2013年10月18日

晩秋の尾瀬を歩く(番外編)

IMG_6102 コピー.JPG
南会津町に、まるで「宝塚」のような土建屋さんがあります。がく〜(落胆した顔)
その名も「星組」!!!わーい(嬉しい顔)
この「星組」は、尾瀬の木道工事の福島県側で大活躍しています。どんっ(衝撃)どんっ(衝撃)
posted by 料理長 at 23:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 登山&温泉&散歩

晩秋の尾瀬を歩く(2)

晩秋の尾瀬歩きの2日目です。

IMG_6096 コピー.JPG
朝の湿原の中にある川に泳いでいる「岩魚」。
国立公園の保護区だから、釣りする人もなく、悠々と泳いでいます。猫

IMG_6099 コピー.JPG
大江湿原の3本トドマツ。
朝霧がかかり霧、すごく綺麗に見えました。わーい(嬉しい顔)

IMG_6106 コピー.JPG
さて、泊まった小屋から歩くこと3時間、「尾瀬ヶ原」に降りてきました。
「至仏山」にも雪が積もっています。
昨日は寒かったからね〜〜。猫

IMG_6111 コピー.JPG
草紅葉の尾瀬ヶ原。

IMG_6112 コピー.JPG
草紅葉の尾瀬ヶ原(温泉小屋付近)

IMG_6118 コピー.JPG
そして、「裏燧林道」の静かな静かな湿原です。手(チョキ)

この後御池に出て、温泉に入りいい気分(温泉)帰りました。
今回は結構歩いたな〜〜。
実は今、そろそろ筋肉痛が始まろうとしています。!!たらーっ(汗)たらーっ(汗)
posted by 料理長 at 22:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 登山&温泉&散歩

晩秋の尾瀬を歩く(1)

台風一過台風の晴れ間晴れを予想して、昨日から今日にかけて、晩秋の尾瀬を歩いてきました。手(チョキ)
今回は、尾瀬でもマイナーなコースを選んだもんね。猫
沼山街道の「七入」から登り始め、沼山峠から尾瀬沼に下り、1泊します。
翌日はそこから尾瀬ヶ原に下って晩秋の湿原を楽しみ、裏燧林道を通り、御池に出て帰るコースです。手(チョキ)

IMG_6063 コピー.JPG
さて、「七入」から歩き始めました。
間もなく台風の雨の影響で増水した川を渡ることに・・・・あせあせ(飛び散る汗)
おっかなびっくり、腰が引けていますね、支配人さん。たらーっ(汗)たらーっ(汗)
「こわいよ〜〜〜」だって!!。どんっ(衝撃)

IMG_6066 コピー.JPG
そして、台風の風台風の影響で、ところどころに「倒木」が・・・・どんっ(衝撃)
道を塞がれて、歩きにくいことこの上なしです。あせあせ(飛び散る汗)あせあせ(飛び散る汗)

IMG_6073 コピー.JPG
だいぶ登って来ました。
山奥にひっそりと佇む「抱帰りの滝」が見えてきました。
ここまで歩いた人しか見ることができない、誠に「秘瀑」と言った風情です。
本当に美しい!!ぴかぴか(新しい)

IMG_6081 コピー.JPG
沼山峠まで来ました。
昨日の雨がここでは「雪」雪!!
寒いはずですね。ふらふら

IMG_6083 コピー.JPG
しかし、尾瀬沼の傍の「大江湿原」まで下りてくると、晴れ間がのぞき、とてもいい天気に!!。晴れ
美しい晩秋の湿原が広がります。ぴかぴか(新しい)

IMG_6089 コピー.JPG
今日はこの山小屋に泊まります。
この小屋のスタッフの方たちが、休暇にタンボ・ロッジに時々泊まりに来てくれるんです。
久しぶりに会う人や最近来た人など、顔見知りがたくさんいて、なんだか恥ずかしいくらいでした。わーい(嬉しい顔)

IMG_6091 コピー.JPG
尾瀬で一番古い山小屋なので、本当にレトロな雰囲気ですよ。手(グー)

IMG_6094 コピー.JPG
食事もなんと!!どんっ(衝撃)べジ対応してもらえました。(事前に伝えておかなければいけませんが・・・)
山小屋もここまで対応していただける時代なんですね。
とてもうれしいです。わーい(嬉しい顔)
posted by 料理長 at 22:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 登山&温泉&散歩