2013年01月09日

ズビリでの夕食

巡礼2日目を終わり、ズビリ(Zubiri)のアルベルゲ(巡礼者用宿泊施設)でシャワーを浴び、一息ついた私たち。日もとっぷりと暮れて三日月、お腹がすいたのでレストランへと出かけました。レストラン

IMG_2212_1.jpg
アルベルゲの近くのBARに行ってみると、食事はやっていないと冷たい言葉・・・・たらーっ(汗)たらーっ(汗)
500m先にレストランがあるから、そこへ行くといいと言われました。どんっ(衝撃)
筋肉痛の韓国人たち。巡礼はなぜか、韓国人がすごく多いんです。
韓国はカトリックの人が多いからかもしれませんが・・・・exclamation&question
筋肉痛のひどい人は、その500mを歩くのもつらいと言って、早くも脱退!どんっ(衝撃)
私たちと日本人の大輔君を含めて、6人だけでレストランへと向かいました。

もちろんベジタリアン専門のメニューはありません。
選択肢の中から、最大限ベジタリアンらしいものを選び、いただきました。手(グー)

まず前菜は、「ミックスサラダ」(Ensalada mixta)。
野菜たっぷりで、不足がちな野菜の補給にうれしいです。るんるん

IMG_2215_1.jpg
そして、肉抜きトマトパスタ。
チーズはかかっていますが、スペインを含む、ヨーロッパでは、ベジタリアンと言えば「ラクト・オボ・ベジタリアン」(卵、乳製品OK)のことを指しますので、ここでもそういう対応なんですね。
でも、パスタがのびていて、おいしくないっ!!どんっ(衝撃)
イタリアが懐かしいです。もうやだ〜(悲しい顔)

IMG_2216_1.jpg
デザートの一つは「フラン」(Flan).
これは「カスタードプリン」のことです。
今回の巡礼ではあちこちでこれを食べましたが、手作りのものは非常においしいです。手(チョキ)

IMG_2218_1.jpg
これは「アロース・コン・レチェ」(Arroz con leche)と言って、「ライスプディング」のことです。
日本人はこれを見ると、牛乳とご飯を煮て甘くしてあるなんて気持ち悪いと言う人が大半ですが、スペインはおろか、ペルーでもとてもポピュラーなスイーツなんですよ。

IMG_2219_1.jpg
食後の紅茶です。

結構お腹いっぱい満足です。(パスタがのびていなかったら最高なんだけどな〜〜〜。)

食後はみんな、疲れた足を引きずりながら、でもわいわいと楽しく話しながらアルベルゲ(巡礼者用宿泊施設)へと戻りました。

アルベルゲでは、早寝早起きが鉄則です。
それにみんな疲れているし、この日は9時にはぐっすりと眠ってしまいました。眠い(睡眠)

巡礼2日目

11月5日(月)、巡礼2日目です。この日は昨日の雨と違って、いい天気。晴れ今日は「ロンセスバージェス」(Roncesvalles)から「ズビリ」(Zubiri)と言う町まで、22Km歩きます。

IMG_2193_1.jpg
朝、起きてみるととてもいい天気ではありあんせんか晴れ
巡礼2日目はとても穏やかなスタートになりました。るんるんるんるん
少し寝坊した私たちは、巡礼者の一番最後です。モバQ
それにしても、まだ筋肉痛にはなっていません。やはり会津の山に登りまくって、鍛えていたおかげかな〜〜〜。るんるんるんるん

IMG_2195_1.jpg
まずは紅葉の森の中を歩きます。
昨日に比べて、今日はアップダウンはあるものの、下りが多く、傾斜もなだらかで楽ちんです。手(チョキ)
あんなきついのを2日も続けたら、本当にすぐにばてちゃうもんね。猫

IMG_2197_1.jpg
実は朝食用のパンを確保していなかったので、何も食べずにスタートしたんです。
ロンセスバージェスは本当に小さい町で、レストランも1軒しかないし、パン屋さんなんてないし、買えるところがどこにもなかったし、そのレストランも朝は閉まっていたし・・・・・
とほほほほ〜〜〜もうやだ〜(悲しい顔)
ところが、3Kmもあるかないうちに、あいている食料品店を発見!!。手(チョキ)
わーいわーいわーい(嬉しい顔)
さっそく、パンとフルーツを買って、お店の近くの公園のベンチで朝食にありつくことができました。手(グー)
そこで活躍するのが、朝倉イタリアオリーブツアーでもらってきた、搾りたてのおいしいオリーブオイルの「オルチョサンニータ」。
これがあるのないとでは、雲泥の違いですからね。どんっ(衝撃)
パンがとてもおいしい!!。どんっ(衝撃)

IMG_2200_1.jpg
途中の「ブルゲーテ」(Burguete)と言う町は、小説家の「ヘミングウェイ」が滞在したという美しい田舎町です。
その、滞在したというホテルの前を通ります。

IMG_2201_1.jpg
ピレネーのきつい山越えを終わり、なだらかなふもとの牧場をあるきます。
本当に気持ちもさわやか〜〜。ぴかぴか(新しい)

IMG_2202_1.jpg
巡礼路はアップダウンを繰り返しながら、少しずつ標高を下げて行きました。

IMG_2205_1.jpg
お腹がすいてくる時間です。(11時半くらい)
小さな町に1軒だけやっているBARを見つけました。
お昼のランチはなんでも午後1時からなので、まだですと言われてしまった・・・・もうやだ〜(悲しい顔)
でも、ここで食べておかないと、次の町にBARがある保証はありません。
有ったとしても、今はオフシーズンなので、やっていない可能性もあるし、パンは朝に食べてしまってないし・・・・

何か食べるものありますか?。
と聞くと、サンドイッチならあると言われました。
ハムとオムレツとチーズのサンドイッチと、飲み物はワインかコーヒーか炭酸飲料しかない見たい。
それではと、オムレツサンドを食べました。
結構歩いた(12Km位)ので、サンドイッチのおいしいこと!!。どんっ(衝撃)
横のテーブルでは、おじいさんたち4人で、コーヒーかワイン1杯で、スペイン式の「賭けトランプ」にこうじていました。
なんか真剣ですよ、おじいさんたち。どんっ(衝撃)

IMG_2206_1.jpg
BARの外での風景。
「ブエン・カミーノ」(良い巡礼を)by猫猫
「ありがとう、猫さん。」by支配人。わーい(嬉しい顔)

IMG_2207_1.jpg
巡礼路は、とことどころにこうした標識が立っていて、余程「ボ〜〜〜〜」と歩いていない限り、迷うことはありません。
なんか安心感があるな〜〜。るんるんるんるん

IMG_2210_1.jpg
少し急な下り坂を下ると、「ズビリ」の町に入りました。
きょうは22Km歩いたんです。
昨日の疲れもあるので、もうこの辺が限度です、私たちにとっては。あせあせ(飛び散る汗)

アルベルゲ(巡礼者用宿泊施設)では、先に出発した顔見知りばかり。
韓国人もフランス人も、みんな「筋肉痛」ですって。
タイガーバームを塗っていますよ!!。
部屋の中が臭いですぅ〜〜。
私たちはと言うと、筋肉痛にはなっていません。がく〜(落胆した顔)
すご〜〜い。
やはり出発前の鍛錬が効いたみたいです。
うれしいな〜〜〜。わーい(嬉しい顔)

べジ・ピザ

タンボ・ロッジの裏メニュの「べジ・ピザ」です。手(チョキ)

IMG_3697_1.jpg
アントニオのトマトを使い、ソースを作りました。
そして、色々な野菜とともに、大豆蛋白・スライスタイプから作った「べジ・ハム」も入れて・・・・

IMG_3699_1.jpg
そして、お餅から作った「べジ・とろけるチーズ」をかけて・・・・・猫

IMG_3700_1.jpg
うわ〜〜〜、おいしそう・・・・!!どんっ(衝撃)猫

これは普通のピザよりおいしいです。わーい(嬉しい顔)
posted by 料理長 at 11:29| Comment(2) | TrackBack(0) | マクロビオティック料理