2014年02月26日

BARのハシゴ4軒目「Llamber Taberna」

12月14日(土)は、まさに私達にとって「食い倒れ」の一日となりました。モバQ
BARのハシゴ4軒目は、BARではなく、レストランでしたが・・・・猫
お店の名前は、「Llamber Taberna Gastronómica Barcelona」と言う長ったらしい名前ですが、「Llamber」だけで通じます。
ここはGastronómica(美食と訳すことができますが、フューチャーされた料理と言う感じです。)と名乗るだけあって、ユニークな料理が持ち味なんだそうです。

IMG_8519 コピー.JPG
お店に到着です。
さっきのBARで軽く、イワシの唐揚げとワインを飲んだので、ここではちょっとおしゃれな料理を楽しみたいですねるんるんるんるん

IMG_8509 コピー.JPG
いきなり変わった料理が出てきましたよ。!!exclamation&question
これはメニューを見ると、英語で「Rock fish terrine」と書いてあります。exclamation&question??
「ロック・フィッシュ」・・・・まさか「岩魚」じゃあるまい・・・・
食べてみると、ツナの味!!。猫
まっ平らのお皿に、まるで「椅子」の様な料理。
驚いちゃいますが、見た目も楽しいですね。♫るんるん
後ろのの「背もたれ」部分は、クラッカーの薄いやつですよ。
クラッカーも「ロメスコソース」の味。猫
実はこれ、帰国してから真似して作ってみたけれど、かなりおいしい出来でしたよ。(ツナは使わず、べジ仕様でしたが・・・)
結構こう言うレストランで食べると、ヒントがいっぱいあるので、すごくうれしいでするんるんわーい(嬉しい顔)。ヽ(^o^)丿

IMG_8511 コピー.JPG
こちらは定番の「Pan con tomate」(スペイン版ブルスケッタ)です。

IMG_8514 コピー.JPG
これは、黒米のリゾット。
上のソースは「アイオリソース」でしょう。そう言う味するもん。
ここで「黒米」は驚いたな〜〜。
てっきり「イカスミ」と思っていたから。
こりゃあ「いかさま」だ!!どんっ(衝撃)・・・なんちゃってモバQ。(^O^)

IMG_8518 コピー.JPG
最後は「ウニのリゾット」。
こりゃあうまい!!。どんっ(衝撃)
おいしく食べて、色々な刺激がありましたよ、はい。
posted by 料理長 at 17:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 2013年スペイン巡礼の旅

BARのハシゴ3軒目「La Plata」

12月14日(土)、噴水ショーを見に行った私達は、ショーが終わって、友人と待ち合わせて、夜のBAR廻りに出かけました。
私達のスペイン滞在は、残すところ明日しかありませんからね。もうやだ〜(悲しい顔)
しかも、明日は日曜日、結構お休みのBARが多いので、今日に詰め込んじゃうという感じですよ。どんっ(衝撃)
頑張ります!!。どんっ(衝撃)手(グー)(#^.^#)
こう言う頑張り方は、結構うれしいかも・・・るんるんるんるん

IMG_8496 コピー.JPG
旧市街の細い路地を歩いて行きます。
こんなところにお店が・・・・と言う感じの路地ですが・・・・

IMG_8488 コピー.JPG
ありました、目的のお店の「BAR La Plata」。
こてこての昔ながらのBARで、つまみは「いわしの唐揚げ」ただ1品。
その替わり、樽から直接注ぐワインがとてもおいしいんだそうですよ。
夜だしね、ここでは私達もワインを飲みましょうか!!バー

IMG_8490 コピー.JPG
おお〜〜ぅ、賑わっていますね。あせあせ(飛び散る汗)
しかし、本当にシンプルなお店。たらーっ(汗)
カウンターの後ろに、ワインの樽が3つ並んでいます。
この樽の注ぎ口から直接ワインを注ぐそうですよバー

IMG_8491 コピー.JPG
イワシの唐揚げと、「赤」「白」[ロゼ]の3つのワイン。バー
どれもとっても味わいがあって、おいしいです。わーい(嬉しい顔)わーい(嬉しい顔)
シンプルだけど、年季が入っていますからね、ここは。
お酒呑みだったら、たまらないBARですよ、きっと。(●^o^●)

IMG_8495 コピー.JPG
私達が帰るころは、店内は押せ押せの状態どんっ(衝撃)
シンプルで人気のワインのおいしいBAR。
楽しかったです。♫るんるん
これ、地元でないと分からないよね!!。どんっ(衝撃)
posted by 料理長 at 16:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 2013年スペイン巡礼の旅

夜を彩るスペイン広場の「噴水ショー」

12月14日(土)、お昼は「BAR」2軒ハシゴしてたくさん食べたので、少し散歩をしなければ・・・・モバQ!(^^)!
と言うことで、スペイン広場で毎晩行われる「噴水ショー」を見に行きました。手(チョキ)
これ、夏だったらもう涼しくて、本当に良いのだろうけれどぴかぴか(新しい)、今は冬。(~_~;)
しかしそこは「白人の国」(寒さに強いからね、白人は)、スペイン。雪
こんな冬でもやるんだよねぇ〜〜。がく〜(落胆した顔)
でも、綺麗だと聞いて、散歩がてらに出かけました。

IMG_8473 コピー.JPG
ちょっと豪華だけれど、普通の噴水。
ここが舞台です。

IMG_8476 コピー.JPG
ショーを見に、たくさんの観客が来ていますね。
後ろの建物からもライティングされて、雰囲気を盛り上げます。

IMG_8477 コピー.JPG
さあ、始まりましたよ。
音楽に合わせて、噴水が様々に変化します。
ライティングもめくるめく変わって行きます。
その画像をお楽しみください。

IMG_8478 コピー.JPG

IMG_8479 コピー.JPG

IMG_8480 コピー.JPG

IMG_8481 コピー.JPG

IMG_8482 コピー.JPG

IMG_8483 コピー.JPG

IMG_8484 コピー.JPG
ショーが終わりました。
時間は大体20分くらいかなぁ。
幻想的な噴水ショー、心に残る美しさでしたよ。ぴかぴか(新しい)
posted by 料理長 at 15:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 2013年スペイン巡礼の旅

BARのハシゴ2軒目「Cal pep」

12月14日(土)、BARのハシゴ2軒目は、バルセロナの下町「Barceloneta」から近い所にあるBAR「Cal pep」へ行きました。
ここの名物は、とってもジューシーでおいしい「半熟のスペイン風オムレツ」ですって。
楽しみだな〜〜〜るんるんるんるん

IMG_8469 コピー.JPG
着きましたよ、BAR「Cal PEP」。
入り口は何と言うこともない普通のBARですが、鰻の寝床の様に中は細長く、奥行きが深いので驚きましたがく〜(落胆した顔)

IMG_8449 コピー.JPG
忙しそうですね。ダッシュ(走り出すさま)人気のBARですからね、しかも土曜日だし・・・・

IMG_8450 コピー.JPG
ここでは地元「カタルーニャ」の白ワインで行きましょう。
では、乾杯!!バー

IMG_8452 コピー.JPG
最初は、トーストしたパン(バケット)の上に、「Piquillo」(パプリカ)と、イワシのオイルサーディンが乗った、スペインのBARの定番のタパスが、付け出しとして出てきましたよ。るんるんるんるん(無料)
おいしそうだなぁ〜〜。

IMG_8453 コピー.JPG
私の大好きな「アーティチョークの揚げ物」。
これ、あるんだったら頼んじゃいますよ、好物だもの!!。モバQ
日本ではなかなか食べられないしね手(チョキ)

IMG_8455 コピー.JPG
そして、お目当ての半熟の「Tortilla española」(スペイン風オムレツ)。猫
オムレツの上に「アイオリソース」が塗ってあります。
このソースは、カタルーニャの伝統的なソースで、要するに、ニンニク入りの酢抜きマヨネーズです。だけど、油はオリーブオイルを使いますよ。
このオムレツ、半熟加減がたまらない!!。手(グー)
皆このお店では、必ずこれを頼むらいいですからね。
これ、べジで作りたいなぁ〜〜〜猫

IMG_8458 コピー.JPG
ここでおいしいもう一つの料理はこれ、「Fideuá」です。
ぶつ切りした細麺のパエリャ。これを「アイオリソース」を付けながら頂くんですよ。
アサリや白身魚、パプリカのみじん切りも入り、これ、とってもおいしいではないですか!!。るんるんるんるん
スペインのパスタはすべて「伸びきっている」けれど、こう言う料理にはぴったりですよ。手(グー)
時々このメニューの名前は見たのですが、「どうせ伸びたパスタ」と思い、今まで食べてきませんでしたからね。モバQ
残念なことしちゃったなぁ〜〜。もうやだ〜(悲しい顔)
「偏見」はいけませんね。

IMG_8460 コピー.JPG
このお店は「あさり」もおいしいそうです。
「Almeja」(あさり)のオリーブオイル蒸し。
日本だったら、「酒蒸し」にするところですが、そこはスペイン、オリーブオイルの一大産出国ですからね。

IMG_8462 コピー.JPG
最後のタパスは、「Sepia con garbanzos」、「イカとひよこ豆の煮物」です。
「Sepia(セピア)」と言うのは、大きいイカのことで色がセピア色でしょ。ひらめき
「セピア色」と言うのは、この「イカ」の名前から来ているそうですよ。
これもとてもおいしいです。るんるん
やはりここ在住の友人と来るとはずれがありませんね。
いや〜〜、友人が付き合ってくれて、本当に良かった!!。

IMG_8463 コピー.JPG
最後に小さめのスイーツを・・・・・
「Espuma de crema catalana」、「Espuma de chocorate」、「Granada con espuma de lomon」.
「カタルーニャ・クリームのホイップ」、「チョコレート・クリームのホイップ」、「ザクロ入りレモン・クリームのホイップ」です。
2軒はしごしたから、結構お腹いっぱいです。どんっ(衝撃)
のんびり歩いて帰ろうかなぁ〜〜。

IMG_8468 コピー.JPG
まだまだ込み合う店内。
人気BARなんですね、おいしかったし・・・・わーい(嬉しい顔)
posted by 料理長 at 14:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 2013年スペイン巡礼の旅

下町と海(地中海)

12月14日(土)、BAR廻り1軒目が終わり、折角バルセロナの下町まで来たから、ちょっと散策をしてみました。
天気も良いしね。晴れ晴れ!!

IMG_8431 コピー.JPG
漁師が多いバルセロナの下町地区「Barceloneta」。
普通は洗濯ものを外から見えるように干さないことがスペインのお決まりですが、ここは例外です。
なんだか「香港」みたい!!どんっ(衝撃)

IMG_8441 コピー.JPG
風情のある街角が、海に向かって続きます。

IMG_8434 コピー.JPG
市場があったので、覗いて見ることに・・・・
市場は結構近代的ですねえ。
ここは野菜売り場。

IMG_8436 コピー.JPG
そして魚介類売り場。

IMG_8438 コピー.JPG
ひらめき冷凍野菜がいっぱい売っている!!exclamation×2
しかも、切ってあるし・・・・あせあせ(飛び散る汗)あせあせ(飛び散る汗)
これを使うと、楽に料理できそうだけど・・・・栄養が失われているような気がするなぁ〜〜〜。
世界中このように、「スローフード」の逆の現象があるんだなぁ〜〜と、感慨深いものがありましたよバッド(下向き矢印)

IMG_8445 コピー.JPG
海に出ました。手(チョキ)
これが「地中海」。ひらめき
今回はスペイン北部の「カンタブリア海」と、スペインの西の果ての「大西洋」を見て来たので、今回「地中海」で3つ目。猫
スペインを取り囲む海を全部見たことになりますよ。手(グー)
そして、3つとも、海の水に触ってきたし・・・わーい(嬉しい顔)
うれしいです。
しかし、天気も良く、暖かくて気持ち良い〜〜〜。ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ヽ(^o^)丿

IMG_8446 コピー.JPG
穏やかな海。

IMG_8448 コピー.JPG
しかし、ここでも泳いでいるやつがいる!!!!!。どんっ(衝撃)どんっ(衝撃)
白人は本当に寒さに強いですね。台風
posted by 料理長 at 12:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 2013年スペイン巡礼の旅

BARのハシゴ1軒目「BAR Jai-ca」

12月14日(土)は、バルセロナ在住の友人と一緒に、バルセロナのBAR廻りをしました。手(パー)
やはり住人は良く知っていますからね、どこのBARがおいしくて、しかもその中でも「これ」がおいしいというのを。ひらめき
私達はサンセバスティアンやビルバオなどで、BAR廻りをしましたが、「ここが良さそう」くらいの目星で食べ歩きました。だから、時々外れのピンチョスがあったりしましたよ。もうやだ〜(悲しい顔)
しかし、住んでいる人の案内だとそれがありませんからね。手(グー)
本当にピンポイントと言う感じで、「このBARはこれしか食べちゃだめ」みたいなことを良く知っています。exclamation×2
とてもありがたいですよ〜〜〜。(^O^)
では、その友人の案内で、安心してBARのハシゴをしましょうねるんるんるんるん

IMG_8420 コピー.JPG
まず最初に行ったのは、バルセロナの下町地区にあるレトロなBAR「Jai-ca」です。
ここは海老と貝がおいしいんだそうで、それを堪能しました猫
BARのお兄さんが注文を聞きに来ました。
さて、どうなりますか・・・・

IMG_8421 コピー.JPG
なんだかとても雰囲気がありますね、このお店。

IMG_8424 コピー.JPG
BARでは何かお酒を飲むのが普通です。
しかし、お酒に弱い私は、何軒もハシゴしたらぶっ倒れるので、まずは「ノンアルコールビール」からビール
支配人は「スパークリング・ウォーター」を。

IMG_8425 コピー.JPG
最初は魚介類ではなく、「Pimentos de padrón」と言う、ししとうのタパスです。
これはスペインではどこでもあるタパスで、シシトウをさっとオリーブオイルでソテーして、塩を振りかけただけのシンプルなタパスです。
しかし、ここのはめっちゃ塩が多い!!。たらーっ(汗)たらーっ(汗)
その塩はスペインの「岩塩」だそうです。
スペインは「岩塩」と「海塩」が採れるんだそうで、料理によって使い分けているそうです。
塩辛すぎないように塩を落としてから食べないとね・・・・どんっ(衝撃)

IMG_8426 コピー.JPG
いよいよ魚介類です。
「Gambas a la plancha」、海老のグリルです。
しかし、オリーブオイルたっぷり!!。どんっ(衝撃)
さすがはオリーブオイルの産地ですね、とてもおいしいですよ。わーい(嬉しい顔)
やはり知っている人はすごい!!。

IMG_8428 コピー.JPG
そして「Nabajas a la plancha」、これはマテ貝のグリル。
マテ貝はスペインでも高級な食材ですからね。
こちらもオリーブオイルたっぷりで、めっちゃおいしい!!。ヽ(^o^)丿わーい(嬉しい顔)
焼いた後からかけるみたいですよ。
酸化しないし、体にもやさしい使い方です。わーい(嬉しい顔)
posted by 料理長 at 12:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 2013年スペイン巡礼の旅

伝統菓子のお店「Caelum」

この記事は私が2013年10月の終わりから12月中頃まで、スペインへ出かけたときの事を後から書いたものです。

12月14日(土)、天気は相変わらず晴れ。晴れ晴れ
私達の帰国2日前のこの日は、バルセロナでめちゃ食べ歩きの一日になりましたよ。あせあせ(飛び散る汗)あせあせ(飛び散る汗)
だって、帰る前だもんね。最後に、悔いが残らないように食べなくっちゃ!!。猫
と言うわけで、まず午前中に、スペイン各地の修道院の伝統菓子を集めたお店、「Caelum」(カエルン)へ行ってみました手(チョキ)

IMG_8398 コピー.JPG
クリスマスの飾りものを売る市が出ています。
バルセロナのカテドラルの前は、本当ににぎやか・・・・どんっ(衝撃)
そこを通りぬけ、伝統菓子のお店「カエルン」を目指します。

IMG_8400 コピー.JPG
細い旧市街の細い路地の角に、そのお店はありました。
このお店「カエルン」で伝統菓子が「買えるんですか?」。なんちゃって・・・モバQ(^O^)

IMG_8401 コピー.JPG
おっ!!ひらめき「鯛焼き」!!。
これは本当にスペイン版の「鯛焼き」だなぁ〜〜〜。
だって、原材料は「アーモンド」「砂糖」「卵」だよ。
しかも「Pez de yema」(卵黄の魚)と書いてある。

IMG_8402 コピー.JPG
さて、店内のカフェで私達は2種類の「修道院の伝統菓子」をいただきました。手(チョキ)
こちらは「フルーツバー」みたいな重たいケーキ。
ナッツ類も入っています。
でも、「激甘」ではないですよ。るんるん
スペインのケーキはやや甘めと言う位ですので、安心です。

IMG_8403 コピー.JPG
こちらは「アップルパイ」の様な伝統菓子。
スポンジ系ですが、生地が重たく、ずっしりした感じです。
りんごの煮たものが中に入っていて、結構おいしい!!わーい(嬉しい顔)

IMG_8404 コピー.JPG
ケーキだけではきついので、コーヒーもいただきました。

IMG_8406 コピー.JPG
狭いけれど、賑わう店内。
土曜日ですからね、家族連れやグループがたくさん来ていましたよ。

IMG_8408 コピー.JPG
店のウィンドウには、伝統菓子がずらりと並んでいます。どんっ(衝撃)
全部一口ずつ食べてみたい!!!。モバQ
さすがにそれはできないし、これ以上食べられないのでここで打ち止めです。もうやだ〜(悲しい顔)
また機会があったら、食べてみたいな〜〜〜。猫犬
posted by 料理長 at 10:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 2013年スペイン巡礼の旅

2014年02月25日

べジ・レストラン「Rasoterra」

12月13日(金)、モンセラートの日帰り巡礼からバルセロナに戻った私達。電車
時間が夕方になったので、その足で前日に行ったベジタリアン・レストラン「Vegitalia」の近くにある、ちょっとおしゃれなBAR風のベジタリアン・レストラン「Rasoterra」へ、軽めの夕食を食べに行きました手(チョキ)

IMG_8370 コピー.JPG
「モンセラート」から私鉄の「カタルーニャ鉄道」に乗って、電車終点の「スペイン広場」に着いた私達。
すぐ近くの、元闘牛場に建つショッピングセンターの屋上が眺めが良いと聞いたので、まずちょっと登ってみました。グッド(上向き矢印)
本当だ、周りが良く見えますよ手(チョキ)

IMG_8373 コピー.JPG
さて、市営の地下鉄に乗って、目的のべジ・レストラン「Rasoterra」へ到着です。どんっ(衝撃)
時間は7時近く。そろそろお腹すく時間ですたらーっ(汗)たらーっ(汗)

IMG_8376 コピー.JPG
まずは「ノンアルコールビール」を頼んだら・・・・
付け出しがおしゃれに出てきました。
「クスクスと人参のパセリソース」だそうですよ。
中華で使う「レンゲ」に乗っかっていますね。
一口サイズだけれど、おいしくいただきました。
そして、またまた「聖地」に行けたことに、乾杯!ビール!ヽ(^o^)丿

IMG_8378 コピー.JPG
主食の「パン」は、「Pan con tomate」、スペイン版「ブルスケッタ」です。
ここのはかなりトマト果汁が浸み込んでいて、しっとりとしています。

IMG_8380 コピー.JPG
最初に頼んだ「タパス」は、「Alcachofas al vino blanco con corazon de ajo escalivado」、私の大好きな「アーティチョーク」のオーブン焼きです。わーい(嬉しい顔)(^O^)
しかも、白ワインとニンニクの芽を使っています。
上の衣は「パン粉」ではなく、キヌアのすり潰したものを塗って焼いているんです。
「グルテンフリー」のマークが付いている料理ですからね。
一瞬「パン粉」と思ったけれど、ちょっと工夫してあるではないですか!!がく〜(落胆した顔)

IMG_8382 コピー.JPG
スペインのBAR兼レストランだけれど、「餃子」がありました。ダッシュ(走り出すさま)
「Gyozas verduras y tofu」とメニューに書いてあります。
「ギョーザス」と発音するところを見ると、日本の影響ですね。猫
だって、中国では確か「チャオズ」と発音したと思いますから。
しかし、おしゃれに小さな鋳物のフライパンで出してきましたよ。ぴかぴか(新しい)
中身がよく炒めた、まるで「おから」の様な豆腐が入っていました。
これを「甘辛」のたれでいただきます。手(チョキ)
久しぶりに食べる餃子、しかもスペイン風。どんっ(衝撃)
面白くて、おいしかったですよるんるん

IMG_8384 コピー.JPG
こちらは「サラダ」です。
「Algas de porto muiños, daikon y rabanitos al miso blanco y mirin」
「ミーニョス港の海藻と、大根とラディッシュ、白味噌とみりん味」ですよ。手(チョキ)
まるっきり日本なしでは考えられない料理と言うか、サラダですね。どんっ(衝撃)
お洒落にグラスに入っていますよ。
なんだか「和」の雰囲気で、おいしくいただきました。わーい(嬉しい顔)
ただ、もう少し盛りが多くても良いのだけれど・・・犬

IMG_8386 コピー.JPG
軽めだけれど、おいしいですねえ。
今日はノンアルコールビールと、もう一つは「カモミール茶」を頼みましたよ。

IMG_8389 コピー.JPG
さて、せっかくだから、スイーツも一ついただこうかな!!。猫
「Crumble de manzana con helado de vainilla」
りんごの崩し煮と、バニラアイスクリーム。
温かいリンゴの煮物の上に、シリアルとアイスクリームが載っています。
温かくて冷たい・・・・このコントラストがとても良い感じです。わーい(嬉しい顔)
ここはすべてを含めて、2人で32€でした。
やや高めでしたね、お洒落だったけれど。

今日も一日、楽しかったな〜〜〜。るんるんるんるん
posted by 料理長 at 17:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 2013年スペイン巡礼の旅

ケーブルカーに乗って、モンセラートの頂上へ

12月13日(金)、モンセラートの修道院での「少年聖歌隊」の歌を聞いて感涙した私。(>_<)もうやだ〜(悲しい顔)
これでバルセロナに戻っても悔いはないくらいでしたが、この日は本当によい天気!!。晴れ晴れ
雲海が見えるくらいなので、ケーブルカーに乗って、モンセラートの岩山の上に登ることに・・・・
そこには、はるかピレネー山脈まで良く見える「絶景」が待っていました手(チョキ)

IMG_8299 コピー.JPG
急な山肌に、くっきりとケーブルカーの線路が見えます。
あんな急傾斜を登るにかぁ〜〜〜、すごいな〜〜〜あせあせ(飛び散る汗)あせあせ(飛び散る汗)

IMG_8340 コピー.JPG
ケーブルカーは近代的で、天窓が大きいので、すごく景色が良く眺められましたよぴかぴか(新しい)

IMG_8363 コピー.JPG
修道院も雲海の中に霞んで見えました。
頂上は本当に雲ひとつない超快晴!!。晴れ晴れ
とても良い眺めです。

IMG_8354 コピー.JPG
頂上のごつごつした岩山。
遠くに見えるは「ピレネー山脈」。

IMG_8344 コピー.JPG
フランスとスペインの国境に横たわるピレネー山脈が本当によく見えました。手(グー)
もうだいぶ雪をかぶっていますね。
そう言えば前年の巡礼は、あの向こうからスタートしたんだっけなぁ〜〜猫
感慨深いです、私にとって。
でも、こんなに見えるなんて、来てよかった。手(パー)
友人の知り合いのガイドさんも、何回もここにガイドとして来ているけれど、こんなに雲海と展望に恵まれたのは初めてだって!!。どんっ(衝撃)
良いことありそうな私の最後の聖地巡礼の一日でしたよぴかぴか(新しい)

IMG_8364 コピー.JPG
さて、頂上に行ったから、昼食が遅くなって、食べる時間がそんなにありません。あせあせ(飛び散る汗)あせあせ(飛び散る汗)
お腹も空いたし、急いで駅の近くのセルフ食堂で食べました。
ベジの選択肢はありません!!!。(サラダだけならあるけど・・・)
そこで、白いんげん豆とイカのリング揚げ、茄子とズッキーニのオリーブ炒め、そして野菜サンドイッチをいただきました。
お腹いっぱい!!。
posted by 料理長 at 15:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 2013年スペイン巡礼の旅

モンセラートの少年聖歌隊

12月13日(金)に、バルセロナ近郊の聖地「モンセラート」にやってきた私達。
ここの教会には、世界的に有名な「少年聖歌隊」が存在します。どんっ(衝撃)
この聖歌隊、ほぼ毎日、巡礼者のために時間になると2回ほど、聖歌を披露するんですね。手(チョキ)
実は私はこの少年聖歌隊による「聖歌」を聞きたくて、ここまで来た様なものなんですよ。揺れるハート
この聖歌隊は「ウィーン少年合唱団」に匹敵するレベルで、世界中で評価されています。

そして、ここ「モンセラート」には、14世紀にまとめられた「モンセラートの朱い本」と言う写本があるんです。その本は、この場所にやって来る巡礼者が歌ったとされる歌を集めた写本で、古楽の愛好家ならば、世界中の人が知っている有名なものなんですが、曲はたったの10曲しかありません。
「(英訳からの重訳:巡礼者は、昼はもちろん、モンセラートの聖母マリア教会において寝ずの夜を過ごす間、歌ったり踊ったりしたくなるものだ。そして教会では、お行儀よく敬虔にしていられないのなら、歌を口ずさんではならないのである。というわけで、ここに発表されるこれらの歌曲が作曲された。これらの歌曲は、遠慮がちに使われなければならず、祈りと瞑想のうちに夜明かしをする人にうるさがられないように注意されたい。)
したがって、収録された歌曲は、巡礼者が何か「行儀よい敬虔な」歌を口ずさむことができるように書かれている。」・・・・ウィキペディアより・・・・

私はその音楽を随分昔に聞いたことがあり、それ以来、どうしても行ってみたかった場所でもあるんですよ、このモンセラートは。
そこに今回は来ることができて、とってもうれしいです手(チョキ)わーい(嬉しい顔)

IMG_8331 コピー.JPG
「聖歌隊」の入場です。
皆デジカメで写真を取っているのが笑えますねえ。わーい(嬉しい顔)(^O^)

IMG_8334 コピー.JPG
パイプオルガンの伴奏で、聖歌の演奏が始まりました。
彼らが歌うのはたった2曲ですが、本当に心を洗われるような美しいハーモニー!!!。ぴかぴか(新しい)
ここへ来れて、とってもとっても嬉しいです。るんるんるんるん
涙出そう!!もうやだ〜(悲しい顔)

IMG_8329 コピー.JPG
新しいパイプオルガンですが、とても美しい音色が教会の中に響き渡ります。
posted by 料理長 at 14:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 2013年スペイン巡礼の旅