2014年03月29日

白い「レアチーズ風ケーキ」

タンボ・ロッジの昨日のマクロ・スイーツは白い「レアチーズ風ケーキ」でした。猫
「レアチーズ風」と言うのは、チーズを使っていないから。
周りが豆腐のクリームで覆われているので、中の感じがつかめませんね、写真では。モバQ
一番下に、ベーキングパウダーを使わない米粉のスポンジ生地を敷き、その上に豆腐ベースに作った、チーズ味のババロアが乗っています。
ババロアの中には「スモモのソース」が入っています。
その上から豆腐のクリームでデコレーションしました。
なかなかのマクロ・スイーツですよ。(●^o^●)

IMG_9288 コピー.JPG
posted by 料理長 at 16:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 米粉のスイーツ&パン

ペルー南部風クリームカレー

ペルー南部の第2の都市「アレキーパ」の郷土料理のビーガン版です。手(チョキ)
アレキーパは標高2300mの高原都市!!。
そこではとてもおいしい「河海老」が採れるんですよ。猫
まるで「伊勢エビ」かと思うような大きい海老です。がく〜(落胆した顔)
その海老を使う料理をベジにアレンジしました。手(グー)
海老の替わりは・・・キノコの「エリンギ」です。
ちょっと食感が似ていて、アミノ酸が多いので旨みも出るし・・・・
そして「豆乳」を使います。
これ、おいしいよ!!るんるんるんるん

IMG_9281 コピー.JPG
posted by 料理長 at 16:03| Comment(0) | TrackBack(0) | アンデス・マクロ料理

エクアドル風バナナ入りさつま揚げ

赤道の通る国「エクアドル」は「バナナ」の有名な産地です。手(パー)
しかも、バナナは概ね2種類あるんです。がく〜(落胆した顔)
「加熱用バナナ」、そして「生食用バナナ」。猫
日本で手に入るほとんどが「生食用」です。
しかし、この「エクアドル風さつま揚げ」は本来は「加熱用」を使います。
「加熱用」はそれほど甘くなく、まるで「芋」の様です。
エクアドルで「バナナチップス」と言えば、「塩味」と言うのもこのためなんですが、タンボ・ロッジでは「加熱用」ではなく、「生食用」のバナナを使って、このさつま揚げを作っています。
だって、「加熱用バナナ」のオーガニックなんて、めったに見ないもん!!。猫
しかしですね、甘くておいしいもんね、これ。
日本人の口にはぴったりの相性です手(グー)

IMG_9280 コピー.JPG
posted by 料理長 at 15:55| Comment(0) | TrackBack(0) | アンデス・マクロ料理

Bacalao al Pil-Pil

「Bacalao al Pil-Pil」と言うのは、塩鱈(バカラオ)の「ピルピルソース」と言うスペインはバスクの郷土料理。猫
塩鱈(塩抜きして使う)に、その「鱈」から作った「ピルピルソース」と言うのをかけて食べるピンチョスです。
それをちょっと「ビーガン」にアレンジしてみました。手(チョキ)
「塩鱈」は「湯葉」を原料に、似たように作ります。
「ピルピルソース」は「豆腐」を原料に似たように作ります。
かなり良い出来ですよ、これは。わーい(嬉しい顔)ヽ(^o^)丿
あっ、「ピルピルソース」には「バジルペースト」を入れてみました。だから色がちょっと緑色です。

IMG_9276 コピー.JPG
posted by 料理長 at 15:41| Comment(0) | TrackBack(0) | マクロビオティック料理

「イチゴ」はやはりスイーツの王様です!!。

タンボ・ロッジの小麦フリーのマクロ・スイーツ。
苺(超低農薬栽培)を飾りにつけてみました。手(チョキ)
春らしく感じますね。ぴかぴか(新しい)
「イチゴ」が入っただけで、なんだか華やかですもの。かわいい
やはり「イチゴ」はスイーツの王様です(●^o^●)!猫

IMG_9270 コピー.JPG
posted by 料理長 at 15:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 米粉のスイーツ&パン

アンデス風ビーガン・ミートパイ

ちょっと写真がいまいちだけれどモバQ、アンデス風のサクサク「ビーガン・ミートパイ」を作りました。手(チョキ)
卵やバターは使っていませんよ。
しかし!!サクサクのパイができるんです!!。どんっ(衝撃)
パイ生地の材料は、地粉と菜種油と塩一つまみと水だけです。
とてもサクサクしていますよ!!。(写真では分かりづらいですね(-_-メ)

IMG_9266 コピー.JPG
posted by 料理長 at 15:07| Comment(0) | TrackBack(0) | アンデス・マクロ料理