2013年01月30日

コンポステーラのべジ・レストラン

12月1日(土)、「Santiago de compostela」の大聖堂でのミサの後、私たちは歩いてそれほど遠くないところにあるベジタリアンのレストラン「Elefante」にお昼を食べに行きました。

IMG_2993_1.jpg
像のマークの看板が目印の「Elefante」。猫
でも、お店の名前が文字で書いてないので、少し戸惑ってしまいましたが・・・・

IMG_2986_1.jpg
ここのレストランは、ベジタリアン、ビーガンと、普通食の人が一目でわかるように、メニュー表にその印が付いています。
そして「セットメニュー」はなく、色々ある中から選ぶアラカルト方式です。

最初に出て来たのは「カボチャのスープ」。
これは食事をするお客さんへのこのお店のサービスでした。ぴかぴか(新しい)
もちろんべジですよ。手(チョキ)

IMG_2988_1.jpg
何とひらめきメニュに「Tempura verduras(テンプラ・ベルドゥーラス)」と言うのがあるではないですか・・・・・どんっ(衝撃)
要するに「野菜天婦羅」と言うことですよ、これは。
そこでさっそく頼みました。

すごいテンコ盛り!!。がく〜(落胆した顔)
少し甘いバルサミコソースがかかっています。
醤油にして欲しい!!・・・あせあせ(飛び散る汗)
椎茸、ピーマン、ナス、ニンジン、ブロッコリー、トマト、ズッキーニ、赤ピーマン、玉ねぎの天婦羅とともに、真ん中にグリーンアスパラがつっ立ててあります。がく〜(落胆した顔)
豪快な盛り付けですね。

IMG_2990_1.jpg
結構大盛りの天婦羅でお腹いっぱいくらいだけれど、すでに頼んでしまったメインディッシュがありました。もうやだ〜(悲しい顔)
「ファラフェル」です。
ファラフェルは、中近東の料理で、ひよこ豆のコロッケです。
そのコロッケにご飯が付いています。
もうすごくお腹いっぱいです。どんっ(衝撃)

IMG_2991_1.jpg
少しここでゆっくりしたので、食後にコーヒーを飲みました。

IMG_2992_1.jpg
賑わうレストラン「エレファンテ」。

IMG_2995_1.jpg
お腹いっぱいですが、ゆっくりと散歩しながら、ホテルまで歩いて帰ることにしましょう。
コンポステーラの町は美しい町ですからね。ぴかぴか(新しい)

IMG_2996_1.jpg
帰る道すがら、この町の名物お菓子を買いました。
日持ちするので、巡礼記念にと売っているもので、「Torta de santiago(トルタ・デ・サンティアゴ)と言います。
アーモンドたっぷりのタルトで、巡礼の印の十字架が、「粉砂糖」で描かれています。
かなり甘そうだけれど、やはりそれは巡礼記念ですからね。
一番小さいのを買って、ホテルで食べることにしました。

「Santiago de compostela」

12月1日(土)。この日から12月に入りました。昨日Leónから列車に乗って夜に「Santiago de compostela」に着いた私たち。この日の朝、巡礼の目的の一つである、「カテドラル(大聖堂)」を訪れました。ここにはキリストの弟子の一人の「聖ヤコブ」の遺体が埋葬されています。

IMG_2976_1.jpg
朝のコンポステーラ大聖堂。ぴかぴか(新しい)
美しい佇まいです。


IMG_2969_1.jpg
支配人の足の回復はゆっくりで、まだ荷物を担ぐことができません。もうやだ〜(悲しい顔)
そしてストックを使いながら、ペンギン歩きでよたよたと歩いています。

ストックを使いながら、ゆっくりと階段を上る支配人。

IMG_2971_1.jpg
「Santiago de compostela」のあるスペインの北部の「ガリッシア州」は、独自の文化を持っています。
ここの民族楽器の「ガイタ」(バグパイプ)を演奏するストリートミュージシャン。るんるん
少し物悲しい旋律が、大聖堂の広場にこだまします。
なんだか今の私の心情を表しているように感じ、しばしの間、聞き入っていました。


IMG_2980_1.jpg
大聖堂の中に入ります。
残りの300Kmは鉄道で移動したとはいえ、私たちは巡礼路を約500Km近く歩いてここまで来ました。
支配人も良く頑張ったな〜〜〜。
えらい!!手(グー)

間もなく「ミサ」が始まります。


IMG_2981_1.jpg
時間は12時。
荘厳なパイプオルガンの響きと共に、ミサが始まりました。
今まで歩いてきた巡礼路の風景が、走馬灯のように蘇えります。
そして、長く一緒に歩いてきた巡礼仲間たちの顔も浮かびます。
今頃はまだここに向かって歩いている頃です。
途中の難所「セブレイロ峠」では、ドカ雪が降ったとテレビのニュースで伝えていました。
今頃しんどい思いをしていないだろうかと心配です。

しかし、ここまで私たちが来れたという満足感もありました。
そして素晴らしい体験をすることができました。・・・と言うか、させていただいたんですね、巡礼路の神様に。
巡礼路は神の道でもあります。
多くの気付きを私たちに与えてくださいました。
本当に感謝しています。
ありがとうございます、神様とここに祭られている「ヤコブ様」
そして私たちをやさしく迎えてくださった巡礼路に住む住民の人たち。

みんな〜〜〜、本当にありがとうね。!!!


IMG_2966_1.jpg
ミサが終わり、晴れ間の広がる大聖堂。
美しい佇まいです。

この後、私たちはスペインの一番西、その昔「地の果て」とされていた大西洋を望む「Fisterra(フィステーラ)」まで、バスで行こうと思います。
本当の巡礼の最終地点はそこなんですから・・・・。

ホウレンソウだらけのキッシュ

昨日、「ホウレンソウだらけのキッシュ」を作りました。手(チョキ)

IMG_3780_1.jpg
すごい、ホウレンソウだらけ!!。どんっ(衝撃)
それに甘めの人参ソースをかけていただきます。わーい(嬉しい顔)
実はこれ、タンボ・ロッジの朝食に作りました。

実は、昨年末のスペイン旅行で、バルセロナのベジタリアン・レストランで食べたものを真似したやつなんですけれど・・・ね。猫

IMG_3615_1.jpg
これがオリジナル。
卵がつなぎですが、タンボ・ロッジでは卵を使いませんから、別なつなぎを使いました。手(チョキ)
posted by 料理長 at 09:42| Comment(0) | TrackBack(0) | マクロビオティック料理