2013年01月31日

巡礼が終わる日

12月2日(日)、歩き始めてから29日目に、長かった私たちの「巡礼の旅」が終わりました。

IMG_3026_1.jpg
ついに、私たちの「Camino de Santiago(カミーノ・デ・サンティアゴ)」(サンティアゴ巡礼)が終わる日がやって来ました。手(グー)
巡礼路0.00Kmの標識に立つ支配人。

Fisterraの町の先3Kmに、「Cabo Fisterra(カーボ・フィステーラ)」(フィステーラ岬)があります。
そこが本当の巡礼の終着地点です。
ヨーロッパの地の果てと思われていたこの場所。
スペイン最西端にあたります。

この岬へは、フィステーラの町から3Kmの緩い登りを行かなければいけません。
と言うことは、帰りも考えると、往復6Kmの道を歩くことになります。
しかし、今の支配人はそんなに歩けないんです。
まだまだ足が痛いですから・・・・
だから、行きだけはタクシー車(セダン)で行こうとしました。

お昼を食べたレストランのセニョールに、「タクシーを呼んで欲しい」とお願いしました。
セニョールは気軽に電話してくれましたが、どうやら日曜日なので、お休みしているみたいです。がく〜(落胆した顔)
セニョールは言いました。
「今日は日曜日なので、タクシーはいないみたいだね。でも、後10分待っていてくれるか?。」
その10分と言うのがなんだかわからなかった私達。exclamation&question

しかし、10分後、私服に着替えたセニョールが、「さあ、行こう!!。」と言います。
???と思いながらついていくと、店のすぐ前に止めてある自分の車に乗れと言います。車(セダン)
セニョールは言いました。
「今日は日曜日なので、タクシーがないから、岬まで送ってあげよう。あなたは足が痛いんだろう?。」

ひらめきどうやら後10分とは、彼の勤務時間が終わるまで待てと言うことだったみたいです。

岬に着いた車を降りようとした時に、セニョールが言いました。
「ここで待っているから、好きなだけ散策してきなさい。」と。
しかし、帰りは緩い下りだし、支配人もペンギンの様な歩き方だけれど、3Kmなら歩けそうだし、最後くらいは巡礼路を歩きたいですからね。
そのことを彼に伝えると、「そうか、気お付けてね。」と帰ろうとしました。
「あっ、お金を払います・・・・」と言う私にセニョールは、
「俺はタクシーじゃないから、要らないよ。」・・・・
そっ、そんなあ〜〜〜。
「ガソリンも使ったし、ほんの少しだけだけれど、払わせてください。」
と私。
いらないと言うセニョールに、無理やり€5を渡しました。
たぶんタクシーだと€20くらいはかかると思いますが・・・・

巡礼路の最後の最後まで、地元の人に親切にしていただいた私達。
なんだか涙が出てしまいました。もうやだ〜(悲しい顔)

IMG_3025_1.jpg
フィステーラの灯台です。
遥か大西洋を見下ろしています。
ここを目指して、私達はずいぶんと長い距離を歩き、最後は鉄道やバスを使ったけれど、はるばるやってきたんですね。

IMG_3023_1.jpg
灯台の先の岩場から、大西洋を眺めます。
思えば遠くに来たものです。
巡礼路の出来事が次から次へと思い出されます。
一緒に歩いた人たちは、今頃どうしているだろうか・・・
そしてここまで来れた私達。
じわ〜〜〜と涙ぐんでしまいました。もうやだ〜(悲しい顔)
そして、この海の先には、いつもよく行く南米大陸やアンデスがあるんだな〜〜〜、と思うと、感慨もひとしおです。

IMG_3022_1.jpg
たまにはわたしも写真に写ろうかな〜〜。
本当に今日は最終日なんですから、巡礼の。

IMG_3024_1.jpg
灯台の南側を歩く支配人。
南にある対岸がが見えています。

IMG_3030_1.jpg
岬からの帰り道、巡礼路最後の水場でお水を飲みました。
こう言う泉に助けられた巡礼でもありましたからね。

IMG_3032_1.jpg
帰り路から見る、スペイン最西端の岬の夕暮れ。

IMG_3034_1.jpg
フィステーラの町に戻って来ました。
綺麗な海に飛び込んで、泳ぎたい気分でしたが、さすがは今は冬。
やめておきました。

IMG_3042_1.jpg
静かで美しい夜のフィステーラの町。
ここで私達の「サンティアゴ巡礼の旅」が終わりました。

地の果て、「Fisterra」へ

12月2日(日)、天気晴れ晴れ。この日は巡礼路の終点である、大西洋を望むスペイン最西端の岬「Fisterra」へ、バスバスで向かいました。
この岬は、ヨーロッパが中世の、まだ「天動説」が主流だった時代には、「地の果て」と思われていた場所で、巡礼者はその地の果てまで行き、そこで今まで着ていた服を焼いて身を清め、過去の自分と決別したと言われています。

IMG_3010_1.jpg
「Fisterra(フィステーラ)」へは「Santiago de compostela」から距離で約86Km、歩くと3日〜4日の距離ですが、支配人の足はまだまだ回復途上にあり、とても歩けないので、私たちはバスバスで行くことにしました。

「Santiago de compostela」のバスターミナルからバスは出発します。

IMG_3011_1.jpg
一番前の席に陣取り、眺めを楽しみながら、うれしそうな支配人。

IMG_3014_1.jpg
ついに「大西洋」が見えてきました。どんっ(衝撃)
海を見たのは、本当に久しぶりです。

IMG_3040_1.jpg
私たちのバスは、Santiago de compostela発10:00、Fisterra着13:00です。
終点のFisterraは美しい港町でした。

宿を決め、時間はちょうどランチタイム!!。
さっそく、海辺のレストランへと向かいました。

IMG_3015_1.jpg
今日のランチは私たちにとって、巡礼者としての最後のランチになるんです。
その記念すべきランチは、「Menú peregrino(巡礼者メニュー)」のあるレストランでいただくことにしました。

前菜はこれです。
「Chipirones en tinta」(ホタルイカのイカスミご飯)
まるでメインディッシュのようですね。がく〜(落胆した顔)
さすがに港町、海鮮料理が色々とあります。

Leónの町で歩きでの巡礼をやめてからは、すべてベジタリアンで通してきたけれど、この日は久しぶりに魚料理です。

IMG_3016_1.jpg
もう一つの前菜は、例によって「ミックスサラダ」。
この2つの前菜を、2人で半分ずつ食べました。

IMG_3018_1.jpg
メインディッシュは、巡礼中にさんざん食べた「メルルーサ」。
しかも「特大」どんっ(衝撃)どんっ(衝撃)
なんだか巡礼の最後を飾るにふさわしい感じですよ。

小麦フリー、カスタードクリームのチョコロールケーキ

昨日は米粉を使って、「小麦フリー」の「カスタードクリームのチョコロールケーキ」を作りました。
もちろんベーキングパウダーも使っていませんよ。
チョコロールとはいっても、「キャロブ」を使っているんですけれど・・・・

IMG_3787_1.jpg
posted by 料理長 at 09:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 米粉のスイーツ&パン