2015年02月16日

「タシク」の練習

最近材料を色々と変えながら、韓国の伝統お茶菓子「タシク」作りの練習をしています。
何しろ「型」が小さめのを買って来ちゃったので、文字や絵柄の部分の色を変えるのが一苦労です。
職人芸を磨かなきゃね!!。

IMG_2256 コピー.JPG
茶色は「ヤンノー」という「焙煎小豆」を粉にしたものを使ってみました。
白い部分は、細かめの米粉を自家焙煎して使ってみました。
「ヤンノー」は、前回使った「麦こがし」より難しいです。

IMG_2431 コピー.JPG
こちらの赤いのは、自家焙煎米粉にパプリカパウダーを混ぜたものを使いました。
白い部分は自家焙煎米粉です。
こちらはまあまあ使いやすいけれど、やはり色を分けるのが失敗率が高いです。
やはり「大きいタシク型」が欲しいよぉ〜〜〜!!猫。(=^・^=)
posted by 料理長 at 09:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 米粉のスイーツ&パン

2015年02月15日

またまた「オペラ」

IMG_2424 コピー.JPG
マクロ・スイーツの「オペラ」、チョコレートをテンパリング(温度操作)して、コーティングをしているところです。

IMG_2426 コピー.JPG
昨日は、トッピングに乾燥させている自然農法のミカンをさっそく使ってみました。
ちょっと中の果実の部分が半生だけれど、とっても濃厚な味の乾燥ミカンになりましたよ。
でもなんだか派手に見えるなぁ〜〜〜。
posted by 料理長 at 16:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 米粉のスイーツ&パン

今日は大雪!!

IMG_2427 コピー.JPG
今朝起きてみると!!!、車が雪に埋もれてる〜〜〜。!!!車(セダン)雪あせあせ(飛び散る汗)あせあせ(飛び散る汗)
この2日間で1mは積もる大雪です。
しかし、タンボ・ロッジには除雪機があるもんね!!手(グー)
せってと除雪をしました。!!!
(網戸の付いている窓から写真を撮ったので、なんか変な感じに写っていますが・・・・モバQ

IMG_2433 コピー.JPG
午後からは穏やかに晴れ間がのぞきました。
釣りをする雪だるま!!。
何が釣れるかなぁ〜〜(笑)
これは泊ったお客様の子供さんが作ったものです。わーい(嬉しい顔)(^O^)/
posted by 料理長 at 16:48| Comment(0) | TrackBack(0) | タンボ・ロッジの日記帳

2015年02月13日

韓国茶菓「タシク」の研究

IMG_2228 コピー.JPG
色々な種類を買いこんだ「粉もの」。手(チョキ)
「麦こがし、はったい粉」、「黒ごまきな粉」、「リブレフラワー」、「ヤンノー」、そして「ハトムギ焙煎粉」。
これらはある共通性があります。exclamation&question
それは・・・一度火を通してある・・・ということです。猫
そしてこれを使い、韓国で習ってきたお茶菓子「タシク」のバリエーションを増やそうと言う魂胆ですわーい(嬉しい顔)(笑)

IMG_2245 コピー.JPG
まず最初は、玄米焙煎粉である「リブレフラワー」と、「はったい粉」を使って実験です手(グー)。♬〜♫〜♪
「はったい粉」は、綺麗な茶色で香ばしく、とてもおいしい!!。これは使えますねぇ。
そして「リブレフラワー」、こちらはちょっと粉っぽいですが、なかなかの味です。
少し柔らかめにできるのが難点なので、作り方になれなくちゃいけません。モバQ
そして、その二つを使って、文字や模様の色を変えてみると・・・・
うまくいくと本当に綺麗!!。
でも、「タシクの型」が小さめなので、かなりやりにくいです。
失敗率も高いなぁ〜〜。
もう少し大きめの型が欲しくなってしまいます。モバQ(~_~;)
posted by 料理長 at 09:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 米粉のスイーツ&パン

2015年02月12日

チューニョと紫芋のパウダー

昨日出来上がったアンデスの伝統的保存食の「チューニョ」と、綺麗な色の「ドライ紫芋」。
素材は両方とも、無農薬・無施肥の自然農法のものです。
今日はそれを粉にしました。

IMG_2279 コピー.JPG
製粉機にかけて、こんな綺麗な色の粉が出てきます。
紫芋は本当に色が綺麗!!。

IMG_2283 コピー.JPG
こちらは紫芋の後に挽いた「チューニョ」。
バリバリと音を立てながら、製粉機が粉にして行きます。

IMG_2285 コピー.JPG
チューニョ粉は細かいのが良いので、3度挽きしました。
後は袋に入れて、脱酸素剤を入れて出来上がり。
これで今年1年分の粉が出来ましたよ!!。(^O^)/♬〜♫〜♪
posted by 料理長 at 15:02| Comment(0) | TrackBack(0) | タンボ・ロッジの加工品

2015年02月11日

今度は「ドライフルーツ」作り

チューニョと紫芋が乾いたので、薪ストーブの上の天井が空きました。
これを待っていたフルーツが2種類あります。
超低農薬のおいしいイチゴと、自然農法(無農薬・無施肥)の「ミカン」です。
さっそくスライスして干し網に並べて、乾燥に入りました。
どんな味に出来るのか、とても楽しみです!!。

IMG_2231 コピー.JPG

IMG_2277 コピー.JPG
posted by 料理長 at 16:50| Comment(0) | TrackBack(0) | タンボ・ロッジの加工品

チューニョと紫芋が乾いた!!。

アンデスの伝統の知恵、「凍結脱水乾燥じゃが芋」のチューニョと、乾燥紫芋が出来上がりました。
タンボ・ロッジの薪ストーブの上の天井で最後の工程の乾燥をしていた白と黒の2種類の「チューニョ」、そして生の「紫芋」が乾きました。

IMG_2272 コピー.JPG
なんだか「石ころ」みたいですが、立派な「白チューニョ」ですよ、これ。

IMG_2226 コピー.JPG
黒チューニョは乾きやすいように、そして粉にするために、製粉機に入れられるスライス状にして乾燥させました。

IMG_2275 コピー.JPG
紫芋は、棒状にして乾かしました。
こちらも粉にします。
薪ストーブの最盛期の今は、本当に乾燥ものが良くできるので助かります。
今年もタンボ・ロッジのアンデス・マクロビオティック料理に活躍してくれることでしょう。(^O^)/
posted by 料理長 at 16:40| Comment(0) | TrackBack(0) | タンボ・ロッジの加工品

2015年02月10日

笠間稲荷と「そば家和味(なごみ)」

昨日は用事があって、千葉県の四街道まで出掛けてきました。車(セダン)
四街道に向かう途中、通り道なので、まず笠間へちょっと寄り道!!。猫
そのあと、マクロビオティックのメニューもあるお蕎麦屋さんの「和味(なごみ)」さんでランチを頂きました手(チョキ)

IMG_2260 コピー.JPG
狐さんの石像が・・・・・
そう、これはとても有名な「笠間稲荷神社」です。
稲荷神社というだけのことはあり、狐さんの石像があちこちに・・・・
みんな表情が違って、結構楽しいです。

IMG_2257 コピー.JPG
せっかくだから参拝していきましょう。

IMG_2753.JPG
こちらが笠間稲荷神社の御朱印です。
私達の記念すべき3つ目の御朱印となりました。

IMG_2263 コピー.JPG
少し歩いたし、お昼の時間だし、お腹もすいたし・・・・
ということで、さっそくお昼を食べに「和味(なごみ)」さんへ!!
熱々のお蕎麦を前に、うれしそうな支配人!!。

IMG_2265 コピー.JPG
暖かい蕎麦と、野菜のてんぷらと、酵素玄米を頂きました。
とてもおいしいですよぉ〜〜!!。

IMG_2266 コピー.JPG
メニューにも書いてある通り、ベジの選択肢がある珍しいお店です。

IMG_2268 コピー.JPG
ついつい「ケーキ」まで食べちゃいました。
本当に飾り気のない、とても素朴なケーキですね。
お蕎麦屋さんのケーキ・・・・・
おいしく頂いた後は、さらに四街道を目指して車で走りました。
結構距離があるので、疲れたべぇ〜〜ふらふら(笑)
posted by 料理長 at 20:40| Comment(0) | TrackBack(0) | タンボ・ロッジの日記帳

2015年02月08日

今日は「麦味噌」作り

今日は「麦味噌」を仕込みました。手(チョキ)
麹がかなり多めに入れて、甘くてすぐに食べられるような配合にしましたよ。手(パー)
これでタンボ・ロッジの自家用の味噌の仕込みは終了です!!。どんっ(衝撃)どんっ(衝撃)
やったぁ〜〜〜!!。わーい(嬉しい顔)
これで来年もおいしい味噌を食べられる!!。うれしいでするんるんるんるん。♬〜♫〜♪

IMG_2247 コピー.JPG

IMG_2248 コピー.JPG
posted by 料理長 at 15:51| Comment(0) | TrackBack(0) | タンボ・ロッジの加工品

2015年02月07日

豆味噌造り

今日は手作りみそ第2弾、「豆味噌」を仕込みました。手(グー)
豆味噌は、米味噌や麦味噌と違い、「豆麹」100%と塩と水だけで作ります。
とてもシンプル!!。猫
タンボ・ロッジでは麹は作りません、というか、難しい(温度管理などが)し、昔失敗したことがあるし、自分では「天然麹」は出来ないもんね(笑)モバQ
そこで麹は、福井県にある天然麹菌で味噌を作っている「マルカワ味噌」さんにお願いしちゃっています。
だから、「豆味噌」はとても簡単に作れちゃうんですよ。るんるんるんるん♬〜♫〜♪
豆麹100%だから、あとは塩と水を混ぜるだけですからね。
大豆を洗って一晩漬けて煮る必要がない!!。わーい(嬉しい顔)(^O^)/
さらに大豆を潰す必要もない!!。(^O^)/わーい(嬉しい顔)♬〜♫〜♪♬〜♫〜♪
では作りましょう手(チョキ)

IMG_2235 コピー.JPG
これがその天然麹菌の大豆麹。
そのまま食べると、なんだか納豆のような味です。

IMG_2237 コピー.JPG
大豆麹を木の樽に入れて・・・・

IMG_2239 コピー.JPG
一定の濃度の塩水をひたひたになるまで注ぎます。
今回は大豆麹10Kgで塩が3Kg、水が7ℓ使いました。
この状態で中蓋をして、重しをしっかりと乗せ、秋まで寝かせます。
秋になる頃には大豆のたんぱく質が分解され、おいしい豆味噌になっています。
その粒を挽肉を作る機械にかけて滑らかにして出来上がりです。
今回は3年寝かせてみようと思います。
posted by 料理長 at 17:22| Comment(0) | TrackBack(0) | タンボ・ロッジの加工品