甘い人参のオーブン焼き、味噌オリーブ油つけ」
「蓮根の豆味噌煮」
以上です。

おいしそ〜〜〜猫
自分で作っておいて、「おいしそ〜〜〜」はちょっと言い過ぎかもしれませんね。モバQ

IMG_0092.jpg
さて、最後のマクロ・スイーツはこれです。
「洋梨と林檎のシャルロット」手(チョキ)

何しろ初めてだから、最後の〆にスイーツはちょっと頑張って作りました。
これ、実は前日の夜に作っておいたんです。
でないと、中のババロアが固まらないですから・・・・・猫

そろそろリンゴの季節は終わりになりましね。
このシャルロットの上の飾りがりんごがなくなると出来なくいなるので、今の季節によく作るんですよ、実は。

あとはドリンクで、この日のランチコースは終了です。

早起きしたけれど、なんだか充実感がある一日になりました。ぴかぴか(新しい)
雪の中、寒さにもめげずに来て下さったお客様、本当にありがとうございました。

またやってくれと言うリクエストもいただき、うれしい限りです。わーい(嬉しい顔)
posted by 料理長 at 20:27| Comment(2) | TrackBack(0) | タンボ・ロッジの行事

2012年01月25日

パパ・セカの放射能測定

昨日完成し、袋詰をしたアンデスはペルーの保存食「パパ・セカ」(乾燥じゃが芋)。
さっそく「放射能測定」を行いました。

IMG_0068.jpg
検体として、約200gほどの「パパ・セカ」を、計る機械の容器に移します。

IMG_0071.jpg
さあ、計測スタートどんっ(衝撃)
どうなるやら、ドキドキ、ハラハラたらーっ(汗)たらーっ(汗)

IMG_0067.jpg
結果はこの通り、1回目から「検出せず」。
これははなから調子がいいぜ、いぇい〜〜手(グー)

と言うことで、今回も出なかったです、放射能は。
は〜〜〜よかった・・・・わーい(嬉しい顔)
だってねえ、本当に地道な仕事をして、一生懸命作ったんだもん。猫

これでおいしいペルー料理が作れることになりました。
今日は鼻歌交じりに帰りましょうね。るんるんるんるん
posted by 料理長 at 21:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 放射能対策

2012年01月24日

「パパ・セカ」完成

先週作った「パパ・セカ」(乾燥じゃが芋)が綺麗に乾き、袋詰をして完成しました。手(グー)

IMG_0042.jpg
なんだか「乾燥前」とは全然違うものみたいですよ。
カチカチでかなり硬いし・・・・猫
まるで宝石の「タイガーアイ」のような綺麗な感じです。ぴかぴか(新しい)
磨いたら高く売れないかな〜〜〜なんちゃってモバQ

IMG_0077.jpg
さて、袋詰めしました。
全部で30Kg近くあったじゃが芋が、たったの8袋に収まってしまいました。がく〜(落胆した顔)
なんだか損したみたい・・・ちっ(怒った顔)

でも、使う時に水に戻すと、もとの大きさにもどるので、その時にはきっと「得した気分」になるんでしょうね。

さて、これでまた材料が一つ増えたので、新たなベジのペルー料理が色々と作れちゃいます。手(グー)
うれしいな〜〜〜。猫
posted by 料理長 at 20:20| Comment(0) | TrackBack(0) | タンボ・ロッジの加工品

2012年01月23日

再び「ドライりんご」

前回作ってとってもおいしくできた「ドライりんご」。
あまりにもおいしいから、むらむらと欲が出てきてしまいました。
「もっと欲しい〜〜〜〜どんっ(衝撃)」、「1年中食べたい〜〜〜あせあせ(飛び散る汗)あせあせ(飛び散る汗)
何しろ、「放射能」も出なかったことだし・・・・

そこで、りんごの生産者の「町田農園」さんに電話して、まだリンゴの在庫があるか聞いて見ると・・・・
「まだあります。」だって
どんっ(衝撃)どんっ(衝撃)
ではさっそく、20Kgお願いしま〜〜す。るんるんるんるん

IMG_0040.jpg
・・・・ということで、さっそく送っていただいた、超低農薬のおいしいリンゴ・・・・・
で、これから地道な仕事が始まります。

実は、今までタンボ・ロッジの天井を占領していた乾燥じゃが芋の「パパ・セカ」。
ちょうど乾いて、明日袋詰めしようという段階になっていたのです。
なんてすごいタイミングなこと。手(グー)

IMG_0078.jpg
一日かかって地道な仕事が終わりました。ダッシュ(走り出すさま)
天井近くから見ると、下の方に薪ストーブが赤々と燃えて、本当に「乾物」作りにはもってこいの場所ですねえ。

さてさて、食い意地がなせる技のドライりんご第2弾、約2週間後には完成予定で〜〜す。猫
posted by 料理長 at 16:36| Comment(0) | TrackBack(0) | タンボ・ロッジの加工品

2012年01月22日

放射線測定第2弾

先週ことですが、タンボ・ロッジの加工品の「放射線測定」第2弾を試みました。

昨年の秋に作った「南瓜のケチャップ」を測定します。
結果は如何に・・・
ドキドキたらーっ(汗)緊張あせあせ(飛び散る汗)

IMG_0015.jpg
まずは「検体」のケチャップを瓶から出し、測定器に乗せる器に入れます。
測定器の器が汚れないように、ビニール袋に移し替えました。

IMG_0013.jpg
では、測定開始どんっ(衝撃)
結果が出るまで、ちょっと落ち着かない気持ちです。あせあせ(飛び散る汗)

しかし、結果はめでたく「不検出」グッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)
よかった〜〜〜〜わーい(嬉しい顔)

と言うことで、片づけをしているときに、ふっとと瓶の蓋を見ると、なんとどんっ(衝撃)
「2010年、カボチャのケチャップ」と書いてあるではありませんか・・・・・
しまった〜〜〜〜あせあせ(飛び散る汗)あせあせ(飛び散る汗)
一昨年の秋に作ったものを持ってきてしまった〜〜〜
しまった〜〜〜たらーっ(汗)
これでは「不検出」は当たり前ではありませんか。
だって原発の事故前に作ったものですからね。

こりゃあ出直ししなくては・・・・
とほほほほ〜〜〜〜バッド(下向き矢印)

IMG_0063.jpg
と言うことで、今日は間違えなく、2011年秋に作った「南瓜のケチャップ」を持って「うつくしまロハスセンター」に出かけました。
検査の前に、再び確認猫
「2011年、カボチャのケチャップ」・・・・
間違えないな、よ〜〜〜したらーっ(汗)

IMG_0065.jpg
さて、結果が出るまで、おいしい「ロハスセンター」のランチをいただきま〜〜〜す。わーい(嬉しい顔)
もちキビの入った「ロール白菜」に「揚げだし豆腐」、漬物やあえ物、大盛りの酵素玄米ご飯に自家製味噌のお味噌汁・・・・
あ〜〜〜、おいしいexclamation×2
だけど、結果が分かるまでなんとなく落ち着かない気分です。

IMG_0014.jpg
さて、結果発表の時間です。
じゃじゃ〜〜〜んどんっ(衝撃)

めでたく0,00=不検出るんるんわーい(嬉しい顔)手(グー)
数回計りましたが、いずれも同じ結果でした。

よかった〜〜〜猫

と言うことで、結構間抜けなことをしてしまいましたが、第2弾も良い結果が出て一安心です。

これまでにここで計ったものは3つ。
「ドライりんご」とタンボ・ロッジの「水道水」、そして今回の「南瓜のケチャップ」。
今までのところ、3つとも「不検出」と言う素晴らしい結果が出ました。

ぱちぱちぱち手(パー)

このように少しずつではありますが、「放射能対策」をタンボ・ロッジでは進めてまいります。
posted by 料理長 at 21:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 放射能対策

2012年01月19日

麦味噌作り

今年はいつもよりも少し早目に味噌を作りました。
と言うのも、凍結脱水乾燥じゃが芋の「チューニョ」を作らないので(在庫がたくさんある)ちょっと加工品作りが暇になったということもあるんですけれど・・・・眠い(睡眠)

今年はとことんこだわった「麦味噌」を作りますよ〜〜〜。手(チョキ)
どういう風にこだわったかと言うと、「麦麹」がすごいんです。

IMG_0056.jpg
これがそのすごい麦麹どんっ(衝撃)

麦味噌の麹は、「大麦」を使うんです。
他の麦、例えば小麦やライムギなどを使うと、実は「麦味噌」と名乗れないんですね。
タンボ・ロッジでは一昨年に、小麦の麹で味噌を作ったんですが、これは「小麦味噌」としか名乗れないんです。もうやだ〜(悲しい顔)
だから、今年は「堂々と」「麦味噌って名乗れる味噌」を作ろうじゃありませんか猫
と言うわけで、今年は福井県の「マルカワ味噌」さんに、無農薬の大麦の麹を作っていただいたんです。手(グー)
マルカワ味噌さんは、日本で唯一の「天然麹菌」を使って麹を作ってくれる味噌蔵なので、とことんこだわるタンボ・ロッジの味噌作りには、ここの麹が欠かせません。
で、大豆はもちろん「無農薬・無施肥」の自然農法の北海道は折笠農場の大豆を使い、塩は伊豆大島の深層海水から作ったこだわりの自然塩「ハイソルト」を使いました。

では、味噌作り、スタートどんっ(衝撃)どんっ(衝撃)

IMG_0057.jpg
一晩水に付けてから茹でた大豆と、麦麹と塩を混ぜ合わせ、「木の樽」に詰めていきます。
混ぜ合わせるのはポリの樽ですが、熟成させるのはやはり「木の樽」がいいですよね〜〜〜。わーい(嬉しい顔)

IMG_0059.jpg
なんだかんだいって、半日かかって出来上がりました。
これに「布巾」をかぶせて中蓋をして重しを載せて、数か月熟成させてから「天地返し」をします。

さてさて、「天然菌」の麹で作った初めての本物の「麦味噌」、どんな味に仕上がるか、今から楽しみです。るんるんるんるんるんるん
posted by 料理長 at 20:27| Comment(2) | TrackBack(0) | タンボ・ロッジの加工品

2012年01月18日

初「廻」(めぐり)

最近雪の中で暮らしているので、外を歩く機会が「雪かき」以外にあまりありません。
なんだかずいぶん「運動不足」気味です。もうやだ〜(悲しい顔)
そこで、今日は少し遠出して、長めの距離を散歩することにしました。
だって、雪のないところに「遠出」しないと、散歩ができないですから・・・・雪

そこで、目指すは「日光杉並木」。
この歴史のある古い街道は、ほどほどに保存されています。
そして、車(セダン)車も入ってこないので、そういうことを気にせずに、のんびり散歩できるという良さがありますから。わーい(嬉しい顔)

IMG_0047.jpg
さて、東武線の「上今市駅」近くに、杉並木公園と言うのがあり、そこの駐車場に車を止めて、歩きはじめました。

昔はこの道も、大勢の「東照宮」に詣でる人たちが通ったんですね。
将軍様も通った道ですからね。
「助さん」も「格さん」も「御老公」も通った???
「この紋どころが目に入らぬか」・・・・
「目に入れたら痛いです〜〜〜」・・・なんちゃってモバQ

さてさて、杉並木の散歩道を8Kmもあるきました。
随分歩いたな〜〜〜。
そして、お腹も空いたな〜〜〜〜。あせあせ(飛び散る汗)

と言うことで、日光に来たならば、私たちが必ず寄るところは・・・・・
「野菜カフェ、廻」です。
いざ、ランチを食べにまっしぐら〜〜〜るんるんるんるんるんるん

IMG_0049.jpg
今日の定食です。
もちろんご飯大盛りっどんっ(衝撃)
おいしそうですねえ。

IMG_0051.jpg
思わず顔がほころぶ支配人。
では、いただきま〜〜〜す。わーい(嬉しい顔)

IMG_0054.jpg
そして、長めのお散歩をしたから、食後はドリンクとマクロ・スイーツのセットで・・・・猫
と、いつものようにおいしくいただきました。
「めぐり」は今年初めてだもんね。手(グー)

いい散歩道とおいしいマクロビオティック・レストランの豪華な組み合わせ。
会津高原が雪の間に、たびたび来てしまうかも・・・・・モバQ