2014年01月17日

世界遺産の「ビスカヤ橋」

11月7日(木)、この日も晴れ。晴れ晴れ
ビルバオ2日目です。
この日はまず午前中に、ビルバオ中心地から鉄道で20分くらい行った、海に近い河口にある、「世界遺産」の橋、120年以上前に作られた「ビスカヤ橋」を見学に行きました。
この橋は、河口を大きい船が通れるように、高い位置に作られたと聞いていました。
いったいどんな風な構造なのか、楽しみだなぁ〜〜るんるんるんるん〜。

IMG_6574 コピー.JPG
まずは、大きなステンドグラスが美しいスペイン国鉄の「ビルバオ・アバンド駅」から、国鉄の近郊路線に乗って出かけます電車電車

IMG_6598 コピー.JPG
「Peñota(ペニョタ)駅」で下車し、歩くことおよそ10分、「ビスカヤ橋」が見えてきました。
これ、どうやって渡るの???exclamation&question
確かに人は鉄塔を登り、渡れるかもしれないけれど、車も渡れると聞いていたので、???ですよ!!。

IMG_6601 コピー.JPG
ひらめきおお〜〜〜、ゴンドラが吊り下げられている!!。
これに車と人を積んで渡しているのか!!。
面白いこと、考えるね、これ。
日本では「勝鬨橋」の様に、橋自体が上がるものは知っているけれど、橋を高いところに作って、「ゴンドラ」で人や車を渡そうなんて、本当にユニークです。

IMG_6607 コピー.JPG
近くに「渡し船」もありました。

IMG_6610 コピー.JPG
船から見る「ビスカヤ橋」。
とても大きく見えますよ。

IMG_6616 コピー.JPG
ゴンドラは、まるで小さいフェリーの様。船
真ん中は車車(セダン)のスペースです。

IMG_6622 コピー.JPG
世界遺産を楽しんだ後は、「地下鉄」に乗って戻りましょう。
posted by 料理長 at 11:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 2013年スペイン巡礼の旅

夜のビルバオ旧市街

11月6日(水)、あっという間に夜の帳が降り、夕食の時間がやって来ました。
Bilbaoの旧市街は、「Casco viejo」と呼ばれていて、サンセバスティアン同様に、BARが集中する場所になっています。
そこに、なんとどんっ(衝撃)「ビーガン」・メニューが食べられるBARがあるらしいので、ちょっと散策がてらに出かけてみました。

IMG_6575 コピー.JPG
夜のビルバオの街角。
ここから狭い路地を入っていくと、旧市街となります。

IMG_6576 コピー.JPG
おお〜〜、まだ時間が早い(午後7時)けれど、そろそろ賑わいはじめています。exclamation×2
サンセバスティアンの旧市街と比べると、少し通りの幅も広く、少しゆったりとした感じの旧市街ですよ。

IMG_6577 コピー.JPG
あっ、ありました。ビーガン・バル「Muga」。手(チョキ)
もうすでにお客様がいますね。
黒板にもはっきりと「Vegano」(スペイン語でビーガンのこと)と書いてあるじゃありませんか!!。
でも、お客さんはドリンクを飲んでいるだけで、ピンチョス(バスク風つまみ)はまだ出ていませんね。がく〜(落胆した顔)
まあ、でもさっそくお店に入ってみましょう。

IMG_6578 コピー.JPG
あっ、サンドイッチ系のつまみが並んでいます。
これ、セイタンなど、小麦蛋白を使って肉の様にした、ビーガン仕様のサンドイッチですね。

IMG_6579 コピー.JPG
そして店の黒板には、色々なビーガンメニューが書いてありますよ。
では・・・さっそく注文して・・・・

IMG_6580 コピー.JPG
そこでお店の人に言われちゃいました。
「料理は8時半からだよ!!」
えっ!!どんっ(衝撃)〜〜〜が〜〜〜ん、まだ1時間半もあるじゃないですか!!。
私たち、結構お腹すいたんだけど・・・な〜〜〜!!猫
と言っても、仕方ないので、もう少しこの旧市街のBBAR街を散歩してみましょうか・・・バッド(下向き矢印)

IMG_6581 コピー.JPG
夜のBAR街をさまよう私達。
色々なBARがあって、見て歩くのも楽しいです。

IMG_6585 コピー.JPG
1軒、ひらめき気になるBARがありました。
「バカラオのピルピル」が大きな土鍋に入っているのが目に止まったからです。
どうしても本格的に食べてみたいバスク料理の一つに「バカラオ(塩鱈)のピルピルソース煮」と言う料理があるんです。
それは、ここバスクの名産のバカラオを、土鍋でじっくり煮込んでいく料理で、だんだん「鱈」から煮こごりが出てきて、鍋から「ピルピル、ピルピル」という音がするので、「ピルピル」と呼ばれている料理です。
この料理のコンテストまであるという、バスク名物の料理なので、一度食べてみたいと思っていました。

IMG_6583 コピー.JPG
これが本格的な「バカラオのピルピル」!!。どんっ(衝撃)
サンセバスティアンでは、BARのピンチョスで少し食べた程度だったので、本格的に味わえるのはうれしいです。わーい(嬉しい顔)
おいしかったら、これをべジ仕様で作ってみたいし・・・・・猫

味と食感は、まるで「鱈」のバター!!。
でも、魚臭さはありません。
これはベジでも工夫すればおいしくできそうですよ。わーい(嬉しい顔)

しかし、一皿の量がとても多い!!。どんっ(衝撃)
これじゃ、お腹いっぱいになって、あの「ビーガン・バル」へ行けないよぉ〜〜!!。
posted by 料理長 at 10:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 2013年スペイン巡礼の旅