2015年06月19日

韓国伝統飲食研究所で米粉菓子の教室

この記事は、私が6月1日から12日まで、韓国と九州に出かけた時のことを、後から書いたものです。

6月9日(火)、合流してから2日目のソウルです。
この日は朝粥を食べに行った後、「韓国伝統飲食研究所」で私達5人は、韓国の米粉菓子の教室を受けることになっています。(日本から予約しておきました)
タンボ・ロッジでもいろいろな米粉のお菓子を作っていますが、韓国の伝統的な米粉菓子、前回来た時(2014年11月)にいろいろと食べて、その特徴と日本との違いにびっくりしました。
そこで今回は、人数も5人居るし、教室で習っちゃおうということで、申し込んでおいたんです。
やはり習ってよかった!!。(^O^)/
わからないことがよくわかり、とても参考になりましたからね。

IMG_3558 コピー.JPG
ではこれから教室ですよぉ〜〜!!!。
楽しみだなぁ〜〜!!♪♩ ♫♬〜♪〜。

IMG_3557 コピー.JPG
まずは2階と3階にある「トック博物館」を先生の案内で見学しました。
韓国の伝統的な祭りごとにかかわる「餅菓子」の歴史や伝統がよくわかる展示になっています。

IMG_3560 コピー.JPG
では教室の始まり始まり!!。
今回は2種類の伝統的な米粉菓子を作ります。
これはその一つに使う「押し型」。
模様にも意味があるそうです。
今回の先生は、日本語が堪能な先生です。良かったなぁ〜〜。
日本に30年いらしたことがあるというキムヨンヘ先生が教えてくれました。。
そうでないと質問もできないですからね、私。

IMG_3563 コピー.JPG
まずは「カボチャのペクソルギ」から教えていただきました。
この「ペクソルギ」というお菓子は、とてもシンプル。
米粉と水と砂糖が主な原料です。それなのに、ふわっとできるから不思議です。
実際にネットなどでレシピを調べて、自分流に何回か日本で試してみましたが、前回ソウルで食べたものと、何となく違うんですね。
それに「カボチャ」をどうやって練りこむかも疑問でした。
それが今回の教室で見事にコツがわかりましたからね、わたくし。

まずは米粉をほぐしていきます。

IMG_3566 コピー.JPG
カボチャペーストを練りこんで、さらに良くほぐし、手でつかんで握ってみて、この固さに・・・・
先生、手が早くて、すごく簡単そうに見えていますよ。
簡単そうに見えるものほど、実は難しかったりするものだから、目を凝らしてみていた私!!。

IMG_3568 コピー.JPG
それを粗めの篩にかけて濾していきます。
この篩にかける作業を数回やるんですね。
私は1回しかやっていなかった!!。
しかも篩がもっと細かかった!!。

IMG_3571 コピー.JPG
さて、ふるってまるで白雪のようにふわっとなったところで、砂糖を静かに入れてそっと混ぜてから、カップケーキの方にふわっと入れて、表面を匙でこそぎ落として平らにします。
この作業、決して粉を押してはいけません。
あくまでもそっと、静かに・・・
だからふわっとできるんですね。
材料は米粉と少しの塩とカボチャペーストと砂糖だけですからね。
とてもシンプルなお菓子です。

IMG_3572 コピー.JPG
さて、蒸し器に入れて強火で15分ほど蒸しあげます。

IMG_3578 コピー.JPG
蒸している間に、もう一つの餅菓子を作ります。
まずは中に入れる餡子を5等分して・・・・

IMG_3580 コピー.JPG
あらかじめ用意してあった、柏餅のようなうるち米の粉で作った餅に包んで、押し型で押して模様をつけます。

IMG_3581 コピー.JPG
きれいにできましたよ。
色が赤いのは、苺の粉末を餅に入れているからですって。

IMG_3588 コピー.JPG
さて、私もまずはカボチャの蒸しケーキに挑戦。

IMG_3590 コピー.JPG
一生懸命粉をほぐします。
教室で教わるって、楽しいなぁ〜〜!!。♪♩ ♫♬〜♪〜

IMG_3592 コピー.JPG
松岡、熊田組、着々と出来ていますね!!
色どりが3色あってきれいです。
黄色はクチナシだそうですよ。
天然の着色料を使います。

IMG_3594 コピー.JPG
これ、私の作品。
なんだか輪郭がかなりいびつ!!(笑)

IMG_3595 コピー.JPG
こちらは先生の。
きれいだなぁ〜〜。
やはり修行しなくっちゃ(笑)。

IMG_3596 コピー.JPG
朝倉さんも頑張って作っているではありませんか!!。
お菓子を作る朝倉さんって、私は初めて見ました(笑)。
貴重な映像ですよ!!。(^O^)/

IMG_3597 コピー.JPG
カボチャのペクソルギが蒸しあがりました。

IMG_3598 コピー.JPG
飾り付けてこれまた美しい!!。

IMG_3600 コピー.JPG
あ〜〜、楽しい料理教室だったこと。
おかげで疑問に思っていたことやコツがわかって本当に有意義でした。
キム・ヨンヘ先生と全員で記念撮影です。
先生、今日は楽しい時間をありがとうございました。
帰国したら作らなくっちゃ!!。
posted by 料理長 at 21:06| Comment(2) | TrackBack(0) | 韓国食べ歩き

行者ニンニクの巻物

最近韓国旅行の記事が続いていますが、ちょっとここで一休み!!(笑)。
今日のタンボ・ロッジの前菜の一つを紹介しましょう。
写真の左から「コーフーのペルー風串焼き」、真中が「行者ニンニクの巻物」、右が「ペルー南部風ジャガイモのクリームソースかけ」です。
行者ニンニクはタンボ・ロッジに野生化して生えているんですよ!!。(放射線検査で無検出)
それを巻物にしてみました。
そろそろ葉が硬くなるので、今シーズン最後かもしれません。

IMG_3777 コピー.JPG
posted by 料理長 at 19:59| Comment(2) | TrackBack(0) | マクロビオティック料理