2015年06月30日

慈慈の邸でのお泊り料理教室1日目

6月27日(土)、「慈慈の邸」でのタンボ・ロッジ料理教室が始まりました。
参加者数も結構あり、怒涛のような教室です(笑)。
皆に楽しんでいただけるように、そしてみんなのためになるように、最大限頑張ります!!。

IMG_3831 コピー.JPG
最初は緊張していた私ですが、始まってしまえばあとは頑張って進めていくだけ。緊張なんて感じている余裕はありません(笑)。

IMG_3841 コピー.JPG
支配人にも手伝ってもらわなければ・・・・猫の手も借りたいですから(笑)。

IMG_3842 コピー.JPG
デコさんに乗せられてこんな場面も。
皆笑っているじゃない!!。恥ずかしいなぁ〜〜〜。
乗せちゃだめ、デコさん(笑)。

IMG_3847 コピー.JPG
みなさんメモしながら、とても熱心です。
すごく良い雰囲気の中で教室は進んで行きました。
これもデコさんの人柄とカリスマ性のたまものですね。ありがたいです。

IMG_3851 コピー.JPG
メインディッシュは皆さんに参加していただいて作りました。
慣れている方ばかりで、手早い!!。
私の方が素人みたいだなぁ〜〜!!。(笑)

IMG_3852 コピー.JPG
料理の途中に、「米飴」の仕込みをやりました。
保温に使う炊飯器のコード線が短くて、机に届かないために、しゃがみ込んで床の上で仕込みます(笑)。
米飴を作りには、一定の温度で10時間程度保温しなければいけません。
だから、泊まりの料理教室以外ではなかなかできないもの。
泊まり教室の特性を最大限に生かした教室でした。

IMG_3854 コピー.JPG
岩手は盛岡のマクロビオティック・レストランの佐々木さんにも手伝っていただきました。
さすが料理人、動きが素早いです。そして手際が良い!!。

IMG_3856 コピー.JPG
さて、出来ましたよ〜〜ん。
今日のメニューは、
Lomo Saltado(ペルー風肉野菜炒めご飯)
Ocopa a la Arequipeña(ペルー南部風じゃが芋のソースかけ)
Crema de tomate(アンデス風トマトのクリームスープ)
Alfejores con manjarbianco(ペルー風キャラメルクリームのさくさくクッキー)

IMG_3857 コピー.JPG
メインディッシュの「Lomo Saltado」は、大豆たんぱくを牛肉風に味付けして使います。
大豆たんぱくの使い方も作りながら説明しました。
皆から「憎らしい」じゃなくて、「肉らしい」という声が・・・(笑)

IMG_3858 コピー.JPG
Ocopa a la Arequipena(ペルー南部風じゃが芋のソースかけ)とCrema de tomate(アンデス風トマトのクリームスープ)です。
夏の暑いときにはもってこいのおいしいクリームスープ。アンデス原産野菜のトマトをたっぷりと使っています。
そしてジャガイモのソースかけ、こちらもアンデス原産のジャガイモとピーナッツを使った、とてもリッチな前菜です。

IMG_3865 コピー.JPG
わ〜〜〜い、いただきま〜〜す。!!
皆さんのうれしそうな顔!!。
私もこれを見ると、いつも幸せになります。
がんばってよかったなぁ〜〜。
参加者の皆様に幸せをいただいて、とてもうれしいです。

IMG_3868 コピー.JPG
さて、最後はペルー風のスイーツ。
Alfejores con manjarbianco(ペルー風キャラメルクリームのさくさくクッキー)。
とってもサクサクで、口の中でほろほろと崩れるようなリッチなクッキーです。
ペルーではバターと小麦粉と砂糖で作りますが、タンボ・ロッジではオリーブオイルと小麦粉とメープルシロップで作ります。
posted by 料理長 at 13:29| Comment(2) | TrackBack(0) | タンボ・ロッジの日記帳

ライステラスカフェ

6月27日(土)、この日はマクロビオティックの世界で有名な、中島デコさんの本拠地「慈慈の邸」に呼ばれてのタンボ・ロッジの料理教室の日です。
この日の午後1時半から翌日のお昼まで、みっちりとタンボ・ロッジ流のアンデス・マクロビオティック料理と手作り米飴、そしてマクロ・スイーツの教室です。
がんばるぞ〜〜〜!!

IMG_3816 コピー.JPG
前泊した私達は、朝食後に料理教室用の仕込みを始めました。
仕込んでおかないと、手間取って時間内に終わらないからです。
朝から、えいえいお〜〜!!。(笑)

IMG_3818 コピー.JPG
外ではこちらのスタッフの方たちが、「羽釜」でご飯を炊いています。
こんなご飯、おいしいですからね。
素晴らしい!!

IMG_3820 コピー.JPG
さて、お昼のランチはと言うと・・・・・
「慈慈の邸」のすぐ近くにある、こちらも中島デコさん経営の「ライステラスカフェ」でいただく私達。
金、土、日のみの営業の、マクロビオティックカフェなんです。

IMG_3822 コピー.JPG
腹が減っては戦ができぬ・・・・の言葉通り、腹ごしらえしなくっちゃね。
うれしそうな支配人。
御馳走を前に、うれしくないはずがありませんね。

IMG_3823 コピー.JPG
私達は「ランチプレートA」をいただきました。
めっちゃおいしそう!!。
では、いただきます!!(^O^)/。

IMG_3825 コピー.JPG
食後にコーヒーとマクロ・スイーツもいただいちゃいましたよ。
だってねぇ、これから教室だもんね(言い訳)。

IMG_3826 コピー.JPG
ライステラスカフェのスタッフさんと写真を撮りましょう。
ゆっくりとくつろげるのはここまでです。
嵐の前の静けさのような、とてもくつろいだ時間でした。
さて、頑張りますからね。!!

2015年06月29日

慈慈の邸

6月26日(金)から28日(日)まで、マクロビオティックの世界で有名な、「中島デコさん」が経営する宿泊施設「慈慈の邸」へ2泊3日で行ってきました。
というのも、27日(土)から翌28日(日)にかけては、こちらでイベントがあるんです。
そのイベントとは、わたくしタンボ・ロッジの料理長の料理教室とスイーツ教室なんですよ。
こんな有名な方に呼んでいただいて、もうめちゃくちゃ光栄です。
しかし、単に夕食を教室で作るだけではありません。
長時間保温しなければいけない米飴も作ります。
そして2日目の午前中はスイーツ教室も・・・・・
ハードスケジュールですが、もうめちゃくちゃ濃い内容です。
なので、前日から泊まって、鋭気を養わないといけませんね。
だって、慈慈の邸までタンボ・ロッジから車で7時間近くかかるんですから・・・・・(−−〆)

IMG_3827 コピー.JPG
朝早くにタンボ・ロッジを出発し、やっと到着した「慈慈の邸」・・・はあはあ・・・。
でもこの日は、有名な中島デコさんの料理が食べられるし、朝まではゆっくりと休めるし、もうめちゃくちゃ楽しみ♪♩ ♫♬〜♪〜♪♩ ♫♬〜♪〜。

IMG_3798 コピー.JPG
楽しみな夕食の時間です。ルンルン♪♩ ♫♬〜♪〜!!。
手書きのメニューが用意されていました。
これを見るだけでテンションあがります〜〜〜。

IMG_3801 コピー.JPG
デコさんの本拠地の「慈慈の邸」を含む、「ブラウンズフィールド」は、自給自足ができる環境です。
農園もあるし、もちろん米も作っているし。
そんな強みを生かしきった料理がこちらの料理です。
最初のものは、こちらの農園で取れた「「空豆」を使った「葛引き」。
農園直結で、とても新鮮でおいしいです。

IMG_3802 コピー.JPG
次も前菜です。
「蕗のピクルス(真ん中の器の陰になってしまっています)」、「自家製塩麹豆腐」、「自家製テンペ、甘酒もろみ漬け」、「玉葱切り昆布漬」、「おかひじきのアジアンスパイス和え」。
どれもおいしいですが、かなりのものが「自家製」です。
タンボ・ロッジもかなり自家製が多いけれど、畑はないからなぁ〜〜〜。
もちろんタンボ・ロッジという名前のくせに、「田んぼ」はありません(笑)。
だから、素材は自家製じゃないので、加工を頑張らなくっちゃいけませんね。
デコさんを見習わなくっちゃね。!!

IMG_3804 コピー.JPG
「飛龍頭薬味おろし、山ウド&大豆とトマトの天婦羅」
まだ山ウドあるのね、すご〜〜い!!。
そして濃厚でおいしいです。

IMG_3805 コピー.JPG
「玉葱のすり流し」。
玉葱の濃厚スープといった感じですよ。
玉葱のうまみが目いっぱい詰まっています。

IMG_3807 コピー.JPG
いよいよメインディッシュのプレートです。
「ズッキーニボード、もち粟入り酒粕クリーム」、「小夏とメロンの梅酒サラダ」、「ジャガイモの山椒ペースト」(メニューにはパクチーペーストと書いてあるけれど、間違えだそうです)、「棚さんの自然栽培人参グリル」、「大根パッションフルーツ漬け」、「とうもろこしご飯」です。
ここは千葉の南なので、とても温かい(暑い)ので、もうパッションフルーツがあるんですね。
そしてたくさんの種類が食べられて、とてもうれしいです。
さすがにマクロビオティックの大家のデコさんが作る料理なので、とてもバランスがとれていておいしいですよ。

IMG_3811 コピー.JPG
スイーツも2種類付いています。
「桑の葉入り小豆と米粉のケーキ」と「寺田本家の酒粕チーズケーキ」。
とてもバランスが良く、おいしい!!。
チーズケーキに酒粕使うのって、とても良いです、おいしいです。
これだけデコさんの料理をたくさん食べられて、うれしいです、そしてお腹いっぱい!!。

IMG_3815 コピー.JPG
ぐっすり眠った翌朝の朝食。
お粥と重ね煮野菜の味噌汁とおかず達。
さて、今日と明日は料理教室の日。
これだけ良い思いをした後は、がんばります。(笑)
posted by 料理長 at 10:31| Comment(2) | TrackBack(0) | タンボ・ロッジの日記帳

2015年06月25日

薪作り開始!!。

タンボ・ロッジの年間行事(?)の中でも、一番ハードで体力を使うことが始まりました。
それは・・・「薪作り」。
しかしこれをやらないと、暖かく幸せな冬を迎えられません。
だから、頑張ります!!。
と言いつつも、早くも筋肉痛です(笑)。(;一_一)

IMG_3794 コピー.JPG
posted by 料理長 at 20:10| Comment(2) | TrackBack(0) | タンボ・ロッジの日記帳

2015年06月24日

幻のディナー

昨日(6月23日)のお話です。
宇都宮にマクロビオティック料理がすごくおいしく作られる方がいます。
しかし、その方は残念ながらレストランをやっているわけではありません。
マクロビオティックの教室を中心に、多彩な活動をされている方なんですが、どうしてもその方のディナーを食べたい!!!、ということになり、ご無理を言ってお願いし、タンボ・ロッジと親しいマクロ関係のレストランの方たちと、その方のおうちへ押し掛けて(笑)、ディナーをお願いしちゃいました。
その方とは、「HAPPY TABLE」を主宰されている杉村さんです。
めったに食べられない、幻のディナー、しかも夏至の翌日に、いただくことができて、とてもHAPPY!!(●^o^●)
総勢7人で楽しんできました。
HAPPY TABLEの杉村さん、ご無理を承知してくださって、ありがとうございます。

IMG_3782.JPG
午後6時半過ぎに、三々五々、杉村さんのお家にメンバーが集まりました。
こんなメニュー書きまで用意していただいて、感激です。!!
いろいろと出てくるようで、とても楽しみ!!。♪♩ ♫♬〜♪〜

IMG_3781.JPG
御馳走を前に、まずは記念写真を撮りましょう。
私は撮る係りだから、私以外の全員と、杉村さんとで撮りました。
さあ、笑って笑って!!。
御馳走を前に、笑ってなんて言わなくても、皆にこやかですね(笑)。
今日の参加メンバーは、日光の野菜カフェ「廻(めぐり)」さん、那須(黒磯)の穀物菜食のレストラン「こと葉」さん、、今回韓国へ一緒に行った、玄米と野菜のお店「松おか」の松岡さん、そして時々松おかでスタッフをしている熊田さん、そしてタンボ・ロッジの私達2人です。

IMG_3783.JPG
まずは「オードブル」です。
内容はお品書きを見てくださいね。
とても美味しくいただきました。
器もめちゃくちゃ凝っていますね。
なんだか高級ホテルのディナーみたい!!。

IMG_3786.JPG
スープです。
ふたが付いていて、食べるときにその蓋をあけると、「わ〜〜〜、綺麗」!!と歓声が上がります。
そう、この演出はとても良いですね。
真似しなくっちゃ(●^o^●)!!。
だけど、中を綺麗に盛り付けないといけませんよね。
蓋を開けて、中が綺麗でなかったら、たぶん「歓声」は上がらないでしょうからねぇ!!。
タンボ・ロッジで真似できるかなぁ〜〜〜??(笑)。

IMG_3788.JPG
メインディッシュはガラスの器に盛られていました。
とても涼しげですね。
「インヤン玄米ロール」とありますが、要は「陰陽玄米ロール」。
見事に玄米の色つけで、東洋の陰陽の印が表現されていますね。
ご飯は酢飯ではなく、韓国の海苔巻「キムパッ」に近い味付けです。
そしてテンペも味がしっかりついて、とても美味しく頂きました。

IMG_3793.JPG
最後のデザートもとても豪華!!。
米粉の小さいマカロン、クッキーのような食感だけれど、なかなかおいしい!!。
他の2点もおいしいです。
3つもあるなんて、とても豪華!!。
すごい満足です!!。
杉村さん、レストランやれば良いのに〜〜〜!!。
これは本当に幻のディナーですね。

食後は今回の韓国の旅の失敗話で盛り上がりましたよ!!。
めちゃくちゃ大笑いしたなぁ〜〜。

今日はお忙しい中、皆で押し掛けてお騒がせいたしました。
ご無理を聞いてくださった杉村さん、本当にありがとうございます。
御馳走様でした。(●^o^●)
posted by 料理長 at 21:23| Comment(2) | TrackBack(0) | タンボ・ロッジの日記帳

2015年06月22日

日・水・土

6月11日(木)に韓国から戻ってきて、成田空港で支配人と合流した私。
合流の日は時間が遅くて、タンボ・ロッジへ帰ることができません。
そこで、成田のホテルに1泊し、支配人と久しぶりにゆっくりと話しこんでいましましたよ。
そしてその翌日、東京の銀座にある、ナチュラルハーモニーのレストラン「日・水・土」でランチを食べて、旅の疲れを落としてゆっくりとタンボ・ロッジへと帰ることにしました。

IMG_3763 コピー.JPG
いつもおいしい私の大好きなレストラン「日・水・土」。
前菜は、自然農法の野菜といつものマスタードソース。
やはり野菜に力がありますね。
なにしろ自然栽培(無農薬・無施肥)だから。

IMG_3766 コピー.JPG
支配人は、九州の実家では、お母さんの看病のために自炊している時間が少なく、外食が多くなって、魚をかなり食べたそうです。
だから、野菜だけのベジタリアンセットを頼みました。

IMG_3767 コピー.JPG
私のメインディッシュは、私は魚が付いたものを頼みました。
綺麗な盛り付けで、とても美味しい!!。
韓国でも、ほとんどベジで過ごしてきたから、ここの魚は安全だし、こういうときは食べたくなるものですからね。
あ〜〜、くつろげますね。

IMG_3768 コピー.JPG
おいしそうに食べる支配人。
お母さんの症状も一段落したし、安堵の表情が手に取るようにわかります。

IMG_3769 コピー.JPG
もちろんべジ・スイーツも!!。
これは豆腐のチーズケーキ風&穀物コーヒーのアイスクリーム。

IMG_3770 コピー.JPG
そしてこちらは柑橘のタルト&穀物コーヒーのアイスクリーム。
どちらも安心して食べられるこだわりの食材を使っていますからね。

IMG_3771 コピー.JPG
浅草駅に着きました。
帰りの特急電車の時間が結構あるので、スタバでお茶していきましょう。
楽しかったけれど、怒涛の里帰り&支配人抜きで行った韓国旅行、楽しかったし、色々なことがありましたからね。
でも、終わってみて、ほっと一息です。
さあ、これからは通常のタンボ・ロッジに戻りますよ。
そうだ、薪割りが待っているのだ!!。
頑張らなくっちゃ!!!。

帰国、そして再会

この記事は、私が6月1日から12日まで、韓国と九州に出かけた時のことを、後から書いたものです。

私と朝倉さんは5泊6日、そのほかのソウル合流組は3泊4日の短い韓国ベジ系食べ歩き旅行も終わる時がやって来ました。
今までかなりいろいろな韓国料理を堪能したものだと我ながら感心しきり!!(笑)。
食に的を絞った、徹底的な旅行でしたからね、教室も2つ受けたし。
韓国=焼き肉という日本人が何となく思っているイメージを覆す旅行だったと思います。
さて、6月11日(木)、この日の午後3時ころにソウルの仁川国際空港を出発する飛行機で、私達は成田へと向かいます。
でも、あと一つ、食べ物で心残りなものがありました。
それは・・・「マッククス」と言う韓国のお蕎麦を食べていないことです。
その本格的なお店が、ソウルの河南地区にあるということを調べていた私。
そこで、朝食を食べずに、少し遅めの朝食と早めの昼食を兼ねて、宿に荷物を預かってもらって、地下鉄で食べに出かけてみました。
最後まで食べまくりですねぇ(笑)。

IMG_3749 コピー.JPG
やってきました、マッククス(韓国蕎麦)の専門店。
事前の情報では、24時間営業の筈ですが・・・・・
お店が閉まっている!!。
まさか!!!
でも、そのまさかなんですよぉ〜〜!!。
え〜〜〜、余計腹減ったぁ〜〜。

IMG_3750 コピー.JPG
憮然とする朝倉さん(笑)。
余計腹減りますよね、こういう時って!!。
時間が午前9時5分前。
もしかしたら9時になったら開くかもしれないとかすかな期待!!。
しかし、地元の人が通りかかり、このお店は午後4時にならないと開かないと教えてくれました。
え〜〜〜、それじゃ本当にダメなのね、心残りの「マッククス」は食べられないのね、ダメなのね(しつこい私)。
空港へ行く時間があるので、あまり時間のロスは許されません。
そこですぐに諦めて、戻ることに・・・・・
その時、ハッとひらめきました。
地下鉄で通った「狎鴎亭(アックジョン)駅」のすぐ近くに、麦飯の専門店「サウォレポリパッ 狎鴎亭本店」があったのを思い出しました。
どうせ戻る途中だから、ちょいと寄ってみようかと、行ってみることにしました。

IMG_3752 コピー.JPG
ところが・・・・
人はいて、仕込んでいるのだけれど、聞いてみると11:00開店です・・・・・・だって。
いやぁ〜〜〜、ここもだめかぁ!!。
看板の写真に心惹かれる私ですが、何しろ飛行機の時間があるので、諦めるしかありませんね。
今まですごく順調に、食べたいお店に必ず行けて、しかも全ておいしかったですが、最後の最後でどんでん返しがありましたよ!!。
きっとさんざん食べたのだから、帰る日くらいは節制しなさいという、神のお告げに他ならない!!。と真剣に思った私です(笑)。

IMG_3753 コピー.JPG
もう他のお店で食べている時間がありません。
ホテルに預けてある荷物を取りに行き、空港鉄道に乗って仁川国際空港へ向かいました。
空港鉄道を降りて、空港へ向かう私達。
心なしか無言!!!。あんなにいっぱい笑ったのにね(笑)。

IMG_3754 コピー.JPG
航空会社のカウンターでは、チェックインが始まっていました。
まずはチェックインして、預ける荷物を預けて、出国手続きをして、空港内のフードコートでランチをいただくことにしました。
空港でも韓国料理をいただく私。
「ビビンネンミョン」(まぜ冷麺/비빔냉면)をいただきました。
コチュジャンと後ろに入ったお皿のスープをかけていただきます。
私はあまり食べたくない薄い牛肉が付いてきてしまいました。
でも、自分のために出されたもの、残してしまうと捨てられてしまいますね。
だから、牛さんに感謝しながらいただきました。
お腹すいているから、それなりにおいしかったけれど、食べ歩きの後だから、何だか物足りない味でしたが・・・・

IMG_3755 コピー.JPG
出発まで少し時間がありました。
私以外のメンバーは、最後まで空港でお買い物!!(笑)
私は時間を持て余して、空港内をうろついていたときに、「ピンス」の看板が目につきました。
「ピンス」とは、韓国の「かき氷」。
そういえば今回は暑かったにもかかわらず、食べていなかったなぁ〜〜〜。
ということで、ついつい手を出すわたくし。(●^o^●)
しかし・・・・とてつもない大盛り!!!!。
お姉さん、そっ、そんなに大盛りにしないでぇ〜〜〜!!と叫んだときにはもう既にてんこ盛りになっていました(涙)。
これ、一人で食べなくちゃいけないんですよね!!。
小豆の部分がめちゃくちゃ甘い!!。
鼻血出そうですよ、わたくし(笑)。

さて、飛行機は時間より少し早く出発しました。
一路成田空港へ。

IMG_3758 コピー.JPG
成田に着きました。
入国審査と税関を通り、出口にやってくると、タンボ・ロッジに支配人が待っていました。
実は支配人、旅行前日に実家のお母さんが転んで骨折してしまい、入院して手術する羽目になったので、今回の旅行は一人キャンセルせざるをえなかったんですね。
しかし、九州から帰る飛行機が、ちょうど私達が付く時間の10分前に成田に着く飛行機を予約できたんです。
お母さんの具合もだいぶ良くなって、病院から外出もできるようになったことで、戻ってこれるようになったんです。
ここで全員がそろいました。
福岡から一緒に行くはずだった朝倉さんとハグする支配人。
本当は一緒に行けたら、私も倍楽しかったんだけどなぁ〜〜。
でも、今回は高齢の母親と向き合う時間をもらえたことに、支配人は感謝していました。えらい!!!!
そして、偶然にも、兄が大阪から一時的に帰省する日とダブったおかげで、親子兄弟水入らずで、ゆっくりと話したりすることができて、本当に貴重な時間だったようです。
神様は無駄なことは与えないんですね。
事故の当日は、頭真っ白でくらくらした私ですが、朝倉さんや合流組の皆さんと過ごすうちに、楽しさがよみがえった旅行でしたからね。

IMG_3759 コピー.JPG
写真を撮っている私を除く、全員集合です。
こうしてアクシデントに見舞われながらも、楽しい韓国旅行が終わりました。
posted by 料理長 at 20:16| Comment(2) | TrackBack(0) | 韓国

精進料理のレストラン「高尚(コサン / 고상)」

この記事は、私が6月1日から12日まで、韓国と九州に出かけた時のことを、後から書いたものです。

6月10日(水)、わずか3泊4日のソウル滞在でしたが、今回は内容が濃い、「食」に特化した旅行になりました。
その最終日の夕食は、特に豪華な精進料理のお店、「高尚」を当てようと、秘かに私は日本から予約をしておきました。
このお店はかなり豪華な精進料理で有名です。
韓国情報サイト、「コネスト」の記述を見れば明らかですね。
以下に引用しておきました。
ーーーーーーーーーー
「仏教文化が華やかだった高麗時代の精進料理」
朝鮮時代の素朴な精進料理を出す店が多い中、「高尚(コサン)」は仏教文化が最も華やかだったとされる高麗時代の思想や風格をモチーフにした精進料理専門店。高麗時代の仏教僧は貴族出身者が多く、菜食でありながら宮廷で食べられるような華麗な食生活を送っていました。接待や集まりにも使われる落ち着いた店、「高尚」では精進料理のイメージを覆す目でも楽しめる優雅なコース料理が味わえます。健康に気を使う人、少しずつおいしいものを食べたい人にぴったりのお店です。

IMG_3713 コピー.JPG
お腹もすいたし(食べてばかりの記事だけど、歩きまわっていますからね)(^O^)/
夕方、予約しておいた時間の通りに目的のお店、「高尚」に到着!!。
さて、どんな料理か、私達のソウル最後の楽しみです。♪♩ ♫♬〜♪〜

IMG_3716 コピー.JPG
今回は、数あるコース料理の中から、「進上(ジンサン/진상」というコースを頼みました。(49900ウォン)
そのコースの最初に出てきたものは、「前菜盛り合わせ」。
ナツメと胡麻のスナックです。

IMG_3719 コピー.JPG
次は、お粥と梅のキムチ。

IMG_3720 コピー.JPG
そしてサラダ。
例によって、リンゴソースの甘辛ドレッシングです。

IMG_3721 コピー.JPG
おかず2種。
精進キムチと白蒟蒻のチャプチェ。
キムチはたくさん食べてきたけれど、精進料理のものもおいしい!!。
白蒟蒻のチャプチェは初めて食べる味です。
海苔がトッピングでこれも美味!!。

IMG_3722 コピー.JPG
今日はこの旅行の最後の晩餐だから、やはりマッコリですよね、もちろん。

IMG_3723 コピー.JPG
楽しかった韓国食べ歩きに、乾杯!!。

IMG_3724 コピー.JPG
私も乾杯に混ざりましょう。
今回は私と朝倉さんだけは、2拍多いし、釜山と江陵にも行ったから、なんだか時間がかなり長く感じてしまいましたよ。
でもこれで終わりかと思うと、ちょっと寂しいです(涙)。

IMG_3725 コピー.JPG
うわ〜〜〜、おいしそうなものが出てきましたよ。
これは、生春巻きの皮を油で揚げて器にした、シイタケの揚げもの。
甘辛い味が付いていて、とても美味しいの。
まるで「タコ」がなにかの食感ですよ。
私はこれが大好きです!!。

IMG_3727 コピー.JPG
そして「韓国の伝統的な鍋料理」です。
実はこれ、具があまり入っていないけれど、運んできたお店のスタッフが、写真を撮る間もなく、皆の個別の器に取り分けてしまったからなんですよ。
これは取り分けられた後の鍋!!。(笑)。

IMG_3728 コピー.JPG
個別の器には、こんなに具だくさんでおいしそうな鍋料理が・・・・・

IMG_3730 コピー.JPG
じゃ〜〜〜ん!!、これなあに??。
これは「蓮の葉」。
大きいですねぇ〜〜。
何が入っているんだろうか・・。

IMG_3732 コピー.JPG
中身は、蒸しはるさめ、つまり韓国伝統料理の「チャプチェ」ですが、炒めてあるのではなく、蓮の葉に包んで蒸してあるんです。
細切りの牛蒡も入っていて、とても美味しい!!。

IMG_3734 コピー.JPG
牛蒡と春雨が一体化していますね。
こんなに細くごぼうを切るなんて、すごい手間ですよ!!。
とても美味しい!!。
何とも言えない柔らかい味です。

IMG_3735 コピー.JPG
これはとても不思議な料理です。
豆腐の味噌漬けと黒いゴマ風味のソース、そしてパン粉の塊のような物のうえに、高麗人参のスライスが飾られています。
このパン粉の塊は何でしょうか?。
たぶんパン粉に見えるのは「おから」。
そして中身は・・・何で作られているかわからないけれど、たぶん豆腐ベースの、「魚」を思わせる雰囲気のものが隠されています。
そしてとても美味しい!!。
もう一度よく噛みしめて食べたい逸品でした。

IMG_3738 コピー.JPG
コース最後を飾るのは、蓮の葉でつつんだ蒸しご飯と、スープとおかず6種類です。

IMG_3740 コピー.JPG
蓮の葉ご飯は、蓮根とヒマワリの種、銀杏にカボチャの種、ナツメと黒米が入り、さながら「栄養ご飯」!!。
とってもおいしいです。

IMG_3741 コピー.JPG
デザートです。
韓国の伝統菓子の「ヨッカンジョン」と伝統茶の「五味子茶」。
四日んジョンは、日本の雷おこしのような感じだけれど、ここのはナッツ系がたくさん入っています。
まるで「グラノーラ」を固めたみたいでおいしかったですよ。
伝統茶の「五味子(オミジャ)茶」は、甘酸っぱくて、私は大好きです。

あ〜〜〜、お腹いっぱいです。
満足満足!!。
これで私達の韓国食べ歩き旅行はほとんどが終了です。
翌日は帰国します。

IMG_3742 コピー.JPG
高級精進料理のお店「高尚」は、個室席がほとんど!!。
とても落ち着いた雰囲気で、ゆったりと食事ができるのがうれしいです。
満足げに歩く熊田さん(笑)。

IMG_3747 コピー.JPG
明日(6月11日)は帰国します。
お腹一杯で、地下鉄の駅まで、暖かい夜風に吹かれながら、夜のソウルの街をそぞろ歩きしましょうね。
楽しい5日間だったなぁ〜〜。♪♩ ♫♬〜♪〜
posted by 料理長 at 18:19| Comment(2) | TrackBack(0) | 韓国

京福宮(キョンボックン)

この記事は、私が6月1日から12日まで、韓国と九州に出かけた時のことを、後から書いたものです。

6月10日(水)、別行動でランチを食べた私達は、その後合流しました。
折角「京福宮(キョンボックン)」の近くまで来たのだから、韓流ドラマでおなじみの「王宮」を見に行きましょうね。
おのぼりさんさんになってしまった私達(笑)。

IMG_3704 コピー.JPG
きれいに晴れ渡る青空と、壮大な「光化門(クァンファムン)」と王宮を守る、韓国版狛犬の「神獣ヘチ」。
綺麗だなぁ〜〜。

IMG_3705 コピー.JPG
美しい「ヘチ」。

IMG_3709 コピー.JPG
ソウルを見降ろす北岳山と王宮。
実にきれいな景色です。

IMG_3707 コピー.JPG
早速おのぼりさんなる林さんと朝倉さん。
この「光化門(クァンファムン)」前には、王朝時代のスタイルをした「門兵」が昔の感じそのままに立っています。
昼は1時間に1回、この「門兵」の交代の儀式が行われ、観光スポットになっているんですね。

IMG_3711 コピー.JPG
駅までの帰り道、何やら新しい銅像が・・・・
何ニヤニヤしているの、朝倉さんってば!!(笑)
posted by 料理長 at 10:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 韓国

エコパッサン / 에코밥상

この記事は、私が6月1日から12日まで、韓国と九州に出かけた時のことを、後から書いたものです。

6月10日(水)、コチュジャン作りを終えた私達は、お腹もすいたことだし、ランチを食べに行きました。
ここで5人が2手に分かれて別のお店に食べに行くことに・・・・
朝倉さんと林さんは、せっかく韓国に来たからには、名物の「参鶏湯(サムゲタン)」を食べたいと、韓国へ行く前から言っていましたからね。
しかし私はやはりベジ系の料理を食べたい!!。
「京福宮(キョンボックン)」の近くに、私の行きたい国産オーガニック食材を使った自然食のレストランがありますが、その近くにも、「参鶏湯(サムゲタン)」の有名店がある!!。
ということで、別行動です。

IMG_3694 コピー.JPG
お店は、地下鉄3号線の京福宮駅のすぐ近くにある、「エコパッサン / 에코밥상」というお店です。
このお店は、人にも環境にも優しいオーガニックレストランで、韓国でも注目され始めている、食の安全や環境への優しさを、国産オーガニック食材を使ったオリジナルメニューを通して、実践しています。
メニューだけではなく、食器、キッチン道具、洗剤、壁のペイント…どれも環境ホルモンの出るものは、なるべく使わないようにしているそうですからね。素晴らしい!!。

IMG_3696 コピー.JPG
メニューは、日本語のものもありましたよ、ヤッホー!!。
これならよくわかるもんね。!!(^O^)/

IMG_3697 コピー.JPG
このお店は3人で行きました。
これは3人分ののおかずです。

IMG_3698 コピー.JPG
これは「国産ナムルビビンバ」。
ワカメのスープとコチュジャンとご飯が付いています。
コチュジャン、教室で習ったばかりだからね、味を良〜〜くみなくっちゃ(笑)。
ご飯は左後ろのステンレスの入れ物に入っていますよ。

IMG_3700 コピー.JPG
こちらは「野菜ビビンバ、韓国味噌ソース添え」。

IMG_3701 コピー.JPG
野菜ビビンバには、韓国味噌ソースとワカメスープ、そしてもちろんご飯が付いています。
この「韓国味噌ソース」は、前日の夕食に食べた、「カンテンジャン」と同じソースです。
韓国味噌に野菜と豆腐を入れて、煮詰めた、まるでチーズのような味のソース。
これを野菜とご飯を混ぜた中に入れて、一緒によく混ぜるととても美味しい!!。

IMG_3703 コピー.JPG
では、いただきま〜〜〜す!!(^O^)/
コチュジャンを手に持って、うれしそうな松岡さん、
ビビンバを手に持って、早く食べたい熊田さん(笑)。
おいしかったですね!!。
そうそう、写真に写すのを忘れたけれど、最後にデザートとして、甘酒のような「発酵米ジュース」ノ「シッケ」が出てきました。
それもおいしかったです!!。

あとで朝倉さんと林さんに「参鶏湯(サムゲタン)」の感想を聞いたら、
鶏臭かったぁ〜〜!!(当たり前じゃん!!)
そして、もうこれで十分…だって。
私達、「エコ組」は、こちらで本当に良かったです(笑)。
posted by 料理長 at 09:24| Comment(3) | TrackBack(0) | 韓国