2014年09月18日

こと葉でミニ・お別れ会

昨日のランチは、「マクロビオティックハウス ぐるんぱ」でのラスト・ランチでしたが、実はその夜には、那須【黒磯】にある穀物菜食のレストラン「こと葉」さんで、私たちの友人とのちょっとしたお別れ会をしました。ぴかぴか(新しい)
その「友人」と言うのは、タンボ・ロッジの近所(車で20分ほど)に住んでいる、とある「木工家」ですが、9月の終わりに信州は安曇野に転居されることになっている方です。
なんだか近所のマクロビオティック仲間が減ってしまうのはとても寂しいのですがもうやだ〜(悲しい顔)、でもそれは仕方ありませんね。仕事の都合だし・・・・(-_-メ)
そして、その友人が一番好きだった穀物菜食のレストラン「こと葉」さんで、小さなお別れ会で、ディナーを頂きました。
それがまたとてもおしいかったなぁ〜〜。るんるんるんるん♬〜♫〜♪
なんだかランチとディナーがこんなに豪華なんて、幸せな一日でしたよ。揺れるハート♬〜♫〜♪

IMG_0559 コピー.JPG
最初は4種類の盛り合わせプレート。(前菜)
写真左から・・・「じゃがいもの蒸し団子」、「茄子と豆腐のキッシュ」、「ビーツとキュウリのキツネ巻き」、「雑穀のムサカ」です。
どれもおいしいですよ!!。るんるんるんるん♬〜♫〜♪

IMG_0563 コピー.JPG
さて、スープは・・・「ごぼうとレンズ豆のスープ」。
でも、中身はそれだけではなく、タンボ・ロッジでも時々使う「乾燥じゃがいも」が入っていて、なんだか不思議なスープです。
こと葉のシェフの森さんが作ると、アンデス素材もたちどころに「アジアンテイスト」に変わっちゃうから不思議・・・
やはりこれが個性と言うやつなんでしょうね。
楽しくおいしく頂きましたよるんるんるんるん

IMG_0569 コピー.JPG
メインディッシュは、「ひよこ豆のピラフ」&「大豆ミートと夏野菜のスパイス炒め」です。
これも森さん得意の「アジアンテイスト」味。
おいしくてついつい食べ過ぎちゃいそうで怖いです。

IMG_0570 コピー.JPG
さて、マクロ・スイーツは・・・「コーンと豆腐のチーズ風ケーキ」。
チーズ風と言うのは、もちろんチーズを使っていないから。
でも、良くマクロやベジのスイーツで、「豆腐のチーズケーキ」は見るけれど、コーンが入ったのは初めて食べました。
結構いけますねぇ。
とても満足しちゃいました。

IMG_0572 コピー.JPG
では、タンボ・ロッジの支配人と引っ越しするIさん夫妻とお子さん、そしてこと葉のシェフの森さんと記念撮影です。
Iさん、4年間くらいではあったけれど、色々と楽しい時間を共有できたことに感謝です。
ありがとうございました。
でも、長野県って、外国じゃないし、タンボ・ロッジからそんなに離れちゃいないから、遊びに行きますからね〜〜〜。
その時はどうぞよろしく!!。

「ぐるんぱ」、ラスト・ランチ

宇都宮市の南にある「マクロビオティックハウス ぐるんぱ」。
とってもとっても残念ながら、9月に閉店の運びとなったそうです。もうやだ〜(悲しい顔)(-_-メ)
私たちはほんの数回ですが、このお店で(水)・(木)限定でやっていたマクロビオティック・ランチに伺ったことがありました。
だけど、最後となると、もう一度味わってみたい・・・と言うのが人情ですね。猫
そこで、本当の最後は来週の24日なのだけれど、昨日に伺っていただいてきました。
最後とあって、担当の杉村先生は相当気合が入っていたようで、なんだか「おせち料理」のような豪華なランチになっていましたよぴかぴか(新しい)
伺った私たちは、もちろん超うれしい!!!。(^O^)/

IMG_0545 コピー.JPG
こちらがお品書きです。
読んでいるだけでわくわくしてしまいますねぇるんるんるんるん。♬〜♫〜♪

IMG_0547 コピー.JPG
おかずのプレートはこの通り豪華な品ぞろえ。ぴかぴか(新しい)
一つ一つがとても手の込んでいるものだというのがわかります。
これをランチでたくさん作れなんて言われたら、私はきっと「ギブアップ」してしまいますよ。あせあせ(飛び散る汗)あせあせ(飛び散る汗)
脱帽です!!。

IMG_0549 コピー.JPG
ご飯ものがこちらの「玄米のチラシ寿司」
おかずだけでかなり豪華だけれど、これまで付いていると本当にうれしいなぁ〜〜るんるんるんるん。♬〜♫〜♪
後、写真には映っていませんが、みそ汁が添えられてありました。

IMG_0552 コピー.JPG
私たちが「ぐるんぱ」さんに行けるのは、この日が最後なので、料理担当の杉村先生(左端)と店主の小山さん(男性)と、一緒に出かけた「キッチンカンナ」の塙さんと記念撮影をしました。
店主の小山さん、お疲れ様でした。
色々なことがあったと想像されますが、この一区切りを乗り越えて、さらにグレードアップしたものを形にしてほしいと切に願っています。
今日は本当にありがとうございました。