2014年07月22日

天上の楽園「田代山」登山

タンボ・ロッジの近くには、尾瀬国立公園に含まれる素晴らしい山があるんです。リゾート
山頂に大きな湿原が広がるという珍しい「田代山」がそれです。ぴかぴか(新しい)
そこはまるで天上の楽園。ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)♬〜♫〜♪
小さな高山植物たちが初夏を謳歌するように咲き誇り、爽やかな涼しい風が吹き抜け、ただただ滞在するだけでも本当に癒されるところです。揺れるハート
そして、実は私たちの体力を測る山でもあるんです。猫
山頂まで登り2時間、標高差約600m。
軽く登れてしまうか、手(チョキ)足を引きずりながら下りてくるか、筋肉痛になるかモバQ・・・その時の体の具合で決まります。たらーっ(汗)たらーっ(汗)
そのためもあり、私たちは毎年のようにこの山に登っています。
果たして今回はどうなるかなぁ〜〜〜??exclamation&question

IMG_0239 コピー.JPG
「天上の楽園」に行くには、簡単ではありません。
標高差約600mのきついのぼりを2時間かけて登らないといけないんですから。
さて、出発〜〜!!どんっ(衝撃)
樹林帯を登って行きます。

IMG_0240 コピー.JPG
登りの全工程の4分の3程来ると、「小田代」と言う小さな湿原があります。
そこから先に見えるのが、目指す「田代山」です。

IMG_0248 コピー.JPG
うわっ!!、ハチに刺されるぅ〜〜!!あせあせ(飛び散る汗)あせあせ(飛び散る汗)
実はこのハチ、刺しません。人の皮膚の塩分を舐めに来るんですよ。
小さくてかわいいんです、その様子が。揺れるハート
でも、なんだかムズムズしちゃいますが・・・たらーっ(汗)たらーっ(汗)

IMG_0255 コピー.JPG
「小田代」から歩くこと30分、天上の楽園「田代山」の頂上湿原に到着です手(グー)
トンボがたくさん飛んでいましたよ。

IMG_0265 コピー.JPG
ワタスゲとニッコウキスゲの咲く湿原の道。

IMG_0269 コピー.JPG
ワタスゲの道を行く・・・・

IMG_0273 コピー.JPG
天上の楽園をめいっぱい楽しんだら、下山しましょうね。
posted by 料理長 at 17:48| Comment(0) | TrackBack(0) | タンボ・ロッジの日記帳

2014年07月21日

あいかけん(南インドのベジカレーのお店)

今日は連休の最終日。リゾート
お客様を送りだして、少し掃除などをして、私たちは用事も兼ねたリフレッシュへ出かけました。手(チョキ)
出かけた場所はというと、那須【黒磯】にある、南インドのベジカレーのお店「あいかけん」さん。
日本で食べられているインドカレーは大抵が北インドのもの。
なかなか南インドのカレーを出してくれるお店がないのだけれど、それが那須にあったんですね。ひらめき
「あいかけん」さんは3年前から始めたとのこと。
かねてから噂は聞いていたけれど、なかなか行けていなかったんです。
そして今日の夕食は、ついに食べに行くことができました。
わ〜〜〜い!!わーい(嬉しい顔)わーい(嬉しい顔)
しかもこの日は2カ月に一度の特別な日。
何が特別かと言うと、なんと「ビュッフェ」なんですよ。
つまり・・・食べ放題(^◇^)
これはちょっと気おつけないと危険です。
ついつい食べ過ぎちゃう〜〜〜。
と言うことで、今日は案の定、食べすぎてしまいました。とほほほほ〜〜ふらふら
でも、おいしかったもんね。猫

IMG_0220 コピー.JPG
「あいかけん」さんのお店の前には、今日ののメニューが・・・・
どれも食べてみたい〜〜!!exclamation×2、そうか、今日はビュッフェだから、食べられるんだぁ〜〜。
夢のようだなぁ〜〜ぴかぴか(新しい)

IMG_0222 コピー.JPG
さっそく支配人が行きます。ダッシュ(走り出すさま)
どれもこれも、とにかく全種類!!たらーっ(汗)たらーっ(汗)
「あいかけん」さんは、本当に普通のおうちでやっているような、小さいお店です。
こじんまりとしていて、インド料理店によくあるような、ケバイ飾りがなく、なんだか「おうちカフェ」のような雰囲気です。

IMG_0233 コピー.JPG
一皿目がこれです。
カレーは3種類、写真右から
「ミックス野菜のアヴィヤル」(ヨーグルトとココナッツのカレー)
「茄子と隠元のサンバル」(スパイシーな野菜と豆の煮込みカレー)
「ラッサム」(胡椒の効いた南インドのスープカレー)。
そのほかに、真ん中のパンは2日も自然発酵させて作ったと言う「イドリー」と言う南インドの蒸しパン。
これに「ココナッツチャトニ」をつけて、サンバルと一緒に食べるのがおいしいと言うことで、その通りにして食べたら・・・本当においしい!!。
ちょっと鹿児島のお菓子の「かるかん」に似た食感のパン(甘くない)ですが、これははまってしまうおいしさでしたるんるんるんるん

IMG_0235 コピー.JPG
もちろん「サモサ」も・・・ね手(チョキ)

IMG_0232 コピー.JPG
ビュッフェ3回も食べてしまったぁ〜〜!!。
しまったぁ〜〜、食べすぎ・・・・
でもね、「別腹」と言うものがありましてぇ〜〜・・・・モバQ
まずは「ザクザクバナナケーキ」。
あっ、この写真、大皿のですよ。
私は2ピースだけ食べました。(言い訳)・・モバQ
おいしかったぁ〜〜。

IMG_0236 コピー.JPG
そして、「マンゴーのラッシー」までいただいちゃいました。
何しろビュッフェですもんね。
もうお腹いっぱい!!。
苦しいくらい食べちゃいました。

その後私たちは、反り返りながら帰途に就いたのでした。モバQ
でも、たまのリフレッシュだもん!!。これもありかなぁ〜〜猫

2014年07月18日

紫芋入り米粉のパン

今年の4月の終わりころ、タンボ・ロッジで干していた「紫芋」。それが干しあがり、さらに完全に乾かす為に沢山の乾燥材と一緒に袋に詰めて保存しておいたけれど、そろそろ使いたくなり、ミキサーを使って、粉にしました。どんっ(衝撃)
その粉を使った第1段の料理は・・・・・猫
「紫芋粉を入れた米粉のパン」です。手(チョキ)
プレーンと紫芋粉の部分と、2層に分けて作ると、とても綺麗です。ぴかぴか(新しい)
100%米粉のパン・・・と思ったけれど、そうじゃなかったですね、紫芋パウダーを入れたので・・・ヽ(^o^)丿モバQ(笑)

IMG_0202 コピー.JPG
posted by 料理長 at 23:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 米粉のスイーツ&パン

バスクのピンチョスを「べジ」で。

昨年と一昨年に続けてスペインに出かけたおかげで、スペインのバル料理にはまってしまっています。揺れるハート
中でも印象的だったのが、美食の町「バスク」地方のバルで食べた「ピンチョス」の数々。
その中の2点を「べジ」で再現してみました。手(チョキ)
左の「パプリカ」はスペインはナバーラ産のおいしい「ピッキージョ」と呼ばれるオーガニックのパプリカを使って、その中に、まるで鶏のそぼろの様に雑穀の「キビ」を使って詰めた詰め物です。
真ん中は、「巻き湯葉」を使って、バスク名産の「塩鱈」の様に料理したものです。
細長い皿に盛ると、おいしそう!!。
お酒が進むぅ〜〜〜!!バービール

IMG_0199 コピー.JPG
posted by 料理長 at 22:57| Comment(0) | TrackBack(0) | マクロビオティック料理

カボチャの季節到来

カボチャはアンデス原産のおいしい野菜!!猫
誰もが好きなおいしいカボチャの季節が、いよいよタンボ・ロッジにもやって来ました手(グー)
宮城県で作られた無農薬・無施肥の「自然栽培」のカボチャをさっそくGET!!手(チョキ)
昨日はそのかぼちゃを使った、アンデス風のスープを作りました。わーい(嬉しい顔)
挽き割りパスタ(クスクス)を入れるスープですが、その「クスクス」の替わりに、日本原産の雑穀「ひえ」を入れて作りました。
「パクチー」を浮かべて、おいしいアンデスのスープ、これからしばらくの間、楽しめます。わーい(嬉しい顔)ヽ(^o^)丿
ただし、無農薬のパクチーはなかなか手に入らないので、それを使える時はごくわずかですが・・・・

IMG_0192 コピー.JPG
posted by 料理長 at 22:40| Comment(0) | TrackBack(0) | アンデス・マクロ料理

2014年07月15日

凝乳もどきのチョコレートかけ

「凝乳」(ぎょうにゅう)・・・ミルクに酵素などの凝固剤を入れて固めたもの・・・・ひらめき
要するに「発酵」させる前のチーズのことです。猫
スペインではよく食べるお菓子です。手(チョキ)
それのモドキを、ビーガン仕様で作ってみました。手(グー)
結構似た食感とおいしさ!!。どんっ(衝撃)
チョコレートを溶かしてかけて・・・こりゃ美味しい!!わーい(嬉しい顔)。ヽ(^o^)丿

IMG_0189 コピー.JPG
posted by 料理長 at 09:17| Comment(0) | TrackBack(0) | タンボ・ロッジの日記帳

2014年07月12日

枝豆のモンブラン

今年も「枝豆」の季節がやって来ました。猫
ビールがうまい・・ビール・じゃなくて・・・あせあせ(飛び散る汗)あせあせ(飛び散る汗)、タンボ・ロッジではマクロ・スイーツに使うんですよ、枝豆を手(グー)
このマクロ・スイーツ、かなりおいしいですよ。
さわやかな夏のおいしさ!!ぴかぴか(新しい)
枝豆は「甘辛」両刀使いができるんです。
そして、庭にある、間もなく終わりになってしまう小さな苺のワイルドストロベリーが、最後の活躍をしてくれていますわーい(嬉しい顔)
チョコレートから作った葉っぱもアクセントに・・・・ヽ(^o^)丿

IMG_0187 コピー.JPG
posted by 料理長 at 21:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 米粉のスイーツ&パン

山栗の花

今年も満開に咲いた「山栗の花」わーい(嬉しい顔)
秋の実りが楽しみでするんるんるんるん
しかし、いつも思うのですが、こんな細長い花からどうしてあんなまん丸のイガと実ができるんでしょうかね。たらーっ(汗)たらーっ(汗)
不思議だなぁ〜〜〜exclamation&question??。

IMG_0180 コピー.JPG

IMG_0181 コピー.JPG
posted by 料理長 at 21:09| Comment(0) | TrackBack(0) | タンボ・ロッジの日記帳

ウチュクタ

「ウチュクタ」・・・・どんっ(衝撃)なんだか舌を噛みそうな名前ですが、アンデスはペルーのおいしい「薬味」です。(結構辛いちっ(怒った顔)
この薬味になくてはならないものが「香菜(パクチー)」。
その香菜を、友人から頂いたので、さっそくおいしい「薬味」を作りましたよ手(チョキ)

IMG_0161 コピー.JPG
まずはすり鉢で、「香菜」を丸ごと少しずつつぶして滑らかにします。

IMG_0162 コピー.JPG
玉ねぎのみじん切りとトマト(ミニトマトが良い)のみじん切りを加え、辛めの唐辛子を細かくみじん切りしたものを加え、少し塩を入れて混ぜこみます。

IMG_0176 コピー.JPG
あっという間に出来ちゃった。猫
おいしいおいしいペルー風の「薬味」。
辛さは入れる唐辛子の量で調節します。

IMG_0170 コピー.JPG
茄子と白チューニョのセビッチェ(ペルー風カルパッチョ)ととてもよく合いますよ、この薬味。
暑い夏を乗り切るために、これで頑張ろう!!ダッシュ(走り出すさま)
posted by 料理長 at 21:01| Comment(0) | TrackBack(0) | マクロ料理レシピ集

2014年07月09日

ジャンドゥージャクリームのケーキ

今日は、「ジャンドゥージャクリームのケーキ」を作りました。手(チョキ)
「ジャンドゥージャクリーム」とは??。exclamation&question
それはかなりの昔、イタリアのミラノで、スイーツに使うチョコレートの原料の「カカオ」が不足し、手に入りにくくなった時があったのですが、その時に急遽近くで採れる「ヘーゼルナッツ」を増量のために入れたところ、それがとてもおいしかったので、そのレシピが後世に残ったという歴史のある「チョコレートクリーム」の一種です。猫

ところが、今回はその「チョコレート」も「ヘーゼルナッツ」も使わないで作ってしまいました。どんっ(衝撃)
「チョコレート」の替わりは「キャロブパウダー」、「ヘーゼルナッツ」の替わりは「麻の実ナッツ」です。手(パー)
なんだか急遽出来た「ジャンドゥージャクリーム」の歴史を逆手に取るようなことをしてしまいましたよぉ〜〜。
だって、チョコもヘーゼルナッツも手ごろな物がなかったんだもん!!モバQ
だけど、こちらも相当美味しいですよ!!。るんるんるんるん
別の名前を考えなくっちゃ。あせあせ(飛び散る汗)あせあせ(飛び散る汗)「ドゥージャンジャクリーム」とか・・・、舌噛みそうだなぁ〜〜〜たらーっ(汗)たらーっ(汗)

IMG_0146 コピー.JPG
posted by 料理長 at 23:02| Comment(0) | TrackBack(0) | マクロなスイーツ