2014年01月15日

歳の神

今日は満月の前の日!。満月
天気も晴れて、夜は良く冷え込みます。雪
そんな中、タンボ・ロッジの近くで、村の毎年恒例の行事、「歳の神」が行われました。

IMG_8805 コピー.JPG
うひょ〜〜〜、寒いはずだっ!!。猫

IMG_8818 コピー.JPG
いよいよ点火しました。
炎が暖かい!!。猫
今年の無病息災をお祈りしました。わーい(嬉しい顔)

IMG_8821 コピー.JPG
こちらも恒例の「みかん投げ」。
子供たちに交じって、真剣に私達も拾いましたよ。犬
帰ってから、おいしくいただいちゃいました。手(チョキ)
posted by 料理長 at 20:03| Comment(0) | TrackBack(0) | タンボ・ロッジの日記帳

サンセバスティアン最後の夜

11月5日(火)、私達にとって、巡礼前のサンセバスティアン最後の夜となりました。
支配人はまずはお買いもの。
実は買い物して、郵便局がやっている時間までにバルセロナの友人宛てに小包にして送れば、巡礼に持って行かずに済むんです。
どんっ(衝撃)どんっ(衝撃)まずは日が暮れる前に、「バスクリネン」のお店に行きました。

IMG_6510 コピー.JPG
美しいバスクリネンがたくさんあって、どれも欲しくなってしまいます。
このお店、実は5人で居る時に見つけたのですが、定休日や祭日が重なって、やっとこの日に開いたんです。
先に帰った方たちには悪いけど、いっぱい買っちゃったもんね。猫
ランチョマットとかエプロンとか・・・・
ではお店のお姉さんと記念撮影です。カメラ

IMG_6543 コピー.JPG
夜のサンセバスティアンの町。
お昼をたくさん食べたけれど、砂浜をケーブル乗り場まで片道40分を往復したもんね。だから・・・・、少し食べたくなったので、BARへ繰り出しちゃいます。どんっ(衝撃)

IMG_6547 コピー.JPG
まずは微発泡の白ワインの「チャコリ」を・・・バー
うわ〜〜〜、芸術的な注ぎ方!!。
これ、相当練習しないと真似できないですね。

IMG_6548 コピー.JPG
少しのピンチョスとサンドイッチをいただきました。わーい(嬉しい顔)

さあ、明日は同じバスク州の「芸術と美食の町」ビルバオへ移動です。猫
posted by 料理長 at 17:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 2013年スペイン巡礼の旅

ケーブルカーで展望台へ

11月5日(火)、お昼をビーガン・レストランで満足に食べた私達。
午後から天気が回復してきたので、サンセバスティアンの「コンチャス湾(ホタテ湾と言う意味)」(本当にホタテの様な形をした湾なんですよ。)の向かいにある展望台に行くべく、ケーブルカーの駅を目指して、砂浜を歩きました。ダッシュ(走り出すさま)

IMG_6528 コピー.JPG
ケーブルカーの駅に到着。
誰もいないので、もしかしてオフシーズンだから休みかと思って、運行情報を食い入るように見ていると、駅員さんが出てきて、「今日は運転する日だから、乗れるよ」と言ってくれました。
さて、古い木造のレトロなケーブルに乗りましょうね。

IMG_6529 コピー.JPG
本当にすいているぞ!!どんっ(衝撃)
楽しそうな支配人。
ガタゴト揺られて展望台へ。電車

IMG_6530 コピー.JPG
途中の行き違いです。
結構急斜面だな〜〜〜。

IMG_6535 コピー.JPG
!!!!
絶景かな絶景かな!!。
コンチャス湾が一望のもとに見えています。
すげ〜〜〜。手(グー)

IMG_6534 コピー.JPG
サンセバスティアンの町のアップです。
あそこにバルやレストランが集中してあるんだなぁ〜〜。

IMG_6538 コピー.JPG
記念写真を撮って、下山しましょうか。
ちょっと寒いし・・・・台風
posted by 料理長 at 17:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 2013年スペイン巡礼の旅

ドノスティアのビーガン・レストラン

この記事は私が2013年10月の終わりから12月中頃まで、スペインへ出かけたときの事を後から書いたものです。

11月5日(火)、雨雨のち曇り曇り、風強し台風
ドノスティア=サンセバスティアン滞在5日目です。
今日はここへ来て、一番行きたかった「ビーガン・レストラン」へ行きました。わーい(嬉しい顔)るんるん
と言うのは、このレストランは「日、月曜日」が定休日なんです。
だからやっとこの日に行けるんですね。どんっ(衝撃)
うれしいな〜〜。手(チョキ)
レストランの名前は「Landare」と言います。

IMG_6511 コピー.JPG
メニューです。
セットメニューだけしかありませんが、選択肢が多いのはうれしいです。
前菜、メインディッシュ、デザートと、パンとワインか水が付いて、平日13€、土曜日が16€、金曜日だけ夕食をやっているのですが、その時は18€です。

IMG_6512 コピー.JPG
まずはメニューにない「ドリンク」と言うか、「スムージー」が付いています。
いくつかの選択肢を口頭で言われるのですが、その中から私は、この「トマトとアボカドのスムージー」を選びました。手(グー)

IMG_6514 コピー.JPG
支配人はトマトのガスパッチョ。
これはありがたいおいしいサービスです!!。
なんだか得をした気分でうれしそうな支配人。わーい(嬉しい顔)

IMG_6516 コピー.JPG
さて、まずは前菜。
「Guiso Africano de Garbanzos」
ひよこ豆のアフリカ風煮込みです。
ターメリックとクミンと生姜が使われていて、ピーマンの味が結構強いです。
アフリカ風と言うよりは、インド風に感じましたが、とてもおいしい!!るんるん

IMG_6518 コピー.JPG
さて、もうひと酢の前菜は、
「Verduras en salsa satay con pasta」
パスタ入りソースでソテーした野菜。
パスタは例によって、アルデンテではありませんが(ちょっとゆで過ぎ、イタリアと日本以外はまずこれです)おいしいです。るんるん
ブロッコリーとカリフラワーにズッキーニとトマトが入って、ペンネと共に、味わい深い一皿です。

IMG_6519 コピー.JPG
さあ、メインディッシュですよ。
「Tarta de Lentejas coral con acelgas y almendras」
アーモンドとフダンソウの入ったレンズ豆のタルト。
「フダンソウ(Acelga)」は、ほとんどほうれん草と同じ感じの、この地方の野菜の様です。
時々畑で見かけましたからね。
タルトの下の方は、パンでできています。
レンズ豆はほとんど「ピューレ状」で、滑らかでした。

IMG_6520 コピー.JPG
メインディッシュのもう一つは「Albondigas de avena con salsa jardinera」
何と、肉団子!!。と思いきや、カラス麦(オートミール)の団子です。
オートミールとパンがベースの団子で、松の実だとか、色々なものが入って、おいしいです。
ソースにも色々な野菜が入っているし!!。るんるんるんるん

IMG_6522 コピー.JPG
さあ、お待ちかねの食後のスイーツですよ。
皆様おなじみの「ティラミス」。
スポンジがクラッカーぽいです。
でも、今までのビーガンのレストランで食べた、どのティラミスよりおいしい!!!。どんっ(衝撃)

IMG_6525 コピー.JPG
そしてもう一つは「Crema de catalana」。
カタルーニャのクリームと言うスイーツです。
これは、カスタードクリームの上に砂糖をかけ、バーナーでカリッと焼いたスイーツで、日本では「ブリュレ」と呼ばれていますね。
もちろんクリームはビーガン・レストランですので、「豆乳」から作られています。

IMG_6526 コピー.JPG
食後にお茶を飲みました。(別料金)
砂糖は「ブラウンシュガー」を付けてくれます。
実に満足!!!。
とってもおいしかったです。
全品制覇したい!!!。
でも、明日はバスク州都市、のビルバオへ移動する予定ですから、今回限りですよ、このレストランに来れるのは。
とても残念です。
このレストランの路線は、タンボ・ロッジと非常に近い物を感じました。
なんだか仲間に出会ったような、そんなうれしい感覚がしました。手(チョキ)

後日談になりますが、実は「巡礼」を歩き終えて、私達は再びこのお店に行くことができました。
ラッキ〜〜〜。!!!わーい(嬉しい顔)わーい(嬉しい顔)
posted by 料理長 at 16:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 2013年スペイン巡礼の旅