2013年01月23日

Carrión de los condesでのおいしい夕食

「Itero de la vega」から「Carrión de los condes」までの33Kmを強行軍で歩いた私たち。そりゃあめちゃくちゃ疲れましたよ。だけど、お腹も相当ぺこぺこ!!。そこで、町のレストランへ食べに出かけました。

IMG_2705_1.jpg
超お腹すいたし、もうめちゃ疲れちゃった・・・・ふらふら
支配人はそう申しております。
しかし、食べ物を前にして、うれしそう。わーい(嬉しい顔)

うしろでは、Gurañonからずっと同じように歩いている、私たちが奥さんのことを「金ちゃん」と呼んでいるカナダ人の夫婦も食事をしていました。
彼らは私たちの方ではなく、他の皆が居るもう一つのアルベルゲに泊まっていると言っていました。

IMG_2704_1.jpg
まずは、例によって「ミックスサラダ」です。
ここのはアスパラが大きくて、太っ腹・・・どんっ(衝撃)
美味しいですよ〜〜。るんるん
パンと一緒に、はふはふ食べちゃいました。

IMG_2706_1.jpg
そしてメインディッシュは・・・
私は「バカリャウのフライ」(塩鱈の天婦羅)です。
やはり安いメルルーサよりも、ずっとおいしい!!!!。
そしてここのトマトソースがおいしいのなんの。!!
巡礼路でまた食べたい料理ベストテンに入る料理でしたよ。

IMG_2707_1.jpg
支配人は大好きなレンズ豆のスープ。
ここ3日ほど連チャンで食べていますよ、これを・・・
よっぽど気にいっている模様・・・・

IMG_2708_1.jpg
デザートは、支配人の大好きな「ライスプディング」は終わってしまったとのこと・・。
なので、これにしました。
「Natilla(ナティージャ)」です。
なんて言うことない、カスタードクリームのシナモンかけですが、これがとってもおしく感じられました。

そして、やはり夜になると足が痛くなる支配人。
よたよたとアルベルゲまで歩いて帰りました。

この日は寒い夜でした。
ここのアルベルゲには、一人1枚ずつ毛布があったのですが、たった3人しかいませんから、私たちは3枚使い、寝袋にくるまって眠ることにしました。

では、お休みなさ〜〜い。眠い(睡眠)

Carrión de los condesまでの強行軍

Frómistaの町でお昼を食べた後、もうひと頑張りできそうなので、昨日泊まったアルベルゲ(巡礼者用宿泊施設)の人に聞いた、アルベルゲがやっていると言う「Villalcázar de sirga」の町を目指します。

IMG_2693_1.jpg
Frómistaの町を出ると、今度は県道に沿った、やはり麦畑の中を通る単調な道が続きます。
しかし、巡礼路は道の脇にちゃんと作られているので、車に気お付けなくてもよいのがうれしいところですが・・・

IMG_2696_1.jpg
本当に単調だな〜〜。

IMG_2697_1.jpg
Frómistaから歩くことおよそ14Km、「Villalcázar de sirga」の町が見えて来ました。
さあ、今日はここまで全部で27.5Kmも歩いたので、ここに泊まってゆっくりできるぞ〜〜〜。手(チョキ)
何しろ、ここのアルベルゲ(巡礼者用宿泊施設)は、出発前に「Itero de la vega」のアルベルゲの人に、「やっている」と確認していますからね。


とっ、ところが・・・・・・exclamation×2!!!!

町の入口の広場で、老人たちがベンチに腰掛けてくつろいでいました。
世間話でもしているんだろうな〜〜、と言うようなのどかな雰囲気でしたが、その中の一人が私たちに気が付いて、大きな声で言いました。
「アルベルゲはやっていないぞ!!。」どんっ(衝撃)

なっ、なんだって・・・・・
だって、Itero de la vegaの人がやっていると言っていたもの。
と言っても、やっていないものはやっていないんです。

もう27.5Kmも歩いたんですよ、私たち。
どうしよう・・・・

そうだ、町に「Hostal」があると地図に書いてある!!。
今日はそこに泊まろう!!。
と、Hostalを探します。

それは開いているBARに併設されていました。

さっそく中へ入りましたが、マスターは奥に居て、出て来ません。
そこで、カウンターで「葉巻き」を吸っていた、まるでマフィアの親分の様な雰囲気のおじさんに聞きました。
「マスターは居るの?。」
すると、雰囲気と違って、とても親切に、呼んできてくれました。

マスター曰く・・・「満室だよ。」
なんだって、こんなオフシーズンに!!。
「部屋は3つしかないんだ。今日は巡礼者が既に3組、チェックインしてしまっているからね。」・・・だって。

とほほほほ〜〜〜もうやだ〜(悲しい顔)
と、途方に暮れていると、さっきのマフィアの親分さんがドスのきいた低い声で言いました。
「Turismo rural」(トゥーリスモ・ルラールと言う、いわば民宿の様な宿)があるので、聞いてみたらどうだ。・・・
と言うのです。
場所が分からないと言ったら、連れて行ってやるよ・・・と、私たちをBARから連れ出しました。

町はずれの民宿にやってきた私たち。
入り口の鍵は閉まっています。
「おかしいな?。」と葉巻を吸いながら親分さんが言いました。
近くに車の修理屋さんがあり、人が居たので、親分さんが聞いてくれました。
すると・・・
「宿の主人は用事で出かけているみたいだ。あと30分から1時間すると帰ってくるらしいので、待ってみるか?。」
「ええっ!でも、確実に帰ってくるんですかねえ?」
「う〜〜む、わからん。」と親分さん。

帰ってこなかったら、私たちはどうなるの????

親分さんは言いました。
「この先6KmでCarrión de los condesの町がある。そこは大きな町だから、必ずアルベルゲ(巡礼者用宿泊施設)やHoterがあり、泊まれるぞ。歩くと大体1時間半はかかるけれどな。」

そして決断しました。
よしっ!!歩こう・・・・どんっ(衝撃)
先行している皆も歩いていることだし・・・
そして県道沿いだし・・・

マフィアの親分さんに、ありがとうございます。とお礼を言って私たちは出発しました。
「良い巡礼をな!」と親分さん。
本当にみんな親切にしてくれて、ありがたいです。

IMG_2698_1.jpg
そしてまた歩きはじめました。ダッシュ(走り出すさま)
時間はもう午後5時を回るころでしたが、2日前の10Kmよりはましですからね。

IMG_2701_1.jpg
次第に暗くなっていきます。
でも、今回は県道沿いだから、なんだか気が楽ですよ。るんるん
道もいいし。

IMG_2702_1.jpg
町に入るころ、もう真っ暗になっていました。

IMG_2703_1.jpg
町に入り、アルベルゲ(巡礼者用宿泊施設)へと向かいます。

この町にはアルベルゲは2つあり、私たちはかなり疲れていたので、手前の方に入りました。
部屋には1人しかいない!!。
皆もう一つの方に行ってしまったみたいです。
でも、そのもう一人の人は、ほぼスタート地点から一緒くらいに歩いていた、寡黙なドイツ人のおじさんでした。
彼も私たちがやってきて、ホッとしている模様です。
だって、ここは教会のアルベルゲなので、重厚な石造りで、広いです。
そこへたった一人だと、なんだか寒いし寂しいもんね。

まだまだ続く麦畑

11月19日(月)、まだまだメセタの台地の麦畑が続きます。この日、アルベルゲ(巡礼者用宿泊施設)の人の話によると、「Villalcázar de sirga」という村のアルベルゲはやっていると言います。その手前は「Frómista」と言う町で、そこだとこの日は14Kmしかないので、その村まで行こうと思います。

IMG_2678_1.jpg
「Itero de la vega」の村を朝出発します。
この日は一面に霧がかかる天気でした。

昨日の夜はかなり足が痛かった支配人。もうやだ〜(悲しい顔)
でも、ぐっすり寝て、朝になると歩けるから不思議です。手(グー)
今日も一日、頑張るぞ〜〜〜。

IMG_2679_1.jpg
霧の中の村を進みます。

IMG_2682_1.jpg
次第に晴れ晴れてくる霧・・・・

IMG_2685_1.jpg
やがて、霧の中の晴れ間から、一本道の麦畑の中を突っ切る巡礼路が見渡せてきました。
今日もまたこれか〜〜〜!!!。もうやだ〜(悲しい顔)
と少しうんざりぎ見です。
景色は綺麗なんですけどね。

IMG_2687_1.jpg
晴れたり、霧がかかったりの中、単調な道が続きました。

IMG_2689_1.jpg
10時くらいになると、なんだかお腹がすいてきちゃった・・・モバQ
そこで、非常食用のパンを食べます。手(グー)
イタリアから持って歩いていた美味しいオリーブオイルのオルチョサンニータは、3日ほど前になくなってしまいましたから、現地で小さいのを調達しました。手(グー)
でも、非常食を食べてしまっては、「非常」の時には役に立ちませんよねえ。モバQ
ちょっと反省!!。

IMG_2690_1.jpg
18世紀半ばから19世紀前半にかけて建設された「カスティージャ運河」に出ました。
道はしばらく、「Frómista」まで、運河沿いを進みます。

IMG_2691_1.jpg
Frómista近くまで来たけれど、まだ少し霧が晴れませんね。

IMG_2692_1.jpg
出発から14Km歩いて、Frómistaの町に着きました。
ちょうどお昼時でしたが、なかなかレストランは見つかりません。もうやだ〜(悲しい顔)
でも、ちょうど通りかかった所に、ピザの看板が出ているBARを発見、そこで食べることにしました。
出されたものは、冷凍ピザでした。
写真の目の前にある赤い大きいのは「冷凍庫」です。
注文すると、BARのおばさんがその冷凍庫をおもむろに開け、冷凍になったピザを出して、オーブンで焼きました。
あ〜あ〜あ^^、これかあ〜〜!!!
残念なお昼です。

すごく久しぶりの「銀河のほとり」

今日は、本当に久しぶりに須賀川にある自然食レストラン「銀河のほとり」に出かけました。

IMG_3765_1.jpg
今日は、オリーブオイルの朝倉さんと用事があったので、ご一緒しました。

IMG_3763_1.jpg
盛り合わせ定食です。
ここは玄米ご飯と味噌汁がおかわり自由なので、たくさん食べたい私にとっては「天国」です。

IMG_3766_1.jpg
ケーキまで食べちゃった・・・・・モバQ
ココアのケーキです。
だって、久しぶりだもんね。

IMG_3767_1.jpg
ケーキは2種類ありました。
こちらはインゲン豆やナッツがぎっしり入ったパウンドケーキです。
どちらもおいしかったです〜〜。
もちろん定食も・・・・