2013年02月05日

ポルトの夜の風景

世界遺産の町「ポルト」。冬のこの時期は、日が暮れるのも早いので、夜の散策がおお勧めです。美しいポルトの夜景を、フレスコ画調の写真でお楽しみください。

IMG_3251_1.jpg

IMG_3252_1.jpg

IMG_3253_1.jpg

IMG_3254_1.jpg

IMG_3256_1.jpg

IMG_3257_1.jpg

世界遺産の町、ポルトの風景

世界遺産にもなっている美しい町「ポルト」。そんな町を満喫しましょうね。ちょっと「フレスコ画」調に写真を加工して遊んでみました。

IMG 3214_1.jpg
「ドロウ川」の向かい側から見た、ポルト旧市街

IMG 3218_1.jpg
ドン・ルイス1世橋の上から見たドロウ川とポルトの町並み。

IMG_3178_1.jpg
カテドラルから見た、ポルトの旧市街。

IMG_3196_1.jpg
ドロウ川にかかる「ドン・ルイス1世橋」の下の段から見た、ポルト旧市街。

IMG_3200_1.jpg
ワインの原料をドロウ川の上流から運んだ船。

IMG_3202_1.jpg
ワイナリー地区の細い路地。

IMG_3212_1.jpg
ドロウ川から見た、ポルト旧市街。

ポルトのワイナリー

ポルトガルの「ポルト」と言えば、「ポートワイン」の産地で有名です。旧市街のから「ドロウ川」をはさんだ向かい側に、ワイナリーの密集地帯があるんです。そこを訪ねてみました。

IMG_3190_1.jpg
旧市街の中心部から、細い路地の急坂を下ります。
まだまだ足が痛い支配人にとって、ちょっとした難所ですが・・・・たらーっ(汗)たらーっ(汗)

IMG_3191_1.jpg
階段になっている坂を降り切ると、ドロウ川の岸辺に出ます。
そこにはポルト名物の「ドン・ルイス1世橋」が掛かっています。
その2重構造の橋の下を渡ると、ワイナリーの密集地帯です。バー

IMG_3199_1.jpg
ワイナリーの前を行く支配人。

IMG_3205_1.jpg
ちょっとここで、本場ポートワインのテイスティングができる所に寄り道しましょう。バー

IMG_3207_1.jpg
2種類選んで・・・
さて味見・・・
うれしそうな支配人。わーい(嬉しい顔)

ポートワインは、まだ発酵途中の甘いワインに、度数の強いアルコールを入れて発酵を止めた、「酒精強化ワイン」です。
だから、結構甘口。
しかし、度数は強いですからね。
あまり飲むと酔っぱらいますよ、バー支配人さん!!。猫

IMG_3208_1.jpg
大きな醸造用の樽!!。

テイスティング出来て、結構満足しました。
ただでさえ足がまだ痛いから、酔っぱらってこけないようにね、支配人殿。犬
なんだかもう顔が赤いかも・・・・・!!

2013年02月04日

アズレージョ

ポルトガルには「アズレージョ」と呼ばれる装飾タイルがあるんです。それは伝統工芸品で、本当にあちこちで見かけることができるんです。特に雨の多い北の地方では、その雨から家を守るために、外壁に使われていて、それがとても特長ある街並みとなっているんですよ。では、ポルトのアズレージョを訪ねましょう。

IMG_3164_1.jpg
「カルモ教会」の見事なアズレージョの外壁。

IMG_3169_1.jpg
鉄道の「サン・ベント駅」の構内にも、素晴らしいアズレージョが・・・・

IMG_3179_1.jpg
カテドラルの広場から見下ろした家にも、アズレージョが外壁に使われています。

IMG_3232_1.jpg
こちらも見事な「アルマス礼拝堂」のアズレージョ。

IMG_3236_1.jpg
アルマス礼拝堂のアズレージョは、ひときわ綺麗な青色で、目を引きました。

IMG_3241_1.jpg
夜の「カルモ教会」とアズレージョ。

ポルトの市電と地下鉄

ポルトガルは、新しい物と古い物が共存する楽しい国です。それはここ「ポルト」でも同じ。古い時代の路面電車と新しい地下鉄に乗りました。(私は結構鉄道好きなもんで・・・モバQ

IMG_3171_1.jpg
電車朝のポルトの中心街を行く市電。

IMG_3173_1.jpg
上り坂を登って行きます。

IMG_3174_1.jpg
旧市街の風情のある町中を走る市電。

IMG_3239_1.jpg
町中を走る市電。

IMG_3264_1.jpg
こう言う「違法駐車」があると、市電は通れませんね。
こら〜〜〜!!パンチ
運転者が現れるまで待たなければいけません。もうやだ〜(悲しい顔)

IMG_3183_1.jpg
ポルトの旧市街のを、「ドロウ川」目指して降りて行くと、そこは超近代的な大きな橋「ドン・ルイス1世橋」が川を跨いでかかっています。
この橋は、上下2段式になっていて、上の方に「地下鉄」が走っています。電車(もちろん歩行者も歩けますよ。)

IMG_3213_1.jpg
橋の下から見ると、すごく立派ですね。
上を走る「地下鉄」。

IMG_3195_1.jpg
橋の横にはこんな面白いケーブルカーまであります。
途中で傾斜の角度が変わるので、「蛇腹式」になっていますよ。!!

IMG_3222_1.jpg
「地下鉄」と言っても、町の中心部を抜けると、地上を走ります。電車
「ライトレール」といった風情ですね。

IMG_3224_1.jpg
「地下鉄」に乗って、「ドン・ルイス1世橋」を渡ります。
眺めが良くて気持ちがいいですよ〜〜。手(パー)

ポルトのベジタリアン・レストラン

ポルトガル北部の都市「ポルト」。この町にもベジタリアン・レストランがありました。着いたばかりの私たちは、ホテルを決めて荷物を置き、さっそくお昼ご飯を食べに行きました。手(チョキ)

IMG_3144_1.jpg
ポルトの旧市街の中心部にあるホテルから、ベジタリアン・レストランまでは、坂を上り、少し歩かなければいけません。ふらふら
しかし、支配人の足のリハビリも兼ねて、ゆっくりと歩いていくことにしました。あせあせ(飛び散る汗)

途中に美味しそうなお総菜とお菓子の店が・・・・・たらーっ(汗)たらーっ(汗)
食べたそうな支配人!!。あせあせ(飛び散る汗)
欲しいな〜〜〜、と、顔に書いてありますよ!!。

IMG_3146_1.jpg
支配人のゆっくりな歩きで約30分。
ベジタリアン・レストランに到着しました。
「Nakité」と言う名前のレストランです。

IMG_3147_1.jpg
鰻の寝床のような細長い店内です。

IMG_3148_1.jpg
メニューはやはり「ポルトガル語」!。(当たり前ですが・・・モバQ
でも、セイタンとか豆腐とか、結構わかるぞ、これは・・・・手(グー)

IMG_3153_1.jpg
まずは「炭酸水」を頼みました。
これって、実は私は大好きです。!!どんっ(衝撃)

IMG_3152_1.jpg
スープから行ってみましょう。
カボチャのスープです。

このお店はベジタリアンと言っても、卵も乳製品も使わない「ビーガン」の料理です。
これはありがたいですよ。手(グー)

IMG_3154_1.jpg
雑穀入り全粒粉のパンと、「フムス」(ひよこ豆のディップ)。
バター替わりにパンに付けて食べると、これがまたおいしいんだな〜〜。るんるんるんるん

IMG_3155_1.jpg
豆腐とマッシュルームとサラダが付いた、「本日のメインディッシュ」。
ここでも豆腐が使われています。

IMG_3156_1.jpg
こちらが、キドニービーンズと青菜の煮込みとサラダとご飯の「本日のエコノミー・メインディッシュ」。
両方とも、すごくあっさり系でおいしいです!!。わーい(嬉しい顔)

お昼はここまでで、2人で€16.4でした。
なんだかスペインよりも物価は安いですよ、ポルトガルは・・・・

IMG_3244_1.jpg
なかなかおいしかったので、夜も食べに行っちゃいました。モバQ
セイタン(小麦蛋白)とマッシュルームの煮物と、玄米ご飯にビーツと人参とレタスのサラダが付いています。

サラダには、あのおいしい「ザクロ」が散らしてありますよ。!!るんるんるんるん

IMG_3249_1.jpg
そしてこちらは「豆腐入りビーガン・ピザ」。
茄子、ズッキーニ、マッシュルーム、赤ピーマンと豆腐が「具」です。
生地は全粒粉でできています。
ベジチーズがかけてあったらさらにおいしいのにな〜〜〜。
だけど、なかなかおいしくいただきましたよ。わーい(嬉しい顔)

まだまだ数は少ないけれど、こういうレストランがあると、本当に助かります、私達は。手(チョキ)

ポルトガル入国

12月6日(木)、この日はやっと「ポルトガル」に入ります。まずは北の都市「ポルト」を目指して、朝早い列車で出発しました。

IMG_3138_1.jpg
まだ夜が明けない早朝の「Vigo駅」。
早朝と言っても、列車は午前7:46発です。どんっ(衝撃)
このVigoから南下するのですが、こことポルトガルは「時差」が1時間あります。
ポルトガルはここより1時間遅れなので、列車は朝の6:46発と言う感じになるんですね。

IMG_3170_1.jpg
まずはスペインとポルトガルとの国境の町「Valenza」までチケットを買います。
チケットを見ると面白いです。
出発時間(SALIDA)が7:46。
到着時間(LLEGADA)が7:33。
時間が戻っていますよ、これ。がく〜(落胆した顔)
タイムマシンみたいなチケットだな〜〜。
時差で1時間得すると言う感じですからね。

IMG_3139_1.jpg
ポルトガル側へ入りました。
パスポートのチェックも何もなし!!。exclamation×2
ただ、車掌さんがポルトガル側のチケットを売りに来るだけです。

IMG_3140_1.jpg
ポルトガル時間で10:10に、ポルトの「カンパニャン駅」に着きました。(15分遅れ)

ポルトガル語はスペイン語にかなり似ているので、わかると思っていた私・・・。
しかし、「鼻母音」が多いので、聞き取れないです!!。
書いてあるとだいぶ分かるのだけれど、「ほにゃららら〜〜〜」の世界に来てしまった!!!
どっ、どうしよう・・・あせあせ(飛び散る汗)あせあせ(飛び散る汗)
しかし、ポルトガルの人はほとんどスペイン語が分かる見たいですので、「私スペイン語しか話せません」と断ってから話すと大丈夫です。手(グー)

IMG_3141_1.jpg
ポルトには地下鉄があるんです。
その地下鉄に乗り、町の中心部を目指します。
支配人はまだストックが手放せません。
荷物も担げないし・・・・
足の回復はかなりゆっくりペースですが、それでも少しずつ良くなっているので、ホッとしています。

2013年02月03日

Vigo散策

お昼をベジタリアン・レストランでしこたま食べた私達。ホテルで少し休んでから、せっかくだからこのVigoの町を散策しました。だって、もう巡礼は終わっているので、あまり歩かないですからね。少しはお腹を減らさなくちゃ!!。

IMG_3097_1.jpg
Vigoの歩行者天国のショッピング通りへと向かいます。
支配人はまだ足が痛いので、ゆっくりしか歩けません。もうやだ〜(悲しい顔)
普通に歩けたら、ショッピングに精を出しそうですよ!!。どんっ(衝撃)
危ない危ない!!。たらーっ(汗)たらーっ(汗)

IMG_3100_1.jpg
少し小高い所からは、大西洋が見えました。

IMG_3134_1.jpg
夕方は雨がちとなりました。雨
夕食用のパンを買いに出かけます。

IMG_3135_1.jpg
次第に夕闇に包まれていきます。

IMG_3136_1.jpg
もうクリスマスが近いんですね。
イルミネーションが綺麗です。ぴかぴか(新しい)

さて、明日はいよいよ国境を越えて、ポルトガルに入ります。
朝早い列車しかないので、明日は早起きあせあせ(飛び散る汗)!!
今日は早めに眠ることにしましょう。眠い(睡眠)

Vigoのベジタリアン・レストラン(2)

12月5日(水)は、スペインの北西、ポルトガルとの国境に近い港町「Vigo」に滞在することにしました。と言うのも、前の日に行ったベジタリアン・レストランがとてもおいしかったので、その近くにあるもう1軒の方も行ってみたくなったからなんです。

IMG_3106_1.jpg
昨日のベジタリアン・レストラン「Curcuma」から歩いて数分の所に、「Albahaca(アルバーカ)」と言う名前のベジタリアン・レストランはありました。
(バジルと言う意味です。毛糸がとれるアンデスの家畜「アルパカ」じゃないよ。あせあせ(飛び散る汗)

IMG_3109_1.jpg
さっそくお店に入ります。
まだ足が痛い支配人。
座るときに「痛ててててっ!!」あせあせ(飛び散る汗)あせあせ(飛び散る汗)
ストック使いながら歩いているし、スタッフの人に、すぐに「巡礼者でしょ!。」と、ばれてしまいました。たらーっ(汗)たらーっ(汗)

IMG_3112_1.jpg
ここにはなんと「ノンアルコールの黒ビール」がありました。
さっそく注文しちゃったもんね。ビール
結構おいしいですよ。ビール

IMG_3114_1.jpg
このお店もメニュー表の中から選ぶ「アラカルト」方式です。
まずは前菜に、ショーケースに置いてあった「Empanada(エンパナーダ)」がおいしそうだったので、頼んでみました。

IMG_3115_1.jpg
平べったいけれど、中身がこんなに入っているんですよ!!。どんっ(衝撃)
野菜の煮物、細かく切った昆布なんかが入っていて、すごくおいしいです。手(グー)

IMG_3116_1.jpg
パンも、全粒小麦でできていて、「亜麻の実」がたっぷりと入っています。わーい(嬉しい顔)

IMG_3117_1.jpg
さて、まずはサラダです。
スタッフのおじさんは、「量が多いから、ハーフのやつで良いんじゃない??。」と言うけれど、やはり野菜たっぷり食べたいもんね。
レギュラー盛りを頼みました。
すると・・・結構な大盛り!!。どんっ(衝撃)
野菜大好きな私達にはとてもうれしいですけれど・・・・

アボカドやバナナにカボチャの種、りんご、そして胡桃まで入っていますよ。
すごく満足度の高いサラダです。るんるん

IMG_3121_1.jpg
一つ目のメインディッシュはこれ。
茄子の詰め物「Berenjenas rellenas」です。
茶色いアスパラガス、キノコ、ゴマと豆腐が入っていますが、豆腐がすごく固めで、肉のような食感です。
昨日のお店の同じ「茄子の詰め物」と、同じ名前でも、全然違う料理になっていますよ。ぴかぴか(新しい)
これはおいしいです。

IMG_3123_1.jpg
さて、2つ目のメインディッシュはこちら。
「Vol‐au-vent」と言う名前ですが、意味はわかりません。
たぶん「ガリッシア語」だと思います。(ガリッシア語とは、スペイン北西部の独特の言葉です。)
説明書きを読むと、「にんじん、しいたけ、玉葱、セイタンとヨーグルトソース入りパイ包み」と書いてありました。
中はクリーム状で、少し酸味があり、とてもおいしかったです!!。わーい(嬉しい顔)

IMG_3127_1.jpg
例によって、「Café con leche」(ミルクコーヒー)を食後にいただきました。

全部おいしかったです。手(グー)
個人的な感想ですが、昨日の所よりはこちらの方が好みです。るんるん
滞在を1泊延ばしてよかった!!。るんるんるんるん

IMG_3131_1.jpg
お店のスタッフと記念撮影です。
おじさん、ベジタリアンの割には、「メタボ」系の体系ですねえ。!!

美味しかったし楽しかったです。
ご馳走様でした・・・・。

ドライ・アップルの大量生産

今シーズン最後であろう、超低農薬のリンゴを20Kgも取り寄せました。
それらをすべて、「ドライ」にしてしまおうと言う算段です。

今年は「皮」を剥きました。
剥くと、「パン」に入れたりスイーツに入れたりと用途が広がりますからね。手(グー)

IMG_3797_1.jpg
タンボ・ロッジの薪ストーブの真上の天井は、びっしりと並んだリンゴで大賑わいですよ。
posted by 料理長 at 15:56| Comment(0) | TrackBack(0) | タンボ・ロッジの加工品