2013年09月06日

トマトケチャップ作り

今日は7月に続き、トマトケチャップ作りに励みました。ダッシュ(走り出すさま)
今回もこだわりの材料で作ります。手(チョキ)
トマトは、朝倉さんが輸入している、イタリアのめちゃおいしいチェリートマトの瓶詰「丘の上のポモドリーノ」を惜しげもなく使います。
そして甘みはこだわりのオーガニック材料で作る「自家製米飴」。
ハーブビネガーも、半年ほど前に漬けこんでおいた、すべてオーガニックの材料による「自家製ハーブビネガー」。
塩はもちろん自然塩で、伊豆大島の深層海水を使って作った、加藤農園さんの「深層海塩ハイソルト」を使います。
めちゃ贅沢ですね。どんっ(衝撃)どんっ(衝撃)

IMG_5803 コピー.JPG
自家製米飴を煮詰めている横で、「丘の上のポモドリーノ」を裏ごし機「ムーラン」にかけて、種と皮を取り除きます。
そして米飴が煮詰待ったら、裏ごししたトマトを入れて、しばらく煮詰め、自家製ハーブビネガーと自然塩を入れて、味を調えてから、脱気殺菌して瓶詰めします。あせあせ(飛び散る汗)あせあせ(飛び散る汗)

IMG_5805 コピー.JPG
小瓶【225cc入り】で18本できました。
でも、使ったポモドリーノの瓶は何と10本!!。あせあせ(飛び散る汗)あせあせ(飛び散る汗)
なんとも濃厚で、甘さ控えめの、とってもとってもおいしいトマトケチャップになりましたよ!!。わーい(嬉しい顔)
posted by 料理長 at 20:33| Comment(0) | TrackBack(0) | タンボ・ロッジの加工品