2014年01月31日

嵐の夜

11月18日(月)、好天にも恵まれて、私達は巡礼路最後の難関と言われた「セブレイロ峠」(標高1330m)にたどり着くことができました。手(グー)
しかし、天気は次第に下り坂!!どんっ(衝撃)
寒気が入って、すごく寒くなってきました。たらーっ(汗)たらーっ(汗)
そして、瞬く間に雨風吹き荒れる嵐に・・・・台風台風

IMG_7030 コピー.JPG
きつい峠を登ってきたので、さすがにお腹すきました。
手持ちのパンがないので、集落の中にあるBARへ早めの夕食を食べに行きました。
しかし、雨風すごい!!!!台風
寒いよ〜〜〜たらーっ(汗)たらーっ(汗)

IMG_7031 コピー.JPG
はぁ〜〜、BARの中は暖かいです。いい気分(温泉)
さて、例によって「ミックスサラダ」と「パン」。

IMG_7032 コピー.JPG
そして、「ボガディージョス(スペインのサンドイッチ)」をいただきました。
しかし、選択肢がこれしかないんです。もうやだ〜(悲しい顔)
イベリコ豚の生ハムとチーズのサンドイッチ。

IMG_7034 コピー.JPG
BARからの帰り道、教会がライトアップされていましたが、吹きつける雨と風で、ぼんやりと煙るように見えています。
私達は今回の巡礼で、今まで本当に天気に恵まれて、雨に一度も会っていません。手(チョキ)
それ自体奇跡の様です。るんるんるんるん
しかし、この嵐はちょっと心配です。台風
この場所は、結構冬は雪の多い地域です。雪
雪道を巡礼する写真を見たことがありますが、相当大変そう!!。どんっ(衝撃)たらーっ(汗)たらーっ(汗)
明日は雪になりませんように!!と祈るように、暖房の効いた大部屋で、眠ることにしました。眠い(睡眠)
posted by 料理長 at 22:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 2013年スペイン巡礼の旅

ついに「セブレイロ峠」到着!!

11月18日(月)、好天に恵まれて、私達は巡礼路の最後の難関と言われる「O'Cebreiro(セブレイロ峠)」(標高1330m)に到着しました手(チョキ)手(グー)
さすがに10Kg近くの荷物を背負っての700mの登りはきつい!!あせあせ(飛び散る汗)あせあせ(飛び散る汗)

IMG_7020 コピー.JPG
お昼を食べた「Laguna de castilla」の集落を出発どんっ(衝撃)
泉がありました。

IMG_7019 コピー.JPG
まずはそこでのどを潤し、水の補給。
ペットボトルも満タンにしましたよ。手(チョキ)
(北スペインは水が良いので、普通に飲むことができる)

IMG_7022 コピー.JPG
いよいよ最後の登りが始まります。
あと標高差200mです。

IMG_7024 コピー.JPG
すごいいい眺め!!。どんっ(衝撃)
今まで歩いてきた「カスティージャ・デ・レオン州」の風景が、手に取るように見下ろせます。
牧草地の緑と林の紅葉、そして赤く染まった草紅葉。見事なコントラストを見せてくれます。ぴかぴか(新しい)
そう言えばこの「州」の「レオン」の町から歩き始めたんだったなぁ〜〜、今回は手(チョキ)
前の年はその「レオン」で歩けなくなったし・・・・ふらふら
思いで深いレオン州とはそろそろお別れですもうやだ〜(悲しい顔)
なんだか寂しいような嬉しいような・・・・・

IMG_7025 コピー.JPG
州の境目に建つ石板。
此処から先は「聖地サンティアゴ・デ・コンポステーラ( Santiago de Compostela)」のある「ガリッシア州」に入ります。
いよいよ巡礼も、最終段階が近付きました。

IMG_7028 コピー.JPG
セブレイロ峠に到着しました。るんるんるんるん
峠には小さい集落があります。
今日はそこのアルベルゲ(巡礼者用宿泊施設)に泊まります。

IMG_7029 コピー.JPG
反対側の今まで見えなかった「ガリッシア州」の風景がよく見えますよ。
素晴らしい!!!exclamation×2exclamation×2
posted by 料理長 at 22:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 2013年スペイン巡礼の旅

峠の前に昼食を

11月18日(月)、いよいよ「セブレイロ峠」の目の前の集落「Laguna de castilla」までやってきた私達。
まだ11時半くらいですが、この先峠までは人家がありません。たらーっ(汗)
そこで、BARがやっていたので、昼食を食べることにしました手(チョキ)

IMG_7013 コピー.JPG
時間が早いので、セットメニュはまだ食べられません。
そこで、作ってもらえるものを聞いて、注文しました。
まず最初は「Sopa de ajo」(ニンニクスープ)。
このスープはスペインではよくあるスープですが、レシピは作る人により、微妙に違います。
基本的には「にんにく」は粒々感を残したまま入っていることが多いです。
此処のスープも、にんにくの粒々(みじん切りして)と、溶き卵が入っています。
パプリカパウダーで赤い色になっていますが、とてもあったまるおいしいスープでしたよ手(チョキ)

IMG_7014 コピー.JPG
そして、「トースト」。
なんだか朝食みたいだけれど、それくらいしかないんだもんもうやだ〜(悲しい顔)

IMG_7015 コピー.JPG
トーストとスープでは、ちょっともの足りません。
だってこの日は標高差700mを登る日ですから。
此処までもう500m登ってきたので、かなりお腹空いていましたからね。
そこで、スペインのBARでは定番の「Patatas bravas」を頼みました。
これは、揚げたじゃが芋に、トマトケチャプベースのピリ辛ソースとマヨネーズを加えたソースをかけて食べる「Tapas」(スペイン風小皿料理)です。
結構お店によって味が違ったりするので、あちこちで食べたい「タパス」です。
ここのも結構おいしかったですよるんるんるんるん

IMG_7016 コピー.JPG
そして最後に、「Bizcocho caseros」(手作りケーキ)。
ココア味で甘さ控えめでおいしかったですよ。
しかし、例のよってフォークがぐさっと刺さって出てきました。
これはこれから最後の登りのためのエネルギー!!。
なんだか言い訳みたいに聞こえるなぁ〜〜モバQ

IMG_7017 コピー.JPG
紅茶を食後に頼みました。
寒い場所なので、冷めないように蓋がしてある!!。

IMG_7018 コピー.JPG
あ〜〜〜、食った食った!!猫どんっ(衝撃)。完食。!!
お腹いっぱいですexclamation×2

さて、もう一頑張りですからね、峠まで。どんっ(衝撃)どんっ(衝撃)
posted by 料理長 at 21:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 2013年スペイン巡礼の旅

セブレイロ峠はまるで「登山」

11月18日(月)、天気は曇り時々晴れ曇り晴れ、午後から快晴。晴れ晴れ
ついにやってきた、最後の難関「O'Cebreiro」(セブレイロ峠)越えの日どんっ(衝撃)
「Ruitelán」から10Kmで、標高が一気に700m上がりますあせあせ(飛び散る汗)あせあせ(飛び散る汗)
これはほとんど「登山」の感覚ですから、私達は無理をせずに、この日は頂上の「O'Cebreiro」の町(と言っても、50人くらいしか住んでいない小さい集落)に泊まることにして、ゆっくりと山歩きを楽しむつもりで登ります。

IMG_7000 コピー.JPG
「Ruitelán」のアルベルゲ(巡礼者用宿泊施設)での朝食風景。
何しろ山登りだから、しっかりと食べておかなくっちゃねどんっ(衝撃)

IMG_7001 コピー.JPG
この方が、昨日の夕食、そしてこの日の朝食を作ってくれたアルベルゲの「オスピタレーロ」(管理人)さんです。
エプロンしているので、「この格好はよろしくない」と、写真撮るのを拒否されちゃった!!どんっ(衝撃)
でも、料理美味しかったよ〜〜〜、となだめて、なんとか写ってもらいました。
なんだか渋い顔が写真にも出ちゃってますねモバQ

IMG_7002 コピー.JPG
さあ、いよいよ峠へ向けて、出発です。ダッシュ(走り出すさま)
次の集落「Herrerias」まで(1.3Km)は、比較的登りはだらだらですが、ここからが急坂ですからねあせあせ(飛び散る汗)あせあせ(飛び散る汗)

IMG_7003 コピー.JPG
かわいい猫。猫猫
日光東照宮の有名な「眠り猫」の様な印象ですよ!!。

IMG_7004 コピー.JPG
いよいよ急坂たらーっ(汗)たらーっ(汗)
朝日を浴びながら登ります。
紅葉が綺麗だ!!ぴかぴか(新しい)

IMG_7005 コピー.JPG
いよいよ坂は急に。
ハイキングと言うよりも、登山になって来ましたよどんっ(衝撃)

IMG_7007 コピー.JPG
なんだか冬の陽だまりハイキングみたいなところを登ります。
日本の山と感じが似ている!!。

IMG_7009 コピー.JPG
息をはあはあと切らせながら、「La Faba」の集落に着きました。手(チョキ)
泉の畔で一休み。
標高は920m、スタートから200m程上がって来ました。

IMG_7010 コピー.JPG
此処からは森を出て、眺めの良い道となります。
本当に緑と紅葉のコントラストが綺麗!!ぴかぴか(新しい)

IMG_7011 コピー.JPG
更に一つ先の集落、「Laguna de Castilla」まで登って来ました。
標高は1150m。
峠にだいぶ近くなりましたよ。

IMG_7012 コピー.JPG
この集落にBARがあるので、そこで早めのお昼をいただくことに・・・・
ゆっくり休もっと!!。あせあせ(飛び散る汗)あせあせ(飛び散る汗)
posted by 料理長 at 21:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 2013年スペイン巡礼の旅

「Ruitelan」のアルベルゲでベジ食を

11月17日(日)、「Trabadelo」のBARで、韓国ラーメンとキムチと白ご飯を食べ、満喫した私たちは、足取りも軽く手(チョキ)、この日の目的地の「Ruitelán」へと向かいました。
最後の難所の「セブレイロ峠」が近いのですが、まだこの町までの登りはそれほどでもなく、川沿いにダラダラと登るという感じです。

IMG_6990 コピー.JPG
足取り軽く、だらだら登りの巡礼路を歩きまするんるん

IMG_6991 コピー.JPG
「Vega de Valcarce」と言う町までやって来ました。
たいていの巡礼路はこの町に泊まり、翌日一気に「セブレイロ峠」を越えてしまうようですが、私達は少し頑張ってあせあせ(飛び散る汗)、そこより2.2Km先の町「Ruitelán」まで歩きました。
何故かというと、そこのアルベルゲ(巡礼者用宿泊施設)は、夕食にベジタリアンメニューがあるらしいからです。
でも、もし何も食べられなかった時のために、「Vega de Valcarce」で見つけたおいしそうなパン屋さんで、大きめのバケットをGET。猫
これで一安心です。

IMG_6994 コピー.JPG
高速道路が遥か上を通っています。
だいぶ高いけれど、高速道路はトンネルで峠を抜けてしまいます。
と言うことは、あそこよりもずっと上まで登らないといけないんですねがく〜(落胆した顔)

IMG_6995 コピー.JPG
「Ruitelán」のアルベルゲには夕方着きました。
ゆっくりとシャワーを浴びて、洗濯をして、いよいよ夕食です。わーい(嬉しい顔)
この町と言うか、集落は、BARなど、外食できるところが全くありません。
だからこうしてアルベルゲで提供してくれるんですね。
前菜は「ミックスサラダ」!!。
もちろんベジタリアンと言っても、「ラクト・オボ・ベジタリアン」なので、卵と乳製品を使いますが・・・・・
まあるいチーズが乗っていますからね、このサラダにもたらーっ(汗)
あっ、これで4人分ですからね。
この日泊まる巡礼者は、私たち2人以外にもう2人だけでしたから。

IMG_6996 コピー.JPG
そして「かぼちゃのクリームスープ」。
これ、とってもおいしい!!exclamation×2

IMG_6997 コピー.JPG
この日は私たち以外は、フランス人の巡礼者と、スペイン人の巡礼者だけです。
食事をしながら、楽しいひと時を過ごしました。
そうそう、この時に、私のペルー仕込みのスペイン語が、100年前の言葉だと言われましたからね。
「おぬし、それは本当でござるか・・・・」と話しているように聞こえたのかなぁ?わーい(嬉しい顔)

IMG_6998 コピー.JPG
メインディッシュはバジルとニンニクの利いた「チーズ入りパスタ」です。
フランス人の方は、どうもお腹を壊しているらしく、あまり食べられないと言っていました。
「それなら拙者が食べるでござる・・・・拙者は極めて腹減ってござるからのう。」・・・なんちゃってモバQ

IMG_6999 コピー.JPG
最後のスイーツまで付いています。
スペインでポピュラーな「ナティージャ」と言うカスタードクリームのスイーツです。
これの他に、ワインとパンが付いて、7€です。
リーズナブルな値段でうれしいヽ(^o^)丿わーい(嬉しい顔)
しかもみんな手作りですからね。猫
レストラン顔負けですよ。!!!
posted by 料理長 at 20:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 2013年スペイン巡礼の旅

ラーメンとキムチ

この記事は私が2013年10月の終わりから12月中頃まで、スペインへ出かけたときの事を後から書いたものです。

11月17日(日)、天気は曇り。曇り
この日は「Villafranca del bierzo」から、巡礼路の最後の難関と言われる「O'cebreiro」(セブレイロ峠、標高1330m)を目指して、峠の手前10Kmの「Ruitelan」までの約20Kmを歩くつもりです。

IMG_6978 コピー.JPG
「Villafranca del bierzo」の町を出発です。
これから峠まで、川沿いに歩きます。

IMG_6980 コピー.JPG
川沿いを、ダラダラと少しずつ登って行きました。
およそ8.4Km歩いた「Trabadelo」の町に入ると、とあるBARの窓に、こんな張り紙が・・・・ダッシュ(走り出すさま)
「韓国ラーメンとキムチと白ご飯のセット」で6€!!手(グー)手(チョキ)
思わずお店に吸い込まれる私達猫
そこには顔見知りの韓国人巡礼者が溜まっていました。
当たり前ですよね。
だって、私達でさえ、「白ご飯」なんて、スペインに入って一度も食べていないし、パエリアなどのご飯物でさえ、ろくに食べていないんですから。もうやだ〜(悲しい顔)
それに私達はスペイン語を話せるからまだ良いのですが、巡礼者はスペイン語を話せない人が多い!!。バッド(下向き矢印)
巡礼者同士の共通語は「英語」ですからね。(英語が苦手な私はちょっと困る時がある!!)
だから、韓国の人たちは、スーパーでお米を買ってきて、アルベルゲ(巡礼者用宿泊施設)で自炊してたっけ!!。
スペイン語メニューだけだと、何が何だか分からないので、自炊が多くなると聞きましたからね、韓国人巡礼者から。
まあ、何はともあれ、「パン」が主食の国で、「白ご飯とラーメン」なんて、うれしくて泣けてしまいますもうやだ〜(悲しい顔)もうやだ〜(悲しい顔)。(インスタントラーメンだけどね)。

IMG_6984 コピー.JPG
さっそく、お店に入り、注文しちゃった!!モバQ
ラーメンだけではなく、ミックスサラダももちろん頼んだら・・・・猫
かなりのてんこ盛り!!手(グー)
歩いて体力使う私達にはとてもうれしいですわーい(嬉しい顔)

IMG_6985 コピー.JPG
韓国ラーメンとキムチと白ご飯とミックスサラダを前に、とっても嬉しそうな支配人。るんるんるんるん
こんなBARがあちこちにあったらうれしいのになぁ〜〜〜ぴかぴか(新しい)

IMG_6987 コピー.JPG
このお店の猫ちゃんがのぞきこんでいるぞ!!猫

IMG_6988 コピー.JPG
食後にカフェ・コン・レチェ(ミルクコーヒー)も頼んじゃいました猫

IMG_6989 コピー.JPG
小さいBARだけれど、私達や韓国の人たちにとって、オアシスの様なお店だったです。
さあ、またこれからしばらく歩きましょうね。
今日は足取りが軽い)^o^(!るんるんるんるん
posted by 料理長 at 17:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 2013年スペイン巡礼の旅

黒豆麦味噌を仕込みました。

タンボ・ロッジでは、こだわりの材料を使って、毎年味噌を仕込んでいます。手(チョキ)
今日はその中の一つ、「麦味噌」を仕込みました。猫
今回は黒大豆を使って、「黒豆麦味噌」を仕込んでみることに・・・・どんっ(衝撃)

IMG_8941 コピー.JPG
麹はとことんこだわりのものです。ダッシュ(走り出すさま)
日本でも唯一と言っていいと思われる、「天然菌」を使った麹を作っている福井県の「マルカワ味噌さん」から、オーガニック大麦の麦麹を取り寄せました。
そして「黒豆」は、無農薬・無施肥の自然栽培のものを使って仕込みます。

IMG_8947 コピー.JPG
スペインのバスクで買ってきた派手なエプロンと帽子で、お祭り気分で一気に仕込みました。ダッシュ(走り出すさま)
秋には食べられますよ!!。
楽しみだなぁ〜〜〜るんるんるんるん
posted by 料理長 at 16:48| Comment(0) | TrackBack(0) | タンボ・ロッジの加工品

オーガニック豆腐

タンボ・ロッジのスイーツや料理に欠かせないおいしい豆腐。どんっ(衝撃)
タンボ・ロッジは国産大豆100%で豆腐や豆乳などを作っている宇都宮の「大豆の館」さんから取り寄せているんです猫
その「大豆の館」さんが、今年の1月から、毎週木曜日に100%国産オーガニック大豆による豆腐や豆乳、湯葉などを作るようになりました手(チョキ)手(チョキ)
今週はそれを取りよせて、色々と実験してみます。どんっ(衝撃)
きっとおいしいマクロ・スイーツや料理ができると思いますよ。!わーい(嬉しい顔)わーい(嬉しい顔)!。お楽しみに。

IMG_8939 コピー.JPG
posted by 料理長 at 16:44| Comment(0) | TrackBack(0) | タンボ・ロッジの日記帳

2014年01月30日

Villafranca del bierzoの夜景

11月16日(土)、Villafranca del bierzoに着いた私達は、まずはシャワーを浴び、洗濯をして少しくつろいだ後、アルベルゲ(巡礼者用宿泊施設)の近くのレストランで夕食を食べようと出かけました。手(チョキ)
ところが、土曜日とあって、やっているレストランがない!!どんっ(衝撃)どんっ(衝撃)

IMG_6973 コピー.JPG
静かな静かなVillafranca del bierzoの町の夜。
なんだかやっているレストランなんて、なさそうな雰囲気だなぁ〜〜猫
腹減ったぁ〜〜〜モバQ

IMG_6974 コピー.JPG
どこにもレストランに気配すらありません。
静かな町の夜の風景だけが続きます。

IMG_6976 コピー.JPG
さて困った!!。

IMG_6977 コピー.JPG
1軒だけ、アルベルゲ近くのレストランがありました。
でも、夕食は8時からだってたらーっ(汗)たらーっ(汗)
まだ時間は7時ですからね。あせあせ(飛び散る汗)あせあせ(飛び散る汗)
そこで、「ボガディージョス(スペインのサンドイッチ)」のテイクアウトを頼み、アルベルゲで食べることにしました。手(チョキ)
お腹空いて出来上がるのを待つ支配人。
今日は24Kmも頑張って歩いたもんね。
posted by 料理長 at 12:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 2013年スペイン巡礼の旅

葡萄畑の続く巡礼路

11月16日(土)、「Cacabelos」まで、Ponferradaから約15Km歩きました。
時間はちょうどランチの時間!!猫
その時、入り口の黒板のメニューに、「パエリア」と書いてあるレストラン発見!!ひらめき
このところ、「お米」をあまり食べていなかった私達は、吸い込まれるようにそのレストランに入りましたexclamation×2

IMG_6956 コピー.JPG
ところが・・・・犬
パエリアのあるセットメニューは、月曜日から金曜日までだというのです。がく〜(落胆した顔)
確かにこの日は土曜日!!!。exclamation×2
セットメニュがないのは仕方がないとしても、では、
「単品でよいからパエリアはないですか?。犬」と聞いたら、
今日は作っていない!!。だって。がく〜(落胆した顔)
とほほほほ〜〜〜もうやだ〜(悲しい顔)

と言うことで、まずは「ミックスサラダ」から・・・・
右後ろに写っているパンも付けてもらいました。

IMG_6958 コピー.JPG
そしてメインディッシュは・・・・
選択肢がほとんど肉メニューなのでもうやだ〜(悲しい顔)、それ以外のものを・・・と言うことで、この「目玉焼き」を頼みました。
赤いのは「Piquillo」と呼ばれるスペイン独特の香りの強い「パプリカ」を皮を剥いて茹でたものです。

IMG_6959 コピー.JPG
ご飯物を食べられなかった私達は、気を取り直して歩き始めました。手(チョキ)

家の下を川が流れていますよ。
この家、住んでいる方は、夏は涼しくて良いけれど、冬が寒そう!!。

IMG_6960 コピー.JPG
延々と続く葡萄畑。
この辺りもワインの産地ですからね。

IMG_6966 コピー.JPG
あっ!!ひらめき、「案山子(かかし)」だ。
なんだか日本の風景みたい!!どんっ(衝撃)

IMG_6968 コピー.JPG
「Villafranca del bierzo(ビジャフランカ・デ・ビエルソ)」の町に着きました。
この日歩いたのは24Kmだったから、結構疲れましたよあせあせ(飛び散る汗)

IMG_6970 コピー.JPG
中世の城壁が残る町の入口を通り、アルベルゲ(巡礼者用宿泊施設)へと急ぎます。

IMG_6971 コピー.JPG
街の中心部は土曜日と言うこともあり、ひっそりと静まり返っていました。

IMG_6972 コピー.JPG
もうすぐアルベルゲに着きますよ。
posted by 料理長 at 11:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 2013年スペイン巡礼の旅