2013年01月17日

Grañonでの再会

広大な麦畑の続く「メセタ」の大地をひたすら23Km歩いてきた私たち。足を引きずるようにして、「Grañon(グラニョン)」のアルベルゲ(巡礼者用宿泊施設)へやって来ました。すると、その入り口で、なんと!!大輔君と韓国人のとぼけたキムさんともう一人がたむろしているではありませんか・・・・!!おお〜〜〜!!と再会を喜ぶ私たち。

IMG_2484_1.jpg
グラニョンのアルベルゲは教会の屋根裏を使っています。
そして、その屋根裏に雑魚寝するんですよ。
なんだか高校時代の合宿の様ですねえ。
もちろん「枕投げ」なんかはしませんけれど・・・・

IMG_2488_1.jpg
この町には、夕食時に営業しているBARやレストランがありません。
そこで、アルベルゲで食事は提供されるんですね。
で、もちろん色々と手伝わなくてはいけませんが・・・・

で、まずは町に1軒しかないパン屋さんへ、「主食」のパンをみんなで買いに行くんです。
この日は折しも、パン屋さんの小さい娘さんの誕生日!!。プレゼント
そこで、パン屋さんの前で、みんなで何か一芸をしなければいけない羽目に・・・・たらーっ(汗)たらーっ(汗)

この写真は、韓国人たちの一芸です。
やはり結構人数居ますねえ。どんっ(衝撃)
そのあとは私たち日本人3人に続いて、ずっと一緒のペースで歩いているドイツ人のおじさん。ドイツ人はこの日は一人だったので、一人で一芸をしなければいけない!!。
そして、これまた同じようなペースで歩いてきたウルグアイ人の「ゴンサロ」。(私たちは「ゴンちゃん」と呼んでいましたが・・・)
それに、新顔の小柄で美人のチリ人。
ゴンちゃんとチリ人はスペイン語が通じるので、私は結構話していましたが・・・
そしてカナダ人のカップル。 彼らは私たちの反対の様な感じで、旦那さんは英語のみ。奥さんはスペイン語を話しています。
色々と巡礼仲間が集うアルベルゲ(巡礼者用宿泊施設)は、本当に楽しいです。るんるんるんるん

IMG_2492_1.jpg
大輔君、頭にトサカみたいなものをかぶらされて、代表してパンを持って帰る役に抜擢されちゃいましたよ。わーい(嬉しい顔)

IMG_2495_1.jpg
さて、夕食の準備が進んでいます。
腹減ったな〜〜〜。どんっ(衝撃)

IMG_2497_1.jpg
皆でパンを切り分けて、配膳をして・・・・

IMG_2498_1.jpg
サラダと買ってきたパンです。手(グー)
もちろんレストランではないので、大皿に盛って、それぞれに取り分けて食べる形式です。

IMG_2500_1.jpg
さて、ではワインを片手に持って、「いただきま〜〜す。」わーい(嬉しい顔)
黙々と、寡黙に歩いてきたドイツ人のおじさんも、この日は楽しそうです。(赤い服の人)
カナダ人のカップルは、正面石積みの壁の前に居ます。
このカップルの奥さん、私たちの友達の「金ちゃん」と言う人に似ているので、私たちの間では「金ちゃん」と呼んでいましたが・・・・

IMG_2501_1.jpg
シンプルなリゾットです。
でも、ベジタリアン対応でおいしいですよ。

IMG_2502_1.jpg
そして、やはりシンプルなマッシュポテト。

IMG_2503_1.jpg
これはメインディッシュで、豚肉と鶏肉のトマト煮だそうです。
ベジタリアンと人は食べられないよと言われました・・・(当たり前だねえ)
なので、食べていませんが、他のものでお腹いっぱいですからね。

IMG_2504_1.jpg
最後は、誕生日を祝って、パン屋さんが特別に焼いてくれた、カステラの様なケーキです。
これ、素朴でめちゃくちゃおいしい!!。exclamation×2
おかわりしちゃった・・・・モバQ

IMG_2505_1.jpg
さて、ご飯の後は、瞑想の時間です。
教会の屋根裏に、こんな空間があるんですから、驚きです。がく〜(落胆した顔)
ここで一言スピーチをしなければいけません。
でも、みんな自分の国の言葉でいいよ・・・と言うことでしたので、スペイン語圏の人しかわからなかったな〜〜。
私はやはりスペイン語であいさつしました。!
「目的地のサンティアゴ・デ・コンポステーラは、とても遠くて、道のりは遠いです。しかし、毎日楽しく歩いて幸せです。今日は巡礼者の皆さん、そしてオスピタレーロ(アルベルゲのスタッフ)にとても感謝いたします。夕食、おいしかったです。ありがとう・・・・」。

瞑想の時間を終えると、人懐っこい美人のチリ人の彼女が寄ってきて、「すごいわすごいわ、スペイン語でスピーチするなんて」・・・と、褒められてしまった。
なんだか嬉しいな〜〜〜。だって、美人なんだもの。モバQ

ランチを食べ、また歩く・・・

Azofraから広大な麦畑の中を、意識朦朧と16Km歩いてきた私たち。やっと着いた「Santo domingo de la calzada」(サントドミンゴ・デ・ラ・カルザーダ)は、歴史的な伝説を秘めた美しい町でした。

IMG_2481_1.jpg
この美しい「Santo domingo de la calzada」(サントドミンゴ・デ・ラ・カルザーダ)の町には、スペインでは「パラドール」と呼ばれる、歴史的建造物を改装した、優美な国営ホテルがなんと2軒もある!!。どんっ(衝撃)
これはすごいことなんですよ。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・

パラドールがある歴史的地区の旧市街に足を踏み入れるとすぐに、営業しているレストランを発見!!。
今回の巡礼では、やっているBARやレストラン、パン屋さんを見たら、まずはそこで食べるか買い物をするのが鉄則です。
もう1軒あると思うなかれ・・・・たらーっ(汗)たらーっ(汗)
今まで何回かそれで食べそびれたことがありますから。

IMG_2476_1.jpg
まずは例によって、「ミックス・サラダ」。
さすがにアスパラの名産地、ナバーラはとっくに過ぎ、今はリオハ州ですから、サラダにアスパラは付いていません。
その代わり、茹で卵が・・・・・・
でも、本当に生野菜には事欠きませんね、北スペインは。
うれしいです。わーい(嬉しい顔)

IMG_2477_1.jpg
そしてもう一つの前菜はこれ、なんと「パエリャ」です。
パエリャが前菜なんて、信じられないかもしれないけれど、これが現実です。
あくまでもスペインは、主食が「パン」!!。
だから・・・パエリャを食べながら、パンを食べるんです。あせあせ(飛び散る汗)

でも、2人居るからこうして2種類楽しめるので、それは楽しいですよね。るんるん

IMG_2478_1.jpg
メインディッシュはこちらです。
キドニービーンズのトマト煮、チョリソ(サラミ)とベーコン入り。
これでも肉の塊が少ないメニューを選んだんですが・・・・
ここのレストランは、魚メニューがなかったんですよ〜〜。もうやだ〜(悲しい顔)
味は、なんだかブラジルと国民食の「フェジャーダ」に似ていました。

IMG_2479_1.jpg
そして、スイーツです。
支配人はこれが好み・・・
「ライス・プディング」(Arroz con leche)
シナモンパウダーがたっぷりととかかっています。

IMG_2480_1.jpg
私はたまには目先を変えて・・・・
「Torta helada con tesa」と言う、いわば「アイスケーキ」です。
これは手作りで、とても価値がありましたよ。手(グー)

IMG_2482_1.jpg
さて、おいしくお昼をいただいた後は、まだ7Km近く歩きます。

小麦畑の連続、メセタの大地を行く

11月13日(火)、この日は晴れ快晴に恵まれました。Azofraを日が昇る頃出発し、この日は「Santo domingo de la calzada」(サントドミンゴ・デ・ラ・カルザーダ)と言う中世を思わせる美しい町を通り、「Grañon」(グラニョン)まで、23Kmを歩きます。

IMG_2457_1.jpg
Azofraの町に朝日が昇るころ晴れ、昨日夕食を食べたBARで朝食を終え、出発しようとした時に、ぞろぞろと巡礼者がやって来ました。
6Km手前のNajeraを朝早く出たそうです。
昨日追い抜いた、足に豆ができた韓国人の彼女も混ざっています。
「どう、大丈夫になった??」と聞くと、「だいぶ良くなった」と答えが返って来ました。
それは良かったです。
で、さらに3人ほど、韓国人の女性が増えているではありまあせんか!!。がく〜(落胆した顔)
本当、韓国の人はたくさんいますね。どんっ(衝撃)
まるで巡礼路を、ベルトコンベヤーで運ばれてくるような感じで、次々にやって来ます。
それに比べて、わが日本人は・・・・・
たぶん私たちよりも1日先に進んでいると思われる、大輔君以外に私たちだけみたいですよ、だれも来ませんから!!。

私たちが巡礼路を歩いていて、地元の人にまず最初に聞かれるのが「コレアーノ?}(韓国人か?)ですもの。
「日本人でいっ!」と答えると、いや〜〜、珍しいな〜〜。とまで言われる始末・・・・
なんだか「とほほほほ〜〜〜もうやだ〜(悲しい顔)」になってしまいます。

IMG_2460_1.jpg
さあ、寒さの中、朝日を浴びて出発だ〜〜。!!どんっ(衝撃)
気持ちのよい天気だもんね。

IMG_2459_1.jpg
今朝は寒かった・・・・
霜が降りていましたからね。

IMG_2462_1.jpg
遠くの山は「雪景色」ですよ。雪
寒いはずだ!!。

IMG_2468_1.jpg
Azofraの町を出て、巡礼路は続きます。
最初はみんなでぞろぞろと歩くのですが、支配人は右足が腫れていて、少し歩くのが遅く、次第に離されていきます。あせあせ(飛び散る汗)あせあせ(飛び散る汗)

IMG_2473_1.jpg
お〜〜〜い、待ってくれ〜〜〜。あせあせ(飛び散る汗)

IMG_2472_1.jpg
あ〜〜、みんな遠くに行ってしまったな〜〜。たらーっ(汗)

IMG_2469_1.jpg
そしてだれもいなくなって(見えなくなって)しまいました。もうやだ〜(悲しい顔)
まあ、広大な麦畑の中を、マイペースで歩きましょうね。手(チョキ)
しかし!!、いつになったら町が見えるやら・・・

IMG_2475_1.jpg
Azofraから16Km先の、Santo domingo de la calzadaの町が見えてきました。手(グー)
遥かな麦畑が続いたな〜〜〜。
もちろん途中で「パン」は少し食べましたけれど・・・・

でも、巡礼者が一人歩いています。
やはり足に豆ができた彼女でした。
私たちと同じようにスローペースですからね。
仲間ができたようですねえ。手(チョキ)

相当おなかすいたし、早く町に着かないかな〜〜〜。
こう見えても、なかなか町は近づかないんです〜〜。もうやだ〜(悲しい顔)
巡礼路はまるで「ゴム」でできていて、巡礼者が来ると、「びわ〜〜〜ん」と伸びて行くんだもの。!

今年初のこと葉

昨日は、今年初めて、那須にある穀物菜食のレストラン「こと葉」でランチ!!。

IMG_3736_1.jpg
この日の「こと葉プレート」です。
おかず6種類に味噌汁、玄米ご飯が付いています。
熱々の、湯気がほっかほか!!。いい気分(温泉)
昨日は大雪だったので、那須でも道にはまだ雪がたくさん残る寒い日でしたから、ほかほかのご飯はとてもとても体が温まり、おいしいです。わーい(嬉しい顔)

IMG_3735_1.jpg
さて、写真を撮って・・・・
と言う間もなく、食べ始めちゃう支配人。
ちゃんといただきますしましたか??。

IMG_3738_1.jpg
マクロ・スイーツは2種類あったので、その2種類を半分ずつ盛り付けてもらいました。
あ〜〜、おいしいです。
今年も何回も行きたいな〜〜。手(パー)