2013年02月02日

Vigoのベジタリアン・レストラン(1)

Vigoに着いた私達。実は鉄道駅が新しくなり、以前の場所から移転していました。昔の駅のが書かれた地図を持っていたので、少し手間取ってしまいましたが、ホテルを見つけ、チェックイン!!。

IMG_3081_1.jpg
さて、少し手間取ったおかげで、時間は午後2時近くです。
しかし、ホテルから一番近いベジタリアン・レストランは、すぐに見つかりました。手(チョキ)
さっそく入って、食べることにしましょうね。

IMG_3086_1.jpg
このレストラン、「Curcuma」と言う名前です。
お昼のセットメニューはなく、メニュー表に出ている中から選ぶ方式です。

まずは野菜たっぷりのサラダから頼みました。
「Ensalada del dia」、本日のサラダです。
これ、一人分ですよ。
超大盛り!!。どんっ(衝撃)
クスクスがトッピングで乗っています。
キュウリのピクルスも入っています。
薄味で、あっさりしていて、おいしいです。

IMG_3087_1.jpg
こちらは言わずと知れた「コロッケ」です。
中はクリームなので、クリームコロッケと言う感じですね。
真ん中のタルタルソースを付けていただきます。
これもおいしいですよ。

IMG_3089_1.jpg
ではメインディッシュ、行ってみましょうか・・・・猫
「Berenjenas rellenas de verduras y seitan」
茄子の詰め物、野菜とセイタン(小麦蛋白)入りです。
白いソースはマッシュポテトから作ったソースで、緑のソースはバジルの香り・・・・
上にはチーズがかけてあり、オーブンで焼いています。
クリーミーでかなりのおいしさ!!。

IMG_3090_1.jpg
さてもう一つのメインディッシュは・・・・
「Brocheta de tofu」・・・豆腐の串焼きです。
ここでも豆腐が登場です!!。
緑のは茄子の詰め物と同じソースですが、上の方に付いている茶色のものは、なんと「マンゴーチャツネ」!!どんっ(衝撃)
日本やらインドやら様々な味のスパイスが効いていて、おいしいです。手(グー)
串に刺してある、まるでズッキーニに見える茶色いものは、何と、皮ごと刺した「バナナ」の輪切りです。
ユニークな発想ですね。あせあせ(飛び散る汗)
ズッキーニのつもりで食べたら、それがバナナだった・・・・・
たらーっ(汗)たらーっ(汗)驚いちゃった!!。

IMG_3092_1.jpg
最後には例によって、カプチーノを飲みました。

4種類も食べられるのは、2人居るので半分ずつサーブしているからなんです。手(パー)
色々な味を見たいですからね。

IMG_3093_1.jpg
賑わう店内です。
ベジタリアンのレストランが込んでいるのを見るのは、とてもうれしいです。
そして、とてもおいしかった・・・・・

実はこの近くに、もう1軒ベジタリアン・レストランがあるんです。
ここがこのレベルなら、競合するもう1軒もレベル高いだろうと思うと、是非食べたくなってしまいます。
このVigoの町には、1泊のつもりだったけれど、もう1日居ることにしようかな〜〜〜。
だって、今日はお腹いっぱいだから、夕食はホテルでパンをかじるだけで十分だもの・・・・
今までのように、20Kmも歩いていないし・・・ね。モバQ

ポルトガルへの第一歩

12月4日(火)、この日は聖地「Santiago de compostela」を鉄道で出発し、ポルトガル方面へと向かいます。まずはその第一歩として、国境に近いスペインの港町「Vigo(ビーゴ)」へと向かいます。

IMG_3066_1.jpg
さあ、いよいよ本当に巡礼とはお別れです。手(チョキ)
少し寝坊してモバQ、午前11:11発の列車に乗るべく、駅へと向かいます。
このSantiago de compostelaからポルトガルへは直通の列車はありません。もうやだ〜(悲しい顔)
まずはスペイン側の町「Vigo」へ行き、そこからポルトガルの北の都市「ポルト」まで、1日2本の列車があるので、まずはそこを目指します。新幹線

IMG_3077_1.jpg
列車は時間通りにやって来ました。
以外と良い車両なのでにっこり・・・・わーい(嬉しい顔)

IMG_3078_1.jpg
車内も綺麗ですよ。ぴかぴか(新しい)
急行列車ですからね。新幹線

IMG_3079_1.jpg
ビーゴ駅には時間通りに着きました。手(グー)

今日はこの町に1泊します。
事前の調べで、ベジタリアン・レストランが3軒あるのが分かっているので、まず、宿を決めてからそこでランチを食べようと言う算段ですからね。