2013年01月28日

Leónの夜景

私たちが滞在した「León」の町。夜のライトアップした大聖堂(カテドラル)や、夜の町並みは、とても美しかったです。ではそれをご覧ください。

IMG_2845_1.jpg
マッサージを受けて、休養し、少しずつ足が回復している支配人。
町の美しさに、時々散歩に出かけました。

IMG_2844_1.jpg

IMG_2846_1.jpg

IMG_2867_1.jpg
泊まっているホテルの傍から見たカテドラル。

IMG_2868_1.jpg
ライトアップされた「カテドラル」。

IMG_2871_1.jpg
私たちが泊まっているホテルの夜景です。

IMG_2902_1.jpg
泊まっているホテルの部屋の窓から見た「カテドラル」。

支配人、マッサージへ行く

11月27日(火)晴れ時々通り雨、この日、支配人は「ひざ」まできてしまった足の痛みを良くするべく、マッサージを受けることにしました。

IMG_2849_1.jpg
Leónの町にも、有名な「ガウディー」の建築があります。手(グー)
今は銀行として使われている建物です。
そのすぐ近くに、マッサージはありました。手(チョキ)

実はここのマッサージは、だいぶ前のアルベルゲ(巡礼者用宿泊施設)に名刺が置いてあって、それをなぜか持ってきていたんです。exclamation&question
その時は、ああ、レオンね。まだだいぶ先だなあ〜〜〜猫
位の印象だったんだけれど、まさかこうして現実に行くことになるとは・・・・・

IMG_2853_1.jpg
マッサージの待合室で、なんだか不安そうな支配人。
そういえば[病院]でも同じようだったな〜〜。

IMG_2877_1.jpg
さて、施術が始まりました。
待合室にいる私にも、「いてて〜〜」と言う声が聞こえます。

IMG_2879_1.jpg
先生と記念写真です。
明日もう一度来なさいと言われました。
でも、これは良くなるよ・・・と言われ、ホッと一息・・・。ダッシュ(走り出すさま)

これからこの町で支配人のリハビリが始まります。

IMG_2880_1.jpg
にわか雨が降って来ました。
傘を持って来なかったけれど、合羽を着ていて、助かりました。
ペンギンのように歩く支配人。

「アルベルゲ(巡礼者用宿泊施設)では療養できないから、カテドラルの近くにいいホテルがあるのでそこに移ったほうがいいよ。」と先生に言われ、移ることにしました。
レオンは結構寒いです。
アルベルゲは昼間に滞在することができないし、昼間から暖かく休めるホテルに移ったほうがもちろんいいですからね。
そして、足にシャワーを当て、温めてから1分水をかけ・・・それを何回かやると良いと先生に言われましたからね。
まるで温泉療法いい気分(温泉)みたいです。

こうして私たちはLeónの町に数日滞在することになりました。

León(レオン)へ向かう

11月26日(月)晴れ晴れ、支配人の足が再び痛くなって来ました。しかし、小さい「Mansilla de las mulas(マンシージャ・デ・ラス・ムラス)」で休養するのはちょっとつらい・・・・この先18Kmに「León」という人口13万5千人の大きな町があるので、そこまでバスで行くことにしました。

IMG_2829_1.jpg
ほぼこれで歩いて巡礼することを断念せざるをえません。
そんな決心をした朝は、昨日までの2日間の雨とうって変わって晴れ晴れ!!。

巡礼路では色々なことがありました。
楽しかったことも苦しかったことも・・・・
そんな思いが頭をよぎります。
色々な人に出会えて、そしていろいろなことを教えてくれた巡礼。
支配人が足の痛さで歩きでの巡礼をやめなければ行けないことも、受け入れなければいけませんからね。もうやだ〜(悲しい顔)

決断の朝、「Mansilla de las mulas」のアルベルゲ(巡礼者用宿泊施設)を出発します。

IMG_2831_1.jpg
León行きのバスがやって来ました。

IMG_2832_1.jpg
いざ、バスに乗ってしまえばこちらのもの・・・猫
とばかりに、涼しい顔の支配人。

IMG_2833_1.jpg
Leónのバルターミナルに到着です。
バスターミナルは鉄道駅の近くにありました。
さて、これからどうしようか・・・と思案する私たち。

IMG_2834_1.jpg
すると・・・・
なんと!!どんっ(衝撃)私たちが奥さんのことを「金ちゃん」と呼んでいる、カナダ人の夫婦が歩いてきます。
彼らとは、「Grañon」からずっと同じように歩いてきました。
そして、「Sahagún」で休養中にもばったり会っています。

久しぶりの再会を喜ぶ私たち。るんるんるんるん
彼らはまだ奥さんの足が完全ではないので、ここからバスで50Km先の「Astorga(アストルガ)」まで、これから行くそうです。
と言うことは、これでもう会えないことになりますね。もうやだ〜(悲しい顔)
・・・別れを惜しむ私たち。もうやだ〜(悲しい顔)もうやだ〜(悲しい顔)
実はこの方たちは、私たちと同じようにベジタリアン指向です。
時々彼らの奥さんの方が、目玉焼きとポテトばかりを食べていたから、もう飽きてしまった・・・と言っていましたから。
そして、別れ際に、昨日炊いたと言う「玄米」を私たちにくれました。
貴重な玄米ですよ。
本当にうれしい私たち。
「León」のこの玄米を、私たちは一生忘れないでしょう。もうやだ〜(悲しい顔)

IMG_2836_1.jpg
感動的な再開と、悲しい別れのLeónのバスターミナル。バス
そこを後に、私たちは町の中心部に向かって歩きます。
まるでペンギンのように、よちよち歩く支配人。
とてもゆっくりですが、まあ何とか歩けるから助かります。

この後、どこに泊まろうかと思いながら町の中のベンチで休んでいると、2日前に「El burgo ranero」のアルベルゲで、カストロさんにアメリカンピープルだと言われていた韓国人達が通りかかりました。
「アルベルゲは近くだよ。僕達行くから、一緒に行こう。」と言います。
これは天の助け!!。

こうして私たちはアルベルゲに落ち着きました。

実はまだお昼ご飯を食べていません。
アルベルゲの食堂スペースで食べることにしました。

IMG_2839_1.jpg
自分たちでご飯を食べるには、バスターミナルでいただいた、貴重な玄米しかありません。どんっ(衝撃)
そこで、元気な私が、事前の情報でわかっていた「ビオショップ(自然食品店)」に出かけて、買い物をしてきました。手(チョキ)
そのお店の名前がなんと「オーサワ」と言うではありませんか!!。exclamation×2
日本で「オーサワ」と言えば、マクロビオティックの創始者の名前ですから、その道では有名です。
しかし、ここでもそれが名前のお店があるなんて・・・・がく〜(落胆した顔)
ちょっと驚きです。

IMG_2842_1.jpg
貴重な玄米と、インスタントのオーガニック味噌汁と、オーガニックのオリーブのオイル漬けなど。
それをおかずに、いただきま〜〜す。

IMG_2843_1.jpg
このアルベルゲには色々な人が泊まっていました。
オイルマッサージが得意だと言うフランス人が、支配人の足を診てくれることになりました。

色々なオイルを付けて、マッサージします。
これが結構効いたんですよ。手(グー)

IMG_2848_1.jpg
オイルマッサージをしてくれたフランス人と、オランダ人の女性と記念撮影です。
私たちはこれからまた何日か、この町で休養します。
彼らは明日はまた巡礼路を歩きます。
たった1日だけの出会いですが、本当に良くしていただいて、感激です。ぴかぴか(新しい)
ありがとうございます。わーい(嬉しい顔)
「Buen camino」(良い巡礼を)!!

2013年01月27日

再び足が痛い支配人

ReliegosのBARでランチを食べた私たちは、小雨模様の寒い中、再び巡礼路を歩きはじめました。

IMG_2819_1.jpg
「Mansilla de las mulas」まで、後残り6Kmです。あせあせ(飛び散る汗)
巡礼路を羊の群れが横切ります。

遠くに町は見えているけれど、例によってなかなか近づいてきません。もうやだ〜(悲しい顔)
だいぶ町が近づいたころ、支配人の足がまた痛くなり始めてしまいました。
今度は前の「左足のかかと」ではなく、左の「ひざ」が痛いと言います。
もう膝まで来てしまったのか〜〜。そろそろ歩くことはやめないといけないかもしれない・・・・もうやだ〜(悲しい顔)
との考えが頭をよぎります。
とにかくまずは町まで行き、アルベルゲ(巡礼者用宿泊施設)で休憩して様子を見ることにしました。
でも、前みたいに急に痛くなって、歩けない程ではないみたいです。

IMG_2821_1.jpg
「Mansilla de las mulas」のアルベルゲに着きました。
なんだか不安そうな支配人。
アルベルゲは、管理人はいませんでした。
部屋に行ってみると、顔見知りの巡礼者が一人だけいました。
彼は英語が苦手なフランス人で、もちろんスペイン語も話せないので、私とはほとんど話したことがなかったけれど、エスティージャと言うだいぶ前の町から、時々顔を合わせている人でした。
3日間の休養の間にすっかりメンバーが入れ替わってしまったから、なんだか懐かしいな〜〜。わーい(嬉しい顔)

IMG_2823_1.jpg
夕食は、アルベルゲのすぐ隣の開いているBARへ行きました。
支配人はもう歩きたくないようですから・・・

まず前菜は例によって「ミックスサラダ」。

IMG_2825_1.jpg
私は「アスパラのサラダ」があるので、それを頼んだら・・・・・
本当に「アスパラ」でだけじゃん!!犬
まあ、マヨネーズとほんの少しのトマトはついているけれど・・・・

IMG_2827_1.jpg
やはりメインディッシュの選択肢は、肉以外はこれしかありませんでした。
今まで散々食べた、今日のお昼にも食べた「メルルーサ」(白身の魚です)。ふらふら
まあ、天婦羅だから・・・・ぴかぴか(新しい)
醤油が欲しい!!。どんっ(衝撃)
でも、魚の「毒消し」になると言われる「レモン」ッが付いていますよ。ひらめき
これはありがたいです。

IMG_2828_1.jpg
デザートはこちらです。
「Crema de vainilla(クレマ・デ・バイニージャ)」、つまり「バニラクリーム」と言う意味ですが、カスタードクリームに、ビスケットがのっかっています。
ビスケットがふやけていて柔らかく、それがまたおいしいから不思議です。

さて、明日はどうなるやら・・・・・あせあせ(飛び散る汗)あせあせ(飛び散る汗)

★アルベルゲで、英語が苦手なフランス人に、支配人が階段の手すりにつかまりながら、やっと歩いているのを見られてしまいました。
もちろん足が痛いからですが、彼にあとで聞いたところによると、「BARでワイン飲み過ぎて、酔っぱらっていたかと思った」そうですよ。
支配人さん、とんだ勘違いされたもんですねえ。わーい(嬉しい顔)

Reliegosでのランチ

にわか巡礼者たちの団体のおかげで、BARはすごく混んでいました。まあ時間には余裕があるので、休憩も兼ねて、ゆっくりとランチを楽しむとしましょうね。

IMG_2807_1.jpg
ここのBARはすごく目立つ絵が壁に書いてありますよ。
なんだか「ヒマラヤ」っぽくて、楽しいです。

IMG_2814_1.jpg
待たせてしまっているので、気を使ったBARのおかみさんが、「ピンチョス」(小皿料理のこと)を出してくれました。るんるんるんるん

キノコとフレンチフライの煮物です。
結構おいしいです。どんっ(衝撃)
これはセットメニューも楽しみだな〜〜。

IMG_2815_1.jpg
まずは例によって「ミックスサラダ」です。
いつものように、ツナが乗っているのではなく、「ザクロ」が乗っています。
日本のザクロは種が固めで酸味が強いのですが、こちらのは違っていました。
甘くて種まで軟らかくて、とてもおいしいです。わーい(嬉しい顔)
ツナではなく、こちらが標準になればいいのにな〜〜と真剣に思いましたが、「ザクロ」は季節ものですからね。
採れない季節には困ってしまうでしょうから、標準にはならないんだな〜〜、と思うと、少し残念です。

IMG_2816_1.jpg
やはりメインディッシュはベジ系のものはなく、魚系のものは1種類だけでした。
その1種類も、今まで巡礼路では散々食べてきた「メルルーサ」です。
期待していなかったのですが・・・・猫
ブイヤベースの様な煮込みで、なんだかとてもおいしかったです。

IMG_2817_1.jpg
結構手作りのメニューを堪能しました。
こう言うお店ならば、デザートのプリンも手作りに違いない!!猫。と思い、頼んでみると・・・・
期待を裏切らずに、おいしい手作りのプリンが出てきました。手(チョキ)

もちろん付いてきたパンも食べ、お腹いっぱいです。
後残りは6Km、支配人の足はなんだか少し痛いと言っていますが、なんとか大丈夫そうなので、1つ先の町を目指すことにしました。

にわか巡礼者たち

11月25日(日)、天気は曇り時々雨。巡礼路復帰2日目は、「El burgo ranero(エル・ブルゴ・ラネーロ)」から19Km先の「Mansilla de las mulas(マンシージャ・デ・ラス・ムラス)」を目指します。

IMG_2802_1.jpg
朝、「El burgo ranero」のアルベルゲ(巡礼者用宿泊施設)で朝食も自炊です。喫茶店
自炊と言っても、昨日買ってきたっパンにオリーブオイルを塗ったものと、りんごと紅茶だけですが・・・・

IMG_2804_1.jpg
さて、一晩お世話になったアルベルゲを出発です。

IMG_2805_1.jpg
雨の巡礼路を歩きます。
巡礼路より、並行しているアスファルトの道の方が歩きやすいので、そっちを歩いていますが・・・・・

IMG_2806_1.jpg
この変わった枯れ草、この時期の巡礼路では本当によく見かけました。
ピレネー越えの初日からずっと道端にあるんですからね。
なんだかずっと私たちを見守ってくれているような気がして、親近感がわいてきちゃいましたよ。モバQ
そして、一体何処まであるんだろうか・・・

IMG_2818_1.jpg
出発から歩くことおよそ13Km、ちょうどお昼ころに、「Reliegos(レリエーゴス)」と言う町に到着。
BARがやっています。手(グー)
しかし、そのBARの前で、団体の人たちがたむろしているではありませんか!!。
最近スペインでも、どうやらこの巡礼が注目されていて、なかなか巡礼に行けない人たちが、その気分だけでも味わおうと、日帰りのツアーがあるみたいです。
そういえば今日は日曜日ですものね。
ツアーはバスで移動し、巡礼路を10Kmくらい歩くという簡単なものですが、健康のためにもなるし、と言うことで、人気の様ですよ。

IMG_2811_1.jpg
その「にわか巡礼者」の中に、本格的な巡礼者の私たちがやってきたので、呼ばれてて写真を撮られて、遊ばれてしまいました。がく〜(落胆した顔)

強いウォッカだ、と言って、無理やり飲まされる私・・・・・バー
しかし中身は「ワイン」でした。
結構おいしいぞ・・・・

IMG_2812_1.jpg
ワインなら私も・・・と支配人。
もうそんなにもてあそばないでよ、おじさんたち・・・・
私たち、至ってまじめな巡礼者なんだから〜〜〜。たらーっ(汗)たらーっ(汗)

舞茸の牡蠣もどき

今日のお昼のまかないはこれ!!。どんっ(衝撃)
舞茸の牡蠣もどきです。

後ろのソースも自家製ですよ〜〜。手(グー)

IMG_3773_1.jpg
posted by 料理長 at 13:01| Comment(0) | TrackBack(0) | マクロビオティック料理

2013年01月26日

久しぶりの自炊

「El burgo ranero(エル・ブルゴ・ラネーロ)」で泊まることになった私たち。ところが、「オスピタレーロ(アルベルゲを管理する人)」によると、この町で食べ物を食べられるレストランやBARはないそうです。今はオフシーズンなので、皆休んでいるらしい・・・1軒スーパーマーケットがあるけれど、今日は土曜日なので開いているかどうか・・・・がく〜(落胆した顔)
ええっ!!そのスーパーマーケットが閉まっていたら、たらーっ(汗)たらーっ(汗)私たち、何も食べるものがないではありませんか!!!。

IMG_2797_1.jpg
しかし、スーパーマーケットはやっていました。
よかった〜〜〜!!手(チョキ)
さっそく買い出しに行き、買ってきた食材でアルベルゲ(巡礼者用宿泊施設)のキッチンで自炊しました。
支配人は足が痛いので、私が作らなくっちゃね。!!

IMG_2798_1.jpg
野菜リゾットを作りました。
自分で言うのもなんですが、結構おいしそう!!。

IMG_2799_1.jpg
パンも買い、小さいオリーブオイルが売っていたので、それを塗り、一緒に食べました。猫
今日はベジタリアンの日・・・。るんるんるんるん
美味しくいただきましたよ。

IMG_2801_1.jpg
私たちの他に、フランス人とドイツ人の巡礼者数名と、韓国人の巡礼者が3名ほど泊まっていました。
薪ストーブの前でくつろぐ支配人。
フランス人の、キューバの「カストロ議長」にそっくりな人が居ました。
韓国人の男性が、まるで軍人のような帽子を持っていたので、それを彼にかぶってもらい、「演説」の真似をしてもらったら・・・・
そっくり!!。
皆笑い転げていましたよ。わーい(嬉しい顔)わーい(嬉しい顔)

ところでここで面白いことが・・・・・
この日はすべての巡礼者が、自炊か買い食いをしなければいけないので、アルベルゲのテーブルに集って食事していました。
私たちとヨーロッパ人は、ちゃんとキッチンで素材から作っていたけれど、韓国人の人たちは、買って来たものを電子レンジで「チン」して食べていた・・・
そして、飲み物も「コカ・コーラ」。
私たちはティーバッグでしたが、紅茶を、ヨーロッパ人は皆ワインを飲んでいました。バー
それを見たフランス人が韓国人の巡礼者に言いました。
「君たちはアメリカン・ピープルだな。」どんっ(衝撃)
「????」と韓国人。exclamation&question
「だって、コーラ飲んでいるだろ、電子レンジ使っているだろ、インスタントのものを食べているだろ!!。」だって。
そういえばその通り!!。
私たちは手作りしていたから、何も言われなかったけれど、食文化を考えてみると、日本人も相当「アメリカン・ピープル」ですよ。

皆様はいかがですか??。
なんだか「アメリカン・ピープル」と言われたくないな〜〜。

巡礼路へ復帰!!

11月24日(土)になりました。「Sahagún」での3泊の休養で支配人の足もだいぶ復活!!。いよいよ巡礼路に復帰します。

IMG_2785_1.jpg
休養していた3日間はおおむね晴れていた晴れにもかかわらず、巡礼路復帰の初日は何と雨雨!!。
きびしいな〜〜。もうやだ〜(悲しい顔)
とにかく出発です。!!手(パー)
今日は復帰第1日目なので、お手柔らかにということで、「Sahagún(サアグン)」から「El burgo ranero(エル・ブルゴ・ラネーロ)」と言う町まで、およそ18Kmを歩くつもりです。
写真後ろの門をくぐり、お世話になった「Sahagún」の町を後にします。

IMG_2787_1.jpg
橋を渡り、巡礼路を歩きます。

IMG_2789_1.jpg
今日は雨はそれほどではなかったけれど、風に悩まされました。
強風台風の吹きつける台地を歩きます。

IMG_2790_1.jpg
ちょうど10Km程歩いたところに、「Bercianos del real camino」と言う小さな町があります。
そこでお昼ごはんを食べようと思っていた私たち。
ところが・・・・・
BARは閉まっていました。もうやだ〜(悲しい顔)
ええ〜〜!!どんっ(衝撃)
本当に小さな町で、他にやっているBARはありません。
仕方なく、とぼとぼと町をあとにします。

IMG_2792_1.jpg
巡礼路の脇に、ところどころベンチが置いてありました。
そこで手持ちの少しのパンと、ポンせんを食べることに・・・・
風が強くて、とても寒いです。台風
あ〜〜、暖かいもの食べたいよ〜〜。もうやだ〜(悲しい顔)
昨日までとは打って変わった厳しさ・・・・たらーっ(汗)たらーっ(汗)
とほほほほ〜〜〜。

IMG_2793_1.jpg
しかし、それにもめげずに歩きます。
まるで宮沢賢治の「雨にも負けず、風にも負けず・・・」を思い出してしまいます。

IMG_2794_1.jpg

「El burgo ranero」の町に着きました。
アルベルゲ(巡礼者用宿泊施設)はどこだろうか・・・・
と探していると、後ろの方から
「おーーい、巡礼者!!」
と呼ぶ声・・・
アルベルゲの人が呼んでくれたんです。
知らずに通り過ぎたら、大変でしたからね。
良かった良かった・・・・ヽ(^o^)丿

IMG_2795_1.jpg
アルベルゲでは、ニンニクスープをご馳走になりました。
あ〜〜〜、おいしい!!!。
温かいよ〜〜〜。いい気分(温泉)
とてもうれしいです。

今日は雪かき!!

大雪が降りました。雪雪雪

雪かきに励みます。手(グー)

IMG_3769_1.jpg
posted by 料理長 at 10:22| Comment(0) | TrackBack(0) | タンボ・ロッジの日記帳