2013年02月07日

ヨーロッパの最西端「ロカ岬」へ

「シントラ」銘菓「ケイジャーダ」を堪能した後は、ヨーロッパ大陸の最西端の「ロカ岬」へと行くことにしましょう。
実は私、ポルトガルへ来る前までは、スペインの最西端「フィステーラ」=ヨーロッパ最西端・・だと思っていました。モバQだって、巡礼の一番最後に行く「地の果て」ですからね。

IMG_3362_1.jpg
「シントラ」の駅前からバスに揺られて40分、ヨーロッパ最西端の地「ロカ岬」に着きました。
バスを降り、岬へと向かいます。

IMG_3364_1.jpg
最西端の灯台・・・・
スペインの最西端「フィステーラ」の灯台とはだいぶ趣が違いますね。
なんだか「南国」的な風情が漂います。

IMG_3365_1.jpg
そして「最西端」の十字架が立つ岬。

IMG_3366_1.jpg
大西洋です。
まさに「地の果て」・・・
だけれど、あの「フィステーラ」の時ほどの感動はなかったです。
まあ、観光地ですからね、ここは。
それに、結構暖かい「南国」の風情ですから。

どうも「地の果て」とか、「さいはて」なんていう言葉を聞くと、荒々しい海や、きびしい自然を連想してしまいます。(演歌の影響かもしれませんが・・・)
だけど、ここは穏やかで、やさしい海が広がっています。

IMG_3370_1.jpg
でも、こうやって、本当に一番西まで来ることができましたね、支配人さん。
足もすっかり回復したし、うれしいじゃないですか・・・・手(パー)

IMG_3372_1.jpg
一日、思い切り「観光」しちゃいました。
なんだかツアーで来たみたい・・・・

でも、楽しかったです。るんるんるんるん

帰りは「Cascais」までバスで出て、そこからリスボンへ電車で帰りました。電車
楽しい一日観光が終わります。手(チョキ)

シントラ銘菓「Queijada」を食べる

「シントラ」の名物は何と言っても「Queijada(ケイジャーダ)」と呼ばれる「チーズケーキ」。
でも、普通のチーズケーキとは全然違います。

IMG_3359_1.jpg
小さなシントラの町の小さな軽食屋さん。
ここが一番おいしい「ケイジャーダ」を出すと言うので、さっそく行ってみました。手(チョキ)

IMG_3352_1.jpg
まずはお腹がすいていたので(お昼の時間だもん)、食事を・・・猫
最初はスープです。
やはりポルトガル人は、スペインと違ってスープが大好きみたいですね。揺れるハート

IMG_3353_1.jpg
そして私達が食べたのは、「野菜のサンドイッチ」。
ケチャップとマヨネーズが付いてきました。
結構でかいですよ。!!
ベジと言えば、これだけしかないみたいなので、ありがたくいただきま〜〜す。わーい(嬉しい顔)

IMG_3355_1.jpg
さて、コーヒーとお目当ての「ケイジャーダ」!!どんっ(衝撃)
いったいどんな味なんだろうと、興味津々です。猫

IMG_3358_1.jpg
中はこんな感じです。
かなり甘いです。
塩漬けして保存した「カッテージチーズ」を、塩抜きして使うらしいです。
そのせいか、全然チーズ臭くありません。
外の皮はまるで「春巻」の皮が何層にもなっている感じです。
これは「パイ生地」の原型と言われる、中東のお菓子「バクラバ」の生地と同じです。
やはりここにも「イスラム」の影響が・・・・
そして中の感じは、まるで「ゆべし」見たいですよ。がく〜(落胆した顔)
シナモンがたくさん使われていますが・・・・

結構小さいので、甘くてもおいしくいただくことができました。
これ、面白いから真似してタンボ・ロッジで作ろうかな〜〜、もちろんチーズを使わずに・・・ね。手(グー)

Lisboa郊外の小さな町「Sintra」へ

12月10日(月)、この日は「リスボン」から日帰りで、小さな町「シントラ」と、ヨーロッパの最西端の「ロカ岬」に行きました。

IMG_3329_1.jpg
リスボンから西へ約28Km、緑多き山中に、王宮や貴族の別荘などが点在する、世界遺産にも登録されている小さな町が「シントラ」です。
リスボンの「ロシオ駅」から鉄道でやってきました「シントラ」。どんっ(衝撃)

IMG_3330_1.jpg
駅は本当に小さくて、かわいいです。手(パー)

IMG_3336_1.jpg
さて、まずは「ムーア人の砦」と言う、シントラの街を一望にできる遺跡を訪ねました。
すごいいい眺め!!exclamation×2

IMG_3337_1.jpg
シントラの町がまるで「箱庭」のように見えています。

IMG_3345_1.jpg
如何にも「イスラム」っぽい作りの砦です。
かつてイスラムに支配され、そのせいかちょっとエキゾチックなポルトガルやスペイン文化。
私達旅行者は、それが面白いんですね。

IMG_3346_1.jpg
支配人はもうすっかり足は良くなって、こんな険しい砦の階段を、ストックもなしに歩いています。
ほっとするな〜〜。手(チョキ)

ポルトガルの首都Lisboaへ

12月9日(日)、私達は大学の町「Coimbra」がらバスで、ポルトガルの首都「リスボン」へとやって来ました。なぜバスかと言うと、この日も前日に続いて、鉄道のストライキだったんです。も〜〜〜、なんで私達の移動日に、そういうことやるの!!。パンチ

IMG_3296_1.jpg
「セッテ・リオス・バスターミナル」でバスを降り、旧市街の中心部に地下鉄で向かいます。
支配人は足痛がだいぶ回復してきて、ストックを使わずに、しかも荷物を背負って歩けるようになりましたよ。!!手(チョキ)
万歳〜〜〜!!

IMG_3297_1.jpg
ホテルを決め、旧市街で「おのぼりさん」状態の支配人。あせあせ(飛び散る汗)
きょろきょろしていますねえ。たらーっ(汗)たらーっ(汗)

IMG_3311_1.jpg
この町は、なんと「ベンツ」がタクシーですよ。車(セダン)
すごい!!。
手を上げて拾ったタクシーが黒塗りのベンツだったりしたら、ちょっと焦るかも・・・・たらーっ(汗)たらーっ(汗)

IMG_3314_1.jpg
クリスマスが近くなってきたので、イルミネーションが綺麗です。ぴかぴか(新しい)

IMG_3316_1.jpg
なかなかいいですね〜〜〜。わーい(嬉しい顔)

IMG_3323_1.jpg
ヨーロッパの冬の風物詩「焼き栗売り」。
寒い季節に、暖かい焼き栗って、本当においしいですよ。手(グー)

IMG_3324_1.jpg
さっそく買っちゃうもんね。猫

IMG_3325_1.jpg
ほかほかで、甘くてとてもおいしかったです〜〜〜。るんるんるんるん