2015年04月05日

抹茶クリームの春らしいスイーツを

だんだん雪も融け、次第に暖かくなってきましたね。
車も冬用のスタッドレスタイヤからノーマルタイヤに履き替えたことだし、(あまり関係ないか)
そこで、昨日のタンボ・ロッジの夕食後のマクロ・スイーツは、綺麗な緑色の「豆腐の抹茶クリーム」を使い、デコレーションしたケーキにしてみました。
イチゴは取ってきたばかりの超低農薬の江連農園のおいしいイチゴを使います。
スポンジは、例のベーキングパウダー不使用の米粉のうす焼きスポンジを3枚くりぬいて、3段重ねのスイーツに・・・・小麦フリーです。
バックが色々と散らかしていて、恥ずかしいからね、今回はアンデスの布で隠しちゃいましたよ!!モバQ(笑)。

IMG_2898 コピー.JPG
posted by 料理長 at 16:13| Comment(2) | TrackBack(0) | 米粉のスイーツ&パン

イチゴジャム作り

一昨日、那須にある超低農薬(栽培期間中農薬は初期の頃に1回使用)のおいしいイチゴを作っている「江連農園」さんへおじゃまして、ジャムにするイチゴをを4KgGETしてきました。
そしてそれを今日は「ジャム」にすべく、加工を頑張りました。手(グー)
まず米飴作りから・・・・

IMG_2904 コピー.JPG
前日に仕込んで保温してあった米飴を、さらしの袋に入れて濾して、煮詰めます。

IMG_2902 コピー.JPG
米飴を煮詰めている間に、イチゴを洗ってへたを取る!!。
結構地道な仕事だなぁ〜〜。

IMG_2903 コピー.JPG
支配人が助っ人で、へた取りを手伝ってくれました。
2人いると2倍の速度だから、うれしいです!!。るんるんるんるん♬〜♫〜♪

IMG_2907 コピー.JPG
出来上がった米飴に洗ってへたを取ったイチゴを入れて、少し煮ると果汁が出てきます。
それをすくい取ってさまし、葛粉を入れておきます。
添加物の「ペクチン」を使わずに、葛粉でとろみをつけるからです。
本体の実が入った鍋は、半分位になるまで煮詰めます。

IMG_2911 コピー.JPG
さて、出来たばかりのイチゴのジャムを、熱いうちに脱気殺菌し、瓶詰めします。
結構出来たなぁ〜〜〜。
うれしいです。るんるんるんるん♬〜♫〜♪
posted by 料理長 at 15:57| Comment(0) | TrackBack(0) | タンボ・ロッジの加工品