2015年06月16日

江陵(강릉)名物「スンドゥブ(순두부)」

この記事は、私が6月1日から12日まで、韓国と九州に出かけた時のことを、後から書いたものです。

6月7日(日)、はるばる釜山から長距離バスに5時間乗って江陵(カンヌン)へやってきた私達。
この長距離移動の最大の目的(その目的しかないけれど)は、此処の街の名物料理の「スンドゥブ」を食べること。
なにしろ豆乳を日本海のきれいな海水で固めた、とてもふんわりした「おぼろ豆腐」ということで、期待が高まります。

IMG_3473 コピー.JPG
朝倉さんとバスターミナルから歩いて今日泊まるホテルを決めた後、タクシーで海岸近くの「草堂スンドゥブ・マウル」へと向かいます。
韓国は、1軒お店が出来て、その店が繁盛すると、次々に同じ業種の店が集まってくるという特徴があります。
ここもそれと同じで、名物のスンドゥブを出す店が集まり、「マウル」(村という意味)となっています。
さて、お店を選んで入ることにしましょう。
今回行ったお店は、「ウォンジョチョダンスンドゥブ(원조 초당 순두부)」です。
海岸が近いので、赤松林の中にお店はありました。

IMG_3467 コピー.JPG
「あーー、腹減った!!、いただきま〜〜す。」と朝倉さん。
おいしそうなご飯とおかずがずらりと並びます。

IMG_3468 コピー.JPG
おぼろ豆腐とご飯以外のおかずは2人分です。
豪華に見えるなぁ〜〜。

IMG_3464 コピー.JPG
これがその「スンドゥブ」。
おぼろ豆腐だけれど、本当にふわっとしているぅ〜〜。
昨年ソウルで食べた物とは、やはりモノが違います。
これが食べたくて、はるばる釜山からバスに乗ってきたんだもんね。
心行くまで味わって食べましょう、ね、朝倉さん。

IMG_3466 コピー.JPG
これはおぼろ豆腐を作る時に出る「おから」を使った「コンビジチゲ(おから鍋)」
これが侮れないおいしさにびっくり!!。
スンドゥブととてもよく合いますよ。

IMG_3469 コピー.JPG
韓国版「さつま揚げ」も付いています。
釜山では、もっぱら「おでん」に使っていましたけれど。

IMG_3470 コピー.JPG
窓の上には写真付きで、スンドゥブが出来るまでの様子を説明してありました・・・が、ハングルなので全然読めません($・・)/~~~。

IMG_3472 コピー.JPG
あ〜〜腹いっぱい!!。
余は満足じゃ・・と朝倉さんは申しております。(笑)

IMG_3474 コピー.JPG
腹ごなしにすぐ近くの海(日本海)を見に行ってみました。
畑ではジャガイモの花が咲き、韓国料理になくてはならない唐辛子も植えられています。

IMG_3478 コピー.JPG
わ〜〜い(^O^)/日本海だぞ!!。
posted by 料理長 at 10:27| Comment(2) | TrackBack(0) | 韓国食べ歩き