2012年12月31日

夜の搾油所にて

今年いっぱいで「イタリア編」を終わらっせようとしたけれど、無理でした。モバQ
でも、この搾油所見学で「イタリア朝倉ツアー」のほぼすべての日程が消化され、あとは翌日を残すだけとなります。手(チョキ)

IMG_2022_1.jpg
さて、夜の搾油所にやって来ました。
こちらはジョバンナさんの所から、少し離れているのですが、搾油のラインが二つあり、オーガニックのラインとそうでないもののラインを完全に分けてあるんです。
やはり色々な生産者が持ち込むので、生産者ごとに掃除はするけれど、完全に掃除しきれない場合を考えてのことだそうです。
ここまでこだわる朝倉さんの心意気に脱帽です。猫

搾油所は、オリーブの実をつぶす大きな石の車輪が、ゴ〜〜と音を立てて回っていました。
かなりうるさいです。どんっ(衝撃)

IMG_2032_1.jpg
そして様々な工程を経て、昼に私たちを含め、総出で収穫したジョバンナ農園のオリーブオイル、「オルチョサンニータ」の果汁が出て来ました。

IMG_2033_1.jpg
他のと間違えないように、オイルを入れるカンには「オルチョサンニータ」のシールが貼ってあります。

IMG_2035_1.jpg
搾ったばかりのオイルと果汁を移し替えるサルバトーレさん。
これも手作業とは・・・・がく〜(落胆した顔)

IMG_2036_1.jpg
さっそく搾りたてのオルチョサンニータの試食です。

美味しいですか??。支配人さん。

さすがに「果汁」と「オイル」の分離ができていないので、辛みとえぐみがだいぶ残っていますが、それを差し引くと、とてもおいしいです。

こうして夜が更けるまで、搾油所は眠らずに稼働しているんですね。
本当にすごい!!。どんっ(衝撃)

ジョバンナさんのお家で豪華なランチ。

この日は忙しいオリーブの収穫時期だけれど、ジョバンナさんはその合間を縫って、日本からわざわざ見学に来た私たちのために、手作りの豪華なランチを用意してくれていました。
うれしいです〜〜う。もうやだ〜(悲しい顔)

IMG_2012_1.jpg
ジョバンナさんのお家で、みんなでランチを「いただきま〜〜す。」わーい(嬉しい顔)

IMG_2010_1.jpg
きのこ、ズッキーニ、ナスのグリル。
もちろん自家製のおいしいオリーブオイル「オルチョサンニータ」がたっぷりと使われております。

IMG_2014_1.jpg
ポルチーニ(きのこの名前)の幅広パスタ。
この幅広パスタは、「パッパルデッレ」と呼ばれていて、「ぼろきれ」と言う意味だそうです。
昨日のじゅんさいが「司祭のひげ」と言う意味だったり、なんだか食欲が減退してしまうネーミングだな〜〜〜。バッド(下向き矢印)
しかし!どんっ(衝撃)さすがはパスタの国イタリア、本当においしい!!。猫

IMG_2015_1.jpg
手打ちパスタのトマトソースかけ。

IMG_2018_1.jpg
レンズ豆の煮込み。

パスタだけでも結構量があるけれど、これに「パン」が必然的についていました。
かなりのボリューム。
で、もちろんたっぷりのオリーブオイル。
でもおいしくて、全然胃もたれしません。
イタリア料理の神髄と言ったところでしょうか。
だって、「揚げ物」のような、油を高温で使う料理が一つもないもの。手(グー)
すべておいしくいただきました。
本当に心がこもっていますね。
これと言うのも、朝倉さんの人間関係で、私たちはそのご相伴にあずかれて、とても幸せです。るんるんるんるん

IMG_2019_1.jpg
さて、スイーツの時間です。
こちらはベジタリアン以外の人のために、卵などを使ったスイーツ。

IMG_2020_1.jpg
そしてこちらはベジタリアンのために、ドーナッツとフルーツ。
忙しい時期なのに、こうして作り分けてくれたんですね、ジョバンナさんは。
素晴らしいです。

この後少し休憩して、夜は今日収穫したオリーブの実を搾る「搾油所」へと出かけました。

究極のオリーブオイル、オルチョサンニータ

10月30日(火)になりました。
この日は、朝倉さんの主力商品のオリーブオイルの生産者「ジョバンナさん」を訪ねます。

IMG_1987_1.jpg
ジョバンナさんの家族です。
左からご主人のサルバトーレさんに奥さんのジョバンナさん、そして娘さんです。
私はジョバンナさんご夫婦とは、会津若松でお会いしたことがあります。
その時のことを覚えていてくださって、感激!!。もうやだ〜(悲しい顔)

IMG_1989_1.jpg
まずはそのオリーブ油の瓶詰について、お話を聞きました。

IMG_1995_1.jpg
ジョバンナさんの家のすぐ裏のオリーブ畑に出かけます。
これがタンボ・ロッジでも大活躍のオリーブオイル「オルチョサンニータ」の畑だと思うと、感慨もひとしおです。わーい(嬉しい顔)
素晴らしく綺麗に手入れされたオリーブの畑。
ここからおいしいオイルが生産されているんですね。

IMG_1996_1.jpg
周りの風景も、なんかのどかだな〜〜。猫

IMG_2001_1.jpg
ちょうどこの時期、オリーブの実の収穫機で一番忙しい時期にあたります。
では、さっそく「収穫体験」です。
もちろんここの農園はすべて「手摘み」ですからね。

豚もおだてりゃ木に登る〜〜〜。犬

IMG_2002_1.jpg
あれ、支配人は気に登らないのお〜〜、あんなにおだてたのに・・・・たらーっ(汗)たらーっ(汗)
「だって私、高所恐怖症なんだもん。地面から手の届くところで十分。」だって・・・・あせあせ(飛び散る汗)
そうか、支配人は「なんでこうなるの、も〜〜」と良くトラブルの度に言っていたからねえ、さしずめ、豚ではなく、「牛」っていうところかなあ・・・モバQ

IMG_2008_1.jpg
瞬く間にたくさん収穫されていきます。
これをこの日の暗くなってから、搾油所に持ち込み、搾油します。
何しろ「収穫」〜「搾油」まで、オリーブの実が傷まないうちにすぐにやらなければいけないので、かなり大変ですね。

このあと私たちは、ジョバンナさん手作りの「豪華ランチ」をいただくことになっているそうです。
楽しみ〜〜〜。るんるんるんるん

ドライりんご作り

今年もやって来ました、「ドライりんご」の季節。
数日前に、長野から「超低農薬」のリンゴが届きました。
ではさっそく「ドライりんご作り」に着手。猫

IMG_3672_1.jpg
今回は、「皮むきタイプ」で作ってみました。
この青リンゴは、「グラニースミス」と言って、病気に強く、味は酸味が強い品種です。

IMG_3674_1.jpg
タンボ・ロッジの薪ストーブの上の天井に吊るしました。
ここだとバッチリ乾くもんね。手(チョキ)

きっと「酸味」と「甘味」が濃縮された「ドライりんご」になってくれると期待しています。わーい(嬉しい顔)
posted by 料理長 at 09:42| Comment(0) | TrackBack(0) | タンボ・ロッジの加工品

2012年12月30日

アントニオさん宅の豪華ディナー

ではでは、アントニオさんのお宅でいただいた、豪華イタリアディナーを紹介しましょうね。わーい(嬉しい顔)

IMG_1968_1.jpg
まず最初は、デモンストレーションで見せていただいた、オリーブオイルたっぷりのトマトソースを使った一品です。
カリカリのラスクを水につけ、そのトマトソースとオリーブオイルをかけます。
ソースは先ほどのものですが、塩は使っていません。
リッチで濃厚で、とてもおいしいです。手(グー)

IMG_1971_1.jpg
そしてその次はなんと「ピザ」(チーズなし)。

IMG_1972_1.jpg
そして、茄子、パプリカをミニトマト「ポモドーロ」とバジルで煮込んでパンをちぎって入れた「カポナータ風」。
これもおいしい!!手(グー)

IMG_1974_1.jpg
これはたぶんスープの替わりと思われる、「白いんげんと緑野菜のミネストローネ」。

IMG_1976_1.jpg
トマトパスタ、南イタリアスタイル。
どこが南イタリアスタイルかよくわからなかったけれど、さすがパスタの国イタリアだけあって、アルデンテにおいしく調理されていて、感動しました。わーい(嬉しい顔)

IMG_1978_1.jpg
手作りの「ラビオリ」です。

IMG_1980_1.jpg
最後は「パプリカの詰め物」。
パンや松の実を入れ、挽き肉風になっています。
モスコット(甘い赤ワインを煮詰めた甘味料)を使い、日本人好みの味に仕上がっています。手(パー)
もちろん、手作りのパンも一緒に食べています・・・・

ここまで、すべてベジで作ってくださっています。
素晴らしい〜〜〜。
みんなおいしいから、タンボ・ロッジでも真似してみたいで〜〜す。猫

IMG_1983_1.jpg
そして最後にデザートです。
「ババ」と言う名前だそうです。
アントニオさんの家で、デザートが「ババ」なんて、まるでプロレス!!exclamation×2
ジャイアント馬場〜〜アントニオ猪木〜〜〜とつい連想してしまう〜〜〜。モバQ

これは日本では「サバラン」と言う名前で呼ばれている、スポンジに洋酒をしみ込ませた甘いスイーツです。
なんでも「ナポリ」のお菓子だそうで、イーストを使ってふくらませるとのことでした。

本当においしくいただきました。わーい(嬉しい顔)
お腹はちきれそう〜〜〜。どんっ(衝撃)

アントニオのミニトマト

パスタ工場の見学を終え、私たちは「アドリア海」側のイタリアに別れを告げ、イタリア半島を縦断し、ナポリに近い「べネベント州」へと向かいます。ここでは朝倉さんの主力商品、オリーブオイルの「オルチョ・サンニータ」の生産者のジョバンナさんと、「丘の上のポモドーロ」と言うミニトマトの瓶詰を作っている生産者のアントニオさんを訪ねるためです。

IMG_1943_1.jpg
アントニオさんのトマト畑に着いたときは、もう日没の頃。
あたりはすっかり暗くなっていました。三日月
もう収穫が終わったトマト畑ですが、少しだけとり残しがあり、一つまみ・・・
exclamation×2!!おいしい!!どんっ(衝撃)

IMG_1948_1.jpg
ミニトマト作りについて説明をするアントニオさんと朝倉さん。
心なしか「アントニオ猪木」に似ているような・・・わーい(嬉しい顔)
もちろんトマトはアンデス原産です。
原産地は、ここと同じような、雨が少なく温暖なところです。
栽培条件が原産地と変わらないところで作るので、とてもおいしいのかもしれません。るんるん

IMG_1950_1.jpg
トマトの加工の過程をデモンストレーションしていただきました。
トマトのジュース漬けだけれど、そのジュースのこだわりの絞り方、そして皮をむかずにミニトマトをそのまま瓶詰めしているのがわかります。
味が濃厚でとてもおいしい秘密がここにありました。

IMG_1959_1.jpg
さあ、お腹も減ってきた頃です。
この生産者、アントニオさんは「農家民宿」と「レストラン」を営む、多角経営者です。
そのアントニオの奥さんがそのレストランの料理を担当しているということで、料理を作るところを見せてくださいました。手(チョキ)

IMG_1962_1.jpg
もちろん朝倉さんが通訳しないとね〜〜。
奥さんは「ほにゃららら〜〜〜」としかしゃべってないもん、私の耳には。モバQ

IMG_1963_1.jpg
見てみて、こんなにたっぷりのオリーブオイルを使うんですよ。どんっ(衝撃)
これは、驚き桃の木山椒の木!!あせあせ(飛び散る汗)あせあせ(飛び散る汗)

IMG_1964_1.jpg
そして、ミニトマトのソースとバジルを入れて、ソースを作ります。

液体を入れることで、沸騰したとしても、温度は100℃以上にはなりませんから、極めて低温で調理していることになりますね。
これがイタリア料理のオリーブオイルの使い方の秘密です。
だから、油が酸化せずに、ヘルシーなんですね。
だってこんなに油たくさんの料理を、このツアーの間中食べまくって来ましたが、全然胃もたれもしないし、かえって元気なんだもの、私。手(グー)

では、次の記事でその「ディナー」の紹介をしましょうね。わーい(嬉しい顔)

パスタ工場見学

10月29日は忙しい日程です。「ペンネ」の農家民宿をバスで出発し、昨日のお昼のパーティーを主催してくれた「マリオ」さんが社長をしているパスタ工場へと向かいます。

IMG_1928_1.jpg
昨日のとぼけたモバQ「マリオ」と違って、社長の顔のマリオさんが案内してくれました。手(グー)

IMG_1921_1.jpg
ショートパスタのマシーンです。

この工場は、小さいけれど、それだけに小回りの利く仕事をしています。
まずは扱うパスタはオーガニックのものばかり・・・
これだけでもすごいです。がく〜(落胆した顔)
やはり「大手」と同じことをしていると、大手に埋もれてやっていけなくなってしまうそうで、小ロットの注文に答えるべく、小回りの利くシステムを作っているそうです。手(チョキ)
だから、扱うものはほとんどオーガニック、しかも、イタリア産の古代小麦「ファッロ矢、アメリカ産の古代小麦「カムット」を使ったパスタを作っています。

小麦は人間に都合の良いように、極限まで品種改良されています。
古代小麦とは、そんな品種改良をしていない、なんとどんっ(衝撃)6000年以上前から品種改良せずに栽培されていたものだそうです。
小麦アレルギーにもやさしいとのことで、このところ注目を浴びているんですよ。

IMG_1929_1.jpg
熱心に見学する参加者たち。
とぼけた「マリオ」さんの説明にも熱が入ります。どんっ(衝撃)

IMG_1932_1.jpg
袋詰めの工程の所で見た「イタリア」らしい光景。
違うショートパスタが「残留」しています。
だからたまに1つだけ袋に違うのが入っていたりするんだな〜〜。と分かりました。
おおらかだな〜〜〜。ぴかぴか(新しい)

IMG_1934_1.jpg
工場のスタッフです。
「マリオ」さんは厳しいですか〜〜?。
「もちろ〜〜ん」・・・だって。
マリオさんに言わせると、「俺が居ないとあいつらすぐにサボるからな〜〜。」
どこでも同じですね、これはわーい(嬉しい顔)

IMG_1935_1.jpg
さて、見学も終え、日本には輸入されていない製品を買いまくる参加者たち。
私たちも欲しかったけれど、それを担いで「巡礼」なんてできないので、何も買えませんでした・・・とほほほほ〜〜〜もうやだ〜(悲しい顔)

2012年12月29日

夜のBARにて

搾油所見学も終え、充実した一日の終わりに、ペンネの街にある「BAR」に向かいます。

IMG_1918_1.jpg
ここは朝倉さん行きつけの「バル」。
イタリアもスペインと同様、「バル」と言うものがあり、日本の「バー」とは違って、ちょっと軽食をつまみながら、ワインを1杯バー引っかけたり、エスプレッソコーヒーを飲んだり、お菓子を食べたりできる気軽なところなんです。
朝倉さんはオリーブの収穫をの合間に一息つくときに、よくここに来ているそうです。

IMG_1909_1.jpg
この日は朝倉ツアーの参加者のために、ご主人が腕をふるい、べジ対応のものを含めて、色々と用意してくださっていました。るんるん
朝倉さんとご主人のあいさつです。
なんだか雰囲気良いんですよね、ここ。手(チョキ)
田舎町の小さなBARだけれど、こんな息抜きできるところがあるなんて、うらやましいです。

IMG_1908_1.jpg
乳製品OKの人のために、おいしいチーズのおつまみです。

IMG_1910_1.jpg
べジ対応のおつまみが色々とあり、たくさん食べちゃった!。モバQ
どれもオリーブオイルたっぷりだけれど、全然しつこくなく美味しいです。手(グー)

IMG_1917_1.jpg
静かな夜のペンネの街。
イタリアの田舎の夜が更けて行きました。三日月

搾油所は眠らない

日曜日のイタリア人ののんびりしたパーティーが終わったのはもう午後4時近く。
その後私たちはオリーブオイルの搾油所を見学しました。

IMG_1889_1.jpg
やって来ました「搾油所」。猫
日曜日にもかかわらず、稼働しています。がく〜(落胆した顔)(イタリアらしくないね〜〜)
と言うのは、実はオリーブは、収穫してすぐに搾らないと良い品質なものができないんだそうです。
だから、昼間収穫して、それを夕方「搾油所」に持ち込むんだそうです。
搾油所はそれを徹夜で搾る・・・・がく〜(落胆した顔)
大変な仕事です。どんっ(衝撃)
まあこれはこの「オリーブ」の収穫時期だけだそうですが・・・・犬

IMG_1890_1.jpg
搾油所では、俳優の「シュワルツネッカー」に似た所長が案内してくれました。
なんだか独裁政権の時代だったら、こんな人、きっと「幹部」なんだろうな〜〜なんて感じですが・・・exclamation&question

IMG_1893_1.jpg
シュワルツネッカーさんの案内で、搾油のお話を聞きました。

IMG_1894_1.jpg
衛生的で綺麗な搾油所です。
これからの時間、どっと、収穫したオリーブが持ち込まれ、忙しくなるようです。あせあせ(飛び散る汗)あせあせ(飛び散る汗)

IMG_1898_1.jpg
オリーブの実を洗い、つぶしてペーストにします。

IMG_1901_1.jpg
様々な過程を経て、水分を減らした「果汁」が出てきました。
この段階ではまだまだ「渋くて辛い」です。

そういえばオリーブオイルは、種からではなく、果汁からオイルをとる珍しい存在です。がく〜(落胆した顔)
他のオイルはほとんど「種」から搾っていますからね。
たとえば「菜種油」や[ゴマ油]、「グレープシードオイル」や「ヒマワリ油」、「大豆油」に「米糠油」などなど・・・・

IMG_1906_1.jpg
さて、一通りの見学の後、オリーブオイルのテイスティングです。
これをしないと「エクストラバージン」の認定は受けられないとか・・・・

今日は色々と知らないことだらけで、本当に有意義な一日でした。わーい(嬉しい顔)

2012年12月28日

日曜日のパーティー

10月18日は日曜日。 イタリア人は日曜日に、家族や親しい人が集まって、のんびりと午後の時間を手作りパーティーを楽しむことが多いそうです。ちょうど日曜日にあたり、マリオさんたちのパーティーに招待されました。ぴかぴか(新しい)

IMG_1881_1.jpg
まずはマリオさん手作りの発泡ワインで乾杯です。バー
みんな楽しそう!!。るんるん

IMG_1882_1.jpg
さあさあ、グラスに注ぎましたよ〜〜〜。バー

IMG_1874_1.jpg
すべて手作りなので、バイキング方式のパーティーです。
見た目はレストランではないので良くないけれど、とてもおいしいご馳走が並びます。手(グー)
イタリアの食生活が垣間見られる貴重な時間です。猫
これは「古代小麦」のファッロの煮物。

IMG_1875_1.jpg
トマトの詰め物とフライド・ポテト。
アンデス原産のものが並びます。手(グー)

IMG_1876_1.jpg
ラザニアももちろん手作り。
たっぷりとオリーブ油を使います。

IMG_1883_1.jpg
手打ちパスタも登場します。
見た目はいまいちだけれど、とてもおいしかったですよ〜〜。
そして、肉を食べたい人のために、「肉団子」も用意されています。

ここでまた「マリオ」がとぼけます。
私がベジタリアンなのを知っているのだけれど、知らないふりをして私に近づいてきて、
「このお肉、とてもおいしいよ〜〜、一口食べない!!。」
だって!
で、拒否すると、
「ほんのちょっとでいいから、ね、ほんの少し」。とか何とか言って、お皿に盛ろうとします。
「うも〜〜〜」とまた牛になる私・・・・

さらに、お酒に弱いの知っていながら、自家製ワインを進めます。バー
グラスに手で蓋をして、知らん顔していると、いきなり外の方を指さし、
「あっ、あれなんだどんっ(衝撃)」なんて、私が注意をそちらに向けてしまっている間に、[ドボドボ〜〜」とワインを注がれてしまった〜〜。バー
またもや「うもも〜〜〜」!わーい(嬉しい顔)

IMG_1884_1.jpg
きのこのマリネです。
見た目にもわかると思いますが、本当にたっぷりのオリーブオイルが使われています。
これ、フランスだったらきっと「バター」なんだろうな〜〜。
と思うと、イタリア食の健康さがよくわかります。
だって、こんなに連日オリーブオイルを食べても、ちっとも胃もたれもしないし、かえって元気に過ごせるんだもの、私。手(チョキ)

IMG_1885_1.jpg
手作りのスイーツも用意されていました。わーい(嬉しい顔)

本当に長い時間(午後1時くらいから始まって、延々4時くらいまで食べ続けた)たくさん食べましたよ〜〜。どんっ(衝撃)

IMG_1888_1.jpg
近くの岩山の風景です。
のんびりとしたイタリアの休日。
素敵なところです。るんるん