2014年02月14日

巡礼の打ち上げ

12月2日(月)、巡礼のすべてを終えて、「地の果て」のFisterra岬からバスでサンティアゴ・デ・コンポステーラ(Santiago de Compostela)に戻ってきた私達。バス
そこでレストラン遅いお昼ご飯を食べているときに、台風嵐の「セブレイロ峠」で別れて以来会っていなかった日本人の「安楽岡さん」ご夫婦が外を歩いているところを発見!!ひらめき
彼らは私達の泊まっているホテルに泊まることに・・・・
そして、夜はBARに巡礼の打ち上げに出かけました。手(チョキ)
(彼らはこれからFisterraへ行くんですけれどね)


IMG_7575 コピー.JPG
私達の巡礼が終わったこと、そして安楽岡さんの巡礼が一区切りついたことをお祝いして、乾杯しましょうね。バービール
皆うれしそうな顔してますねえ〜〜わーい(嬉しい顔)わーい(嬉しい顔)

IMG_7573 コピー.JPG
結構たくさんの「タパス」が並ぶBAR。どんっ(衝撃)
どれを食べようかなぁ〜〜〜あせあせ(飛び散る汗)

IMG_7574 コピー.JPG
まずは、キノコのオリーブオイルソテー。
これ、おいしいですよ。手(チョキ)
ただし、赤い1本の唐辛子・・・・
激辛なので、チョビチョビかじるだけにしないと、悲惨なことに・・・ふらふらふらふら

IMG_7579 コピー.JPG
手前が「パプリカのツナ詰め」そして向うが、同じ「ツナ」だと思って頼んだもの。
実は「アンチョビーとレバーベースト」!!
さすがにレバーはちょっと・・・たらーっ(汗)たらーっ(汗)

IMG_7580 コピー.JPG
そして此処ガリッシア名物の「タコ」。
これは言わずと知れたおいしさ!!るんるんるんるん
ご当地の白ワインも飲んで、かなりの満足です。!手(グー)

IMG_7582 コピー.JPG
BARからの帰り道、冬の風物詩の「焼き栗」が売っていました。手(チョキ)
実はこの蒸気機関車の焼き栗おじさんのがとてもおいしいんです。揺れるハート
何回か買って食べちゃったもんね。モバQ
だから、今日も買って行きましょうわーい(嬉しい顔)

IMG_7584 コピー.JPG
今日は4人いるから、いつのより少し大きめのものを・・・・・!(^^)!

IMG_7585 コピー.JPG
さて、ホテルの部屋で2次会です。バービール
Bioショップで安楽岡さんが買って来た赤ワインを飲みながら、夜の更けるまで、話に花が咲いたことは言うまでもありません。手(パー)
だって、言葉の壁がないもんねえ。猫
posted by 料理長 at 09:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 2013年スペイン巡礼の旅

巡礼が終わり、聖地に戻ります

この記事は私が2013年10月の終わりから12月中頃まで、スペインへ出かけたときの事を後から書いたものです。

12月2日(月)、天気はこの日も快晴!!。晴れ晴れ
前の日に巡礼を終えた私達。
この日はバスに乗ってバス、聖地サンティアゴ・デ・コンポステーラ(Santiago de Compostela)へ戻ります。
バスは3時間もかかるんですよ。exclamation×2
そんなに長い距離を歩いて来たかと思うと、感無量です。

IMG_7560 コピー.JPG
朝9時過ぎにアルベルゲ(巡礼者用宿泊施設)を出て、バス停に向かいます。
良く寝たし、朝日がとても気持ち良い!!ぴかぴか(新しい)

IMG_7563 コピー.JPG
実は9:30のバスがあると聞いて出かけたのですが、この日は運休!!。もうやだ〜(悲しい顔)
次のバスは11:40なんですよぉ〜〜バッド(下向き矢印)
仕方なく、バスを待つことに・・・・
その時、巡礼路を一緒に歩いた韓国人にばったり!!。どんっ(衝撃)
ここで会えるとは思っていませんでしたからね!!。

IMG_7564 コピー.JPG
時間が長いので、BARでお茶しながら待つことにしましょう!!。
バスバスに乗り遅れないように、机の上に時計を出して、お茶しますたらーっ(汗)たらーっ(汗)

IMG_7565 コピー.JPG
時間が長いから、スペイン名物の「チョロス」も頼んじゃった!!。モバQ
これは星型に搾り出した、まるで「ドーナッツ」なんですが、砂糖をまぶして食べたり、チョコレートをかけていただいたりします。
素朴でおいしいですよ!!手(チョキ)
特に、今回は「揚げたて」だったからねわーい(嬉しい顔)

IMG_7568 コピー.JPG
さて、バスに乗ること3時間、戻ってきたサンティアゴ・デ・コンポステーラ(Santiago de Compostela)。
午後3時だったので、めちゃくちゃおなかすいた!!!。どんっ(衝撃)どんっ(衝撃)
そこで、私達の泊まっているホテルのすぐ近くの、何回か食べた「タイ風べジ・チャーハン」があるお店でまたそのチャーハンを食べました。
だってお米食べたいもん!!。猫

ここでまた信じられないことが・・・・・
レストランの中からボ〜〜と外を眺めていると、あの嵐の「セブレイロ峠」で別れて以来、会っていなかった日本人巡礼者の「安楽岡さん」ご夫婦が荷物を担いで外を歩いているではないですか!!。がく〜(落胆した顔)
すぐ店を飛び出して呼び止める支配人。
なんと彼らはこの日の朝、この聖地に到着し、巡礼友の会に荷物を預け、巡礼者のためのミサに出てきたそうです。
そして今泊まる宿を探しているところでした。
すごいですね、会える時って、まるで奇跡の様なことが起こるんですね。
posted by 料理長 at 09:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 2013年スペイン巡礼の旅