2014年02月25日

モンセラートの修道院

12月13日、晴天に恵まれて晴れ、「コロニア・グエル」を散策した後、私達は中世からの聖地として名高い、バルセロナ近郊の「モンセラートの修道院」へと向かいました。電車
この「モンセラート」もスペインの聖地で、中世からの巡礼者が絶えることがありません。ぴかぴか(新しい)
私達もサンティアゴ巡礼したし、その巡礼の最後に、この地への巡礼が出来て、本当にうれしいでするんるんるんるん

IMG_8295 コピー.JPG
「コロニア・グエル」から、再び私鉄の「カタルーニャ鉄道」に乗り、モンセラートへと向かいます電車

IMG_8297 コピー.JPG
モンセラートの登山口に着きました。
ここで「ラック式鉄道」に乗り換えます。電車
「ラック式鉄道」と言うのは、急坂を登るために、レールとレールの真ん中に、歯車がかみ合うラックが敷かれ、電車に装着された歯車とかみ合って、すごい急な坂を上って行くという、登山電車なんですよ。電車
日本でも、昔は信越本線の「碓氷峠」がこの方式で有名でした。(現在長野新幹線ができたため、廃線)
今は私鉄の「大井川鉄道」でこの区間があります。(てっちゃんだなぁ〜〜。)

IMG_8298 コピー.JPG
登山電車に乗って電車、急な坂を登り、聖地の「モンセラート修道院」に到着しました。どんっ(衝撃)
ここはすごい岩山で、良くこんなところに修道院を築いたと感心するような地形です。たらーっ(汗)たらーっ(汗)
山の空気はとてもひんやりしていました。

IMG_8300 コピー.JPG
さすがは山の上、雲海がかかっています。

IMG_8306 コピー.JPG
ここに祀られている「黒い聖母マリア」様を拝みに、世界各地から巡礼者がやって来ます。
まず最初にその「マリア様」を拝みましょう。
この階段を上がった上に祀られています。

IMG_8313 コピー.JPG
黒い聖母マリア様。
このマリア様は、本当に古い時代から祀られているそうです。
それは伝説によると、西暦880年ころ、山の中で光を見た少年の羊飼いが、その光を追って行くと、洞窟の中にこの「聖母マリア像」があったそうな。
知らせを聞いた当時の司教が、町に運ぼうとしてもその像は動かすことができなかったと言います。
それでその場所に、現在の修道院の起源の礼拝堂を作り、安置しました。
洞窟の中ですからね、明かりを取るために灯をともします。
その煤でマリア様はすっかり黒くなってしまったと言い伝えられています。

IMG_8314 コピー.JPG
「黒いマリア像」の右手に持つ「玉」に触ると、たくさんのご利益があると言われています。揺れるハート
今ではマリア像を保護するために、ケースで覆われていますが、その玉に触れることができる配慮がなされていましたよ。
さっそくその玉に触れましょうね。

IMG_8310 コピー.JPG
マリア像の祀ってある所から、教会内部を見下ろすと、とても美しい!!。ぴかぴか(新しい)
でも、この教会は、結構新しいですよ。
それは、ナポレオンがフランスから攻めて来た時に、教会を破壊してしまったそうです。どんっ(衝撃)
そのあとの再建なので、様式が新しいんですね。

IMG_8316 コピー.JPG
下から見ると、本当に神々しく見えるマリア像。

IMG_8319 コピー.JPG
新しいとはいえ、とても美しい教会です。
ステンドグラスもめっちゃ美しい!!。ぴかぴか(新しい)(^O^)

IMG_8323 コピー.JPG
今も巡礼者の灯す明りが絶えない教会。

IMG_8327 コピー.JPG
この場所は、その教会のパワーが集まるところ・・・だそうですよ。
腕をいっぱい広げて、そのパワーをお裾分けしていただきましょうね。揺れるハート
posted by 料理長 at 14:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 2013年スペイン巡礼の旅

コロニア・グエル

この記事は私が2013年10月の終わりから12月中頃まで、スペインへ出かけたときの事を後から書いたものです。

12月13日、天気はまたまた快晴!!。晴れ晴れ
この日は、有名な建築家「アントニオ・ガウディー」のスポンサーだった「グエル」さんがガウディーの弟子に作らせたという、「コロニア・グエル」を見学した後、バルセロナ近郊の聖地「モンセラート」へ日帰りで行くという観光をしました。手(パー)
と言うのも、私達のバルセロナ在住の友人が、ガイドの仕事をしていて、この日にちょうどその「コロニア・グエル」と「モンセラート」へ行くガイドの仕事があるので、一緒にお客さんとして参加できることになったんです。わーい(嬉しい顔)
ガイド付くのツアーなんて、めっちゃ久しぶり。あせあせ(飛び散る汗)あせあせ(飛び散る汗)
なんだかすごく楽して行けて、リフレッシュしましたよるんるんるんるん

IMG_8258 コピー.JPG
バルセロナのスペイン広場駅から、私鉄の「カタルーニャ鉄道」に乗って電車約15分、コロニア・グエルに着きました。
駅から歩いても近い所にあるんですね。
さて、「ガウディー」さんの弟子たちによる、ユニークな町を見て回りましょう。

IMG_8263 コピー.JPG

IMG_8271 コピー.JPG

IMG_8275 コピー.JPG

IMG_8276 コピー.JPG

IMG_8279 コピー.JPG

IMG_8280 コピー.JPG
こちらはガウディーの設計による町の教会。
しかし、未完に終わってしまっています。
これができていたら、かの有名な「サグラダファミリア」を凌ぐとも言われています。
基礎と1階の部分だけですが、如何にもガウディーらしい建築です。

IMG_8284 コピー.JPG
教会の中に入ると、めっちゃ綺麗ですよ!!ぴかぴか(新しい)

IMG_8286 コピー.JPG
蝶の形をしたステンドグラスは、室温の調整ができるように、開閉できるように作られています。
この写真は、その窓を開けてもらったところです。

IMG_8287 コピー.JPG
綺麗な内部ですね。
町の小さい教会だけれど、とても素敵です。

IMG_8293 コピー.JPG
外から見た、未完の教会。
完成したところを見てみたいですよ、これは。どんっ(衝撃)
posted by 料理長 at 10:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 2013年スペイン巡礼の旅

2014年02月24日

べジ・レストラン「Vegetalia」

12月12日(木)、この日は一日バルセロナ滞在で、土産物の買い物と、べジ・レストラン廻りの一日となりました。るんるんるんるん
買い物が終わり、時間は夕食の時間(午後8時)です。どんっ(衝撃)
私達はオーガニックナッツなどを買ったその足で、ベジタリアン・レストランで夕食を食べることにしました手(チョキ)

IMG_8239 コピー.JPG
流れ星のイルミネーションの街角を歩きます。ぴかぴか(新しい)
ここはバルセロナの旧市街。
細い路地が入り組んでいて、「地図」がなければ迷ってしまいそう!!。あせあせ(飛び散る汗)あせあせ(飛び散る汗)
しかし、そこは「地図」を片手に、お目当てのベジタリアン・レストランを目指します。

IMG_8241 コピー.JPG
さあ、着きましたよ。
今日はここ、ベジタリアン・レストラン「Vegetalia」で食べましょうね。
ここはBARと兼用のレストランで、タパスっぽい料理もあるようですからね。
お昼をたくさん食べたから、モバQ軽めにするにはぴったりです手(チョキ)

IMG_8244 コピー.JPG
まずは、お酒に弱い私・・「ノン・アルコール・ビール」で乾杯しましょう。ビールヽ(^o^)丿
スペインは結構この「ノン・アルコール・ビール」が充実しているんだそうです。
それを巡礼が終わるまで気付かなかった私もうやだ〜(悲しい顔)(-_-メ)
お酒に弱いので、ほとんどが「水」ばかりレストランで飲んでいましたからね。
早く気がつけば良かった!!。とほほほほ〜〜たらーっ(汗)たらーっ(汗)
だって、おいしいんだもの、この手のビールも。

IMG_8248 コピー.JPG
「Sopa miso con dados de tofu y aigas」と言うスープを頼みました。手(チョキ)
要するに、「豆腐とワカメ入り味噌汁」です。
なんだかお昼のお店と言い、このお店と言い、日本食の影響を受けていますね。猫
そう言えばスペインの自然食品店では、必ずと言っていいほど「味噌」と「梅干し」などが売られていましたからね。手(グー)
日本食は「健康食」として、こちらに受け入れられていて、うれしい限りです。わーい(嬉しい顔)
しかし、私達にとって、本当に久しぶりに飲む「味噌汁」です。
感動モノですよ、約2か月ぶりだもんもうやだ〜(悲しい顔)

IMG_8246 コピー.JPG

さて、味噌汁を堪能した後は、こちら、「Rolitos de verdura con salsa teriyaki」。
これも「テリヤキ」なんて書いてある・・・・
「ベジタブルロールのテリヤキソース添え」です。
甘酢のテリヤキソースに付けて、ベジタブルロールをいただきます。
IMG_8251 コピー.JPG
ロールの中は・・・・・
色々な野菜ですよ。どんっ(衝撃)
なんだか「変わり日本食」を食べているように感じてしまいます。手(チョキ)
だけど、こう言うのって、なんだか新鮮!!。ダッシュ(走り出すさま)
とてもおいしいですわーい(嬉しい顔)

IMG_8249 コピー.JPG
そして最後の品は、「Paella vejital de arroz integral」、
「玄米の野菜パエリャ」です。
良く噛んで、味わいながら食べましたよ。
パエリャはこちらが本場ですからね。
ベジとはいえ、かなりおいしいです!!。
ご馳走様でした。
飲んだのはノンアルコールビールなので、酔っぱらうこともなく、夜道を迷うこともなく帰れました。
今日もとても楽しくて満足の一日でした。るんるんるんるん
では、お休みなさい!!。眠い(睡眠)
posted by 料理長 at 22:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 2013年スペイン巡礼の旅

自家焙煎「オーガニックナッツ」のお店

12月12日(木)のお昼をベジタリアン・レストラン「Zaatar」で食べた私達。猫
一休みした後、土産物のショッピング&夕食に出かけました。手(チョキ)
目指すは自家焙煎のオーガニックナッツとドライフルーツを扱う老舗の「Casa Gisperto」。
ここは前年の時もお土産に、ナッツとドライフルーツを買ったのですが、それがとてもおいしかったので、今年もたくさん買い込むために空のデイパックを背負って、出かけました。手(チョキ)
オーガニックのアーモンドとヘーゼルナッツは「自家農園」で作られたもので、それをこのお店で薪の火で焙煎するという手の混みようですからね、おいしいはずですよ手(チョキ)手(チョキ)

IMG_8220 コピー.JPG
辺りが暗くなるころ、バルセロナの旧市街にやって来ました。手(チョキ)
大通りからもカテドラルが見えるんですね。

IMG_8227 コピー.JPG
「Casa gisperto」のすぐそばまで来ました。
クリスマスのイルミネーションが綺麗です。ぴかぴか(新しい)
「海の聖母教会」がすぐ近くにありますよ。

IMG_8229 コピー.JPG
「海の聖母教会」が開いていました。せっかくだから中を見学しましょう。
クリスマス前なので、ひと際美しく見えます。ぴかぴか(新しい)
巡礼を完歩出来たお礼の祈りを捧げます。

ではもう少し、教会を出て歩きましょう。
「Casa gisperto」はこの教会のすぐそばですからね。

IMG_8231 コピー.JPG
「Casa gisperto」は、すぐ先、人が何人か歩いているあたりです。

IMG_8234 コピー.JPG
レトロな店内。ぴかぴか(新しい)
老舗だけあって、時の流れを刻んだ雰囲気がありますね。
創業1851年ですから、もう160年以上にになるわけです。
すごいなぁ〜〜〜。

IMG_8235 コピー.JPG
さあ、たくさん買い物しましょうね。
カウンターの中に居る男の店員さんが「マルクさん」。
彼は何回も日本に来て、山登りをしているんだそうで、日本語が堪能なんです。
このお店の買い物は、そのためとても楽ちんでするんるんるんるん

IMG_8233 コピー.JPG
いっぱい買いたいな〜〜〜、と支配人。どんっ(衝撃)
あのぉ〜〜、持って帰れる量にしてね!!猫

IMG_8236 コピー.JPG
結局たくさん買いましたよ。!!!

IMG_8238 コピー.JPG
買い物をが終わり、軽い夕食を食べに近くのベジタリアン・レストランに行ってみることにしました。
綺麗なイルミネーションの建物の脇を通り、地図を片手に歩きます。
posted by 料理長 at 20:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 2013年スペイン巡礼の旅

ベジタリアン・レストラン「Zaatar」

12月12日(木)、天気はまたまた晴れ。晴れ
天気続きでとてもうれしいです。わーい(嬉しい顔)
この日私達はバルセロナに一日滞在しました。
バレンシアとクエンカの小旅行の疲れもあって、ゆっくりと市内観光と土産物のショッピングです手(チョキ)
スペイン料理の本もいっぱい買っちゃいましたよ。猫
食べたことがある料理はなんか作れそう!!。
そして、お昼と夜の食事も、ベジタリアン・レストランでいただきました手(チョキ)

IMG_8194 コピー.JPG
友人宅から歩いて15分ほどの所にあるベジタリアン・レストラン「Zaatar」。
ここはベジタリアンとビーガンが一目でわかるメニューがありました。手(チョキ)
さて、ランチをいただきましょうねわーい(嬉しい顔)

IMG_8201 コピー.JPG
お店は中二階の席もあり、なんだかゆったりできる雰囲気です。
(写真は中二階から下の階を見たところです。)

IMG_8199 コピー.JPG
お昼のセットメニューをいただきました。
いつもだと、「ワイン」か「ミネラル・ウォーター」ですが、ここは「搾りたての自家製ジュース」が選択肢の中にあるんですよ。るんるんるんるん
そこでその「ジュース」をいただきました。ぴかぴか(新しい)
「洋梨とビーツのジュース」。
色は驚くばかりの深紅ですが、味はすごくおいしいです!!。どんっ(衝撃)
おかわりしたいくらい。モバQ
だって、上から見ていると、下のカウンターの脇で搾り機にかけているんですものがく〜(落胆した顔)

IMG_8203 コピー.JPG
こちらはセットに付いてくる「パン」です。
普通のお店と違って、「チャパティ」ですよ。ひらめき
ちょっと目先が変わって、面白い!!!わーい(嬉しい顔)

IMG_8204 コピー.JPG
では、前菜です。
雑穀(たぶんキビ)のコロッケ。どんっ(衝撃)
少し酸味があっておいしいです。手(チョキ)
かかっているソースは、豆乳のヨーグルトソース!!
このソースも酸味があります。
たっぷりのスプラウトがうれしいですね!!。

IMG_8206 コピー.JPG
もう一つの前菜は、ほうれん草のサラダ。
ほうれん草の他に、人参や松の実、そして「豆腐」まで入っています。
更に海藻まで・・・メニューには「ワカメ」と書いてありましたよ。
ちょっと日本のワカメと違う感じだけれど・・・・
サラダには、少し甘めの「味噌ドレッシング」がかかり、とてもおいしいです。わーい(嬉しい顔)
随分日本食も浸透してきた感がありますねえ。
こうした創作料理のベジタリアン・レストランでも、味噌を使うんだものひらめき

IMG_8210 コピー.JPG
さあ、メインディッシュです。
「豆腐とマッシュルームとアラメ(海藻)の炒め物」。
付け合わせは「玄米」と「いんげん」と、さっきのコロッケにかかっていたソースです。
なんだかずいぶんと、日本のテイストですねえ。
でも、これはうれしいですよ!!るんるんるんるん

IMG_8211 コピー.JPG
もう一つのメインディッシュは、「茄子の詰め物、オーブン焼き」です。
チーズは使っていません。
豆腐をチーズ状にして、上に塗って焼いています。
挽き肉タイプの大豆たんぱくが中身ですよ。
これもおいしいビーガン料理です。

IMG_8215 コピー.JPG
さて、スイーツは・・・・
支配人の好きな「Arroz con leche(ライスプディング)」です。
でも、普通のとは違いますよ。
ミルクではなく、「ライスミルク」を使っているんです。
ドライフルーツを甘みに使っていて、ビーガン仕様のスイーツになっています。

IMG_8216 コピー.JPG
私はこちらを頼みました。
「キャロブとヘーゼルナッツのケーキ」。
でも、「ヘーゼルナッツ」は上にかけてあるものだけです。
キャロブのチョコレートっぽい味がしっかりと付いています。
中の粒々は、なんと「キヌアのポップ」exclamation×2
そしてココナッツがパラパラとかけてあります。
これもすごくおいしいです。
ビーガンメニューばかり選んだけれど、かなりの満足感で、味もおいしいですよ。わーい(嬉しい顔)
結構工夫していますよ、このレストラン。手(グー)
値段は一人12€でした。
posted by 料理長 at 19:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 2013年スペイン巡礼の旅

ベジタリアン・レストラン「Bio center」

12月11日(水)、崖っぷちの町「クエンカ」から「バルセロナ」へ列車電車で戻った私達は、昨年も食べに行ったベジタリアン・レストラン「ビオ・センター」へ直行しました。ダッシュ(走り出すさま)ダッシュ(走り出すさま)
時間はもう午後3時ですからね。
お腹すいたし・・・ふらふら

IMG_8178 コピー.JPG
このお店は、前菜が「ビュッフェ方式」になっています。
しかし、そろそろランチが終わる時間なので、だいぶ種類が減っているなぁ〜〜〜。がく〜(落胆した顔)
残念無念。
でも、この中から好きな前菜を、お皿にたくさんとって来ましょうね手(チョキ)

IMG_8179 コピー.JPG
でもって、とってきた前菜がこれです。
「玄米ご飯」に「オリーブの実」、「生野菜のサラダてんこ盛り」。
スペインでは「ご飯」は「主食」ではないので、前菜の部に入るんですよ。
私たち、しばらくご飯を食べてないので、たくさん取っちゃった!!。モバQ
その他に、「パン」と「カボチャのクリームスープ」もね。
これだけで普通は満足する量なんですが・・・猫

IMG_8180 コピー.JPG
メインディッシュもあるんです。
支配人は「Fideos de soja con setas y shitake」。
「椎茸ときのこ入り春雨」、ほとんど中華の様なメインディッシュです。

IMG_8184 コピー.JPG
私はと言うと、更にご飯が食べたいから「Arroz con lentejas verduras y algas」
(海藻と野菜とご飯付きレンズ豆の煮込み)です。
いっぱいご飯が食べられて、とっても嬉しいです!!わーい(嬉しい顔)

IMG_8186 コピー.JPG
そしてもちろんスイーツ付きですよ。
支配人は「人参のケーキ」。

IMG_8187 コピー.JPG
私は「洋梨と林檎のケーキ」です。
ここのスイーツは、砂糖不使用です。
甘みは蜂蜜とドライフルーツ。
私はここのお店の中で、スイーツが一番好みです。
おいしいな〜〜〜るんるんるんるんるんるん

IMG_8191 コピー.JPG
さて、お腹も満たされて、バルセロナの中心地「カタルーニャ広場」を通って、友人宅へ向かいます。
この「カタルーニャ広場」にある泉の水を飲むと、再びバルセロナへ戻ってこれると言われています。どんっ(衝撃)
ローマの「トレビの泉」のバルセロナ版ですね。
また来たいから、たくさん飲みましたよ、私も手(グー)
posted by 料理長 at 16:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 2013年スペイン巡礼の旅

バルセロナへの列車の旅

この記事は私が2013年10月の終わりから12月中頃まで、スペインへ出かけたときの事を後から書いたものです。

12月11日(水)になりました。天気は相変わらず快晴!!晴れ晴れ。うれしいです。
この日私達は、バレンシアとクエンカの小旅行を終えて、友人の住む「バルセロナ」へと戻ります。
帰国予定は12月16日バルセロナ発だから、もうあと正味5日しかないのが残念です。もうやだ〜(悲しい顔)

「クエンカ」からは、1日1本だけ、バレンシア経由で「バルセロナ」への直通列車があるんですよ!!。電車
乗り換えがないからとっても楽です。るんるんるんるん
この列車、実は「AVE」(スペインの新幹線)と、在来線を行ったり来たりできる特殊な列車です。新幹線
スペインも日本と同じように、「在来線」と「新幹線」のレールの幅が違うんです。(日本と逆に、在来線の方が広い)
だから、この特殊列車は、その違う軌道の幅をなんと!!、自動的に調節できる構造なんですってどんっ(衝撃)
しかしそのおかげで新幹線専用車両に比べて、新幹線区間では、スピードが遅い!!電車
特殊構造だから、仕方がないですね。猫

この日はそんな列車の旅を楽しみました新幹線
IMG_8173 コピー.JPG
朝10:09にクエンカを出発します。
バルセロナ到着は、14:39、4時間半の列車の旅です新幹線

IMG_8174 コピー.JPG
BAR車両が連結されていました。
せっかくだから、コーヒーを飲んで、車窓を眺めてくるくつろぎましょうぴかぴか(新しい)

IMG_8176 コピー.JPG
なんだか楽しいねえ、優雅な鉄道の旅は。

IMG_8177 コピー.JPG
バルセロナには時間通り到着しました。
時間通りと言っても、午後2時半を過ぎています。
めっちゃお腹すいたので、友人宅へ行く前に、昨年食べておいしかったベジタリアン・レストラン「ビオセンター」へ直行する私達。
ランチタイムは大体午後3時か3時半までだから、間に合うもんね。手(グー)
posted by 料理長 at 16:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 2013年スペイン巡礼の旅

2014年02月23日

クエンカのパラドールでのディナー

12月10日(火)はとても天気が良く、崖っぷちの町、クエンカの旧市街を堪能しました。
そして、その夜私達は、「巡礼完歩記念」と称して、泊まっている4つ星の国営のホテル「パラドール」で夕食を食べることにしちゃいましたよ!!手(グー)

IMG_8159 コピー.JPG
まずは「ドン・キホーテ」で有名な「ラ・マンチャ地方」の白ワインで乾杯〜〜〜バー
あ〜〜〜、体に浸みるぅ〜〜バー

IMG_8160 コピー.JPG
最初は「付け出し」が出てきました。
パンにポテトチップスに、ドライフルーツ。
お酒のつまみにぴったり!!わーい(嬉しい顔)
そしてこのあとは、前菜はカットして、いきなりメインディッシュを頼みました。(全部食べたら、お腹いっぱいになっちゃうからねえ。猫

IMG_8162 コピー.JPG
最初の料理です。
ベジの選択肢は全くありませんでしたから、「魚系」を選びました。
「Chipirones y langostenos plancya con aceite de perejil con fideos negros gratinados」と言う長たらしい名前ですが・・・・
一番下にトマトソースが敷いてあって、その上に、ホタルイカのイカスミパスタのグラタンがあり、その上にホタルイカと海老のグリルがのっかっています。そしてパセリオイルが飾りです。
結構手の込んだ料理ですよ。どんっ(衝撃)
そして濃厚な海の香り!!。
おいしいですわーい(嬉しい顔)

IMG_8163 コピー.JPG
そしてこちら、
「Bacalao confitado asado con ajo miel a Alcarria, sobre tomate concassé」。
塩鱈を漬け込んで、そして焼いて、アルカリア地方(クエンカを含む)の蜂蜜とニンニクのソースを塗り、トマトの小さい四角切りを添えたプレートです。
手が込んでますね、さすが!!。
塩鱈を漬け込んで、さらに焼いて・・・・・気が遠くなりそう!!。
だから、とってももおいしいです手(グー)

IMG_8167 コピー.JPG
エキストラ・バージンのオリーブオイルも2種類楽しめます。
もっぱら「パン」に付けて食べました。

IMG_8168 コピー.JPG
そして、スイーツは「伝統菓子」から選びました。
一つ目は「Tocinillo de cielo con gelatina de gin-tonic y lima y sorbete de lomón」。
とても長い名前です。
「Tocinillo de cielo」は、500年以上の伝統を誇る、アンダルシアの伝統菓子で、卵黄と砂糖とカラメルのみで作ったプディングです。
とっても濃厚でおいしいんだけれど、ここのはかなり甘い!!。どんっ(衝撃)
そして、「ジン・トニックのライム味のゼリーと、レモンのシャーベットが付いています。
味は、「Tocinillo de cielo」がしつこい系だから、付け合わせがさわやか系で、非常にマッチしていますよ、ただし、甘さを控えればね猫

IMG_8170 コピー.JPG
そしてもう一つの伝統菓子は、「Torrija casera y miel de la Alcarria, acompañada con helado de leche merengada y alajú」。
「Torrija」と言うのは、フレンチトーストのことだけれど、このクエンカの伝統菓子は、そのトーストに「アルカリア地方の蜂蜜」とワインやスパイスや牛乳を浸して、卵をしみ込ませて、フライパンで揚げたお菓子ですよ。
見た目が私達が知らないでバスクで食べたあの「フォアグラ」に似ていますが、味は全然違います。
雰囲気はちょっと似ているかなぁ。
それもそのはず、これはカトリック教徒が「四旬節」と言う行事の時に「肉」をやめなくちゃいけない、その時に食べるお菓子だそうです。
道理でね、そう言う雰囲気があるもん。
そして「アイスクリーム」と、上に乗っている「ヌガー」みたいなお菓子、これは「alajú」と言う名前で、アーモンドやアルカリア地方の蜂蜜、パン粉などを練り込んで、ウエハスではさんだクエンカの伝統菓子なんです。

ちょっと甘かったけれど、伝統菓子を2種類、いや、3種類も食べらてとてもうれしいです。
伝統的な物を学べばこそ、先進的な物を作る道が開けますからね。
今回の「パラドール泊」はすごく有意義でしたよ。
くつろげたし。

そして、会計をして(全部で48€でした)、部屋に帰ろうとした時に、ホール・スタッフのおばちゃんが、これもスペインの伝統菓子「Polvorón(ポルボロン)」をくれました。
都合4種類だぁ〜〜。
今日は楽しい「巡礼完歩記念」に日だったです。手(グー)
posted by 料理長 at 23:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 2013年スペイン巡礼の旅

「クエンカ」の夜

12月10日はとても天気が良く晴れ、日中は気持ちよく「クエンカ」の旧市街を散歩しました。
手(チョキ)そして、夕方、暗くなるまで国営ホテル「パラドール」でくつろいだ私達。猫
このクエンカの夜景を見たくで、暗くなるころ、再び散歩に出かけました。

IMG_8108 コピー.JPG
私達の部屋から見た、「パラドール」の中庭の夕暮れ。
ホテルの屋根の向こうに、崖っぷちに建つ旧市街が良く見えました。

IMG_8109 コピー.JPG
ホテルからまたまた支配人が怖がるおっかない高い橋を渡り、クエンカ旧市街へと向かいます。たらーっ(汗)たらーっ(汗)
でも、暗いから「下」は見えないよね!!。ちっ(怒った顔)(@_@)
ライトアップされた崖と「宙吊りの家」が良く見えます手(グー)

IMG_8121 コピー.JPG
橋を渡ったところから見る、パラドール側の崖もライトアップされ、とてもシュールな世界です。

IMG_8123 コピー.JPG
ライトアップされた、「怖い橋」と国営ホテルの「パラドール」。

IMG_8124 コピー.JPG
旧市街の町は、オフシーズンだけあって観光客も少なく、とても静かです。

IMG_8127 コピー.JPG
旧市街の広場にも、クリスマスのイルミネーションが・・・・

IMG_8134 コピー.JPG
新市街へと下って行く坂道の街並み。

IMG_8135 コピー.JPG
小さな路地には人影すらありませんよ。
静かな静かな美しい街並みが続くだけでした。

IMG_8138 コピー.JPG
細い路地とそれを跨ぐ家。

IMG_8139 コピー.JPG
細い路地が続きます。

IMG_8142 コピー.JPG
泉には水が流れています。

IMG_8145 コピー.JPG
「旧市街」から見た「新市街」。
posted by 料理長 at 21:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 2013年スペイン巡礼の旅

「クエンカ」でのランチと散策

12月10日(火)、バレンシアから「崖っぷちの町、クエンカ」へやってきた私達。新幹線
崖っぷちにある旧市街を散歩していると、お昼の時間になりました。
でも、今はここでもオフシーズン!!。開いているレストランが極端に少ない!!。バッド(下向き矢印)
仕方がないので、適当なレストランで食べることにしました。モバQ
だって、結構歩いたし、お腹すいたもん!!猫

IMG_8065 コピー.JPG
10€のセットメニュが食べられる、BAR兼レストラン。
そこでそのメニューをいただきました。
まず最初は、例によって、「ミックスサラダ」!!。
本当にスペインでは私達は良くこれを食べましたよ。
おかげでビタミン不足にはならずに済みましたけれどね手(チョキ)

IMG_8066 コピー.JPG
そしてメインディッシュは、やはり肉系以外はこの魚系1種類しかありませんでした。
今回のスペイン旅行でも良く食べた、「メルルーサ」ですよ。
でも、こちらは、甘い「バルサミコソース」がかかっています。
このソース、結構私は好みの味!!。
帰ったら作ってみますよ!!手(グー)

IMG_8068 コピー.JPG
最後のスイーツは、時々頼む「プリン」があったけれど、「手作りか?。」と聞いて見ると、「No」とあっさり言われちゃった!!。
つまり、「ぷっちんプリン」が出てきちゃうんですね、このまま頼むと。
そこですかさず、支配人が言いました。
「Café con leche(ミルクコーヒー)にしても良い?exclamation&question」と。
OKしてくれましたよ。
おかげで私達は、「ぷっちんプリン」や「季節のフルーツ」(大体いつもフルーツがそのまま出てくるやつです)を頼まずに済みましたからね。
支配人、えらい!!!猫

IMG_8070 コピー.JPG
さて、おなかも膨れたし、さらに高い所へと散歩しましょう。手(パー)
私達の泊まっている国営ホテルの「パラドール」が眼下に見えました。
右手の高台は「クエンカの旧市街」。
そして下の平地に広がるのは、「クエンカの新市街」です。
すごくよく眺められましたよ。

IMG_8074 コピー.JPG
崖っぷちで怖いから、へたり込む支配人???たらーっ(汗)たらーっ(汗)

IMG_8075 コピー.JPG
「違うもん、眺めが良いから見とれているだけですよ!!。どんっ(衝撃)」だって。
高い橋を渡り、「宙吊りの家」を見たし、それが刺激になって、だんだん慣れて来たのかなぁ???exclamation&question

IMG_8086 コピー.JPG
支配人が住めないような家が、さらに奥の崖に・・・(@_@)がく〜(落胆した顔)
よくあんなところに家を建てますねえexclamation&question

IMG_8092 コピー.JPG
旧市街の門からは、すぐ「崖」ですからね。

IMG_8093 コピー.JPG
崖の岩肌に、まるでネパールっぽい絵が描いてありました。

IMG_8098 コピー.JPG
「新市街」へ向かって降りて行く坂道の街並みです。
posted by 料理長 at 20:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 2013年スペイン巡礼の旅