2014年02月27日

旅行記最終回・・雪のタンボ・ロッジへ

12月18日(水)、アムステルダムから韓国の仁川国際空港までの帰国便が遅れましたが、なんとかその日のうちに乗り継げて、日本に帰ることができた私達。手(チョキ)(●^o^●)
めちゃくちゃ疲れたけれど、蒲田のホテルに1泊して熟睡!!眠い(睡眠)眠い(睡眠)
元気になって、翌日の朝、雪の南会津へと向かいました雪

IMG_8666 コピー.JPG
浅草の駅で、電車の時間があるので、スタバでお茶します。喫茶店
あ〜〜〜、帰ってきたんだなぁ〜〜。
なんだか夢を見ていたような、色々あった旅だったからなぁ〜〜〜。ぴかぴか(新しい)
感慨はひとしおですよ。

IMG_8667 コピー.JPG
雪の会津高原尾瀬口の駅に着きました。
懐かしい南会津)^o^(わーい(嬉しい顔)
しかし、雪、結構積っているじゃん!!たらーっ(汗)たらーっ(汗)

IMG_8669 コピー.JPG
バスでタンボ・ロッジに到着しました。
懐かしいタンボ・ロッジ!!!。猫猫
でも、かなりの雪ですねえ。
どうしましょうか!!。雪(@_@)

IMG_8670 コピー.JPG
足が埋まりそうですよ、支配人さん。雪
もちろんタンボ・ロッジの中は寒いです。
薪ストーブに火をつけて、目いっぱい燃やして暖めなければ・・・どんっ(衝撃)どんっ(衝撃)
この日のうちに除雪が必要ですねえ。
疲れているけどやらなくっちゃ!!。あせあせ(飛び散る汗)あせあせ(飛び散る汗)
だって車出せないもん!!。モバQ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ついに長い長い旅行記が終わる時が来ました。
今回の旅行は本当に色々な気付きがあり、正に私にとって「スピリチュアルな旅」だったと思います。
おかげで体の調子も良くなり、嗅覚も戻ってきたし・・・・
2年続きでスペインの巡礼路を歩いたことは、大変素晴らしい体験になりました。
バルセロナで私たちを受け入れてくれた、私達の友人のYさん、そしてKさん、本当にお世話様でした。そしてありがとうございます。
最初から色々ありましたからね、バルセロナでは。
そして、バスク食べ歩きを同行したオリーブオイルの朝倉さん、Wさん、楽しかったね。
また行きたいよぉ〜〜。
さらに、長々としたこの旅日記を読んでくださった方たち、長丁場を良くお付き合いして下さいました。
この場を借りて、お礼させていただきたいと思います。
本当にありがとうございます。

そして、巡礼路出会った、巡礼の仲間たち、ありがとうね〜〜。
更に付け加えると、私に奇跡を与えてくださった様々な「神」様たち、本当にありがとうございます。
私達はこれからは自分の道をひたすら歩きます。ヽ(^o^)丿
posted by 料理長 at 17:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 2013年スペイン巡礼の旅

すったもんだの帰国便

12月16日(月)、アムステルダムでの乗り換え時間(5時間半)を利用して、中心部まで出かけて日本食を食べて来た私達。手(チョキ)ヽ(^o^)丿
意気揚々と出国手続きをして、乗り継ぎ便のゲートへ。猫
ここからは、韓国の仁川国際空港でもう一度乗り換えます。

出発時間が近付き、荷物検査をして、後は乗り込むだけとなりました。
機長やクルーが先に乗り込みます。
これからいよいよ機内へと案内されようとしたその時、英語で機長からの放送があり、辺りは騒然としました。どんっ(衝撃)どんっ(衝撃)
「この便は、機体の都合によりキャンセルになります。他の機体に乗り換えて、2時間後に出発します。ゲートも変わります。そちらに移動してください。」あせあせ(飛び散る汗)あせあせ(飛び散る汗)だって!!!たらーっ(汗)たらーっ(汗)
どうやら機体に不都合があったようです。
そのまあっ無理やり飛んで、事故を起こしたらそれこそ大変だし・・・・
でも、韓国では乗り継ぎ時間が2時間10分しかないんだよ!!。乗り継げないじゃん、私達。ちっ(怒った顔)(>_<)
そりゃ困ります!!。ちっ(怒った顔)
だって、成田のホテルも予約してあるし・・・・(到着時間が遅いので、その日中にタンボ・ロッジに帰れないから)
どうしよう・・・・
と言っても、どうしようもないですね。猫
あ〜〜〜、夕食食べといてよかった。手(パー)
だって、腹減るもんね。(こればっかしですいません)

IMG_8661 コピー.JPG
飛行機は2時間遅れで韓国の仁川国際空港に到着しました。
空港職員が乗り継ぎ便の番号を書いた札を持って、機体の出口で待っていました。
その人に着いて行けば乗れるかも・・・・
淡い期待ヽ(^o^)丿手(チョキ)手(チョキ)
しかし・・・・
ゲートが全然離れていて、途中空港内を移動する電車に乗らなくてはいけないわ、荷物検査を通らなくてはいけないわで、結局間に合いませんでした。
さてどうするか・・・・・
次の大韓航空の成田行きも、時間が迫っていて、乗れそうにもない!!。
乗り継ぎカウンターで交渉です。
次の成田行きの後、この日(17日)の成田行きはもうないとのこと・・・
じゃあこの日のうちに帰れないじゃん、日本に。
そりゃあ困ります。
粘り強く交渉したおかげで、「羽田行き」の最終便ならまだ時間があるから、乗れるけどどうします?。・・・
「乗ります乗りますよ、搭乗券、早くちょうだい!!」。・・・・

と言うことで、なんとか羽田に23:35に到着する便のチケットをGETしました。
はぁ〜〜〜、疲れたべ。何しろ、バルセロナからだもんね、私達。

写真は荷物検査待ちの支配人。(仁川国際空港にて)

IMG_8662 コピー.JPG
時間が少しあるし、腹減ったので、韓国料理のレストランで蛸定食の夕食を食べました。
だって、もう遅い時間だから、ベジの選択肢を探せなかったんですぅ〜〜〜。(-_-メ)
甘辛・・・・少し私にとって、辛すぎです。どんっ(衝撃)どんっ(衝撃)(@_@)

IMG_8663 コピー.JPG
だけどね、とにかくこの日中には日本に帰れるし・・・ダッシュ(走り出すさま)
ほっと一息でにっこりの支配人わーい(嬉しい顔)

IMG_8664 コピー.JPG
羽田空港に着きました。
これから入国手続きをして、荷物を受け取って、荷物を宅配便で送って・・・・
空港を後にしたのは、もう日付が変わって12月18日になった頃でしたよ。
私達は蒲田の近くで宿を探して泊まりました。
はぁ〜〜〜、めっちゃ疲れました。
お休みなさい!!。眠い(睡眠)
posted by 料理長 at 16:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 2013年スペイン巡礼の旅

運河見物して空港へ

12月16日(月)、飛行機の乗り換えのために寄ったオランダのアムステルダム。飛行機
乗り換え時間が長い(5時間半)ことを利用して、アムステルダムのセントラル駅まで足をのばし、夕食にビーガンの日本食を食べた私達。ヽ(^o^)丿わーい(嬉しい顔)
せっかくだから、オランダ名物の運河を見がてら、散歩して、セントラル駅へ向かいました。

IMG_8635 コピー.JPG
細い路地を通りぬけて、運河を見に行きました。

IMG_8638 コピー.JPG
運河です。
でも、もう暗くてあまり良く見えませんね。
食事する前に来ればよかったと、少し後悔(-_-メ)もうやだ〜(悲しい顔)
まあ、空港で待つより、よほど楽しい時間でしたからねるんるん

IMG_8648 コピー.JPG
足元よく見えないから、明るい通りに出て、駅まで戻りましょう。
なんだかスペインの町の方が明る気がしましたよ。

IMG_8651 コピー.JPG
しかし、路面電車、カッコいいなぁ〜〜〜。
時間があれば、乗って見たい!!。(鉄道好きだからね、私)

IMG_8657 コピー.JPG
セントラル駅に戻って来ました。
さあ、空港へと戻りましょう。
あまりのんびりしていると、乗り遅れちゃうますからねたらーっ(汗)たらーっ(汗)

IMG_8659 コピー.JPG
インターシティーで空港へと向かいます。
2階席でくつろぐ支配人。
僅か20分で空港到着です。猫
posted by 料理長 at 15:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 2013年スペイン巡礼の旅

ビーガン・レストラン「TerraZen Cafe」

12月16日、帰国途中の乗り換えのために、アムステルダムへやってきた私達。飛行機
待ち時間が5時間半もあるので、空港から電車を使って町の中心部まで行ってみました電車
そこで、事前に調べておいたビーガン・レストラン「TerraZen Cafe」で夕食を食べることにしましたよ。レストラン
だって、5時間半も空港で待つのはしんどいし、お腹もすくしね猫

IMG_8617 コピー.JPG
アムステルダムのセントラル駅から、わずか歩いて5分なのに、町外れにあるような雰囲気の場所にある「TerraZen Cafe」。
ここで今夜の夕食をいただいて、これからまだ先が長い飛行機の旅を続けましょうね手(チョキ)

IMG_8618 コピー.JPG
さて、何を食べようかと、じっとメニューを見る支配人。
でも、壁に書いてある「富士山」と桜がなんだか、日本ぽい。猫
それも、場末の酒場のような雰囲気ですよ、このお店。ー(長音記号1)
しかし!!あせあせ(飛び散る汗)あせあせ(飛び散る汗)、中央駅からわずか歩いて5分ですからね。!(^^)!
日本だったら、あり得ない光景です。!^^!

IMG_8620 コピー.JPG
こちらはメニュー。
英語で書いてあります。
オランダ語は皆目わからないので、助かります。手(チョキ)
しかし、丼ぶりやら味噌スープに寿司やカツまで、なんだか和食のレストラン見たい。
しかし、私達は今はこれがとても食べたい!!。)^o^(どんっ(衝撃)

IMG_8623 コピー.JPG
まずは丼物とお茶を頼んだら、インド人系のターバン巻いたお店の方が、「よろしかったらどーぞ」と日本語で、中国の煎餅を一つくれました。がく〜(落胆した顔)
お茶は鉄瓶に入っているし、でもお店の人はターバン巻いているし・・・・
なんだかわけがわからないレストランですね、ここは。少し日本語話すし・・・・??exclamation&question
インド料理やカレーなら分かるんだけど・・・・・

IMG_8626 コピー.JPG
納豆とアボカドの丼ぶり!!。
納豆もしっかり粘っていますよ。
どうしてターバン巻いたインド系に人がこれ作るの???。
なんだかキツネにつままれているみたいです。
でも、懐かしい味!!どんっ(衝撃)。納豆は日本を出て以来、食べていませんからね。わーい(嬉しい顔)ヽ(^o^)丿

IMG_8627 コピー.JPG
「DeepFliad tempeh」と言うのを頼んでみたら、これでした。
とても日本的でおいしいです。

IMG_8628 コピー.JPG
そして、「味噌汁」もセットでついているし・・・・・

IMG_8631 コピー.JPG
お店の人と記念写真を撮りました。カメラ
この時に判明したのですが、この方の奥さんがなんと!!「日本人」なんだって。
道理で日本的なんだね、このお店。
キツネはつまんでいませんでしたよ。
しかし、面白かったなぁ〜〜〜。
空港から此処まで来て、良かったです手(チョキ)。!(^^)!

IMG_8632 コピー.JPG
食べ終わり、お店を出るともう短い冬の太陽はとっくに沈んで、あたりは暗いです。
あとは少し運河を猫見ながら散歩して、駅まで戻りましょうね。
posted by 料理長 at 15:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 2013年スペイン巡礼の旅

電車に乗って、アムステルダム中央駅へ。

12月16日(月)、帰国のため、バルセロナから飛行機でオランダのアムステルダムへやってきた私達。飛行機
ここでの乗り継ぎ時間は5時間半もあるんです。あせあせ(飛び散る汗)あせあせ(飛び散る汗)(*_*;
そして夕方になるから、お腹もすくし・・・・・たらーっ(汗)たらーっ(汗)
空港で食べるよりは、町で食べたい私達。猫
実はアムステルダムの「スキポール国際空港」は、アムステルダムの町に近く、アムステルダム中央駅(東京駅の様なもの)まで鉄道で15〜20分で行くそうです。電車しかも、1時間に6〜7本と結構な本数があるようなので、これは是非町中へ行ってみたい!!、荷物も機内持ち込みのデイパックだけだしね。

IMG_8597 コピー.JPG
空港駅から電車に乗り込みます。電車
ここからセントラル駅まで、15〜20分くらいですからね。

IMG_8604 コピー.JPG
やっほ〜〜〜、ヽ(^o^)丿猫
やって来ました。アムステルダム・セントラル駅。どんっ(衝撃)
この駅は、なんでも「東京駅」のモデルになったそうですよ。
そう言う目で見ると、とても似ていますね。
IMG_8602 コピー.JPG
中央駅と路面電車。電車
路面電車もかっこいい〜〜〜!!。電車ヽ(^o^)丿
鉄道好きとしては、乗りたいけれど、さすがにどこへ行くか皆目わからないので、眺めるだけにしておきましょう。

IMG_8605 コピー.JPG
オランダ名物の「運河」の観光船も、冬の夕方ですからね、暇そうに運河縁に繋がれていました。

IMG_8609 コピー.JPG
少し町中を歩いて、実はネットで探しておいた、「ビーガンのレストラン」へと向かいます。
なんだか「おのぼりさん」みたいだなぁ〜〜私達。モバQ
ついついきょろきょろしちゃいます。

IMG_8612 コピー.JPG
アムステルダムは「自転車」がすごく多いと聞いていましたが、本当だ!!。
自転車に轢かれないように気お付けなくっちゃ!!あせあせ(飛び散る汗)あせあせ(飛び散る汗)

IMG_8615 コピー.JPG
中央駅から歩いて5分も行かないうちに、小さな路地になりました。
この路地に、目指す「ビーガン・レストラン」があるんですよ。手(チョキ)
posted by 料理長 at 14:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 2013年スペイン巡礼の旅

オランダの首都、アムステルダムへ

この記事は私が2013年10月の終わりから12月中頃まで、スペインへ出かけたときの事を後から書いたものです。

12月16日(月)、長かったスペイン巡礼と食べ歩きの旅も終わり、私達は帰国する日を迎えました。もうやだ〜(悲しい顔)(-_-;)
帰りも行きと同じで、途中オランダのアムステルダムと韓国ソウルの仁川国際空港の2回乗り換えがあるんです。飛行機
安いチケットを買ったから、長旅になるけれど、頑張ります。手(グー)
途中アムステルダムでは、乗り継ぎに5時間もあるから、ちょっと町に出てみようと画策しておりますからねモバQ

IMG_8584 コピー.JPG
バルセロナ発13:15のKLMオランダ航空で、まずはオランダの首都、アムステルダムへと向かいます。

IMG_8588 コピー.JPG
ピレネーはもう本当に真っ白の雪景色・・・・・ぴかぴか(新しい)
1年前の帰国の時もそうだったっけなぁ〜〜。

IMG_8590 コピー.JPG
途中、フランスのパリの上空を通過します。
パリに向かって降りて行く飛行機が上から良く見えましたよ飛行機

IMG_8596 コピー.JPG
運河が見えてきました。
大型の貨物船がゆっくりと進んでいますね。
間もなくアムステルダム到着です。
posted by 料理長 at 13:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 2013年スペイン巡礼の旅

バルセロナでの最後の夕食は「韓国料理」

12月15日(日)、翌日帰国する私達は、今回の旅行のスペインでの最後の夕食を、友人宅の近くにある小さな韓国料理のお店に友人と食べに行きました。手(チョキ)
このお店は、「肉抜き」OKだということで、懐かしいアジア料理を帰国前に一足早く食べました。手(グー)
だって、さんざんパン食を食べて来たからね、もうこの辺りでは、私達はご飯食がめちゃ食べたくなって、禁断症状一歩手前でしたからたらーっ(汗)たらーっ(汗)

IMG_8577 コピー.JPG
暖かい豆腐と、自家製キムチ!!。
めちゃくちゃしみわたる味!!。ぴかぴか(新しい)
キムチは、そう言えば巡礼中に一度だけ食べましたが、その時も、めちゃくちゃおいしかった記憶がありますよ。
あぁ〜〜、アジア人だな、わたしって。
アンデスやスペインが好きなくせに、ね。

IMG_8581 コピー.JPG
肉抜きビビンバ。
こりゃあたまらぬおいしさです。どんっ(衝撃)
甘辛の「コチジャン」をたっぷりつけちゃいました。

IMG_8582 コピー.JPG
最後は「肉抜きチヂミ」。
おいしくいただきました。

これで私達のスペインでの、物語はおしまいです。手(チョキ)
あとは帰国するだけ!!飛行機
またその帰国が、直行便ではなく、しかも2回乗り換えだから、色々な出来事やアクシデントがありましたよ。
では最後に、その時の様子を次からの記事でお楽しみくださいね。るんるんるんるん
posted by 料理長 at 13:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 2013年スペイン巡礼の旅

帰国前日のクリスマスコンサート

12月15日(日)、私達の帰国前日です。
そんな日に、めったにない出来事が・・・・ダッシュ(走り出すさま)
12月にもこの時の記事を少し出しましたが、あの、バルセロナ切っての名所「サグラダファミリア」で、クリスマスコンサートを聞けたんです。るんるんるんるん
それは、正に廻り合わせの奇跡。
実は今回とてもお世話になったバルセロナ在住の友人が、「サグラダファミリア友の会」に入っているんだそうです。
その「友の会」メンバーを招待したコンサートが、「サグラダファミリア」でこの日にあるというのです。
しかし!!、その友人は仕事が入っていて、行けない・・・・!!。
だから、「代わりに聞きに行く?」・・・と言うことだったんです。
もちろん即座ににOKしましたよ。手(グー)手(グー)手(グー)ヽ(^o^)丿
しかも「無料」ですよ。exclamation×2!!
だって、「サグラダファミリア」と言えば、今ではスペインの超有名な名所の、グラナダにある「アルハンブラ宮殿」の入場者を上回るほどの人気スポットで、入場するだけでもいつも長蛇の列・・・!!
そこでのコンサートを聞けるなんて、なんて、まずあり得ないではないですか。あせあせ(飛び散る汗)あせあせ(飛び散る汗)
すごく楽しみで出かけました。るんるんるんるん)^o^(

IMG_8562 コピー.JPG
冬の午後の日差しが当り、美しいサグラダファミリア。ぴかぴか(新しい)
まだ未完成ですから、工事中です。
完成は2026年だとか・・・・
教会って、他の所もそうだけれど、本当に長い時間かけて作られているんですね。

IMG_8565 コピー.JPG
内部の天井も、とても綺麗で、ついつい見とれてしまいますぴかぴか(新しい)

IMG_8567 コピー.JPG
今日のコンサートの舞台です。
このパイプオルガンと、合唱団と、少しの楽器の組み合わせで、クリスマスにちなんだ曲が披露されるんです。

IMG_8570 コピー.JPG
コンサートが始まりました。
めちゃくちゃ美しい響き!!。
スペインに来て、今回は巡礼路も完歩できたし、とても幸せなひと時です。ぴかぴか(新しい)るんるんヽ(^o^)丿

IMG_8576 コピー.JPG
あたりはすっかり暗くなり、夜の帳が下りる頃、コンサートが終わり、余韻が残る中、サグラダファミリアを後にしました。
とっても素晴らしい時を与えてくれた、友人に感謝です。
Kさん、ありがとうございます。わーい(嬉しい顔)
posted by 料理長 at 13:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 2013年スペイン巡礼の旅

冬の風物詩「カルソッツ」を食べに行く

この記事は私が2013年10月の終わりから12月中頃まで、スペインへ出かけたときの事を後から書いたものです。

12月15日(日)、天気はまたまた快晴晴れ!!。晴れ
ついに私達の今回の「スペイン巡礼と食べ歩き」が終わる日がやって来ました。もうやだ〜(悲しい顔)(-_-メ)
翌日の16日には、帰国の途に着きますからね。もうやだ〜(悲しい顔)
まだまだバルセロナには食べに行っていないベジタリアン・レストランがたくさんあるのですが、猫それをさておいても、一度は食べてみたい「カタルーニャの郷土料理」があるんです。どんっ(衝撃)
それは「カルソッツ」と言う、長ネギの炭火焼料理です。手(チョキ)
と言うか、その「長ネギの炭火焼」はあくまでも前菜。
メインディッシュはめちゃくちゃボリュームのある肉料理が来るそうですが、今回はレストランで食べたので、私達はその前菜だけ食べて、後は野菜やリゾットを食べるということができました。
ここ「カタルーニャ」では、日本の長ネギの様なネギが12月から4月までしかないそうですよ。
この郷土料理はその長ネギを使うという特徴があるんですね。
では、絶対食べたい郷土料理を、レストランに食べに行きましょう。

IMG_8531 コピー.JPG
山と積まれた長葱・・・・どんっ(衝撃)
15本が一人前だそうですよ。あせあせ(飛び散る汗)あせあせ(飛び散る汗)
田舎で食べると、これが食べ放題なんだって!!。どんっ(衝撃)
そんなに食べたら、メインディッシュが食べられませんね。猫
15本でもすごい量なのに・・・・・

IMG_8543 コピー.JPG
汚れるから、紙でできた前掛けをします。
なんだか「赤ちゃん」みたい!!。
ばぶばぶ・・・なんちゃってモバQ

IMG_8545 コピー.JPG
やはりスペイン人はとにかく「パン」がなくっちゃ駄目みたいですね。
「Pan con tomate」(スペイン番ブルスケッタ)です。

IMG_8546 コピー.JPG
出て来ましたよ、長ネギの炭火焼1人前。どんっ(衝撃)
真黒ですね。がく〜(落胆した顔)
こりゃあ汚れるはずだぁ〜〜。

IMG_8547 コピー.JPG
まず、長ネギの根っこの方をつまんで、緑の葉の方を引っ張ると・・・・
するっと黒い皮が剥けるんです。手(チョキ)
これに失敗すると、いちいち黒い皮を手で剥く羽目に・・・・ちっ(怒った顔)(@_@)
手が真黒だぁ〜〜。!!たらーっ(汗)たらーっ(汗)

IMG_8548 コピー.JPG
そして、「ロメスコソース」につけて・・・
この「ロメスコソース」がとてもおいしい!!。わーい(嬉しい顔)
アーモンドとトマトとオリーブオイルで作るそうですよ。

IMG_8549 コピー.JPG
一気にパクッと食べるんですね。猫
もちろん緑の葉の部分まで食べられます。手(チョキ)
15本もありますからね、結構なボリューム!!どんっ(衝撃)

IMG_8553 コピー.JPG
食べ終わったところで、手をペーパータオルでよく拭いて、次の料理をいただきます。
私達はシーフードのリゾットを・・・・

IMG_8555 コピー.JPG
こちらは皆でシェアした料理、「Escalivada」、カタルーニャの野菜のオーブン焼き。
アンチョビーが盛りつけられていますが・・・・

IMG_8556 コピー.JPG
そしてこちらは「Parrillada de verduras」野菜のバーベキュー。
葱と同じ「Romesco」ソースと、「アイオリソース」が付いています。
今までの料理、とってもおいしいですよ。るんるんるんるん♫ヽ(^o^)丿
郷土料理は良いなぁ〜〜。

IMG_8558 コピー.JPG
こちらはこれまたすごいボリュームのソーセージ。ダッシュ(走り出すさま)!!
これは、一緒に行った友人の一人が頼んだ、「カルソッツ」のコース料理のメインディッシュです。
一の字ではなく、U字になっていますよ、このソーセージ。
さすがの友人も、半分はお持ち帰りにしてもらっていました。
こんなに食べられないよね、お相撲さんじゃないんだから。

IMG_8559 コピー.JPG
そして友人のデザート、これはスペインで一番オーソドックスな「プリン」でした。

めちゃくちゃ満足しましたよ。どんっ(衝撃)
あこがれの「カルソッツ」が食べられたんだもの。手(グー)
これは冬しか食べられませんからね。
今だけですよ!!。

私達に気を使って、なるべくべジで食べられるレストランを選んでくれた友人に感謝です。
ありがとうございます。わーい(嬉しい顔)
posted by 料理長 at 09:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 2013年スペイン巡礼の旅