2015年08月30日

古代小麦粉「ファッロ」のベジ・エクレア

イタリア産古代小麦の「ファッロ」の粉。
この貴重な小麦粉は、朝倉さんが輸入しています。
昨年は天候不順で不作だったので、輸入量がごく少なかったのですが、今年は順調で、昨年と比べると、かなりの量が期待できそうとのこと、とてもうれしいです。
だけれど、年を越して来年にならないと入ってこないので、タンボ・ロッジでは今ある貴重な在庫を、爪に火を灯すような状況で、少しずつ小出しにしております(笑)。
そこで昨日の夜のマクロ・スイーツは、その貴重な古代小麦「ファッロ」の3部搗きを使い、卵&乳製品不使用のマクロ仕様の「エクレア」を作りました。
粉がおいしいから、エクレアのおいしさも格別です!!。

IMG_4258.JPG
posted by 料理長 at 13:00| Comment(0) | TrackBack(0) | マクロなスイーツ

イタリア産古代小麦「ファッロ」のパン

すごく貴重なイタリア産自然農法の古代小麦「ファッロ」の全粒粉を使った、貴重なパン!!。
今朝のタンボ・ロッジの朝食パンでした。
これ、粉の味が美味しくて、半端じゃないっす。
でも残りあとわずか!!。
来年早々の入荷を楽しみにしているワタクシです。(笑)

IMG_4260.JPG
posted by 料理長 at 12:51| Comment(0) | TrackBack(0) | マクロビオティック料理

ボリビア風チューニョ・ハンバーグのメインディッシュ

久しぶりに作った「ボリビア風チューニョ・ハンバーグのメインディッシュ」。
これはボリビアの「コチャバンバ」と言う町の郷土料理をベジ化したものです。
本当は4種類のひき肉を使ったハンバーグで、めちゃくちゃ胃に重たいです(笑)。
牛、豚、鶏、羊の4種類ですからね。
だけど、タンボ・ロッジでは、超陽性の「凍結脱水乾燥じゃがいも」のチューニョから作ります。
薄く平べったいハンバーグの上には、目玉焼きが乗るのですが、昨日は「モチキビと麻の実」でそれらしくしてみましたよ。
ボリビア名は「Silpanncho Cochabambino」(シルパンチョ・コチャバンビーノ)。

IMG_4255.JPG
posted by 料理長 at 12:43| Comment(0) | TrackBack(0) | アンデス・マクロ料理

ベジ・鶏肉入り「ペルー風ポテトサラダ」。

こちらは大豆蛋白で作った「べジ・鶏肉」を使って作った「ペルー風ポテトサラダ」。
ペルーでは、「Salpicon de pollo」(サルピコン・デ・ポーリョ)と呼ばれている料理です。
出汁に使った後の、茹でて旨味が出た後のあっさりした鶏肉をほぐしてから、マヨネーズで和えたポテトサラダに混ぜ込んだ料理です。
だから、大豆蛋白の味付けも「淡泊」に・・・・なんちゃって、失礼いたしました。(^O^)/(笑)

IMG_4253.JPG
posted by 料理長 at 12:32| Comment(0) | TrackBack(0) | アンデス・マクロ料理

ボリビア風とうもろこしの蒸しもの

生のトウモロコシがある間に作るものは・・・・
「ボリビア風とうもろこしの蒸しもの」です。
これは、トウモロコシの皮に、すりつぶしたその中身をボリビア風に味付けしたものを包んで蒸す料理です。
アニスとシナモンとレーズンが入り、甘い味付けが美味しい、エスニック風スナックです。
生のトウモロコシが出回る今の時期限定ですよ!!。

IMG_4252.JPG
posted by 料理長 at 12:16| Comment(0) | TrackBack(0) | アンデス・マクロ料理