2014年01月24日

El Aceboの夕食

11月14日(木)、無事巡礼路最高地点の「イラゴ峠」を越え、その山裾の小さい町「El acebo」にやって来た私達。
今日はこの町のアルベルゲ(巡礼者用宿泊施設)に泊まります。

IMG_6901 コピー.JPG
町を歩いていると、「Menu Vejetariano」(ベジタリアン・メニュー)と書いてあるBAR兼アルベルゲを発見ひらめき!!。
即座にここに泊まることに手(パー)
此処は2人部屋があり、僅かの超過料金でその部屋を使えるとのこと。
もちろんそこに泊まることにしました。
だって、2人部屋は楽ですよ。るんるんるんるん
荷物を広げっぱなしにできるし、貴重品に気を使うこともしないで済むし・・・・・猫

IMG_6902 コピー.JPG
さて、そのベジタリアン・メニューをいただきましたよ。
まずは前菜は、アスパラガスのサラダ。
後ろにある小皿の「マヨネーズ」を付けていただくのですが、本当に「アスパラガス」ばかりですねえ。
でも、おいしいでするんるん

IMG_6903 コピー.JPG
メインディッシュはこれ。
なんだと思いますか??。exclamation&question
見た目はなんだか「全粒粉のパスタ」に見えますが、違います。がく〜(落胆した顔)
実は「野菜炒め」!!。どんっ(衝撃)
ねっ、見えないでしょ、「野菜炒め」には。猫
実はかなりの量のキノコが入っています。
それも、少し太陽に干してあるそうです。
それがパスタみたく見えるんですね。
キノコの他に、ほうれん草とグリーン・アスパラ、にんにくの若芽が一緒に炒めてありましたよ。
これとセットでついてくるパンを一緒に食べます。
結構な大盛りですが、峠を越えて来た私達には、ぴったりですよ!!。

IMG_6905 コピー.JPG
出たぁ〜〜、スペイン独特の立てたフォーク!!どんっ(衝撃)
これ、絶対に日本ではないでしょうね。
だって、まるで仏壇の仏さまのお供えみたいだもの。がく〜(落胆した顔)
スペインではそういう風習がないので、よくこれを見かけますよ。
驚かないでくださいね。あせあせ(飛び散る汗)あせあせ(飛び散る汗)

このスイーツは、実は「Torta de Santiago」と言う名前で、聖地サンティアゴ・デ・コンポステーラ( Santiago de Compostela)の名物お菓子です。手(チョキ)
アーモンドがたっぷりと入ったケーキですが、ここのはその「アーモンド」が少なめです。
聖地が近付いたと思うべきか、アーモンドの量が少ないということは、まだ遠いと思うか・・・・・
私は「近い」と思いたい!!手(グー)

IMG_6906 コピー.JPG
こちら、支配人の頼んだ「レモンムース」。
何の変哲もないようなムースですが、かなり甘いっ!!どんっ(衝撃)(@^^)/~~~
まっ、今日もカロリーいっぱい使ったから、良いか!!。
posted by 料理長 at 19:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 2013年スペイン巡礼の旅

巡礼路最高地点

私達は快晴の11月14日(木)に、カミーノ・デ・サンティアゴ(Camino de Santiago)のフランス人の道の最高地点、「Puerta Irago(イラゴ峠)」に立つことができました。わーい(嬉しい顔)わーい(嬉しい顔)ヽ(^o^)丿
此処はある種の「聖地」で、巡礼者が自分の出身地から持ってきた、小さい石を願いを込めて積んでいきます。
そしてその石で盛り上がり、こんな小高い山のようになっていました。
どれだけの巡礼者が石を積んできたことか!!!。
「鉄の十字架」は、そこに建てられた高い木の上に立っています。
私達は、2年がかりでしたが、今こうしてここに立てたということを、すべての人と巡礼路の神に感謝しました。
ありがとうございます。

IMG_6886 コピー.JPG
posted by 料理長 at 17:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 2013年スペイン巡礼の旅

「Puerta Irago(イラゴ峠)」越え

11月14日(木)、この日も快晴!!。晴れ晴れ
今日は聖地までの最後の2つの峠のうちの手前の一つ、「Puerta Irago(イラゴ峠)」を越えて歩きます。
あまり長いときついので、距離は少し短くして、峠を下りる途中にある「El Acebo」と言う町まで、約17Kmの予定です。

IMG_6868 コピー.JPG
色々とお世話してくださった「オスピタレーロ」の人に見送られて、
「ラバナル・デル・カミーノ」のアルベルゲ(巡礼者用宿泊施設)を出発します。

IMG_6870 コピー.JPG
朝日を背に、標高1160mのラバナル・デル・カミーノから、巡礼路の最高地点でもある「Puerta Irago(イラゴ峠)」を目指します。
(実際の最高地点は標高1515m、「イラゴ峠」の少し先にありますが・・・)

IMG_6875 コピー.JPG
約5.8Km歩くと、「Foncebadon(フォンセバドン)」と言う村があります。
此処は、巡礼を描いたブラジルの作家「パウロ・コエーリョ」の「星の巡礼」や、やはり巡礼路をたどった経験をスピリチャル的に描いた、シャーリー・マクレーンの「カミーノ」の中で登場します。
共に「野犬」に襲われたり追いかけられたり・・・・とても怖い思いをする場所なんですね。
その物語が描かれた時は、ここは「廃村」で、だれも住んでいない無人地帯だったのです。
しかし、今は巡礼者も増え、アルベルゲ(巡礼者用宿泊施設)やBARもできて、峠の途中で一息できる、憩いの土地になっています。

IMG_6877 コピー.JPG
時間はまだ10時少し前ですが、BARが開いていたので、ついついお菓子とチャイをいただいちゃいましたよ。モバQ
だってねえ、まだこれから登るんだもの。
カロリーの補給!!ですよ猫

IMG_6878 コピー.JPG
BARを後にして、登り始めました。

IMG_6880 コピー.JPG
牛が興味津々で歩いている私達見ていますよ!!。
のんびりとくつろいじゃっていますからね、牛は・・・うしうし〜〜〜

IMG_6882 コピー.JPG
フォンセバドンからだいぶ登りました。
写真左に小さく見えますよ、フォンセバドンが。

IMG_6884 コピー.JPG
山を上がると、紅葉がしだいに綺麗になります。

IMG_6893 コピー.JPG
鉄の十字架が立つラゴ峠を越えて、雲海が見えています。どんっ(衝撃)
雲海のかなたに、翌日の目的地「Ponferrada」まで、ぼんやりと見えています。
実は「鉄の十字架」は、巡礼路最高地点ではありません。
そのもう少し先に最高地点があるんですね。
「峠」と言っても、結構広く、山頂が平らなイメージですよ。

IMG_6896 コピー.JPG
この日の目的地、「El Acebo」がすぐ足もとに見えました。
その向こう、雲海の下には翌日の目的地、人口62000人の都会の「ポンフェラーダ」が見えています。

IMG_6898 コピー.JPG
やった〜〜〜、どんっ(衝撃)どんっ(衝撃)やれやれ、「El Acebo」に到着です。
巡礼路最高地点を越え、この町の標高は約1150m。
アルベルゲ(巡礼者用宿泊施設)に荷物をおろして、休むとしましょうわーい(嬉しい顔)
posted by 料理長 at 17:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 2013年スペイン巡礼の旅

Rabanal del caminoでの夕食

11月13日(水)、静かな山あいの町「ラバナル・デル・カミーノ」のアルベルゲ(巡礼者用宿泊施設)に宿泊した私達。
お昼がサンドイッチとカフェ・コン・レチェ(ミルクコーヒー)だけだったので、さすがにお腹ぺこぺこです。たらーっ(汗)たらーっ(汗)
そこで、アルベルゲから近いレストランに食べに行きました手(チョキ)

IMG_6858 コピー.JPG
静かな静かな山の町の夜。
落ち葉が風に舞う音、犬の遠吠え犬、そんな音しか聞こえません。

IMG_6859 コピー.JPG
静かな山間の町には、1軒だけ営業しているレストランがありました。
入り口も、とても静かな佇まいです!!。

IMG_6861 コピー.JPG
さて、いつものように前菜は「ミックスサラダ」手(グー)
なんだか私達の旅の定番になった感がありますよ。猫
まだまだいっぱい歩くし、ビタミンを補わなくっちゃわーい(嬉しい顔)
もちろんこれはセットメニューですから、パンと飲み物も付いていますからね。

IMG_6862 コピー.JPG
メインディッシュは魚系を注文しました。
これは「Lenguado en salsa」、ヒラメのソースかけです。
ヒラメの唐揚げの下に、にんにくソースがたっぷり!!どんっ(衝撃)
おいしいですよるんるん
魚の毒消しの「レモン」も付いているしね手(チョキ)

IMG_6863 コピー.JPG
そしてもう一つは「Calamar frito(イカの唐揚げ)」。
こちらにもレモンが付いています。
しかし!!どんっ(衝撃)醤油が欲しい!!。

IMG_6864 コピー.JPG
デザートはこれを頼みました。
スペインの定番デザート、「Flan」(カスタード・プリン)です。
ヘタすると、ぷっちんプリンの様な、売っているものをそのまま出されたりするので、今回は聞きましたよ、「手作り」ですかって。(Caseiros?と聞けば良いです。)
だから、とてもおいしいです!!。

IMG_6866 コピー.JPG
お腹いっぱいで満足しました。わーい(嬉しい顔)
さて、暖かい薪ストーブが燃えるアルベルゲへ戻りましょうね。
月が天高く輝いていました三日月
今夜は冷えそうです。

IMG_6867 コピー.JPG
アルベルゲの入り口。
では、明日の峠越えに備えて、早めにお休みなさ〜〜い眠い(睡眠)
posted by 料理長 at 16:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 2013年スペイン巡礼の旅

アストルガからの登り道

この記事は私が2013年10月の終わりから12月中頃まで、スペインへ出かけたときの事を後から書いたものです。

11月13日(水)、この日も天気は快晴!!晴れ晴れ
これでLeónを出発してからはずっとよい天気晴れに恵まれているということになりますよ。わーい(嬉しい顔)
この日は「Astorga」から「Rabanal de camino」まで、21.4Kmを歩く予定です。
聖地サンティアゴ・デ・コンポステーラ( Santiago de Compostela)まで、峠を2つ越えなければいけません。
この日と翌日で、まず最初の「イラゴ峠」(Puerta Irago、標高1505m)を目指して、アストルガから、だらだら登りが続きます。
アストルガは標高900mです。目指す「ラバナル・デル・カミーノ」の町は標高1160m!!

IMG_6839 コピー.JPG
さて、アストルガを出発して、町中を抜けるとすぐに如何にも巡礼路と言う風情の田舎道になります。
写真でも、ダラダラと登っているのが分かるでしょうか?あせあせ(飛び散る汗)

IMG_6838 コピー.JPG
道の横には、「Castrillo de polvazares」の町が見えます。

IMG_6840 コピー.JPG
一生懸命に、だらだらと登り、ほぼこの日歩く道のりの中間の町、「Santacatalina de somoza」に着きました。
開いているBAR発見!!ひらめきひらめき
まだお昼御飯の13時には早いけれど、ここで食べておかないと、今度はどこでお店がやっているか分かりません。
そこでさっそく、「ボカディージョス」(スペインのサンドイッチ)と「カフェ・コン・レチェ(ミルクコーヒー)」を食べることに・・・・

IMG_6841 コピー.JPG
いっただきま〜〜〜す。
ボカディージョスをほおばる支配人。猫
だって、お腹すいたもんね!!どんっ(衝撃)

IMG_6842 コピー.JPG
やはり他の巡礼者も、私達と同じことを考えたようで・・・・
ここで食べたりお茶していますよ。

IMG_6846 コピー.JPG
さて、お腹も満たされ、再び「だらだら登り道」を歩きますあせあせ(飛び散る汗)あせあせ(飛び散る汗)

IMG_6847 コピー.JPG
いつ果てるともなく続く「だらだらの登り道」!!

IMG_6848 コピー.JPG
途中坂を少し下ると、「El Ganso」の町が・・・・
そうか、「ガンソ」か。
ここが巡礼路の「元祖」・・・なんちゃって!モバQ

IMG_6849 コピー.JPG
古い井戸を発見!!ひらめき
昔懐かしいポンプが付いています・・・が・・・たらーっ(汗)たらーっ(汗)
「Agua no potable(水は飲めない)」と書いてあります。

IMG_6850 コピー.JPG
しかし、スペインも日本と同じで、田舎はどこも「過疎化」していますバッド(下向き矢印)
この「ガンソ」の町にも、tころどころに廃墟が見受けられます。

IMG_6851 コピー.JPG
あっ、かわいい子猫!猫猫

IMG_6852 コピー.JPG
おいでおいで!!。

IMG_6853 コピー.JPG
食べ物、くれないんでしょ!!。向こうへ行っちゃおっと!!。

IMG_6854 コピー.JPG
「El Ganso」の町を出て、再びだらだら登りの巡礼路へと歩き始めます。

IMG_6855 コピー.JPG
今日の目的地「Rabanal de camino」の町へと着きました。

IMG_6856 コピー.JPG
アルベルゲ(巡礼者用宿泊施設)に落ち着き、薪ストーブの前でほっと一息!!ダッシュ(走り出すさま)

IMG_6857 コピー.JPG
薪ストーブの前でお茶を飲みながらくつろぐ巡礼者たち。
写真一番左の彼は、なんとどんっ(衝撃)「往復巡礼」をしていると言います。
私たちが目指しているスペイン最西端の岬「フィステーラ」からの帰りだって!!。がく〜(落胆した顔)
上には上がいますねえ。
しかし、このアルベルゲは心地よいです。
写真の一番奥のおじさんは宿の管理人の「オスピタレーロ」。
自らも巡礼経験がある方なので、巡礼者の気持ちがよくわかるんですね。
すぐに名前を覚えてくれましたよ、私達のわーい(嬉しい顔)
posted by 料理長 at 11:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 2013年スペイン巡礼の旅