2014年04月28日

米粉の「フレジエ」

超低農薬のイチゴをGETしたので、ついに、卵もベーキングパウダーを使わない米粉スポンジを使って、「フレジエ」を作りました。手(グー)
「フレジエ」と言うのは、フランス語で、植物としての苺を指す言葉ですが、それがケーキの名前にもなっているんですね。
フランスの「ショートケーキ」と言えるこのケーキ、もちろんフランスでは「バタークリーム」が活躍するのですが、タンボ・ロッジはすべて植物性で作ります。ぴかぴか(新しい)
苺の周りのババロアクリームは、豆腐と米飴とオリーブオイルが主原料。それを寒天で柔らかく固めてあります。
やはり「イチゴ」はスイーツの王様ですね、とてもおいしいですわーい(嬉しい顔)

IMG_9613 コピー.JPG
posted by 料理長 at 20:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 米粉のスイーツ&パン

ペルー風そぼろ丼ぶり

丼ぶりがないペルーで、もしも丼ぶりと言う器が有ったなら、日本の料理の「丼物」に絶対なっていたと思う料理がこれです。
しかし、ペルーでは工夫して、お皿で「丼物」を食べる・・・と言うユニークな盛り付けになっているんですよ、この写真のように。
本当は「豚肉」で作る中身ですが、タンボ・ロッジでは豆腐やカボチャの種などを使い、それらしく作っています。
雑穀と黒米を入れて炊いたお米でサンドした「べジ・そぼろ」。
見た目にもきれいで、私のお気に入りのアンデス・マクロビオティック料理です。

IMG_9615 コピー.JPG
posted by 料理長 at 20:12| Comment(0) | TrackBack(0) | アンデス・マクロ料理

アボカド入り野菜出汁のスープ

このところ、里帰り休暇の記事が中心だったから、タンボ・ロッジのマクロビオティック料理の記事をアップしていませんでしたので、改めて少しアップしましょう。

これは「アボカド入り野菜出汁のスープ」。
昆布出汁にその時ある、少し余り気味の野菜をたくさん入れて圧力鍋で煮込み、さらしの布に入れてそのスープを濾して、アンデス風の味付けをした、とてもおいしい、透明感のある贅沢なスープです。
もちろんアボカドは最後に入れます。
アボカドが入っているだけで、スープはあっさりしているけれど、リッチな味わいで食べることができますね。
少し「レモン果汁」を入れて、酸味がほんのり・・・なんだか夏向きのスープですよ。

IMG_9572 コピー.JPG

posted by 料理長 at 20:04| Comment(0) | TrackBack(0) | アンデス・マクロ料理

加工の日々

4月17日に九州里帰り休暇から戻った私達。わーい(嬉しい顔)
今回は車(セダン)車で帰ったもんだから、色々な物を持って帰ることができる!!手(チョキ)・・・と言うのをいいことに、沢山加工しなければいけないものを買い込んでしまいましたモバQ
綾町の「本物センター」ではオーガニックの金柑と紫芋をたくさんGET!!。どんっ(衝撃)
そして支配人の実家からは、庭に生えた「夏ミカン」を収穫して、2箱分も!!(−−〆)がく〜(落胆した顔)
でもね、そのあとの「つけ」たらーっ(汗)たらーっ(汗)・・・・加工しなければいけない・・・(@_@;)
と言うことで、帰った翌日から、休む間もなく、持ち帰った食べ物の加工のフル回転ですあせあせ(飛び散る汗)あせあせ(飛び散る汗)

IMG_9553 コピー.JPG
まず一番手は、オーガニックの金柑のシロップ漬け。
オーガニックきび砂糖を使い、加工しました。
これまた粒が小さめなので、半分に切ってからの「種取」が大変!!!。あせあせ(飛び散る汗)あせあせ(飛び散る汗)
一日がかりの大仕事になってしまいましたちっ(怒った顔)。(@_@;)

IMG_9555 コピー.JPG
ようやく種取完了!!わーい(嬉しい顔)ヽ(^o^)丿
オーガニック砂糖をかけ、果汁が出てきたら煮込んで・・・・

IMG_9557 コピー.JPG
脱気殺菌して瓶詰めに・・・・。
朝から丸一日がかりでしたよ!!、ここまでこぎつけるのに。
そして・・・翌日からは次のものを・・・たらーっ(汗)たらーっ(汗)

IMG_9546 コピー.JPG
紫芋はスライスして、干して「紫芋パウダー」にします。
これは結構簡単わーい(嬉しい顔)、後は干し網に並べて吊るすだけです。ヽ(^o^)丿

IMG_9549 コピー.JPG
まだ薪ストーブを燃やしている、タンボ・ロッジの天井に吊るして、後は乾くのを待つだけですダッシュ(走り出すさま)

IMG_9592 コピー.JPG
そして最後の難関が、支配人の実家になっていた、あの「酸っぱい夏ミカン」。
かなりの量を収穫したので、その大半を「マーマレード」にしました。
何回かに分けてやったので、3日かかりましたが、無事完成しました。(写真はその1回分で出来たものです)
果汁(細長い瓶のもの)もドレッシング用に少し作りました。(後はジュースにして飲んじゃったヽ(^o^)丿モバQ
はあはあ、あせあせ(飛び散る汗)あせあせ(飛び散る汗)これをすべて終えるのには、1週間ほどかかりました。(途中にお客様が入ったりしたし・・・)。
しかし、これでだいぶ楽しめますよ、柑橘系の加工品が。
ありがたや、ありがたや・・・・るんるんるんるんヽ(^o^)丿
posted by 料理長 at 19:37| Comment(0) | TrackBack(0) | タンボ・ロッジの加工品