2015年06月17日

弘大入口近くのレストラン

6月8日(月)、お昼近くの時間にソウルに到着した朝倉さんと私は、後から合流する3人を迎えに、仁川国際空港へと向かいました。
お腹も減ったし、空港までの途中でどこか食べられるレストランはないか?と考えたときに、去年の11月にソウルで、スペイン巡礼の時に合った韓国人の友人「Jongwoo Kim」さんに連れて行ってもらった、ベジ対応があるレストランが空港への地下鉄を乗り換える駅にあったのを思い出しました。
しかし、人に連れて行ってもらった場所って、本当にあまり覚えていないものですね。
おぼろげな記憶をたどりながら、目星を付けたあたりをうろうろする私達。
「おかしいなぁ〜〜、この辺のような気がするけど・・・」

IMG_3502 コピー.JPG
「もう時間がないからこのお店にしましょう。」と朝倉さん。
しかし、このお店が実は探していたお店!!。
朝倉さんえらい!!。
さすが食い意地が張っているだけあって、嗅覚は抜群ですね(笑)
お店の名前は「Cafe Slobbie」。
地下鉄2号線と空港鉄道の乗り換え駅「弘大入口駅」の9番出口を出て少し歩いたところにあります。

IMG_3491 コピー.JPG
こちらがメニューの一部。
このお店はオーガニック食材を使っているお店で、ベジタリアンメニューや、仏教徒のためのベジタリアンメニューもあるんですよ。
赤い字で書いてある、「Vegan」や「Buddhist Vegetarian」がそれに対応したという印です。

IMG_3492 コピー.JPG
さて、その中から、豆乳の冷麺「コンククス」を頼みました。
この日は外の気温は汗ばむくらいの暑さですから、こんな涼しげな冷麺はとても美味しそう!!。
豆乳だけではなく、おからも入っています。
少しザラッとした食感がスープにありますが、それがまたあっさりしすぎずに、おいしさをアップさせていますよ。

IMG_3493 コピー.JPG
そして、今日から3人合流するので、それをお祝いして、朝倉さんがかねてから「飲みてー呑みてー」と叫んでいた、「オーガニック・マッコリ」も、真昼間ですが、頼んじゃいました。
おかげでお酒に弱い私は、昼間っから真っ赤な顔になってしまって・・・朝倉さんに「オヤジ〜〜」と言われる始末!!((+_+))
でもね、誰が頼もうと言ったのよぉ〜〜(笑)

IMG_3495 コピー.JPG
まずは今回の初マッコリで乾杯!!。
うめぇ〜〜〜、おいしい!!。(^O^)/

IMG_3497 コピー.JPG
おいしい冷麺の「コンククス」。

IMG_3499 コピー.JPG
おいしそうな朝倉さん。
これから後3日間、ソウル食べ歩きが待っていますよぉ〜〜!!。(笑)
楽しみにしていてくださいね。♪♩ ♫♬〜♪〜

IMG_3500 コピー.JPG
まだ少しお昼には早い時間だったけれど、お店には三々五々お客さんが入ってきました。
韓国でも自然食が注目を集めていると感じるランチでしたよ。
あ〜〜、おいしかったなぁ〜〜。
posted by 料理長 at 11:36| Comment(4) | TrackBack(0) | 韓国食べ歩き

江陵からソウルへ

この記事は、私が6月1日から12日まで、韓国と九州に出かけた時のことを、後から書いたものです。

6月7日(日)に江陵で名物の「スンドゥブ」を食べた私たちは、翌日の6月8日(月)の朝早くに江陵のバスターミナルからソウルへと向かいました。
ソウルで後発組の3人と合流するためです。

IMG_3480 コピー.JPG
またまたよくわからない、ハングル文字だらけのバスのチケット!!。
カンヌンからソウルへ向かうバスのチケットだと思われます(笑)
でも今回は、出発日と発車時刻と座席番号は良くわかります。
あとはバス会社さえ間違わなければOKですね・・笑

IMG_3482 コピー.JPG
またまた朝食用に、バスの中で食べるために韓国の海苔巻「キムパッ」を買い込み、乗車しました。
おいしかったなぁ〜〜〜!!。(^O^)/

IMG_3485 コピー.JPG
高速バスなので、途中サービスエリアで休憩があります。
そのサービスエリアの売店で、こんなものを発見!!。
「餅粉入りセサミパン」・・・ちゃんと日本語で書いてある!!。

IMG_3486 コピー.JPG
売っている「餅粉入りセサミパン」。
おいしそうだし、朝食が海苔巻一人1本だけだったので、さっそく買っちゃったもんね。
どんな味なんだろう!!、楽しみです。♪♩ ♫♬〜♪〜

IMG_3487 コピー.JPG
外側がカリッとしていて、中身はもっちり!!!。
まるでしばらく前に日本で流行ったブラジルのチーズパン「ポン・デ・ケージョ」にそっくりな食感です。
しかし、「セサミパン」と言う割には、セサミが少ないなぁ〜〜(笑)
でもこれ、レシピが知りたい!!。

IMG_3488 コピー.JPG
バスに乗ること2時間40分、無事ソウルのバスターミナルに到着しました。
地下鉄に乗って、予約してある皆で泊まるホテルに荷物を預け、後発組を「仁川国際空港」まで迎えに行きました。
でも、その途中にお腹すいたし、ちょうどお昼の時間なので、昨年食べに行った「べジメニュー」があるレストランへGO〜〜〜!!
そのレストランへ行く道すがら、こんなパブを発見!!。
「OHYA OHYA pab」だって。
私の名前は「大屋(おおや)」ですから、このお店、いつか行かなくっちゃ!!(笑)。
posted by 料理長 at 09:43| Comment(2) | TrackBack(0) | 韓国食べ歩き

2015年06月16日

江陵(강릉)名物「スンドゥブ(순두부)」

この記事は、私が6月1日から12日まで、韓国と九州に出かけた時のことを、後から書いたものです。

6月7日(日)、はるばる釜山から長距離バスに5時間乗って江陵(カンヌン)へやってきた私達。
この長距離移動の最大の目的(その目的しかないけれど)は、此処の街の名物料理の「スンドゥブ」を食べること。
なにしろ豆乳を日本海のきれいな海水で固めた、とてもふんわりした「おぼろ豆腐」ということで、期待が高まります。

IMG_3473 コピー.JPG
朝倉さんとバスターミナルから歩いて今日泊まるホテルを決めた後、タクシーで海岸近くの「草堂スンドゥブ・マウル」へと向かいます。
韓国は、1軒お店が出来て、その店が繁盛すると、次々に同じ業種の店が集まってくるという特徴があります。
ここもそれと同じで、名物のスンドゥブを出す店が集まり、「マウル」(村という意味)となっています。
さて、お店を選んで入ることにしましょう。
今回行ったお店は、「ウォンジョチョダンスンドゥブ(원조 초당 순두부)」です。
海岸が近いので、赤松林の中にお店はありました。

IMG_3467 コピー.JPG
「あーー、腹減った!!、いただきま〜〜す。」と朝倉さん。
おいしそうなご飯とおかずがずらりと並びます。

IMG_3468 コピー.JPG
おぼろ豆腐とご飯以外のおかずは2人分です。
豪華に見えるなぁ〜〜。

IMG_3464 コピー.JPG
これがその「スンドゥブ」。
おぼろ豆腐だけれど、本当にふわっとしているぅ〜〜。
昨年ソウルで食べた物とは、やはりモノが違います。
これが食べたくて、はるばる釜山からバスに乗ってきたんだもんね。
心行くまで味わって食べましょう、ね、朝倉さん。

IMG_3466 コピー.JPG
これはおぼろ豆腐を作る時に出る「おから」を使った「コンビジチゲ(おから鍋)」
これが侮れないおいしさにびっくり!!。
スンドゥブととてもよく合いますよ。

IMG_3469 コピー.JPG
韓国版「さつま揚げ」も付いています。
釜山では、もっぱら「おでん」に使っていましたけれど。

IMG_3470 コピー.JPG
窓の上には写真付きで、スンドゥブが出来るまでの様子を説明してありました・・・が、ハングルなので全然読めません($・・)/~~~。

IMG_3472 コピー.JPG
あ〜〜腹いっぱい!!。
余は満足じゃ・・と朝倉さんは申しております。(笑)

IMG_3474 コピー.JPG
腹ごなしにすぐ近くの海(日本海)を見に行ってみました。
畑ではジャガイモの花が咲き、韓国料理になくてはならない唐辛子も植えられています。

IMG_3478 コピー.JPG
わ〜〜い(^O^)/日本海だぞ!!。
posted by 料理長 at 10:27| Comment(2) | TrackBack(0) | 韓国食べ歩き

2015年06月15日

釜山から江陵(カンヌン、강릉)へバスの旅

この記事は、私が6月1日から12日まで、韓国と九州に出かけた時のことを、後から書いたものです。

6月7日(日)、下関から釜山まで、フェリーでやってきた私達。
海女食堂でおいしいウニのスープを朝食に食べて、地下鉄に乗って郊外にある釜山総合バスターミナルへ向かいます。
今回は釜山は朝食を食べただけで素通りし、358km北部の日本海側にある町、江原道(カンウォンドウ)の街、「江陵(カンヌン、강릉)」を目指します。
なんでいきなり田舎に行くかというと、実はここの名物の「スンドゥブ」と言うおぼろ豆腐を食べに行くためです。
ここのおぼろ豆腐、普通の「にがり」を使って固める豆腐と違います。
なんと!!、日本海のきれいな海水を使って豆乳を固めるというのです。
そのふわふわした味は、ここでしか食べられないそうですよ。
だからね、長距離バスに乗って、これだけのために旅をしました。
こんな旅がまた面白いのです。

IMG_3442 コピー.JPG
バスターミナルでチケットをGET!!
ほとんどハングル文字で、なんだかよくわからないけれど、「江陵」行きのチケットらしいです。
なにしろ5時間もバスに乗るので、お腹すくから、発車時間までに、まずは食糧を確保しなくっちゃね、朝倉さん。(笑)

IMG_3443 コピー.JPG
釜山名物のおでんの屋台!!。
でも、汁気が多いとバスの中で食べにくいので、やめておきました。

IMG_3445 コピー.JPG
パン屋さん発見!!。
あんパンらしい??(笑)
ためしに一つ買いましたよ。!!
でもバスの中で食べたら、かなり甘かった!!(−−〆)

IMG_3448 コピー.JPG
やはりこれこれ、韓国版海苔巻きの「キムパッ」。
注文してから巻いてくれます。
これはおいしそう!!。楽しみだなぁ〜〜。

IMG_3453 コピー.JPG
さて、バスは定刻に発車しました。
しばらくは高速道路を通りますが、途中からは一般道路を走ります。
お腹すいたから、さっきのおいしそうな「キムパッ」を食べましょうね、朝倉さん。
うれしそうな顔していますよ。
これはとても美味しかったです。!!

IMG_3458 コピー.JPG
途中2時間半走ったところで、トイレ休憩と軽食を食べるために、海辺のドライブインで休憩が入りました。
同じようなバスが並んでいるから、帰ってきたときに他のバスに乗らないように気おつけなくっちゃね。

IMG_3456 コピー.JPG
さすがに海辺の町だけあって、昆布やワカメや干し鱈などが並びます。
ここの昆布って、どんな味がするんだろうか?。
思わず買いたくなるけれど、ソウルに着くまで荷物を増やしたくないのであきらめました。

IMG_3459 コピー.JPG
粉の行き先表示だから、私には読めません。
だけど、目的地の江陵は「강릉」と書くのは覚えましたよ。
一番右の表示がそうなので、安心です。

IMG_3461 コピー.JPG
田園風景や、田植えしたばかりの田んぼ、そして美しい日本海の景色を眺めながらのバスの旅は本当に楽しかったです。
そしてバスに乗ることおよそ5時間、江陵のバスターミナルに着きました。
この日泊まるホテルを決めて、さっそく江陵名物のおぼろ豆腐「スンドゥブ」を食べに行きましょう。
6月で日が長いため、まだ明るいけれど、時間はもう午後4時半ですからね。
posted by 料理長 at 22:02| Comment(2) | TrackBack(0) | 韓国食べ歩き

2015年06月14日

釜山の海女食堂でウニのスープを

この記事は、私が6月1日から12日まで、韓国と九州に出かけた時のことを、後から書いたものです。

6月7日(日)、遥々山口県の下関から夜行フェリーでやってきた韓国の釜山。
入国審査も終わり、下船したのが8時15分頃。
なんだかおなかすいたし、まずは両替してから朝粥を食べに歩いて行きました。
目指すは海鮮粥がおいしいと評判の「済州家」(チェジュガ)。
済州島から新鮮な海産物を取り寄せているそうですよ。

IMG_3441 コピー.JPG
メニューはのれんに書いてありました。
日本語も書いてあって助かるなぁ〜〜。
とても「ウニのスープ」が気になり、注文してみました。

IMG_3435 コピー.JPG
まずは「水キムチ」。

IMG_3436 コピー.JPG
そしておかずのキムチ達。

IMG_3438 コピー.JPG
これがウニのスープ。
白ご飯と韓国海苔も付いています。
こんなにウニがいっぱい入って、8000ウォンって、安いなぁ〜〜。
そして美味しいです。

IMG_3439 コピー.JPG
朝倉さん、幸せそうな顔してますね。
私も幸せです(笑)
うま〜〜〜!!
posted by 料理長 at 23:10| Comment(2) | TrackBack(0) | 韓国食べ歩き

下関から釜山へ

この記事は、私が6月1日から12日まで、韓国と九州に出かけた時のことを、後から書いたものです。

福岡で朝倉さんと合流し、これから韓国へと向かいます。
まずは下関に向かい、そこから韓国の釜山(プサン)まで、夜行のフェリーに乗船です。
陸路で日本から外国へ向かうのは、私は初めて!!。
あっ、陸路じゃないや、海を渡るのだからね(笑)。
飛行機以外で外国へ行くのは初めてです・・・と言い換えなきゃ!!モバQ
今回乗る船は、韓国籍の船なので、乗った途端にもう外国!!。
韓国語が飛び交う世界でした。

IMG_3417 コピー.JPG
ここは何処?・・・異国情緒漂う下関の駅前です。
駅から歩いて5分くらいのところに、国際フェリーターミナルがあります。

IMG_3419 コピー.JPG
乗る前には「免税店」もありましたよ。

IMG_3420 コピー.JPG
さて、午後7時半を過ぎたころ、出港です。
6月なので、まだ明るい!!。

IMG_3421 コピー.JPG
船内にも免税店が・・・
すぐに写真に写ろうとする朝倉さん!!。こらぁ〜〜(笑)。

IMG_3422 コピー.JPG
お腹もすいたし、もう8時を過ぎちゃったので、船の食堂で夕食を食べましょうね。
韓国の船だから、日本食よりも韓国料理を・・・ということで、二人とも「キムチチゲセット」を注文しました。
おいしそうだなぁ〜〜、でも辛そう!!どんっ(衝撃)

IMG_3423 コピー.JPG
では、いただきま〜〜〜す。
うれしそうな朝倉さん揺れるハート

IMG_3424 コピー.JPG
うわ〜〜〜、辛〜〜〜〜!!!!どんっ(衝撃)どんっ(衝撃)(笑)
本当に辛そうな顔していますよ!!。

IMG_3426 コピー.JPG
日もとっぷりと暮れた船のデッキからは、まだ日本の九州の明かりが見えていました。

IMG_3430 コピー.JPG
夏至に近い6月の朝は早い!!。
午前5時にはもう日の出です。

IMG_3431 コピー.JPG
眠そうな朝倉さん。どうも眠りが浅かったようで((+_+))

IMG_3433 コピー.JPG
釜山の町並みが見えてきました。
もうすぐ到着です!!。

IMG_3434 コピー.JPG
釜山到着!!。
さて、下船しましょう。
初めての飛行機を使わない外国に到着だいっ!!!。(^O^)/
posted by 料理長 at 12:54| Comment(2) | TrackBack(0) | 韓国食べ歩き

福岡で合流し、花ふさへ

6月6日(土)、昨日の怒涛のような出来事から一夜明け、私は一人で高速バスに乗って、宮崎県日向市から福岡へやってきました。
いつも支配人の実家への旅行は2人で行っていたから、なんだかちょっと拍子抜けで、ぼ〜〜としていましたよ。
でも、福岡へ寄る時にいつもお邪魔するおいしい精進料理のお店、「花ふさ」さんへ着いて、ほっと一息。
ソウルで3人合流するまでの旅のお供の朝倉さんとここで合流しました。
そのほかに、福岡からからタンボ・ロッジに時々泊まりにきてくださるお客様のAさん母娘も来てくださり、賑やかな食事になりました。
私にとって、励まされているようで、とてもうれしかったです。

IMG_3402 コピー.JPG
こちらの花ふささんの料理、私は大好きです。
もう何回も食べに来ていますが、まずは前菜のプレートです。
季節ごとに少しずつ変わりますが、定番のプレート、心行くまで味わっていただきました。
ほっとするなぁ〜〜。

IMG_3403 コピー.JPG
こちらが絶品のお吸い物。
昆布を土鍋で65℃を保って一晩出汁を取るという、超こだわりのおいしいおいしいお吸い物です。

IMG_3404 コピー.JPG
そして、そのこだわりの昆布だしをふんだんに使った胡麻豆腐。!!

IMG_3405 コピー.JPG
きのこと大豆たんぱくのハンバーグ、重ね煮の野菜が添えられています。

IMG_3406 コピー.JPG
おひたし。

IMG_3408 コピー.JPG
ご飯と漬物と、重ねに野菜の豆乳ポタージュ。
とても美味しいし、ほっとする味!!。

IMG_3410 コピー.JPG
デザートは、「白花豆と生姜の寒天」、はちみつが少しだけ使われていて、とても優しい味でした。

IMG_3411 コピー.JPG
そのあとは、花房さんも交えていろいろと楽しいお話が盛り上がりました。
その時に出していただいた、バナナパウンドケーキです。

IMG_3415 コピー.JPG
さあ、みんなで記念写真ですよ!!。
そして私と朝倉さんは、釜山行きのフェリーに乗るために、下関へと向かいます。

支配人のお母さんの手術はとても簡単に終わったそうです。
そして翌日には痛みも引き、歩くリハビリを始めたということですよ。

アクシデント!!

この記事は、私が6月1日から12日まで、韓国と九州に出かけた時のことを、後から書いたものです。

6月5日(金)、実家滞在もこの日までです。
明日は早朝の高速バスで、福岡へ向かい、今回の韓国旅行のため、オリーブオイルの朝倉さんと合流する日です。
楽しみだなぁ〜〜〜〜るんるんるんるん♪♩ ♫♬〜♪〜
という矢先、時間は夕方の4時を回ったころ、支配人のお母さんがかかってきた電話を取ろうとして転びました。!!!!!!!どんっ(衝撃)どんっ(衝撃)たらーっ(汗)たらーっ(汗)
腰を打ってめちゃくちゃ痛そう!!。
立ち上がることができません。
何せ85歳の高齢なので、もしや「骨折」!!!と心配になって、すぐ近くの整形外科の病院に連れて行きました。
すると、見事に股関節の骨がすっぱっと骨折しているではありませんか!!。
明日からの旅行を考えると、私は頭くらくら!!、呆然自失状態です。exclamation×2exclamation×2
診てもらった整形外科の先生は、「手術しなければいけませんね。大きい病院を紹介しましょう。」だって!!。

大きい病院に着いて、すぐに検査。そして手術が決まりました。
しかも手術は翌日の6日の土曜日です。
福岡へ向かいたいけれど、お母さんは心細くてパニックのような状態です。
どうしましょう、明日からの旅行は・・・
今回は6月6日の土曜日に福岡でオリーブオイルの朝倉さんと待ち合わせして、フェリーで韓国の釜山へ渡り、江原道(韓国北部の日本海側)へローカルバスで旅をして。ソウルであとからやってくる3人と合流する予定です。
今回の旅行は私が案内役のようなものなので、私がキャンセルしてしまうと、他の人たちが困ってしまいますからねぇ。
・・・・・・・・
ついに支配人が宣言しました。
「私は残ってお母さんの面倒をみるから料理長は行ってらっしゃい。」・・・・・
・・・そうするのが一番現実的ですね。支配人、えらい!!!
それから色々とすったもんだして、旅行の一人分のキャンセルとか、支配人の帰りの飛行機の予約だとか、怒涛のようにやらなければいけないことが一気に押し寄せてきました。
最近はとても便利で、私達が里帰りするときによく使っているLCCのジェットスターのチケットが、なんとコンビニで買えるんですよ。
パソコンがない実家だし、携帯を持っていない私達にとっては、救いの神のようでした。
すべての手配を終え、時間をみるともう夜の11時を過ぎています。
どっと疲れて、その日は深い眠りとなりました眠い(睡眠)
posted by 料理長 at 11:37| Comment(2) | TrackBack(0) | タンボ・ロッジの日記帳

2015年06月13日

精進料理の「星月庵」

大分県の臼杵市は、城下町の旧市街が残る美しいところです。ぴかぴか(新しい)
その美しい旧市街の石畳の小道が入り組んだ一角に、お寺の和尚さんが始めた創作精進料理のお店があります。
その情報を知って以来、是非食べに行きたいと思っていましたが、その願いがかないました。
実は支配人の実家の宮崎県日向市から、今年の4月に大分まで高速道路が開通し、東九州自動う車道が全通したので、とても行きやすくなりました。
そこで、今回の里帰りに、予約して行くことが出来て、ラッキー〜〜〜!!(^O^)/
初めて食べる、和尚さんの工夫を凝らした精進料理の数々!!。
とても感動しましたよ。
お店の名前は「星月庵」。
今回食べた料理は「星月膳」です。
支配人と私と、支配人のお母さんと3人で食べに行きました。

IMG_3375 コピー.JPG
少し早目に到着した私達。
料理が出てくるのを待つ間、手作りの「カボスのマーマレード」とお茶が出されました。
手作りはおいしいですねぇ!!。

IMG_3378 コピー.JPG
最初に出てきたのが、「胡麻豆腐」と、「冷たいお吸い物」です。
この胡麻豆腐、1時間もかけて、すり鉢でゴマを滑らかに潰しているとか・・・
さすがに滑らかでおいしいです。
そしてお吸い物、美しく飾られていますね。
中はというと、次の写真をどうぞ(笑)。

IMG_3380 コピー.JPG
冷たいお吸い物は、湯葉とじゅんさいと生麩が入っています。

IMG_3379 コピー.JPG
そしてこちらが一の膳。
重箱に入っています。
写真左下から時計周りに、
「ワラビと筍とえのきたけの深山時雨れ」。
滋賀県名産の辛みのある「赤蒟蒻」と「ゼンマイ」。
「赤蒟蒻」は鉄分を酸化させて色を出しているそうですよ。
左上が、まるでシイタケのように見えるけれど、「コーフーに道明寺粉をつけた天婦羅」と「青菜の天婦羅」です。
真中上が数の子に見える「夏ミカンの皮の甘露煮」と「寒天巻き」。味は甘いです。
それの横にあるのは、松葉に刺した「松葉時雨れ」。セイタンを固く煮て「貝柱」に見立てています。
右上は「茄子の甘味噌和え」。色が緑の「翡翠茄子」を使っています。
お皿に入っているのは「大豆たんぱくの唐揚げにワラビ添え」。
どれもおいしい味が付いていて、幸せなひと時!!!。(^O^)/

IMG_3381 コピー.JPG
夏らしいさわやかなお皿は「煮物5種盛り」。
右から時計周りで、
「カボチャ」「蕗」「筍」「わかめ」、赤いのは「コーフー(小麦グルテン」を使った、まるでニョッキのようなお団子。ぎゅうひ見たいな食感です。

IMG_3382 コピー.JPG
生麩(利休麩)の酢味噌和え。

IMG_3385 コピー.JPG
椀ものです。
緑のは百合根と銀杏が入った「海苔麩」。海苔を混ぜ込んだ生麩です。
それにエノキ茸とカブが添えられています。。

IMG_3387 コピー.JPG
「かば焼きもどき」。山芋と豆腐で作るそうです。
甘辛のたれを浸みこませて焼いてあります。
レンコンを使う鰻もどきと少し違った食感だけれど、これもおいしいなぁ〜〜!!。

IMG_3389 コピー.JPG
出汁巻き卵そっくりな「刺身湯葉」と、「刺身蒟蒻」、「茗荷の金山時味噌和え」。
これは驚き、出汁巻き卵そっくりにできているぅ〜〜!!。
和尚さんの料理に脱帽です!!。

IMG_3390 コピー.JPG
「利休麩のコロッケ、ブルーベリーソースと胡麻のソース」です。
コロッケはマッシュポテトにグルテン粉を入れて練って、道明寺粉をつけてあげてあります。
ここにもグルテンかぁ〜〜。
とてもモチモチした食感で、独特なコロッケですよ。
しかもおいしい!!。

IMG_3392 コピー.JPG
あれ、デザートみたいですけれど・・・・
枇杷と寒天のゼリー風。
これはご飯の前の箸休めだそうです。
すご〜〜い、こんなに細やかなコースは初めて!!!。ちょっと感動モノです。

IMG_3394 コピー.JPG
やっと最後の「ご飯もの」にたどり着きました。(笑)
かなりお腹が満たされています。

IMG_3396 コピー.JPG
さて、デザートの時間です。
3人いるので3種類を頼みました。
これは「抹茶」。
ちょっとしたお茶菓子が付いています。

IMG_3398 コピー.JPG
こちらは「ぜんざい」
ちょっと表面が反射でよく見えませんが、粒餡を使ったぜんざいです。

IMG_3399 コピー.JPG
そして「小倉アイスクリーム」。
こちらのアイスクリームだけに乳製品を使っています。

IMG_3400 コピー.JPG
あ〜〜〜余は満足じゃ〜〜〜!!と支配人。
はるばる開通したての高速道路を使ってきた甲斐がありましたよ。
何しろ「グルテン」の使い方がとても上手だし、こんなにバリエーションがあるとは驚きです。
最近は「グルテンフリー」流行りですが、上質なグルテンは何も問題ないと私は考えています。
要するに加工の問題・・・・
ここまで手作りのグルテンは、とても体に優しいです。

二つの富士

この記事は、私が6月1日から12日まで、韓国と九州に出かけた時のことを、後から書いたものです。

6月1日(月)、さあ、リフレッシュ休暇の時がやってきました。わーい(嬉しい顔)(^O^)/
今回はまずタンボ・ロッジの支配人の実家の九州は宮崎県の日向市に里帰りした後、6月6日の土曜日に福岡でオリーブオイルの朝倉さんと待ち合わせして、フェリーで韓国の釜山へ渡り、江原道(韓国北部の日本海側)へローカルバスで旅をして。ソウルであとからやってくる3人と合流します。
そして韓国伝統米粉菓子の料理教室と、麦芽粉から作る本格「コチュジャン」教室を受講し、精進料理やお粥などを食べまくるという、「食」に特化した旅行の予定です。
楽しみだなぁ〜〜〜。♪♩るんるん ♫♬〜♪〜るんるん♪♩るんるん ♫♬〜♪〜

IMG_3367 コピー.JPG
成田から福岡へ、LCCのジェットスターで飛びました。
富士山がとてもきれいに見おろせましたよ!!。

IMG_3369 コピー.JPG
関西上空です。
淡路島が、まるで地図を見ているが如くに見えますよ。本当によく晴れていて、うれしいっす!!晴れ晴れ

IMG_3373 コピー.JPG
瀬戸内海と瀬戸大橋、そして富士山に続き、「讃岐富士」まで見えています。
富士山のミニチュアだなぁ〜〜〜。
posted by 料理長 at 11:30| Comment(0) | TrackBack(0) | タンボ・ロッジの日記帳