2014年01月21日

ビジャル・デ・マサリフェでの夕食

11月10日(日)、無事に巡礼初日の23Kmを歩き終えた私達。
泊まったアルベルゲ(巡礼者用宿泊施設)は、BARが経営しているアルベルゲだった(Jesusと言う名前)ので、手近にそこの食堂で、夕食のセットメニューをいただくことにしました手(チョキ)
他にレストランもないことだし(田舎だからね、ここは)・・・
さすがにちょっと足がだるいです!!どんっ(衝撃)

IMG_6770 コピー.JPG
巡礼初日をお祝いし手、まずはワインで乾杯!!バー
ハウスワインですが、とてもおいしいですよ。

IMG_6771 コピー.JPG
あまり選択肢がなかったので、私達はスイーツを除いて、同じものを注文しました。
前菜は、例によって「Ensalada mixta、ミックスサラダ」です。
ツナがでかでかと乗っていましたよ!!。

IMG_6773 コピー.JPG
そしてメインディッシュ。
肉ではない物を選びました。
「Garbanzos con bacalao」・・・塩鱈とひよこ豆の煮物。
これ、結構いけますよ!!。
もちろん主食のパンも付いていますからね。
パンはおかわりしちゃった!!。
だって、23Km歩くと、さすがにお腹ぺこぺこだもん。モバQ
お昼は手持ちのパンだったしね。

IMG_6774 コピー.JPG
デザートの部となりました。
支配人はこれ。「Compota de manzana」(リンゴのコンポート)

IMG_6776 コピー.JPG
私はこれ。
「Torta de chocorate」(チョコレートケーキ)。
こっちの方がなんだか豪華だなぁ〜〜。exclamation×2
得した気分です!!。

セットメニュで料金は一人9€。
お腹いっぱいで、満足して眠れますよ。
また明日もいっぱい歩きますからね。
posted by 料理長 at 11:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 2013年スペイン巡礼の旅

本当に巡礼スタート。

この記事は私が2013年10月の終わりから12月中頃まで、スペインへ出かけたときの事を後から書いたものです。

11月10日(日)、天気は快晴晴れ!!。
いよいよこの日から私達の巡礼が始まります。
この日は「León」から「Villar de mazarife」まで、約23Km歩きます手(グー)

IMG_6758 コピー.JPG
朝、少し小雨が降ったようですが、スタートする時間には、天気も回復しました。晴れ
これは幸先が良いですよ。
前年の巡礼初日は、1日雨でしたからね、おまけに一番きつい「ピレネー越え」だったし・・・・たらーっ(汗)たらーっ(汗)

レオンにある「ガウディー建築」の、今は銀行になっている「カサ・デ・ロス・ボティーネス」の前を通過します。

IMG_6759 コピー.JPG
レオンの旧市街を、いったんカテドラル方向へ向かいます。
右の2人の巡礼者は、昨日のレオンのアルベルゲ(巡礼者用宿泊施設)で出会った日本人夫妻。
彼らは今1年間の世界一周の旅をしている最中なんだそうですよ。
そう言えば私たちも、なんと!!30年前になりますが、1年間のヨーロッパと南米の旅をした経験があるんです。
彼らはまだまだ私達より30歳くらい若いので、昔の自分たちを思い出してしまいます。

IMG_6760 コピー.JPG
そして、ステンドグラスが美しい「カテドラル」の前を通り・・・・

IMG_6761 コピー.JPG
旧市街の外れにある国営ホテルの「パラドール」の前を過ぎて・・・・・
いよいよ田舎道に出ます。

IMG_6762 コピー.JPG
途中の「Fresno del camino」の町で、ランチを食べようと思ったら・・・・・
レストランというか、BARが閉まっている!!!。
しまったぁ〜〜〜(なんちゃって)モバQ
でも、1年前の経験があるからね、ちゃんと「パン」と、イタリアから来た朝倉さんが持ってきたお土産のおいしいおいしいオリーブオイルがあるもんね。手(チョキ)
そして、この旅行前に、「Shimadaさん」から貰った「虎屋の羊羹」、あるもんね。猫
町中の公園のベンチの陽だまりで晴れ、前日にレオンで会った日本人巡礼者の安楽岡さん達と、手持ちのものでランチです。
ただし、「虎屋の羊羹」は、歩き始める前に密かに食べちゃって、残りはたった1本しかありませんでしたが・・・・モバQ
でも、みんなで一口ずつ分け合って食べましたよ。猫
おいしい!!!

IMG_6763 コピー.JPG
例によって、平らな小麦畑が続きます。
前年の歩けなくなる前の「メセタの台地」を彷彿とさせる風景です。

IMG_6765 コピー.JPG
同じような無限の風景!!。
前年から巡礼が続いているんだなぁ〜〜・・・と実感。

IMG_6766 コピー.JPG
「Villar de mazarife」が近くなり、家も出てきました。
あっ、猫だ!!猫猫
おいでおいで!!。
食べ物くれないから、向こうへ行っちゃおっと!!(By猫猫

IMG_6768 コピー.JPG
何もないような、静かな静かな「寒村」と言う風情の「Villar de mazarife」。

IMG_6769 コピー.JPG
家の壁に、短い冬の日が差して、レリーフの様に美しい!!。
長く感じたけれど、無事に巡礼1日目を歩き終えて、充実した満足感に浸ることができましたわーい(嬉しい顔)
posted by 料理長 at 10:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 2013年スペイン巡礼の旅

2014年01月20日

夜のレオンの街

11月9日(土)の夜、明日からの巡礼は準備万端です。手(グー)
小雨が降ったレオンの街、ここは標高840mあるので、夜はだいぶ冷え込みます。ふらふら
だけど、夜景があまりにも美しいので、少しの間、街をふらつきましたるんるんるんるん

IMG_6750 コピー.JPG
小雨が降ったレオンの旧市街。
石畳も濡れて、より綺麗に見えますよぴかぴか(新しい)

IMG_6751 コピー.JPG
カテドラルも、ライトアップされて、とても美しい!!。

IMG_6753 コピー.JPG
旧市街のの狭い路地

IMG_6754 コピー.JPG
「Pulaza San martin」(サンマルティン広場)に登る月三日月

IMG_6755 コピー.JPG
レオンのガウディー建築もライトアップされています。
posted by 料理長 at 14:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 2013年スペイン巡礼の旅

レオン大聖堂(Catedral de León)

11月9日(土)、せっかくここまで来たからには、前年にも見学している、ステンドグラスがめちゃくちゃ綺麗な「ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)レオン大聖堂(Catedral de León)」を見学しないという手はありませんね。
アルベルゲ(巡礼者用宿泊施設)に荷物を置き、レオンの町を散策しがてら、大聖堂を見学しました。

IMG_6730 コピー.JPG
外から見る「レオン大聖堂」。

IMG_6732 コピー.JPG
中へ一歩入ると、全くの別世界へ迷い込んだような錯覚にとらわれます。
再びここへ来れたことに感謝しながら、見学しましょうね。

IMG_6735 コピー.JPG

IMG_6736 コピー.JPG

IMG_6737 コピー.JPG

IMG_6738 コピー.JPG

IMG_6741 コピー.JPG

IMG_6744 コピー.JPG

IMG_6745 コピー.JPG
posted by 料理長 at 14:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 2013年スペイン巡礼の旅

レオンのベジタリアン・レストラン

11月9日(土)、天気は晴れ。晴れ
Burgosで巡礼手帳を発行してもらい、いよいよ此処「León」から2013年の私達の巡礼が始まります。手(グー)
昨年支配人の足の療養のために、4日間この町に滞在した折に、町の中心部にたった1軒しかないベジタリアン・レストラン「L'union」へはさんざん食べに通いました。
だから、まずこの町への第1歩はここから・・・・・どんっ(衝撃)
実はお腹空いていたもんで、こうなったというわけですが・・・モバQ

IMG_6718 コピー.JPG
レストランに一歩入ると、ホールのスタッフとシェフの方が、私達を覚えていて、歓迎してくれました。
このレストランのシェフ、日本のマクロビオティック、「リマクッキングスクール」の校長先生の「松本先生」に似ているんですよ。exclamation×2
私達は「レオンの松本先生」と呼んでいました。
そのシェフ自らが、料理を運んでくれましたわーい(嬉しい顔)

IMG_6719 コピー.JPG
せっかくですから、「レオンの松本先生」と記念写真を取りましょうねカメラ
最近はこの松本先生、なんでも「ローフード」に興味を持っていて、フランスまで習いに行くという熱の入れよう。ダッシュ(走り出すさま)
私達にも、「フランス語」でローフード説明をし始めちゃいました。がく〜(落胆した顔)
でっでも、先生、私たち、フランス語、「アッカリマセ〜〜ン」!!

IMG_6716 コピー.JPG
では、例によって私達が食べたものを紹介しましょう。
前菜の一つです。
「Quiche de calabacin,tomate y albahca con ensalada」・・・
「トマトとバジルに入ったズッキーニのキッシュ、サラダ添え」です。

IMG_6717 コピー.JPG
もう一つの前菜は「Meloso de avena y cebada con algas y verduritas」・・・
「海藻と野菜入り、大麦とカラス麦(オートミール)のお粥」です。
見た目にはとても地味なお粥ですが、とってもとってもおいしい!!。手(チョキ)
人参も入っていますよ。
なんだか体に浸みわたります。

IMG_6721 コピー.JPG
メインディッシュは、久しぶりに「お米」。
「Arroz integlar con setas y verduras」・・・
「キノコと野菜入り玄米ご飯」です。
やはり日本人だから、お米が食べたい!!猫
そして、とてもおいしいですぴかぴか(新しい)
しかし、セットメニューですから、実はこのセットにも「パン」が付いているんですよ!がく〜(落胆した顔)!。

IMG_6723 コピー.JPG
もう一つのメインディッシュはこれ、
「レオンの松本先生」一押し手(グー)の、
「Albondigas crudi-veganas con Fettuccine de calabacin」・・・・
「加熱していないビーガンの肉団子と、ズッキーニのフェットゥチーネ」。
「フェットゥチーネ」と言うのは、イタリア語で小さなリボン・・・つまり、リボンくらいのパスタのことを言います。
これは実はローフードのメインディッシュなので、パスタも「ズッキーニ」で代用しているんですね。
さすがは「フランス仕込み」、とてもおいしかったですよ。るんるんるんるん
私はまさかスペインで「ローフード」が食べられるなんて思ってもいませんでしたからね。
そうそう、上のピンク色のソースは、スペインの伝統料理「ガスパッチョ」のとろみが強いソースです。
そう言えば「ガスパッチョ」はもともと「ローフード」ですからね。

IMG_6725 コピー.JPG
スイーツの時間となりました。
これも「レオンの松本先生」会心の作、「ティラミス」です。手(チョキ)
実はメニュー表には書いてありませんでした。どんっ(衝撃)
先生自ら、「これがあるよ」、とおっしゃってくれたものです。
そりゃあおいしいですよね。

IMG_6726 コピー.JPG
こちらは「Tarta de calabaza」、カボチャのケーキ。
下に敷いてあるのがアーモンド。
ここがスペイン風なんですよ。

さて、食べ終わりました。
名残惜しいけれど、今年はこのレストランにはこの時しか行けないのです、私達。
明日は巡礼に出発するからです。

「元気でね、今年は足を痛めないようにね。」と「レオンの松本先生」に送っていただき、感激!!わーい(嬉しい顔)わーい(嬉しい顔)
また来たいけれど、それができないのは残念ですもうやだ〜(悲しい顔)

IMG_6727 コピー.JPG
さて、レオンのアルベルゲ(巡礼者用宿泊施設)にチェックインして、町中で自然食品を買おうとしたら・・・・・
土曜日なので、午前中しかやっていない!!!。
シャッターが下りていました。
このお店は、名前がユニークで、「オーサワ2」と言うんですよ。
相当マクロビオティックを意識しているようで・・・・・
前年は良く買い物に来たんだけれど・・・・とても残念です。!もうやだ〜(悲しい顔)
posted by 料理長 at 13:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 2013年スペイン巡礼の旅

いよいよ巡礼スタート??

この記事は私が2013年10月の終わりから12月中頃まで、スペインへ出かけたときの事を後から書いたものです。

11月9日(土)、天気晴れ晴れ
いよいよ2012年に続いて、私達の巡礼が始まります。

IMG_6707 コピー.JPG
朝日が昇る、ブルゴス大聖堂(Catedral de Burgos)。
本当に綺麗ですぴかぴか(新しい)

IMG_6704 コピー.JPG
前年に此処を出発した時は、しとしとと雨が降っていたな〜〜。雨
なんだか思い出すと、とても泣けてしまいます。もうやだ〜(悲しい顔)
翌年の2013年にまさか再びこうしてここに立つことができるなんて、思いもしませんでしたから。
さあ、出発です。・・・exclamation×2

IMG_6711 コピー.JPG
あれ、なんだか変だぞ!!。
ここはバスターミナルではありませんか!!。
そうなんです。
実はここ「Burgos」から「León」までは、昨年歩いているのです。(一部支配人の足痛により、タクシーとバスを使いましたが)
だから、ここのバスターミナルから、「León」まで、バスで行っちゃうもんね。バスバス
前年はこの間で、色々な気付きとドラマがあったので、なんだか感慨もひとしおです。

IMG_6712 コピー.JPG
途中「Carrion de los condes」の町でバスは小休止(トイレタイム)しました。バス
この場所も、実は2012年に歩いているんです。どんっ(衝撃)
写真の左奥へと続く道が巡礼路。
このバスが止まっているすぐ横にあるBAR(写真には写っていません)で、朝食を食べたっけ!!。

IMG_6713 コピー.JPG
バスに揺られること、およそ3時間半、「León」(レオン)のバスターミナルに着きました。バス
ここも前年に、支配人が足を痛めてバスで到着した、思いで深いバスターミナルなんですよ。

IMG_6714 コピー.JPG
バスターミナルから、前年に通ったベジタリアン・レストラン「L'union」へ直行です。(バスターミナルから歩いて5分くらいの所ですからね。)
だって、時間がもう午後2時15分ですから、お腹すいたよぉ〜〜モバQ〜。
posted by 料理長 at 12:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 2013年スペイン巡礼の旅

スペイン風ベジ料理

スペイン巡礼から帰って、早いものでもう1カ月が過ぎようとしています。がく〜(落胆した顔)
今、着々とその時に食べた料理を「ベジ化」して、タンボ・ロッジで出しています手(チョキ)

IMG_8851 コピー.JPG
こちらは巡礼の最後の地域「ガリッシア州」の郷土料理の「Caldo Gallego」です。どんっ(衝撃)
巡礼中はいっぱい食べましたからね。おいしかったので。猫
白いんげん豆とキャベツと玉ねぎがたっぷり入った、おいしいスープですよ。わーい(嬉しい顔)
これから巡礼の日記が進んでいくと、本場のものがこちらにも出てきますので、見てくださいね。

IMG_8856 コピー.JPG
こちらは「マッシュルーム」のオーブン焼きです。
オリーブオイルを焼いた後にまぶします。
これはBARメニューによくあるので、いろいろと食べましたからね。猫
「ピンチョス」らしく、楊枝で2個刺して立ててみました。
posted by 料理長 at 09:49| Comment(0) | TrackBack(0) | マクロビオティック料理

2014年01月19日

「X デー」、ついに来たる

11月8日(金)、ついに私の「X デー」がやって来ました!!!ふらふらふらふら
なにが「X"day」かと言うと、あの、私のバルセロナ流血事件(地下鉄の駅で倒れて頭を切った)の時の処置で、頭の傷口を「医療用ホッチキス」で止められたのですが、それを10日後に抜かなければいけないのですちっ(怒った顔)ちっ(怒った顔)
その日から10日目が、ちょうどこの日だったんですねたらーっ(汗)たらーっ(汗)
アルベルゲ(巡礼者用宿泊施設)で病院の場所を聞いて、さっそくそれを抜きに出かけました。

IMG_6700 コピー.JPG
ブルゴスの旧市街から歩いて車が入れるところまで行きます。
そこからタクシー車(セダン)で病院に向かいます。

IMG_6697 コピー.JPG
病院の待合室。
これから行われる、痛〜〜い処置ちっ(怒った顔)ちっ(怒った顔)
怖いよぉ〜〜〜ふらふらふらふら

IMG_6699 コピー.JPG
あっという間におしまい!!。
全然痛くなかったです。るんるんるんるんるんるんヽ(^o^)丿
わーいわーい!!ヽ(^o^)丿

IMG_6701 コピー.JPG
帰り道は、紅葉を楽しむ余裕が・・・わーい(嬉しい顔)るんるん

IMG_6703 コピー.JPG
冬の風物詩「焼き栗」、買っちゃおっと。猫
怖いのを頑張ったからね。)^o^(
posted by 料理長 at 13:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 2013年スペイン巡礼の旅

ブルゴスのレストラン「La Cueva」

11月8日(金)、ブルゴスに到着した私たちは、まずカテドラルを見学し、そのあとアルベルゲ(巡礼者用宿泊施設)に行きました。
そこで巡礼手帳(クレデンシャル)を発行してもらい手(チョキ)、チェックインをして、いよいよ「巡礼者」としてスタートします。
しかし、時間は14時くらいです。
お腹がすいたので、カテドラル近くにあるベジタリアン・レストラン「Gaia」に行ってみることに・・・・
肉食が多い内陸部のブルゴスにあって、「オアシスのようだ」と事前に調べたネットのページに書かれていましたからね手(グー)
これは楽しみだな〜〜〜るんるんるんるん

IMG_6687 - コピー.JPG
ところが・・・・・・
そのレストランは見つけましたが・・・・
入り口に張り紙が・・・・・
「長期休暇のため、12月19日まで閉めさせていただきます」・・・・・
ええっ!!!、せっかく期待してきたのにぃ〜〜〜。
ざ、残念無念。もうやだ〜(悲しい顔)もうやだ〜(悲しい顔)
仕方なく、別のレストランへ行くことに。

IMG_6688 - コピー.JPG
さて、カテドラルが見える絶好の位置に、おいしそうなレストランがありました。ぴかぴか(新しい)
名前は「Restaurante La Cueva Burgos」
ベジ食は無理だけど、結構魚系のメニューがあるので、ここに入りましょうね。

セットメニューをいただきました。
まずは前菜は・・・・
「Ensalada mixta」、ミックスサラダです。
てっぺんに「アンチョビー」が乗せてありますよ。

IMG_6690 - コピー.JPG
こちらも前菜から選んだ、「Sopa Castellana」、スペイン風スープです。
ニンニクが効いている、じゃが芋入りスープ。
おいしいですよわーい(嬉しい顔)〜〜。

IMG_6691 - コピー.JPG
メインディッシュは2人とも、「Melruza rellena」、メルルーサの詰め物です。
写真ではソースが掛かっていて、中が全然見えませんが、中には野菜が詰めてありました。
ソースが赤みを帯びているのは、なんでも海老の殻まで使っているからとのことです。猫
それにしては、滑らかなソースだなぁ〜〜。

IMG_6692 コピー.JPG
スイーツの部です。
まず支配人は大好きな「Arroz con leche」(ライスプディング)。
このライスプディングは、ペルーにもあるポピュラーなスイーツですが、ご飯とミルクを煮てあるので、どうも日本人にはウケが良くありません。バッド(下向き矢印)
「甘いご飯なんて、許せないパンチ」とか言われますよ。
でも、「じゃあおはぎはどうなの」???exclamation&questionと聞き返すと、
「あれは別」どんっ(衝撃)だって。
じゃあこれだって、「別」にしてよ、おいしいんだから、ねえ。猫
(支配人が好きなので、この旅行中にたびたび登場しますよ)

IMG_6693 コピー.JPG
さて、私が頼んだのは、「Leche frita」(揚げ牛乳)。
どうやって牛乳を揚げるのぉ???。
それはね、ミルクと小麦粉と砂糖を入れて、良く練って、冷やしておくと固くなるの。
それを四角く包丁で切って、衣を付けて揚げるんですよぉ〜〜。
と言うことで、おいしくいただきましたわーい(嬉しい顔)

IMG_6694 コピー.JPG
ほらね、断面ですよ。
まるで「カスタードクリーム」に衣が付いているみたい!!。
面白いスイーツですが、スペインではよく見かけます。
posted by 料理長 at 12:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 2013年スペイン巡礼の旅

ブルゴス大聖堂

11月8日(金)、この日に「バスク食べ歩き」の旅を終え、今度はカミーノ・デ・サンティアゴ(Camino de Santiago)の巡礼の道を歩くために、私達はブルゴスの町にやって来ました。手(チョキ)
そこには、世界遺産に指定されている美しい「カテドラル」(大聖堂)があるんです。
去年の巡礼の時も、その周りは歩きましたが、中を見ていませんでした。もうやだ〜(悲しい顔)
歩くことを優先し、この町に1泊しかしなかったからです。(夕方付いて、早朝出発したため)。
今年こそ、中を見たい!!どんっ(衝撃)

IMG_6671 - コピー.JPG
外見もめちゃくちゃ美しいブルゴス大聖堂。

IMG_6674 - コピー.JPG
中に入ると・・・・
息をのむ美しさですぴかぴか(新しい)

IMG_6683 - コピー.JPG
カテドラル内部。

IMG_6684 - コピー.JPG
内部は白く、教会の割には明るい感じがします。


IMG_6685 - コピー.JPG
ステンドグラスは、レオンにあるカテドラルほどたくさんはないけれど、どれも美しい!!
posted by 料理長 at 12:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 2013年スペイン巡礼の旅