2016年06月04日

名古屋でスイーツ教室(2)

6月1日、この日も前日の5月31日と同じ場所で同じ内容でのスイーツ教室です。
同じ内容と言っても、話までまったく同じかは分かりませんが・・・。
そして「駄洒落」も同じではなかったはず(笑)。
しかし、作ったマクロ・スイーツは同じでしたよ。

IMG_7428.JPG
始まりました。
私の実演の後、参加者にやっていただきました。

IMG_7432.JPG
はい、出来上がりです。
前日と同じく、とてもシンプルな盛り付けです。
もちろんシフォンはかなり甘さ控えめ。
それもそのはず、普通はシフォンと言えば、クリームとかソースが付いてくるのですが、今回は「生地」を覚えていただく講座なので、それらがありません。
だから、生地だけ食べると甘さ足りないです(笑)。

IMG_7436.JPG
そして午後は、「サバラン」と「チョコレートブラウニー」。
サバランの型に生地を流し込みます。

IMG_7438.JPG
こちらが「こめっ粉40」を使った「米粉のチョコレートブラウニー」。
良く小麦粉を米粉に変えてブラウニーやクッキーなどを作る場合、「アーモンドプードル」を入れるレシピが多いですが、タンボ・ロッジ流はそれを使いません。
だけれど、おいしいブラウニーになるんですよ。

IMG_7442.JPG
サバランとブラウニーを盛り付けました。
おいしそう!!。

IMG_7445.JPG
無事2日連続の講座が終わりました。
遠くからたくさんの方に参加していただき、とてもうれしいです。
大阪や福井、新潟や茨城、千葉や四国と、かなりの広範囲でした。
それだけ米粉に対する需要が高まっている証拠ですね。
ますます頑張らなくっちゃ。
遠くから参加してくださった皆様、本当にありがとうございます。
そして主催してくださった自然食BIOの大島さん、ありがとうございます。
大島さん御夫妻と記念写真です。
大島さんの御主人は私と同じ年齢だったことが発覚!!。
それにしては私と違って、紙の毛真っ黒だしふさふさ。
だいぶ頭が寂しくなった私はうらやましい(笑)。
posted by 料理長 at 12:01| Comment(0) | TrackBack(0) | タンボ・ロッジの日記帳

名古屋でスイーツ教室(1)

5月31日から6月2日まで、名古屋と三河でタンボ・ロッジのスイーツ教室の初級クラスと中級クラスが連続で開催されました。
今タンボ・ロッジで進行中の「ステップアップ・スイーツ教室」に初級から参加できる最後のチャンスでした。
今回はかなりの詰め込み講座で、なんと!!、午前中に初級クラスを、そして簡単なランチを挟んで午後から中級クラスを一気にやってしまうという内容です。
さすがにタンボ・ロッジで泊まりで時間をかけてやる講座と違って、時間が極端に短いので、話す内容が制限されてしまい、伝えたいことが十分に話せなかったのが残念ですが、初級と中級で今までやってきた「こめっ粉40」を使ったスイーツが作れるように重きをおいて進めて行きました。
しかし、3日間連続で、1日2講座ずつをこなすのって、かなりのハードスケジュールでしたよ〜〜。
ふらふらになって昨日タンボ・ロッジに帰ってきました(笑)。

IMG_7405.JPG
名古屋でまず2日間、初級クラスと中級クラスを一気にやりました。
午前中に初級で、ランチを挟んで午後から中級です。
まずは初級クラスから。
初級は、タンボ・ロッジの「こめっ粉40」を使ったベーキングパウダーも卵も使わないスポンジ系スイーツの基本となる、「ロールケーキ」と「シフォンケーキ」です。
最初に私が説明しながら実演し、あとは参加者にやっていただくという形で進めて行きました。
参加者にやっていただいて、なんだか余裕顔の私(笑)。
人数の関係で、シフォン2台とロール3台も焼くので、同じようなことをひたすらやるので、「しつこい」と言われてしまいそう(笑)。
でも、初めての人にはそこが大切だと思っています。
そして初めての人がやるので、失敗しやすいポイントも良くわかります。

IMG_7409.JPG
ロールとシフォンが出来上がりました。
今回は、ケーキの基本となる「生地」が焼けることが基本ですので、飾りの部品が全然なくて、超シンプルになってしまいました(笑)。

IMG_7412.JPG
そして午後の中級クラスに突入です。
まずは米粉のチョコレートブラウニーを焼き、その後に米粉の「サバラン」を焼きます。
こちらも参加者にやっていただきました。
生地を流し込むところが狭いので、そこがかなり難しい(笑)。

IMG_7413.JPG
今回遠く新潟から参加されたKさんはなんと「高校生」。
もちろん最年少です。
自分が高校生の時には、なんでも食べていて、ジャンクフード漬けだったけれど、こういう人も出てきたんですね。
これはマクロビオティックやベジ界の大きな希望です。
それにしてもKさん、かなり緊張していますね。

IMG_7415.JPG
狭いところに生地を流し込むKさん、なんだかかわいそうなほど緊張しまくりな様子が分かります。
まあ自分で作る時は、孤独な作業だから、こんなに緊張はしないと思いますが(笑)。

IMG_7417.JPG
さて、全て出来上がりました。
サバランを組み立てて、飾り付けをします。
サバランの生地が2種類あるのは、「型」が足りなくて、似たようなサイズの「クグロフ型」を使ったからです。
でも以外と「クグロフ」の形のサバランが可愛い!!。

IMG_7423.JPG
クグロフの形をしたサバランと、チョコレートブラウニーの出来上がりです。
posted by 料理長 at 10:26| Comment(0) | TrackBack(0) | タンボ・ロッジの日記帳