2014年02月17日

再びビーガンレストラン「Landare」

12月5日(木)のお昼は、巡礼する前に一度食べたサンセバスティアンのビーガン・レストラン「Landare」に食べに行きました。手(チョキ)
実はこのレストラン、前回食べた時に、とってもとってもおいしかったので、もう一度食べてみたかったんです。猫猫
他のお客さんの食べているものを見て、あれも食べたいし・・・あっちのも食べたい・・・
と言う具合にね。モバQ
だから、今回サンセバスティアンに戻ってきた一番の理由は、このレストランで何回か食事をすること・・・だったんですよ・・・実はねあせあせ(飛び散る汗)あせあせ(飛び散る汗)

IMG_7671 コピー.JPG
セットメニューしかありませんが、選択肢がたくさんあります。
まずはメニュー外のサービスの「付け出し」のものが出てきました。
こちらは「クミン味の人参のクリームスープ」。
クリーミーでおいしいです!!わーい(嬉しい顔)

IMG_7672 コピー.JPG
そしてこちらは前回もいただいた「アボカドとトマトのスムージー」です。

IMG_7673 コピー.JPG
前菜です。
「Ensalada mixta Landare」、このお店のミックスサラダ。
とっても盛りが多くて最高!!どんっ(衝撃)

IMG_7674 コピー.JPG
さて私はこちら。
「Rollo Vietnamita」、ベトナムのロールです。
その名のとおりに、生春巻に色々な具が巻いていあります。

IMG_7675 コピー.JPG
こちらは「ロール」の中身。
とてもおいしいですよ手(チョキ)
下のソースは、醤油と「タマリンド」(良くタイ料理の酸味付けに使う)のソース。
少し甘めで如何にもアジアンテイストです。

IMG_7676 コピー.JPG
メインディッシュです。
「Guiso de seitán con champiñones」
マッシュルーム入りセイタンの煮込みです。
生春巻の皮をお皿の様に油で揚げてあります。
これ、どうやってボールの様に揚げるのか、不思議です。
このボールごと食べられるのがうれしいですねるんるんるんるん

IMG_7679 コピー.JPG
うれしそうな支配人。わーい(嬉しい顔)
もう一度食べたかったもんね、ここで。

IMG_7678 コピー.JPG
私のメインディッシュは「Pastel de soja y patata」
じゃが芋と大豆のケーキと言う意味ですが、ペルーでもそうだけれどこの「Pastel」と言う言葉、直訳すると「ケーキ」と言う意味ですが、こう言った、まるで見た目が「ケーキ」の様な料理にも使う名前です。
だから、メニューに書いてある時は、それを意識しないとね。
決して「デザート」ではありませんから。
マッシュポテトの真ん中に、大豆ミートの煮込みがはさんであります。
これはおいしいですよ!!手(グー)
もちろんこのほかに、ワインか水、そしてパンが付いてきます。

IMG_7680 コピー.JPG
セットメニューの最後のスイーツです。
こちらは前回も食べた「ティラミス」。
ビーガンなのに、とてもおいしいですわーい(嬉しい顔)

IMG_7681 コピー.JPG
そして私はこちら、「Helado de frutos secos con sirope de chocolate」。
チョコレートシロップをかけたドライフルーツのアイスクリームです。
ドライフルーツの甘味のアイスで、これはおいしい!!どんっ(衝撃)
アイスにビスケットの様な生地を入れてあります。
ビーガンでクリーミーなアイスはとても良いおいしさ!!手(グー)

IMG_7682 コピー.JPG
1か月前に1度だけ来たお店だけれど、スタッフが私達のことを覚えていてくれました。わーい(嬉しい顔)
前の時に、これからカミーノ・デ・サンティアゴ(Camino de Santiago)(巡礼路のこと)を歩くとお話していたのを覚えていて、「歩けたの?」と聞かれました。
「歩きましたよ!!。」と答えると、「おめでとう!!」と答えてくれました。
また明日もここに食べに来ますからね!!。手(チョキ)
posted by 料理長 at 22:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 2013年スペイン巡礼の旅

再びサンセバスティアン

12月5日(木)になりました。昨日の雨雨もやみ、天気は曇り曇り。まずまずの天気です。手(チョキ)
この日私達は「Bilbao」を後にして、巡礼を始める前に朝倉さんやらバルセロナの私達の友人やらで食べ歩きをした懐かしい町サンセバスティアンへと向かいます。

IMG_7664 コピー.JPG
朝、バスターミナルに向かう前に近くのBARで朝食を食べました。
ここからサンセバスティアンまでは、バスで1時間半。
巡礼の前は、バスク鉄道で移動しましたが、鉄道電車だと2時間半もかかるので、今回はバスを選びましたバス

IMG_7667 コピー.JPG
バスバスは何と、デラックスバス。どんっ(衝撃)
時間的にこれが一番良かったので、これに乗りました。手(チョキ)
3列シートで、飲み物も付いていますよ!!。わーい(嬉しい顔)
たった1時間半だけれど、これはうれしい!!グッド(上向き矢印)

IMG_7668 コピー.JPG
懐かしいサンセバスティアンに着きました。
宿を決め、町に繰り出します。

IMG_7721 コピー.JPG
1ヶ月くらい前には皆で散歩したコンチャス湾の浜辺!!。猫
さすがにその時よりもずっと冬らしくなり、だいぶ寒くなっていましたよ。
posted by 料理長 at 21:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 2013年スペイン巡礼の旅

ビルバオのクリスマス飾り

長かった12月4日(水)が終わろうとしています。
それもそのはず、この日に私達は列車でサンティアゴ・デ・コンポステーラ(Santiago de Compostela)からここ「Bilbao」まで10時間もかけて移動してきたんですからね。電車
今回ビルバオは1泊で、翌日はまたまたサンセバスティアンへと移動します。車(RV)
ビルバオ最後の夜なので、綺麗なクリスマスのイルミネーションを見ながら、BARからホテルへと向かいましたぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)

IMG_7636 コピー.JPG
アバンド駅前のイルミネーション。
まるで星降る夜!!。

IMG_7653 コピー.JPG
めちゃきれいですよ!!!ぴかぴか(新しい)

IMG_7655 コピー.JPG

IMG_7661 コピー.JPG
旧市街の入口の広場は、雨にぬれていましたが、イルミネーションがとても綺麗ですぴかぴか(新しい)

IMG_7663 コピー.JPG
またもや季節の風物詩の「焼き栗」を買っちゃった!!モバQ!(^^)!
宿でお茶お飲みながら、じっくりといただきましょう!!
posted by 料理長 at 21:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 2013年スペイン巡礼の旅

カストロ・バル「Bitoque」

この記事は私が2013年10月の終わりから12月中頃まで、スペインへ出かけたときの事を後から書いたものです。

12月4日(水)、巡礼を終え、サンティアゴ・デ・コンポステーラ(Santiago de Compostela)から列車で10時間かけて戻ってきた「Bilbao」。電車電車
宿を決めた後、お腹も空いたので、巡礼の前に一度立ち寄った、おいしい「創作ピンチョス」を出すBAR「Bitoque」へ出かけました手(チョキ)

IMG_7652 コピー.JPG
クリスマス飾りが綺麗な新市街に、そのBARはあります。
小雨雨がちらついていたけれど、宿から歩いてすぐの所なので、出かけました。

IMG_7638 コピー.JPG
懐かしいバスクの白ワインの「チャコリ」。バー
(チャコリは度数が低いので、お酒に弱い私でもおいしくいただけるんですよ。わーい(嬉しい顔)
では、またバスクに来れたことをお祝いして、乾杯!!バー

IMG_7641 コピー.JPG
これこれ、これが食べたかったんですよ!!!猫
スペイン人の作る「巻き寿司」。
でもとてもおいしいんだから。
長くこう言うのを食べていませんでしたからね、私達。

IMG_7645 コピー.JPG
そしてこちらは、巡礼に来る前に、このBARで食べたもので、印象に強く残ったので、今一度試してみました。
この時は知らなかったけれど、そう、あの「フォアグラ」ですよ。
「Foie fresco con esparragos」、アスパラガスとフレッシュ・フォアグラ。

IMG_7646 コピー.JPG
この変わったピンチョスは・・・・「Yemas con patata, panceta y aire de queso 」。
じゃが芋入り卵黄とベーコンとエア・チーズと言う意味になります。
マッシュしたポテトを底に敷いて、卵黄を混ぜ、みじん切りのチャイブやソテーしたベーコンを入れて、アスパラとスライスしたソテーキノコを飾り、エスプーマで泡を浮かべてあります。
なんだかすごく手の込んだピンチョスですよ。

IMG_7647 コピー.JPG
これもピンチョスとは思えない一品です。がく〜(落胆した顔)
「Tomate de deusto con tierra salada」、塩辛い土地のデウスト・トマトと言う意味になりますが、意味不明です。exclamation&question
塩辛い土地は、下に敷いてある茶色のもの・・・・それは甘くない「でんぶ」!!。どんっ(衝撃)
日本ではよくピンク色にしちゃったりしていますね。
でんぶは「鱈」から作ります。
鱈が豊富なバスクだから、こんなピンチョスがあるのかもしれませんね。

IMG_7648 コピー.JPG
そしてこちらも変わったネーミングのピンチョスですよ。
「Bikini de rabo con sopa de pimientos」
ピーマンスープとビキニの尾・・・と言う意味ですが、なんだその「ビキニの尾」って!!。
小さいグラスに入ったものがピーマンのスープです。そしてエスプーマを使った泡がトッピング。
クレープの様な生地に、何がしかにペーストが挟まっています。
とてもユニークなピンチョスですよ。

もちろんこれらのピンチョスには、主食の「パン」が少しずつ付いています。

さあ、今日は長旅でしたから、おいしく食べて、後は宿でゆっくりと休みましょう!!。眠い(睡眠)
posted by 料理長 at 20:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 2013年スペイン巡礼の旅

米粉のビーガン・マカロン

小麦フリーの「ビーガン・マカロン」を作りました。手(チョキ)
そして『アーモンド』も使っていません。手(グー)
でも、食感は「マカロン」!!。わーい(嬉しい顔)
左に写っているのは、「ドライイチゴ」をパウダーにして生地に入れて、赤いマカロンを目指したけれど、色が全然出てくれなかったもうやだ〜(悲しい顔)(-_-メ)とほほほほ〜〜〜。
そして右のはプレーンです。
でも、おいしくできましたよ!!。

IMG_9093 コピー.JPG
posted by 料理長 at 19:47| Comment(4) | TrackBack(0) | 米粉のスイーツ&パン