2013年01月12日

中世の町「エステージャ」での夕食

11月8日の夕食は、「Estella」(エステージャ)の町に繰り出します。この町は結構大きい町ですが、旧市街地には、中世の面影がかなり色濃く残っています。

IMG_2320_1.jpg
夜の静かなエステージャの町。
この「エステージャ」という言葉は、カスティージャ語で「星」と言う意味があるそうな。・・・
11世紀後半に、天から降り注ぐ流れ星に導かれ、羊飼いが「聖母マリア」の像を発見し、その地に建設されたのがこの町だとガイドブックには書いてあります。

IMG_2321_1.jpg
ぼつぼつ夕食の時間(午後7時半ころ)。
人もそろそろ出てきて、美しい中世の町が賑わいます。

IMG_2323_1.jpg
ここで「ビオショップ」(自然食品店)を発見ひらめき!!。
何と、「ミトク」の胡麻煎餅まで売っているではありあんせんかexclamation×2
しかし・・・・
€5もする・・・・どんっ(衝撃)どんっ(衝撃)
さすがに手を出さなかった私たち。猫
でも、他にもいろいろ食べたいものがありました。

IMG_2325_1.jpg
たくさん買っちゃったもんね。わーい(嬉しい顔)
明日の朝食と、インスタントの味噌汁、非常食の全粒粉のパンなどなど・・・・

IMG_2328_1.jpg
さて、アルベルゲの人に聞いた、お勧めのレストランに行きました。手(グー)
「カサノバ」と言う名のレストランです。
この写真は前菜の「Ensalada mixta(ミックスサラダ)」です。
レタスやトマトなどとともに、カツオのオイル漬けと、どでかいどんっ(衝撃)ホワイトアスパラが乗っています。
このホワイトアスパラは、エステージャのある「ナバラ州」の名産なんですよ。
これからしばらくは、巡礼しながらたくさん食べられると思うと、うれしいです。
もちろんサラダには、オリーブオイルとお酢と塩と胡椒をかけていただきます。

IMG_2329_1.jpg
こちらはメインディッシュで選んだものです。
やはり肉系が3種類と、魚系はこれ1種類で、ベジ系はありませんでした。

カツオ(Bonita)の煮込みです。
こちらもナバラ州特産のパプリカをたっぷりと入れて、しかもそのパプリカペーストとともに煮込んであります。
とてもおいしくいただきました。手(チョキ)
でも、かなりのボリュームですよ、これは。どんっ(衝撃)
だって、前菜の時に付いてくるパンを結構食べちゃったんだもの・・・・
巡礼は体力勝負、腹減るもんね。猫

IMG_2331_1.jpg
デザートに選んだのは、「季節のフルーツ(Fruta Temporada)」。
大きなメロンが出てきました。
でもなぜメロンが「季節」なの。exclamation&question
今は寒い冬なんですけれど・・・・・
甘くておいしいから、まあいいか・・・・

超お腹いっぱいです。

中世のような巡礼路

11月8日(木)、この日は「Puente de Reina」(プエンテ・デ・レイーナ)から「Estella」(エステージャ)まで23Km、まるで中世のような巡礼路が続きます。

IMG_2303_1.jpg
朝、まだ空が白み始めたころに、アルベルゲ(巡礼者用宿泊施設)を出発しました。
アルベルゲのすぐ近くでやっているBARを発見!!。ぴかぴか(新しい)
さっそく朝食をいただくことにしました。

IMG_2305_1.jpg
この日の朝食(デザユーノ)です。
ミルクコーヒーにバケット(パン)、ジャムとマーガリンが付いています。
ジャムは、好きなだけ使えとばかりに、ビンごと出てくるところがうれしいじゃありませんか!!。どんっ(衝撃)
ふとっぱら〜〜〜。手(グー)
そして、さすがにマーガリンは使わずに、イタリアから持ってきたオリーブオイル「オルチョサンニータ」を使います。るんるん
この日から、2本目に手が付きました。

IMG_2306_1.jpg
町の出口の川にかかる「王妃の橋」。(スペイン語でプエンテ・デ・レイーナと言います。)
町の名前になっている橋で、優雅な石畳の美しい橋でした。

IMG_2309_1.jpg
8Km程歩くと、「Cirauqui」(シラウキ)と言う町が見えてきました。
この町は、丘の上全体を町が覆っているという感じの町です。

IMG_2310_1.jpg
シラウキの町の手前のオリーブ畑。
スペインもイタリアと並んで、オリーブの産地ですからね。
今回、イタリアのオリーブオイル「オルチョサンニータ」を持ち歩いていますが、レストランなどで使っていると、よくスペイン人に「どこのオリーブオイルだ」と聞かれてしまいます。
「イタリアの・・・」猫
と答えると、みな顔を横に振って、「スペインの方がおいしいぞ〜〜。」とか言われてしまいました。どんっ(衝撃)
ラベルだけ張り替えようかな〜〜!!。

IMG_2311_1.jpg
狭い路地が入り組んでいて、巡礼路は坂の町を登って行きます。
さながら中世にタイムスリップしたような感覚です。

この町を出て、坂を下ると、古代ローマの石畳が残っているところがありました。

IMG_2312_1.jpg
そして、王妃の橋のミニチュアのような、古い橋を渡ります。
するとそこは「Lorca」(ロルカ)の町。
15Km程歩いたことになります。

小さい食料品店がありました。手(グー)
そこに巡礼者が溜まっています。
近くには開いているBARやレストランはないんだとのこと。もうやだ〜(悲しい顔)

IMG_2313_1.jpg
そこで、このお店で買い食い!!。手(チョキ)
パンやドリンク、ヨーグルトやドライフルーツなどをいただきました。
他の巡礼者からも、オリーブの塩漬けやお菓子をもらってしまう私たち。モバQ
そんなにお腹空いているように見えたのかな〜〜〜。ふらふら
でも、ありがたいです。
それにしても、支配人、ちょっとお疲れの顔をしていますね。ちっ(怒った顔)
大丈夫かな〜〜。

IMG_2314_1.jpg
果てしない巡礼路は続きます。
今日の目的地、エスティージャまではまだ10Kmありますよ。ちっ(怒った顔)

IMG_2317_1.jpg
エスティージャの入口にある泉で水を飲む支配人。
北スペインはありがたいことに、水が豊富で、とてもおいしいので泉の水があちこちにあり、飲むことができるんです。わーい(嬉しい顔)
助かります〜〜。

IMG_2318_1.jpg
だいぶ疲れたころ、エステージャの町に着きました。
アルベルゲ(巡礼者用宿泊施設)の前にたたずむ支配人。
さっそくチェックインをして、シャワーを浴びてくつろぐことにしました。

このころからだいぶ支配人は足がへばってしまっている様子。
2階にある寝室に行くときに、ペンギンのように歩いていましたからね。!!

初ロハスセンター

IMG_3717_1.jpg

昨日は今年初の、タンボ・ロッジの近くにある「うつくしまロハスセンター」でベジランチ!!。
酵素玄米も野菜鍋もおいしかった〜〜〜。手(グー)
今年もしょっちゅう行くことになりそうです。わーい(嬉しい顔)