2014年09月21日

モ リ ト ハ タ ケ

「一切経山」からの帰り道、温泉に入って疲れをほぐし、向ったところは・・・車(RV)
私たちの友人が始めた、里山ごはん/旬野菜のお弁当のお店「モリトハタケ」さん。
このお店の友人は、実はタンボ・ロッジを開業して間もない頃(19年前です)からのタンボ・ロッジにいらしてくださっているお客さん。
その方が、体に優しいお弁当のお店を始めたというので、是非寄ってみたかったんでするんるんるんるん

IMG_0607 コピー.JPG
猪苗代の駅に向かう途中にそのお店はありました。商店街の一角の小さなお店です。

IMG_0608 コピー.JPG
イートインもできるというお店のメニューは・・・・
ベジ対応もしていただけます。

IMG_0609 コピー.JPG
ドリンクのメニューも・・・・
なんだか申し訳ない位にリーズナブルな値段ですよねぇ。
こんなお店、タンボ・ロッジの近くにあったらいいのになぁ〜〜。(ないものねだり・・・モバQ(~_~;)

IMG_0611 コピー.JPG
もう夕方だったので、ケーキとコーヒーを・・・・
登山帰りで腹減っていたもんだから、恥ずかしながら写真撮る前に、一口食べちゃった・・モバQ・(~_~;)
米粉のカボチャロールケーキ。豆乳ホイップクリームがたっぷり・・・・
大きさも大きくて、腹減った私はうれしい!!!わーい(嬉しい顔)

IMG_0612 コピー.JPG
店主と記念写真です。
頑張っていますからね、彼女は。
こう言う場所で、このようなお店はかなり画期的です。
また近いうちに寄って食べたいなぁ〜〜。

IMG_0617 コピー.JPG
さて、実は山登りの帰りだから、疲れていて家に帰ってから夕食を用意するのも大変だから・・・・
「里山ご飯」のお弁当のベジバージョンを買ってきたんです。
家でゆっくりと、そしてとてもおいしく頂きました。
ご馳走様でした。
なんだか昨日はとてもリフレッシュできたなぁ〜〜〜わーい(嬉しい顔)

秋の一切経山に登る

昨日は久しぶりに土曜日だけれど、タンボ・ロッジはお客様がいない日でした。
そして天気も快晴の予報!!。晴れ太陽
こりゃあいっちょう山登りすっぺ。リゾート
夏はタンボ・ロッジに張り付けで、こもりっきりで料理を作りっぱなしのような日々だったので、ふらふら相当足が鈍っているので、ちょっと登りやすくて、比較的高度差が少ない山を選んで出かけることにしました。
で、登った山はと言うと、福島県の名峰、吾妻連峰の中の人気の山「一切経山」(標高1949m)です。
でも、磐梯吾妻スカイラインで標高1500mまで登れちゃうから、かなり楽ちんでするんるんるんるん。♬〜♫〜♪

IMG_0580 コピー.JPG
朝早くタンボ・ロッジを出発、およそ3時間ほどかけて、登山口の「浄土平」にやってきました。
これから登る「一切経山」の頂上は、あの山のもう少し奥で見えませんが、さあ、登るぞぉ〜〜〜、えいえいお〜〜どんっ(衝撃)

IMG_0583 コピー.JPG
さすがに土曜日だし、人気の山なので、登山客がいっぱい列をなして歩いています。
こんなにたくさんの人を山で見たのは、本当に久しぶりがく〜(落胆した顔)
いつもは南会津などの「地味」な山ばかり登っているからね、私たち猫

IMG_0586 コピー.JPG
登りの途中からは、帰りに回る予定の「鎌沼」が広々と見渡せました。
こんな広い山の風景は、あまり南会津の山では見れないもんね。
新鮮だなぁ〜〜。

IMG_0587 コピー.JPG
山頂目指して、石がごろごろした滑りやすい道を慎重に登ります。

IMG_0594 コピー.JPG
やっほ〜〜〜、山頂だ!!猫
雲の間から、福島市が手に取るように俯瞰できましたよ。
なんて良い眺めでしょうか!!。
登った甲斐があったです。

IMG_0595 コピー.JPG
「吾妻の瞳」と呼ばれている、コバルトブルーの「五色沼」もはっきりと足元に見えました。

IMG_0589 コピー.JPG
雲が少し多くなってきたけれど、噴火口が良く見える「吾妻小富士」。

IMG_0597 コピー.JPG
雲がかなり多くなってきたし、お弁当も食べたのでそろそろ下山しましょう。

IMG_0600 コピー.JPG
先程足元に見えた「鎌沼」についてみると、もう紅葉が始まって、すっかり秋の気配です。

IMG_0601 コピー.JPG
リンドウも最後の花を咲かせていました。

IMG_0605 コピー.JPG
秋の美しい西日の中、湿原を歩き、車の置いてある「浄土平」へと戻ります。
なんだかとても気持ちが良いです〜〜〜。
ちょっと筋肉痛になったけれど、久しぶりの山歩きは本当に良いリフレッシュになりましたよ〜〜。わーい(嬉しい顔)♬〜♫〜♪
posted by 料理長 at 18:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 登山&温泉&散歩