2014年02月02日

ダム湖を見下ろしながらの夕食

11月21日(木)、「Portomarín」に着いた私達は、町の中心部に向かって登って行きました。
しかし、その登りの途中にアルベルゲ(巡礼者用宿泊施設)を発見!!ひらめき
レストラン併設のアルベルゲですが、聞いてみるとやっているということで、そこに泊まることに・・・手(チョキ)
だって、これ以上登るの、きついです!!モバQ
しかも、2人部屋があるので、そこにしてくれた!!。ラッキーですぴかぴか(新しい)

さて、このアルベルゲをやっているレストラン、実は「ダム湖」を見下ろすことができる高台にあるんです。
そこからの眺めがなんと美しいこと!!。ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)(疲れていたので、写真撮り忘れました)。
だって、レストランの名前が「Mirador」(展望台)と言う名前なんですからね。
そんな「ダム湖」に沈む夕日を眺めながら、ここのレストランで夕食を食べることにしましたよ!!。手(グー)
なんだか優雅だなぁ〜〜(*^_^*)

IMG_7155 コピー.JPG
今日のお昼に出会った、ガリッシア州の郷土料理の「Caldo Gallego」。
メニューにあったので、さっそくそれをいただくことに。わーい(嬉しい顔)
ここは「銀」の大きな器に入って来ました。
そこから自分のスープ皿に取り分けて食べるのですが、一人2杯分はありますよ、この量。どんっ(衝撃)
しかし、たくさん歩いて空腹だったから、2人でほぼ完食!!。がく〜(落胆した顔)
レストランの人は驚いたに違いありません。

IMG_7158 コピー.JPG
メインディッシュはまた「魚系」です。
「Merluza en salsa」、メルルーサのソースかけです。
ニンニクと玉ねぎ、赤ピーマン(パプリカ)の入った、とてもおいしいソースがしみ込んでいましたよ。ぴかぴか(新しい)
もちろんこれに飲み物(水かワイン)と、パンが付いています。

IMG_7159 コピー.JPG
やはり「聖地」が近いと見えて、スイーツにはこれ。
「Torta de Santiago」。
聖地サンティアゴ・デ・コンポステーラ( Santiago de Compostela)の名物ケーキです。
アーモンドたっぷり!!。
ちょっと食感が「マカロン」に似ています。

さて、たくさん食べたし、ぐっすりと寝て、また明日も頑張るぞ〜〜!!手(グー)
posted by 料理長 at 14:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 2013年スペイン巡礼の旅

Portomarínに到着

11月21日(木)、聖地まであと100Kmを切った記念すべき日。手(チョキ)
この日に私達は「Sarria」から「Portomarín」まで、約23Kmを歩きました。手(グー)
この前日には25Km歩いてバテ気味だった私達。ふらふら
牛に出会って驚いたり、おいしい郷土料理のスープに出会ったりと、きつかったけれど楽しかった日。
でもよくここまで頑張ったなぁ〜〜〜手(グー)

IMG_7145 コピー.JPG
雨が少しぱらつきました。
屋根付きのバス停で雨宿りしていると、青い目のなつっこい猫ちゃんがやってきました。かわいいにゃ〜〜〜猫猫

IMG_7146 コピー.JPG
「Portomarín」(ポルトマリン)の町が眼下に見えましたよ。
この町は、ダム建設によって、ダム湖に沈む町がいくつか合併し、集団で高いところに新しく作った町なんです。
だから、建物がみんな新しい!!。

IMG_7147 コピー.JPG
その「ダム湖」に向かって巡礼路は下って行きます。

IMG_7149 コピー.JPG
高い橋とその下の古い石造りの橋が見えてきました。
ダム湖の水位が高いと、下の古い橋は沈んでしまうそうです。
今日は水位が低いから古い橋が、良く見えますよ。
しかしそこは「高所恐怖症」の支配人。
「私、下の橋を渡りたい!!。どんっ(衝撃)
だけどね、あれだけの高さ分下りて、また登り返すんですよ、支配人さん。猫
私は嫌だな〜〜〜。ダッシュ(走り出すさま)

ところが、下の古い橋は通行止めになっていました。
上の橋を恐る恐る渡る支配人。たらーっ(汗)たらーっ(汗)たらーっ(汗)
私にとっては「ラッキー!!」るんるんるんるん

IMG_7151 コピー.JPG
上から下を見ると、かなりの高度差!!。
支配人は一切横を見ずに、歩道の車道寄りを歩いていますよ。
「良い眺めだよぉ〜〜〜」、と私が声をかけても、一心不乱に答えもせずに橋を渡っていますあせあせ(飛び散る汗)あせあせ(飛び散る汗)

IMG_7152 コピー.JPG
橋を渡りきると、巡礼路を示す矢印は、石段を登るように付けられています。
また登るんだ!!!。
はひぃ〜〜〜ふらふらふらふら
posted by 料理長 at 13:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 2013年スペイン巡礼の旅

「カルド・ガジェーゴ」に出会う

11月21日(木)、「Sarria」から13Km歩き、そろそろお腹すいてきた私達。
時間は13時半になりますからね。
ちょうど通りかかった「Ferreiros」の集落で、開いているBARを見つけちゃった!!手(チョキ)るんるんわーい(嬉しい顔)
さて、ここで食べて行きましょうね、ランチをわーい(嬉しい顔)

IMG_7138 コピー.JPG
私達はこのお店で、ガリッシア地方のおいしいおいしい郷土料理に出会いました。ぴかぴか(新しい)
その名は「Caldo Gallego(カルド・ガジェーゴ)」(ガリッシア地方のスープ)どんっ(衝撃)
トラディショナルな野菜スープです。手(チョキ)
そのおいしいこと!!!。るんるんるんるん
材料は至ってシンプル。
玉葱とキャベツ、そして白いんげん豆そして少しのじゃが芋。
オリーブオイルを使って作るようです。
これはなんでも、冬の間だけのスープらしい!!。
身体がが温まりますいい気分(温泉)

IMG_7136 コピー.JPG
そしてもう一つの前菜は、例によって「ミックスサラダ」。
実はこれ、保険のつもりで頼んだんです。
だって、もし郷土料理の「Caldo Gallego」が、全然おいしくなかったり、肉まみれだったりしたら・・・・・ふらふらふらふら
半分だけで十分だもんね。
だけど、こちらもおいしいですよわーい(嬉しい顔)

IMG_7139 コピー.JPG
メインディッシュの選択肢は、肉物かオムレツしかありません。
そこで、オムレツを頼みました。
しかし、めちゃくちゃシンプルですねえ。
田舎のBARですから・・・・

IMG_7140 コピー.JPG
食後のデザートもシンプル!!
例によって、季節のフルーツ!!
これのどこが「季節」なんでしょうかね??。

IMG_7141 コピー.JPG
そしてわたしはこの「Flan(カスタード・プリン)」。
こんなにシンプルなお店なのだから、きっと「ぷっちんプリン」だろうと予想して、事前に聞いてみました。
「Casero?」(自家製?)。
BARのマスターが、「う〜〜〜ん、Normal」だって。
このワンテンポ置いて、しかも「ノーマル」って、いったいどんな意味・・・・・exclamation&question
それは、一口食べてよ〜〜く分かりましたよ。どんっ(衝撃)
インスタントですどんっ(衝撃)どんっ(衝撃)!!!
ぷっちんプリンといい勝負!!!。ふらふら
季節のフルーツにしておけばよかった(-_-)/~~~ピシー!ピシー!・・・・
posted by 料理長 at 12:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 2013年スペイン巡礼の旅

牛に取り囲まれる!!

11月21日(木)、天気は曇り曇り
聖地まであと100Kmを切り、喜ぶ私達。
しかし、ガリッシア地方の巡礼路は、どうもあちこちに「牛糞」が落ちていて、場所によっては避けて通れないところが何か所もありました。
つまり、踏んじゃった・・・・・・ちっ(怒った顔)ちっ(怒った顔)
でも、新しいと思われるものは避けましたからねどんっ(衝撃)
これ、なんとかならないのかなぁ〜〜〜。
世界遺産の巡礼路なんですからね。

IMG_7122 コピー.JPG
聖地まで残り100Kmを切り、意気揚々の私達は、近くにあった「泉」で一休みしていました。
すると・・・・牛がたくさんやってくる!!!。

IMG_7123 コピー.JPG
私達が休んでいる泉の水を、ごくごくと飲み始めちゃった!!がく〜(落胆した顔)

IMG_7125 コピー.JPG
ぞろぞろぞろ〜〜〜〜!!!
うわ〜〜〜、牛に取り囲まれちゃいましたぁ〜〜!!。あせあせ(飛び散る汗)あせあせ(飛び散る汗)
どっ、どうしよう!exclamation×2

IMG_7124 コピー.JPG
私達がうろたえていると、飼い主の人がやってきて、牛に「こらッ、早く進め!!」と、牧場の方へ誘導してくれましたどんっ(衝撃)

IMG_7126 コピー.JPG
しかし、まだまだぞろぞろと牛が・・・・・・

しばらくして、やっといなくなりました。
あ〜〜、びっくりした!!!がく〜(落胆した顔)がく〜(落胆した顔)

IMG_7131 コピー.JPG
いつの間にか、なつっこい猫が猫泉に来ています。
お〜〜、よしよし、驚いたね〜〜〜。
「にゃぁ〜〜〜」猫

これじゃあ確かに巡礼路は、「牛糞」まみれになっちゃうよ!!むかっ(怒り)
巡礼路は「農道」も兼ねていたんですね。

IMG_7143 コピー.JPG
しばらくあること、またまた牛が・・・・・たらーっ(汗)たらーっ(汗)
今度は「ホルスタイン」です。

IMG_7144 コピー.JPG
しかし、今度は整然と歩いて行ってしまいました。
ほっ!!。ダッシュ(走り出すさま)
やはり巡礼路に牛糞は仕方がないとあきらめましたよ。もうやだ〜(悲しい顔)
posted by 料理長 at 10:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 2013年スペイン巡礼の旅

聖地まであと100Km

この記事は私が2013年10月の終わりから12月中頃まで、スペインへ出かけたときの事を後から書いたものです。

11月21日、天気は曇り曇り、少し寒い日でしたたらーっ(汗)たらーっ(汗)
私達の巡礼も、聖地サンティアゴ・デ・コンポステーラ( Santiago de Compostela)まであと100Kmを切る日がついにやって来ました。どんっ(衝撃)
前年の2012年には、約半分強の450Kmを歩きました。手(グー)
そして今回の2013年の巡礼は、その続きで、聖地まで約320Km、更にその聖地からスペイン最西端のフィステーラ岬まで+89Km、合計約409Kmを歩くつもりです。手(チョキ)
だから、ここ「Sarria」の町で、今回の巡礼の半分以上を歩いたことになるんですねわーい(嬉しい顔)

IMG_7104 コピー.JPG
まだ明るくなる前に、「Sarria」の町を出発します。
しかし、こう見えても時間は午前8時を少し回った位なんですよ。
だいぶ西に来たことと、「冬至」が近付いて、晴れ日が短くなったからでしょうね。
それにしても、スペインは日本の感覚よりも常に1時間時計が早い設定になっています。
日本だったら、朝の7時くらいの感覚ですからね。

朝早いので、歩く人は巡礼者だけ・・・・

IMG_7105 コピー.JPG
教会がライトアップされ、早朝の静かなひと時が流れます。

IMG_7109 コピー.JPG
相変わらずアップダウンの続く巡礼路。しかし自然豊かな落ち着いた道です。

IMG_7111 コピー.JPG
林を抜け、広い畑を通り・・・・

IMG_7113 コピー.JPG
また林の中を通り・・・・
巡礼路が川のようになっている!!がく〜(落胆した顔)
でも、左側に石が敷いてあるので助かります。あせあせ(飛び散る汗)
ガリッシア地方は日本の様な気候で雨もほどほどに降るので、潤いのある道になっていますよ。

先に巡礼者が歩いています。
なんだかスペイン人の巡礼者が増えた感じです。ダッシュ(走り出すさま)
それもそのはず、「聖地」の100Km以上手前から歩いた人には、それが証明されれば、「巡礼証明書」が発行されるからなんですよ!!ひらめき

IMG_7114 コピー.JPG
再び広い場所に出ました。
牧場を突っ切って、巡礼路は続きます。

IMG_7115 コピー.JPG
ガリッシア名物の「穀物倉庫」!!
この中に、色々な穀物を保存するんですね。
ちゃんと「ねずみ返し」が付いていますよ。

IMG_7116 コピー.JPG
うわっ!!、巡礼路が川になっている!!。
支配人はこういう所に弱いんです失恋
それと「高所恐怖症」と・・・・たらーっ(汗)たらーっ(汗)
腰が引けてますねえ。

IMG_7119 コピー.JPG
後500mで100Km地点だ!!。

IMG_7121 コピー.JPG
やったぁ〜〜!!、聖地サンティアゴ・デ・コンポステーラ( Santiago de Compostela)まで、後100Km!!!
うれしいです。わーい(嬉しい顔)わーい(嬉しい顔)
しかし、ずいぶんとペインとされた、派手な「モホン」(巡礼路を示す石の道標)だなあ。
posted by 料理長 at 09:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 2013年スペイン巡礼の旅