2015年08月21日

米粉のビーガン仕様の「オペラ」制作中

今日はちょっと時間がとれたし、材料も揃ったので、米粉のビーガン仕様の「オペラ」を一気に3台作りました。
実はこれ、9月4日に行われる、粗挽き米粉の発売記念パーティーのためのものです。
卵もベーキングパウダーも小麦も使っていません。
そして冷凍できるんだもんね、このマクロ・スイーツ!!。
時間がとれた時に作っておかなくっちゃ!!。
だけど一気に3台はちょっと大変でした(笑)。

IMG_4185.JPG
posted by 料理長 at 18:37| Comment(0) | TrackBack(0) | タンボ・ロッジの日記帳

チューニョ入り、アンデス風緑黄色野菜のスープ

だいぶ涼しくなってきたことだし、もうとっくに「立秋」(8月8日)を過ぎているし、太陽のエネルギーは秋まっしぐらですね。
そこで、タンボ・ロッジでも、体を温める超陽性の凍結脱水乾燥じゃがいもの「チューニョ」がしばしば登場する季節になりました。
ジャガイモはアンデス原産ですが、毒があることと、体を冷やす性質があります。
それを克服した、無毒で体を温めるスーパー素材がこのチューニョ。
これを食べると体が冷えません。
ジャガイモを主食に文明を立ち上げた、古代アンデス文明の知恵がここに凝縮されています。

IMG_4145 コピー.JPG
posted by 料理長 at 10:14| Comment(0) | TrackBack(0) | アンデス・マクロ料理

スペイン・バスク風ベジ・ピンチョス

無農薬・無施肥のマッシュルームが少量手に入ったので、こんな立体的な前菜を作ってみました。
トップは「エビ」に見立てて、「おから蒟蒻」を使って、あの反り返り感を出してみたつもりですが、何せ「三日月型」の抜き型を使ったために、三日月になっちゃいました。(笑)
一番下のパンは自家製古代小麦のパン、その上の赤いのは、スペイン、バスク産パプリカ、そしてマッシュルーののソテー、大豆たんぱくの「べジハム」と続きます。

IMG_4139 コピー.JPG
posted by 料理長 at 09:59| Comment(0) | TrackBack(0) | マクロビオティック料理